えっちなお姉さんズ(148)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねえ、ちぃちゃん。佐紀ちゃんちゃんと洗ってくれたの?」
友理奈と雅ちゃんが降りて広くなったマットにちぃちゃんを寝かせ、おまんこをいじりながら僕はちぃちゃんに聞きました。
「えっ?うん。なんで?」
「すっごくヌルヌルだよ。」
僕がおまんこの穴に指を入れながら言うと、ちぃちゃんは恥ずかしそうに俯きました。
「だってぇ・・・目の前であんなすごいことするんだもん・・・濡れちゃうよぉ・・・」
僕と友理奈と雅ちゃんのえっちを思い出したのか、ちぃちゃんは顔が真っ赤です。
「そう言えばさぁ、僕、ちぃちゃんのお尻の穴舐めてあげてないよね?」
「うっ、うん・・・」
「舐めてあげよっか?」
「えっ?いっ、いいよぉ、そんなことしなくってもっ!」
ちぃちゃんは慌てて僕のお尻の穴舐めを拒みました。
でも、そんなちぃちゃんに、身体を泡だらけにして洗いっこしていた、友理奈と雅ちゃんが手を伸ばして来たんです。
「ちぃもそのうちお尻やられちゃうんだから、慣れといた方がいいわよぉ。」
そう言って雅ちゃんがちぃちゃんの右足を、膝裏に手を入れて持ち上げました。
「意外と気持ちいいのよ。お尻ってっ!」
友理奈も笑いながら、ちぃちゃんの左足を膝裏に手を入れて持ち上げました。
2人に膝を曲げられ持ち上げられたちぃちゃんは、僕の前でおまんこからお尻の穴まで丸見えになりました。
「やっ、止めてよぉっ!千奈美はいいのっ!お尻はいいのっ!」
嫌がるちぃちゃんのお尻に僕は顔を近づけ、ピンクのしわしわの穴に指を這わせました。
「ちぃちゃんお尻の穴も可愛いよっ!・・・舐めるよ。」
「あぁっ!いやっ!みんなが見てるのにぃっ!・・・あっ!んあっ!・・・」
ちぃちゃんのお尻の穴は、おまんこから溢れたおつゆでヌルヌルで、しわの感じがちょっと分かり辛いんです。
僕はヌルヌルに負けないように、ちょっと強めに舌を当て、しわを広げるように舐めました。
「んあっ!・・・あぁっ!だめぇっ!あっ!・・・あぁっ!」
「気持ちいいでしょう・・・なんか妖しい感じで・・・」
仰け反って喘ぐちぃちゃんに、雅ちゃんがそう言うと、ちぃちゃんは泣きながら身体を震わせました。
「酷いよぉ・・・恥ずかしいから2人っきりの時にして欲しかったのにぃ・・・あっ!もう止めてぇっ!んあぁっ!」

「ちぃは足怪我してるから、バックの体勢無理みたいだね。」
「そうねぇ、怪我の治りが悪くなってもなんだから・・・2本入れるのは足が治ってからだね。」
友理奈と雅ちゃんは勝手にそんな相談をしています。
「千奈美はまだおまんこにおちんちん1本だって慣れてないんだからぁっ!2本なんて絶対無理ぃっ!」
2人に向かってちぃちゃんが怒ってます。
「あんっ、分かってるわよぉ。ほらっ、怒ってないでちゃんとお尻に集中して。」
「早くおちんちんに慣れてねっ!そしたらあたし達が・・・ねぇっ、熊井ちゃんっ!」
「ねぇーっ!」
2人で共通の目標が出来たせいか、友理奈と雅ちゃんはすっごく楽しそうです・・・
雅ちゃんのお尻は、友理奈に1番乗りされちゃったから、ちぃちゃんのは絶対に僕が最初に入れるんだもんっ!
そんなことを考えながらちぃちゃんのお尻の穴を舐めていると、友理奈が僕の肩を揺すりました。
「ねえ、もう入れてあげなよぉ。ちぃヌルヌルにして待ってるんだよぉ。」
「えっ?あっ・・・うん・・・」
僕はまだ中まで舐めてないので名残惜しいんだけど、ちぃちゃんのお尻から顔を上げました。
そしてハアハア荒い息をしているちぃちゃんのおまんこにちんちんを合わせました。
「ちぃちゃん入れるよ。いい?」
「うん・・・ねえ、みやぁ、熊井ちゃん・・・足下ろしてくれない・・・」
脚を大きく広げられて、入れるところを見られるのが恥ずかしいのか、ちぃちゃんが2人にお願いしました。
「ちぃだってあたし達の見たでしょう。あたし達だってちぃがしてるとこ見たいもんっ!」
友理奈がそう言って僕に目配せしました。
僕は頷いてゆっくりちぃちゃんにちんちんを入れて行きました。
「あっ!おねがいだから・・・見るだけにしてぇ・・・んあっ!・・・あ・・・」
ちぃちゃんは諦めたのか、2人にそう言って背中を反らせました。
割れ目の始まりに、ほんのちょっとしか毛がないちぃちゃんのおまんこは、僕のちんちんが入って少し開いたため
クリちゃんの少し下あたりからが丸見えになっちゃってます。えっちです。
「ちぃのおまんこって可愛いね・・・ねえ、ちぃ・・・クリちゃん触っちゃだめ?」
ちぃちゃんのおまんこを見ていた雅ちゃんが、興奮に少し顔を赤くしてちぃちゃんに聞きました。
「絶対だめぇっ!おねがいだからおちんちんでいかせてっ!」
叱られた雅ちゃんは、触ろうとしていた手を引っ込め、友理奈と見つめ合いました。
「分かったわよぉ・・・じゃあおっぱい舐めてあげるっ!」
「あぁっ!だめだってばぁっ!あっ!いやぁっ!」
雅ちゃんと友理奈に片方ずつ乳首を吸われて、ちぃちゃんが仰け反っておまんこを締めました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。