えっちなお姉さんズ(157)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

根っこの方でコリコリめくれるお尻の穴が、ちんちんの裏の白いのの通り道を擦るんですぅっ!
気持ちよくなりはじめた佐紀ちゃんのお尻の中も、ちんちんを押し出すようにまた動きはじめました。
あうぅっ!先っぽも気持ちいいっ!
「さっ、佐紀ちゃんっ!出るのががまんできないよぉっ!」
体が勝手にちんちんの出し入れを大きくしはじめたので、僕はもうだめだと思って叫びました。
「あぁっ!いいよっ!がまんしないで出してっ!佐紀もいけるかもっ!んっ!あぁっ!」
佐紀ちゃんが膝を押している僕の手を掴んでそう言うので、僕は気持ちよさに唇を噛みながら目線を落としました。
あっ!ほんとだっ!佐紀ちゃんの内腿がワナワナ震えてます!
佐紀ちゃんがおまんこでイク時の前兆と同じです!
いっしょにいけるかも。あぁっ!そんな希望を持ってしまったら・・・僕の体がちんちんを最高速に上げちゃったぁっ!
「佐紀ちゃんごめんねぇっ!もうだめっ!いかせてあげられなかったらごめんねぇっ!」
「んあぁっ!大丈夫だよぉっ!イクっ!・・・佐紀もいっちゃいそうだからぁっ!はぁっ!」
もうちょっとでいかせてあげられそうなのにぃっ!・・・あぁっ!もっ、もうっ!
「もうだめぇっ!佐紀ちゃんごめんねぇっ!出るぅっ!・・・んあぁっ!・・・あっ!・・・」
「あぁんっ!お尻に出てるよぉ・・・あっ!いやっ!いっ・・・イクぅっ!・・・んあぁっ!・・・」
結局先に出しちゃいました・・・でも佐紀ちゃんもなんとかいけたみたいです・・・よかったぁ・・・
あっ!あうぅっ!・・・佐紀ちゃんのお尻がいってきつく締まって・・・出るのが気持ちいいっ!
僕は佐紀ちゃんの脚を放して伸ばし、佐紀ちゃんに体を重ねて、しがみついて出しました。
「あんっ!いっぱい出るね・・・んっ!・・・あっ!・・・」
佐紀ちゃんは僕の耳元で囁きながら僕を抱きしめてくれました。
「んんっ!・・・はぁっ!・・・はぁ・・・」
やっとちんちんが白いのを出し終わり、僕と佐紀ちゃんは溜息をついて力を抜きました。
「昨日佐紀ちゃんと雅ちゃんが1回しかさせてくれなかったから、今日は多分まだまだ出るよ・・・」
僕が佐紀ちゃんを抱きしめてそう言うと、佐紀ちゃんは僕の髪を撫でながら僕を見つめました。
「ごめんね・・・でもこれ以上出されたら、お腹が精液で一杯になっちゃう・・・」
そう言って笑った佐紀ちゃんは、僕を抱きしめて優しくキスしてくれました。

「そうだね。じゃあちんちん抜く?」
「うん。でもその前に・・・周り見てごらん。」
僕がちんちんを抜こうとすると、佐紀ちゃんがそれを止めて、僕に周りを指差しました。
あっ!・・・もうっ!3人ともぉっ!
僕と佐紀ちゃんのお尻えっちを見て興奮した3人が、マットの脇でオナニーしてるんです。
しかも3人ともおまんことお尻両方に指を入れて・・・
「もうっ!みんななにしてんのっ!」
「だってぇ・・・」
僕が呆れて3人を見ると、指を止められない3人が潤んだ目で僕を見ました。
「お尻思い出しちゃったんだもぉんっ!・・・んっ!あっ!イクっ!・・・あっ!・・・」
友理奈が自分でいっちゃいました・・・
「あたしも本物のおちんちんお尻に欲しいんだもぉんっ!・・・やぁんっ!いっ、イクっ!・・・はぁっ!・・・」
雅ちゃんも・・・
「千奈美もお尻でしてみたくなっちゃったじゃなぁいっ!・・・イクっ!あっ!いやぁんっ!あっ!・・・」
ちぃちゃんまで・・・しょうがないなぁもう・・・
僕は佐紀ちゃんのお尻からちんちんを抜いて、いってピクピクしている3人をマットに引き寄せました。
「みんなにしてあげたいけど、帰る時間が遅くなっちゃうから・・・友理奈には日曜日にまたいっぱいしてあげられるし、
雅ちゃんとちぃちゃんは明日も明後日もあるんだし、ねっ。」
僕がみんなを見つめながらそう言うと、友理奈と雅ちゃんとちぃちゃんは渋々頷きました。
「じゃあ身体洗ってお風呂上がるわよっ!」
佐紀ちゃんに言われてみんながゆっくり起き上がりました。
「友理奈・・・」
「あっ!だめっ!そっちお尻の手だよっ!あぁんっ!もうっ!・・・」
僕が友理奈の左手を取って人差し指を舐めると、友理奈が恥ずかしそうに身を捩りました。
僕は構わず舐め回し、おまんこに入っていた右手の中指に舐める指を替えたとき、肩を叩かれ振り向きました。
そこには恥ずかしそうに手を差し出す雅ちゃんとちぃちゃんが・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。