えっちなお姉さんズ(194)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「じゃあ佐紀は見てるからねっ!みやを気持ちよくいかせてあげてねっ!」
佐紀ちゃんが僕に振り向いてそう言うと、僕の上から降りました・・・あっ!
ちんちんにピンクで透明な薄い膜が着いちゃってます!
「雅ちゃん、それなに?・・・」
「これはねぇ・・・んっ!んあっ!・・・あっ!・・・」
「あぁっ!雅ちゃんっ!おっ、おまんこには入れちゃだめだって、あっ!あぁっ!」
赤ちゃんが出きっちゃうから入れちゃだめだったはずなのに、雅ちゃんがちんちんをおまんこに入れちゃったんです!
「んっ!・・・大丈夫よ・・・これ着けてると赤ちゃん出来ないから。だから、みやにもおまんこ・・・ねっ!」
「う、うん・・・大丈夫ならいいんだけど・・・僕も雅ちゃんのおまんこでしたかったし・・・」
僕がそう言うと、雅ちゃんは身体を倒して、僕に上からキスしました。
「上でしちゃうよ!出したくなったら出しちゃっていいからねっ!んっ!んあっ!あっ!あぁっ!」
雅ちゃんが僕を見つめながらお尻を上げ下げしはじめました!
「あっ!雅ちゃんっ!あっ!あぁっ!・・・あれ?・・・」
あんまり気持ちよくないんです・・・
お風呂でずっとがまんしていた雅ちゃんのおまんこは、いつも以上にヌルヌルで締まってるのに・・・
僕のちんちんだってビキビキに硬くなってるのに・・・上でされちゃってるのに・・・気持ちよくなぁいっ!
「んあぁっ!なんでぇっ?!なんでいかないのぉっ?!それじゃぁ・・・こうしちゃうからぁっ!」
上でされてるのに中々出さない僕に、雅ちゃんは身体を起こしてちんちんの上でしゃがみ込みました。
「これならどぉ?・・・んっ!・・・あっ!・・・ねえ出そう?・・・あっ!・・・」
「ごめんね雅ちゃん・・・なんでかいつもみたいに気持ちよくないの・・・」
「えぇっ!うそぉっ!こんなに締めてるのにぃっ!んんっ!あっ!いやっ!みやが先にいっちゃうじゃなぁいっ!」
そ、そんなこと言ったって・・・僕だって出したいのにぃ・・・
雅ちゃんは何とか僕をいかせようと、僕のお腹に両手を着いて動きを速めました。
あっ!雅ちゃんの内腿が震えて来ちゃいました!いっちゃうのかな?

「あっ!んあぁっ!おねがいっ!いっしょにいってぇっ!」
「ごめん雅ちゃん・・・だめみたい・・・」
「あぁんっ!上なのにぃっ!騎乗位なのにいかされちゃうぅっ!あっ!だめっ!イクぅっ!」
雅ちゃんはワナワナ震える足で踏ん張り、下唇を噛んで耐えながら動いてます。
僕はまだまだ出そうにないので、下から突き上げて雅ちゃんがイクのを手伝いました。
「雅ちゃんっ!お風呂でがまんしてたんだもん、気にしないでいってっ!」
「んあぁっ!動いちゃだめぇっ!あぁっ!イクっ!イクぅっ!・・・んあっ!あぁっ!・・・あ・・・」
雅ちゃんがいっちゃいました。
僕のちんちんの上で両足を開いてしゃがんだまま、上半身を大きく反らせて、天井を見上げてピクピクしてます。
「んあっ!・・・あっ!・・・はぁ・・・」
雅ちゃんがゆっくり僕の上に倒れて来ました。
僕は両手を雅ちゃんの背中にまわして抱きしめ、横に回転して雅ちゃんを下にしてあげました。
「ごめんね雅ちゃん、いっしょにいけなくて・・・」
「・・・みやのおまんこ・・・気持ちよくないの?・・・」
雅ちゃんが泣きそうな顔で僕を見つめるんです。
僕は慌てて首を振りました。
「ちっ、違うよっ!きっと雅ちゃんがちんちんに被せた変なののせいだよっ!」
「うそっ!童貞君たちはゴム着きだってすぐいっちゃってたんだよっ!」
雅ちゃんが信じてくれません・・・困ったなぁ・・・あっ!そうだっ!
僕は一旦ちんちんを抜いて、雅ちゃんの口元にちんちんを突きつけました。
「雅ちゃん舐めてみてくれる?僕が一番弱いくびれのとこでいいから。」
「うん・・・どう?・・・」
「やっぱりこれのせいだよっ!いつもみたいに気持ちよくないもんっ!」
「ほっ、ほんとに?・・・」
まだ僕を疑う雅ちゃんに頷き、僕は雅ちゃんのおまんこにちんちんを合わせました。
「ねえ雅ちゃん、僕も出したいから思いっきり動くからねっ!」
僕は雅ちゃんにそう言うと、一気にちんちんをおまんこに入れ、思いっきり速くちんちんを動かしました!
「あっ!んあぁっ!いやっ!そんなにしたらまたいっちゃうぅっ!あっ!んあぁっ!」


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。