えっちなお姉さんズ(150)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

友理奈と雅ちゃんは、ちぃちゃんの乳首を舌を出して舐めながら見つめ合い、頷き合いました。
2人は僕の手を握ってちぃちゃんの脚を抑えさせ、ちぃちゃんに気付かれないように、空いた手をちぃちゃんの股間に移動させました。
友理奈が顔を上げて僕を見ました。
「ちぃをもう1回いかせるわよっ!いい?」
「う、うん。それじゃあ・・・」
「んあぁっ!」
僕がちんちんを速くすると、ちぃちゃんが仰け反って喘ぎました。
ちぃちゃんがちんちんに気を取られてる隙に、2人の手がさっきから狙っていた場所に動きました。
友理奈がちぃちゃんのクリちゃんに・・・
雅ちゃんがちぃちゃんのお尻の穴に、それぞれ指先を合わせました。
2人は見つめ合って頷くと、クリの皮をめくり、お尻に指を突き刺しました!
「あぁっ!んあぁっ!いやぁっ!」
あっあうぅ・・・締まるぅ・・・
友理奈は皮を剥いただけだけど、雅ちゃんがお尻に指入れてるもんだから・・・ちぃちゃんの身体が指を押し出そうとして
お尻を締めるんです。そのせいでおまんこまですっごく締まるんですぅっ!
「ほらっ!止まっちゃだめっ!」
「うん・・・」
気持ちよさに動きが止まった僕は、雅ちゃんに叱られてまた動きはじめました。
「んあっ!あっ!おねがいっ!・・・指抜いてぇっ!クリちゃんもだめぇっ!」
「だめっ!抜いてあげないっ!気持ちよくなるんだからがまんしなさいっ!」
「んあぁっ!だめぇっ!」
雅ちゃんがちぃちゃんのお尻に指を根元まで入れちゃいました。
初めて広げられるお尻の穴の感覚に、ちぃちゃんが激しく首を振って背中を反らせました。
その様子を見ていた友理奈は、興奮したのか自分のおまんこをいじっています。
「ちぃ・・・」
友理奈はちぃちゃんを見つめ、手をおまんこからちぃちゃんのクリに戻しました。
「ちぃのクリちゃんは、あたしのおつゆで擦ってあげるっ!」
「熊井ちゃんいやぁっ!クリちゃんはだめぇっ!あっ!んあぁっ!」

友理奈にクリを直接擦られ、雅ちゃんにお尻をほじられ、僕にちんちんを入れられて・・・
敏感な3箇所を同時にやられたちぃちゃんは、泣きながら身体を捩り仰け反りました。
今までになくきつく締まったちぃちゃんのおまんこは、僕が動く度におつゆがブチュブチュ飛び散ります。
「ちぃちゃんっ!すごいよぉ・・・締まるよぉ・・・出ちゃうよぉっ!」
「んあぁっ!出してっ!出して終わってぇっ!おねがいっ!あぁっ!イクぅっ!」
友理奈と雅ちゃんが見つめる中、僕とちぃちゃんはどうにも抑えきれない気持ちよさに泣きました。
あぁっ!もうだめですぅっ!ただでさえ気持ちいいのに、ちぃちゃんのお尻の中で動く雅ちゃんの指が、僕のちんちんの裏側まで擦るんですぅっ!
白いのが出そうっ!ちんちんが止まらないぃっ!
僕はちぃちゃんの奥を思いっきり突付きまわしちゃいました。
「いやぁっ!だめぇっ!イクっ!イクぅっ!・・・んあっ!あぁっ!・・・」
「あぁっ!ちぃちゃん出るぅっ!・・・あっ!んあぁっ!・・・あっ・・・」
友理奈と雅ちゃんの2本入りおまんこに負けないくらいの気持ちよさで、僕はちぃちゃんの中に出しちゃいました。
「うあっ!・・・あっ!・・・んっ!・・・んあぁっ!・・・」
僕のちんちんが出しながら奥のコリコリを撫でるもんだから、ちぃちゃんはその度に喘いで身体を震わせまています。
「んっ!・・・はぁっ!・・・あ・・・はぁ・・・」
僕が最後の塊を塗り付け終わると、ちぃちゃんは溜息と共に力が抜けました。
ぐったりして動かないちぃちゃんの股間で、僕もちんちんを入れたまま動けません。
「よくがんばったね。お疲れさま・・・ん・・・」
そんな僕に友理奈がそう言って微笑み、僕にキスして舌を入れてくれました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。