えっちなお姉さんズ(144)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「みやぁ・・・」
「あぁんっ!熊井ちゃぁんっ!もう止まってよぉ・・・んっ!・・・あっ!・・・」
僕が振り向くと、マットではまだ友理奈が雅ちゃんのお尻を、ちん太くんでゆっくり掻き回していました。
「友理奈ぁ、僕が雅ちゃんのお尻するからさぁ、もう抜いてあげれば・・・」
「だめだよぉっ!みやはおまんこで出来るの今日までなんだよっ!ちゃんと中に出してあげてっ!」
友理奈に怒られちゃいました。
雅ちゃんのことを考えてるんだか、考えてないんだかよく分かんないです・・・
「分かったよ。おまんこに入れるけど、友理奈が退いてくれないと入れらんないよ。」
「あっ、ごめんね・・・んっ!よいしょっ!」
「んっ!んあっ!・・・深いよぉ・・・あっ!」
「はいっ!これで出来るでしょうっ!」
友理奈は雅ちゃんの身体を抱いたまま起き上がりました。
自分の体重で深々と刺さったちん太くんに喘ぐ雅ちゃんには構わず、後に倒れ、雅ちゃんを上に乗せると
後から雅ちゃんの両膝を抱えて開き、雅ちゃんの下で僕に微笑みました。
僕は友理奈の両足を跨いで座り、溢れたヌルヌルでテカテカに光るおまんこに先っぽを合わせました。
「雅ちゃんごめんね。入れちゃうけど・・・その代りいっぱい気持ちよくしてあげるからねっ!」
「うん・・・もういいの・・・あたしも気持ちよくなりたいから・・・」
雅ちゃんはそう言って首を捻り、友理奈の方に振り返りました。
「だから・・・熊井ちゃんもお願いね・・・気持ちよくしてね・・・」
「みや・・・みやの処女奪った責任取るからねっ!絶対気持ちよくいかせてあげるからねっ!」
2人が身体を少しずつ横にずらしてキスしています。
じゃあ、僕もそろそろ・・・
「いくよっ!雅ちゃん・・・あっ!うあっ!せ、狭いぃっ!・・・」
「・・・んんっ!あっ!んあぁっ!・・・あっ・・・」
雅ちゃんの細い身体に2本も入ると・・・おまんこがすごいことになってるんですっ!
雅ちゃんも2本目が入ると耐え切れずに、友理奈から唇を離し、身体を大きく仰け反らせました。
あぁっ!2本目に感じた雅ちゃんが身体に力を入れるもんだから・・・ただでさえ狭いのに・・・締まるぅっ!

「ごめんね雅ちゃん・・・すぐ出ちゃうかも・・・」
まだ入れただけで動いてないけど・・・これは動くとやばそうです。
「んあっ!・・・いいよ・・・気にしないで出して・・・あっ!・・・」
「だめよっ!なに言ってんのよっ!男の子でしょうっ!ちゃんとみやがイクまでがまんしてっ!」
雅ちゃんがいいって言ってるのに、なんで友理奈が怒るんだよぉ・・・
僕はちょっとムっとして、友理奈を見ました。
「あのねぇ、友理奈も佐紀ちゃんも、偽物のちんちん入れてるから分かんないだろうけど、雅ちゃんの中大変なことになってるんだよっ!
 ちんちん2本分無理矢理広げられてるんだからねっ!こんなに狭くなっちゃってるんだもん、雅ちゃんかなり苦しいはずなんだよっ!」
僕が怒ったので、友理奈はちょっと驚いてます。
「喧嘩しないで・・・あたしは大丈夫だから・・・」
そんな僕たちに気を使って、雅ちゃんがそう言ってくれました。
でも、大きく口で息をする雅ちゃんは見るからに苦しそうです。
「ごめんね、すぐ終わるからね。」
「・・・うん・・・やっぱりちょっと苦しいから・・・お願いね・・・」
苦しそうに微笑む雅ちゃんに頷いて、僕はゆっくり動きはじめました。
「んっ!・・・んあっ!・・・あぁっ!・・・」
僕のちょっとした動きにも、雅ちゃんは激しく反応します。
その度に雅ちゃんの中がキューっと締まって・・・雅ちゃんのヒダヒダがちんちんをズルズル擦るんですっ!
「みっ、雅ちゃんっ!やっぱだめっ!もたないっ!気持ちよすぎるよぉっ!」
「みやもっ!・・・んあっ!刺激が強すぎてっ!・・・あっ!だめっ!」
強い締め付けに大きく動けない僕は、白いのが出そうな感覚に、雅ちゃんの奥で小刻みに早く動いちゃいました。
雅ちゃんのことを考えたら、ゆっくり動かなきゃなんだけど・・・あぁっ!抑えが利かないぃっ!
「雅ちゃんごめんっ!出るっ!あぁっ!出るぅ!・・・んあぁっ!・・・あっ・・・」
「あぁんっ!奥ばっかり突付いたらぁっ!・・・だめぇっ!いっ、イクぅっ!・・・んあぁっ!・・・」
あうぅ・・雅ちゃんのおまんこが狭すぎて・・・出るのが気持ちよすぎるぅ・・・
「んあぁっ!・・・あっ!・・・」
声が出ちゃいました・・・雅ちゃんの身体の痙攣がおまんこにも伝わるんです。気持ちいいんですぅ・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。