えっちなお姉さんズ(134)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んあぁっ!クリちゃん吸っちゃだめぇっ!」
「いやぁっ!騎乗位なのにいかされちゃうぅっ!」
2人が顔を離して仰け反りました。
「ぜっ、絶対先にはいかないんだからっ!んあっ!あっ!あぁっ!」
「んんっ!・・・あっ!佐紀ちゃぁんっ!出ちゃうぅっ!」
佐紀ちゃんがおまんこを締めながら、すごい勢いで腰をぶてけて来るんです!
佐紀ちゃんがおまんこを落とす度に、先っぽを強く擦られて・・・あぁっ!やばいですっ!
僕は苦し紛れに雅ちゃんのおまんこに右の中指を突っ込みました。
「いやぁっ!指はしないでぇっ!いっ・・・いっちゃうぅっ!・・・」
「はっ早く出してぇっ!・・・佐紀もたないぃっ!・・・んあぁっ!」
僕の顔と腰が、2人の太腿できつく締められました。
ちょっと苦しいけど・・・あぁっ!それ以上にちんちんが気持ちいいっ!
出るっ!出ちゃうよぉっ!
白いのがちんちんを駆け登ってくる感覚に、僕はつい、雅ちゃんのクリちゃんを吸っちゃいました。
「んあぁっ!だめっ!イクっ!あぁっ!イクぅっ!・・・んあっ!あぁっ!・・・」
「んんっ!・・・んっ!んんっ!・・・ん・・・」
「あぁっ!やっと出たっ!あっ、いやぁっ!あたしも・・・イクぅっ!・・・んあぁっ!・・・」
雅ちゃんが太腿を震わせながらいき、僕も雅ちゃんのクリちゃんを吸いながら出しました。
僕が出して気が抜けたのか、佐紀ちゃんまで後を追うようにいっちゃいました。
「もう・・・だめぇ・・・」
雅ちゃんが僕の顔の上から降りて、僕の右側に添い寝してきました。
「はぁ・・・あんん・・・あたしもぉ・・・」
佐紀ちゃんがちんちんを抜かずに僕の上に倒れて、僕に身体を預けました。
「もうっ!・・・いっちゃったじゃない・・・」
佐紀ちゃんが照れて笑いながら僕にキスしました。
「・・・んっ・・・みやもおいで・・・」
「うん・・・あんっ!・・・ん・・・」
3人で交互に舌を絡ませながら、気持ちよく余韻に浸りました。
今日はもう出ません・・・



今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。