えっちなお姉さんズ(149)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちぃちゃん、僕も動くよ。」
「待ってっ!あっ!いやっ!千奈美は初心者なんだよぉっ!おねがいだからゆっくりおちんちんを感じさせてぇっ!」
僕が動きはじめると、ちぃちゃんは背中を反らせながら叫びました。
「ちぃちゃん毎日来るんでしょう?ここって、2人っきりでえっちする事の方が少ないよ。だから慣れよう。」
「あぁんっ!でっ、でもぉ・・・んあっ!・・・」
僕がちんちんをゆっくり動かしながら言っても、ちぃちゃんはまだ迷ってるみたいです。
そんな僕とちぃちゃんにしびれを切らした友理奈と雅ちゃんが、ちぃちゃんのおっぱいから顔を上げました。
「ちぃだって気持ちよくなるんだから本気で動きなさいよぉっ!」
「うだうだ言ってないでさっさとやっちゃいなさいよぉっ!」
2人に同時に怒られちゃいました・・・ちょっと怖かったですぅ・・・
「う、うん・・・ごめんねちぃちゃんっ!」
謝ると同時に、僕は全開で動きました。
友理奈と雅ちゃんも、もう1度ちぃちゃんの乳首に吸い付き、舐めはじめました。
「はぁっ!あっ!いやっ!あっ!んあぁっ!」
速いちんちんの動きと乳首の舌の感覚に、ちぃちゃんが腰を反らせておまんこを締めました。
友理奈が顔を上げ、ちぃちゃんの顔を覗き込みながら髪を撫でました。
「気持ちいいでしょう?」
「あっ!んあぁっ!いっ、いいっ!あぁっ!」
答えたのか喘いだのか分からないちぃちゃんの返事に、友理奈は満足そうに微笑み、ちぃちゃんの乳首を摘みました。
「いかせてあげるからねっ!」
友理奈はちぃちゃんにそう言って、僕に振り返って目配せし、ちぃちゃんの乳首を口に含みました。
僕は友理奈に頷いて、ちぃちゃんのおまんこの入り口から奥までを、ちんちんで強く擦ってあげました。

「はぁっ!あっ!んあぁっ!」
友理奈と雅ちゃんに両足を抱え上げられ、両腕を抑えられておっぱいを舐められているちぃちゃんは
それでもじっとしていられずに、身体を捩り、腰を跳ね上げながら気持ちよさに耐えています。
涙を流して身を捩るちぃちゃんがなんだか可哀想で・・・早くいかせてあげたくて、僕はちんちんを速くしました。
「んあぁっ!いぃっ、イクぅっ!あぁっ!いっちゃうぅっ!」
ちぃちゃんの内腿がピクピク震え、腰が大きく持ち上がりました。
僕はちんちんを目一杯速くして、ちぃちゃんの奥にぶつけました。
「あっ!いやっ!いっ・・・イクぅっ!・・・あっ!んあぁっ!・・・」
ちぃちゃんがいっちゃいました。
僕はいって締まるちぃちゃんのおまんこの奥を小刻みに突付いてあげました。
ふと見ると、友理奈と雅ちゃんは、ちぃちゃんの乳首をほっぺたをへこませて吸い上げています。
「あっ!・・・だめっ!・・・もうっ・・・あぁっ!・・・あっ!・・・」
いってる最中におっぱいとおまんこを刺激され、ちぃちゃんは更に深くいっちゃってマットに落ちました。
ちぃちゃんの力が抜けたので、僕はちんちんを止めました。
友理奈と雅ちゃんも乳首を吸うのを止めたみたいです。
2人が顔を上げ、僕を見つめました・・・動けってことみたいです・・・
ちぃちゃんが可哀想だけど、僕は仕方なく動きはじめました。だって逆らうと怖いんだもん・・・
「んあっ!待って・・・まだ動かないでぇ・・・あっ!いやっ!あぁっ!・・・」
身体をビクッと震わせて仰け反ったちぃちゃんを見て、2人が僕に頷き、ちぃちゃんの顔を覗き込みました。
「ちぃは掛け持ちだから練習が足りないのね。桃並みに早いわよ。」
ちぃちゃんに軽くキスした後、雅ちゃんがそう言って友理奈を見つめました。
友理奈は雅ちゃんに頷いてちぃちゃんを見つめました。
「あたし達がちぃもいっしょに鍛えてあげるからねっ!」
「あっ!もうだめっ!おねがいだからおっぱいは止めてぇっ!あっ!んあぁっ!」
2人にまた乳首を舐められたちぃちゃんが耐え切れずに叫びました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。