えっちなお姉さんズ(143)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕はちぃちゃんに肩を貸して、松葉杖代わりになって、ちぃちゃんをお風呂に連れて来ました。
脱衣所に着くと、お風呂場から3人の声が聞こえて来ます。
「やっぱりお風呂でしてたんだね。」
「女3人で何してんのかしらね。」
僕とちぃちゃんは顔を見合わせて笑い、お風呂の入り口を開けて、動きが止まりました。
だって、入り口に足を向けてマットに寝てる3人のおまんこが、縦に3つ連なってるんです。
しかも、真中に挟まれた雅ちゃんには・・・おまんこにも、お尻にもちん太くんが・・・
「どっちか分かんないんだってばぁっ!・・・んあっ!もうだめっ!・・・いっ、イクぅっ!あっんあぁっ!・・・」
状況が分からず動きを止めた僕とちぃちゃんの目の前で、激しく動く2本のちん太くんに突かれた雅ちゃんがいきました。
「あうぅ・・・あっ!いやぁっ!見ないでぇっ!」
佐紀ちゃんの上に崩れ落ちた雅ちゃんが、視界の隅に僕とちぃちゃんを捕らえ、真っ赤になって泣きながら叫びました。
「なっ、何してんの2人ともっ!」
僕はちぃちゃんを連れてマットの横に近付き、友理奈と佐紀ちゃんを交互に見ました。
「あんっ!こんなに早く来るとは思わなかったわ・・・ちょっとね。ねっ、熊井ちゃん。」
「うん・・・ちょっとみやのお尻をね・・・」
2人がばつ悪そうに笑ってます。
「友理奈、抜いてあげなよぉ。雅ちゃん可哀想だよ。」
「なによぉみやには優しいじゃない・・・日曜日にあたしのお尻に入れたくせにぃ・・・」
雅ちゃんを気遣う僕が気に入らないのか、友理奈が拗ねて、責めるように僕を見ています。
「あっ、あの時はちんちん1本だったじゃない!2本同時なんて可哀想だよっ!雅ちゃん痛いんじゃないの?」
僕がそう言うと、友理奈は更に拗ねちゃいました・・・困ったなぁ・・・
「んっ!よいしょっ!・・・あのね、これはみやのためなのっ!」
雅ちゃんの下から、佐紀ちゃんがちん太くんを抜いて這い出して来ました。
「どういうこと?・・・佐紀ちゃん?」
「みやは明日からおまんこ出来ないでしょう。だからお尻が使えるように、あたしと熊井ちゃんで慣らしてたの。
 お尻だけでするとみやが痛いかもしれないから、おまんこも同時にやって、早く気持ちよくなってもらおうと思ったの。」
半分以上言い訳に聞こえるけど・・・雅ちゃんいってたし、佐紀ちゃんの言うことも嘘じゃないかも・・・
僕は未だに友理奈にお尻を広げられている雅ちゃんの顔を覗き込みました。
「大丈夫雅ちゃん?痛くなかった?・・・ほんとに気持ちよかった?」
「痛くなかったの・・・気持ちよかったの・・・でも、それがなんか許せないのぉっ!・・・」
雅ちゃんが泣いちゃいました・・・どうしよう・・・

「みやが可哀想って思うなら、今度はちん太くんの代わりにおまんこ突いてあげてっ!」
佐紀ちゃんがそう言いながら、僕のちんちんを掴みました。
「可哀想とか言いながら、しっかりおちんちんは硬くしちゃってるんだからぁ・・・えっちねぇ・・・んっ・・・」
佐紀ちゃんはニヤっと笑って僕を見上げ、ちんちんを咥えて舐めはじめました。
「あっ!佐紀ちゃんちょっと待ってっ!・・・ちぃちゃん洗ってあげなきゃだからっ!」
「んっ・・・んっ!・・・そういえばちぃとしてたんだよね。ちぃの味がするし・・・」
佐紀ちゃんがちんちんを放してくれたので、僕はちぃちゃんに振り返りました。
左足のギプスにビニール袋を被せたちぃちゃんは、おまんこから太腿に大量の白いのを垂らしたまま立っています。
目は雅ちゃんのお尻に釘付けです・・・
「ちぃちゃん?おまんこ洗うよ。」
「えっ?あっ、う、うん・・・」
僕が声を掛けると、ちぃちゃんは真っ赤な顔で頷きました。
「あれぇ?ちぃもしかして興味あるのかなぁ?お尻にっ!」
「やっ、やだなぁ、佐紀ちゃん・・・興味なんてないもん・・・」
佐紀ちゃんに言われてうろたえ気味のちぃちゃんを、僕は椅子に座らせました。
僕はちぃちゃんのおまんこの穴に指を入れて、中を掻き回しながら、ちぃちゃんに囁きました。
「もししてみたくなったら僕に言ってね。ちゃんと本物のちんちんでしてあげるから。」
「・・・うん・・・そうする。いきなり2本はすごそうだもん・・・」
僕とちぃちゃんは見つめ合って笑い、僕はちぃちゃんの中のお掃除を続けました。
「何2人でコソコソ話してんのよぉっ・・・ちぃはあたしがちん太くんでいかせてるから、あんた早くみやにしてあげなさいっ!」
佐紀ちゃんに叱られちゃいました。
「ごめんねちぃちゃん。久しぶりなのに・・・」
「ううん。後でまたしてねっ!んっ・・・」
ちぃちゃんは僕にキスして、笑って僕を雅ちゃんに送り出してくれました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。