えっちなお姉さんズ(183)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は雅ちゃんの両足を、膝を曲げさせて広げました。
「雅ちゃん、おまんこすっごく濡れてるよ。」
「やぁんっ!見てないで動いてっ!」
雅ちゃんが足をバタバタさせて恥かしがるので、僕はゆっくり動きはじめました。
さっきは体を密着させてたから、動きが小さかったけど、今度はちんちん全部を出し入れできます。
僕が腰を引いてちんちんを抜くと、雅ちゃんのお尻の穴がちんちんに引っ張られて伸びながら着いて来ます。
「んあぁっ!お尻がぁっ!あっ!いやぁんっ!」
お尻の穴が伸ばされる感覚と、それを僕に見られてる恥かしさで、雅ちゃんは真っ赤になって目を閉じています。
僕は今度はゆっくりちんちんを雅ちゃんの中に戻しました。
雅ちゃんのお尻の穴は、今度は逆に身体の奥へ引き込まれて行きます。
お尻の穴が引き込まれて出来た雅ちゃんの窪みに、おまんこからヌルヌルが滴り落ちて
僕と雅ちゃんの滑りを助けてくれています。
「はぁっ!・・・あっ!・・・んんっ!・・・」
ちんちんの戻る動きに背中を反らせて伸び上がった雅ちゃんが、ゆっくりマットに落ちました。
「雅ちゃん、今の動き方で速く動くよ。いい?」
「うん、でも・・・お尻壊れちゃいそう・・・」
雅ちゃんが恥かしそうに笑って僕を見つめました。
「大丈夫っ!もし壊れたら、僕が毎日うんちの世話してあげるからねっ!」
「ばかっ・・・じゃあ壊してもいいよ・・・」
「じゃあいくよっ!」
「んっ!・・・あっ!んあぁっ!・・・」
僕はちんちんの動きを再開させました。
僕が出した白いのと、雅ちゃんの腸とおまんこのヌルヌルで滑りは問題なしです。
問題なのは、雅ちゃんの締まるお尻に僕がどこまで耐えられるかです・・・

「んあっ!あぁっ!・・・はぁっ!・・・あんっ!」
僕の動きに合わせて雅ちゃんが喘ぐ度、雅ちゃんのお尻がちんちんをモグモグ締めるんです!
「雅ちゃぁんっ!そんなに締めたらいっしょにいけなくなっちゃうよぉっ!」
「あぁんっ!だってぇっ!あっ!やぁんっ!」
やばそうな感じに僕が止まると、雅ちゃんは首を振ってイヤイヤと拗ねて見せました。
「止まっちゃやっ!」
「ごめんね。出そうだからちょっと待って・・・お願い・・・」
「ただ止まってちゃだめっ!ちゃんとみやを気持ちよくして・・・」
「うん。ごめんね、気が利かなくて。」
僕はちんちんが落ち着くのを待つ間、雅ちゃんのおまんこをいじることにしました。
僕が剃っちゃって毛が無くなった雅ちゃんのおまんこを開き、ヌルヌルのおつゆがいっぱいに溜まった
おまんこの穴に指を1本ずつ交互に入れ、全部の指にたっぷりヌルヌルを塗りました。
「雅ちゃんはクリちゃんと中どっちが好き?」
「あんっ!恥かしいこといちいち聞かないのっ!好きにいじっていいから・・・ねっ・・・」
僕は雅ちゃんに笑って頷き、親指をおまんこの穴に入れ、中指でクリちゃんを剥きました。
「んあっ!おまんこでいかせちゃだめよっ!あっ!はぁっ!あっ!ねえ聞いてる?あっ!」
「うん、分かってる!ちゃんとお尻でいかせてあげるからねっ!」
と答えてはみたものの、自信がない僕は、雅ちゃんにおまんこでイク寸前までいってもらうつもりです!
僕は親指をおまんこの中でグリグリ動かしておつゆを掻き出し、クリちゃんを軽く触れながら転がしました。
「やぁんっ!そのクリちゃんの触り方だめぇっ!あっ!いやぁっ!」
触るか触らないかの微妙なくすぐったさに、雅ちゃんのおまんこが新しいおつゆをヌルヌル溢れさせます!
「いやぁっ!イクっ!いっ・・・あぁんっ!いじわるぅっ!」
雅ちゃんが身体をピクピク震わせていきそうになったので指を止めると、雅ちゃんは焦れて身体をクネらせました。
「おまんこでいっちゃだめだよ。僕もう大丈夫だから、お尻でっ!ねっ!」
「うん・・・今度こそいかせてね・・・」
泣きそうな目で見つめる雅ちゃんに頷き、僕は雅ちゃんのおまんこから指を抜きました。
前へ
TOP
次へ

今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。