えっちなお姉さんズ(142)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「みやのお尻・・・あたしが動く度に、プリっプリめくれてるよぉ・・・それにちょっとヌルってきてる・・・」
「みや、気持ちいいんだったら、素直にそう言いなさいよぉ・・・いかせてあげるからぁ・・・」
熊井ちゃんと佐紀ちゃんが・・・あぁんっ!この2人いつもそうなのぉっ!
あたしを恥ずかしがらせて、面白がってるんだもんっ!
恥ずかしいのがやだからっ・・・だから童貞君に走っちゃったのよぉっ!
あっ!だめっ!そんなこと考えてる場合じゃないわっ!あぁっ!いやぁっ!
交互に規則正しく動いてた2人がっ!・・・あぁんっ!好き勝手に動き出しちゃったぁっ!
「あぁっ!も、もうだめぇっ!」
「イクのっ?みや、ねえお尻でイクのっ?」
熊井ちゃんに聞かれて、必死で首を振りました。お尻でイクなんて・・・いやぁっ!
「違うわよぉ熊井ちゃんっ!みやはあたしのちん太くんでいっちゃうんだからぁっ!」
「なによぉ佐紀ちゃん・・・みやはあたしのちん太くんでいっちゃうんだからぁっ!」
「じゃあどっちがいかせるか、勝負よっ!」
「負けないわよぉっ!」
2人が勝手なことを言って・・・あぁっ!すごいぃっ!・・・お腹が滅茶苦茶になっちゃうぅっ!
「んあぁっ!そんなにしたらぁっ!・・・どっちでイクのか分かんないぃっ!・・・んっ!んあっ!」
「みやっ!お尻でいってっ!」
「だめっ!おまんこでっ!」
熊井ちゃんのちん太くんがお尻の穴をめくり上げて、佐紀ちゃんのちん太くんが奥を突くんですぅっ!
「おねがいっ!もうイクからっ!・・・いったらもう止まってぇっ!・・・んあぁっ!」
「お尻でいったら止まってあげるっ!」
「だめよっ!おまんこでイクまで佐紀は止まんないからっ!」
「どっちか分かんないんだってばぁっ!・・・んあっ!もうだめっ!・・・いっ、イクぅっ!あっんあぁっ!・・・」
お尻とおまんこに2本も挿されて・・・これまでに感じたことの無い気持ちよさでいっちゃいました・・・
あれ?お風呂の入り口が開いてる・・・あぁっ!うそぉっ!ちぃと2人で何時から見てたのぉっ!
いやぁっ!見ないでぇっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。