えっちなお姉さんズ(161)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「雅ちゃぁんっ!もう出ちゃうぅっ!」
「だめっ!がまんしてっ!」
「あうぅっ!・・・」
出そうだけど、雅ちゃんにきつく言われて・・・僕は両足を閉じて、必死に体を強張らせてがまんしました。
「あんっ!脚閉じたら千奈美が指動かせないじゃなぁいっ!」
でもちぃちゃんはそれが不満みたいで、ほっぺたを膨らませて怒ってます・・・
そんなちぃちゃんを見て、友理奈と佐紀ちゃんが僕の足元に移動しました。なっ、なに?・・・
「佐紀ちゃんいい?」
「うんっ!・・・せーのっ!」
「あぁっ!だっ、だめぇっ!」
友理奈が右、佐紀ちゃんが左の足首を掴んで、僕の両足を大きく広げたんですっ!
せっ、せっかくがまんしてたのにぃっ!両足を広げられたら踏ん張りが利かないよぉっ!
「熊井ちゃん、佐紀ちゃん、ありがとうっ!」
あぁっ!ちぃちゃんの指がぁっ!おっ、お尻をえぐるぅっ!
「んあっ!もう少しでいけそうだからっ!あっ!まだいっちゃだめだよっ!」
僕ががまんできないのが分かってるくせに・・・雅ちゃんがそんなことを言うんですぅ・・・
あぁっ!ちんちんもお尻も気持ちよすぎるぅっ!出ちゃうぅっ!
「がまんなんてできないぃっ!・・・あぁっ!出るっ!だめっ!・・・んあっ!あぁっ!・・・あっ!・・・」
お尻で動くちぃちゃんの指を締めながら、雅ちゃんのおまんこの奥へ出しちゃいました・・・
あうぅっ!・・・出るリズムに合わせて、ちぃちゃんが裏側を擦るんですぅ・・・気持ちいいっ!
「やぁんっ!なんで出しちゃうのよぉっ!もうっ!」
「んあぁっ!雅ちゃん止めてぇっ!あっ!んあぁっ!」
僕まだ出てるのにぃ・・・雅ちゃんが出てる最中の先っぽをきつく締め付けて動くんですぅっ!
弱まってた白いのの勢いが、雅ちゃんのおまんこの締め付けで・・・んあぁっ!
最後の一塊まで凄い勢いで出ちゃいました・・・

「最後のおまんこだったのにいけなかったじゃないっ!」
出し終わった僕の上に体を重ねて、雅ちゃんが僕を抱きしめてきつい目で見つめるんです・・・
「ごめんなさい・・・」
目を合わせられない僕の顔を、雅ちゃんが両手で挟んで無理矢理目を合わせました。
あぁっ!怒ってた雅ちゃんの顔が、ゆっくりえっちな顔になって行きますぅ・・・
「いかせてくれなかったから、罰として今度はみやがお尻ほじってあげるからねっ!」
「おねがいだからもう止めてよぉっ!・・・んあぁっ!・・・」
雅ちゃんがおまんこを締めながらちんちんを抜きました。
出したばかりのちんちんをヌルヌルのおまんこで擦られて・・・体が痙攣しちゃいました・・・
雅ちゃんはおまんこから僕の白いのを垂らしながら、僕の脚の間に移動し、ちぃちゃんの隣に座りました。
「ちぃ、交代っ!」
「うん。残念だけど・・・」
「んんっ!・・・あっ!・・・んあっ!」
ちぃちゃんがお尻の指をゆっくり抜いたんです。僕の意思に反して、ちんちんがピクピク反応しちゃいました・・・
「大分お尻が好きになっちゃったのかな?おちんちんピクピクしてるわよっ!・・・それじゃあ入れちゃうよっ!」
「んんあぁっ!もういやぁっ!あぁっ!・・・」
雅ちゃんにお尻の穴を犯されて・・・ちんちんの中の残り汁がピっと飛んじゃいました・・・恥ずかしいですぅ・・・
赤くなって顔を背ける僕の左側で、佐紀ちゃんとちぃちゃんが脚を持つのを交代しました。
「今度は佐紀の番だよっ!」
そう言って佐紀ちゃんが僕のちんちんを跨ぎました。
僕は何も言えずに、ただ泣きながら佐紀ちゃんを見つめました。
「泣いてもだめっ!あたし今日はお尻で1回しかしてないから、体力有り余ってるわよぉっ!」
2穴攻めを怖がって泣いてた佐紀ちゃんは可愛かったのに・・・いつものえっちな佐紀ちゃんに戻っちゃってますぅっ!
「その分いつもよりきつ~っく締めちゃうんだからっ!」
えっちな顔で笑った佐紀ちゃんが、おまんこをちんちんの先っぽにくっ付けちゃいましたっ!
さっ、佐紀ちゃんがおまんこに体重を掛けて・・・あぁっ!入っちゃうぅっ!


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。