えっちなお姉さんズ(232)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雅ちゃんに耳を噛まれ、息を吹き込まれ、ゾクっと震えて振り向くと、えっちに微笑む雅ちゃんと真っ赤な顔のまあさんが居ました。
「なっ、なにすんの?」
「残ってる穴を、みやとまあさんでほじってあげるっ!」
雅ちゃんがまた耳に息を吹き込みながら囁くんですぅっ!ゾクゾクしながら頷いちゃいました。
「でも、それじゃあ雅ちゃんもまあさんも気持ちよくないよ・・・」
「いいのっ!みやとまあさんはあっちでいっぱいしてきたからっ!」
雅ちゃんはそう言って浴槽を指差して笑いました。
それから雅ちゃんはまあさんを手招きして呼び、まあさんに小声で耳打ちしました。
「まあさんは佐紀ちゃんをお願いねっ!みやは梨沙子とこの子やっちゃうからっ!」
「うん。ねえみやぁ、佐紀ちゃんどうすればイク?」
「佐紀ちゃんはねぇ、クリちゃん剥いて吸いながら舐めるとすぐよっ!じゃあまあさん準備してっ!」
「うん・・・」
雅ちゃんに言われたまあさんは、開いたままのりーちゃんと佐紀ちゃんの膝の間に仰向けになり
佐紀ちゃんのおまんこが舐められる位置まで身体をずり上げました。
まあさんの準備が出来ると、雅ちゃんはまあさんの上で四つん這いになり、左腕だけで身体を支えて右手でりーちゃんを狙いました。
「まあさんいいっ?」
「うんっ!いつでもいいよっ!」
「それじゃあっ!せーのっ!」
「あっ!だめっ!んあぁっ!」
僕と佐紀ちゃんとりーちゃんは同時に叫んで仰け反っちゃいました!
佐紀ちゃんはりーちゃんにお尻を広げられたまま、おまんこにまあさんの指を2本入れられ、クリちゃんを舐められてるんです!
りーちゃんは僕のちんちんをお尻に入れたまま、おまんこに雅ちゃんの指を2本入れられ、クリちゃんを親指でグリグリされてるんです!
僕はりーちゃんのお尻の穴に根っこを締められ、先っぽをお尻の中に擦られながら・・・雅ちゃんが玉を舐めるんですぅっ!
あぁっ!雅ちゃんおねがぁいっ!玉だけにしてぇっ!いやぁっ!お尻の穴舐められちゃうと出ちゃうよぉっ!

「みっ、雅ちゃぁんっ!僕はいいよぉっ!んあっ!やっ、止めてぇっ!」
「んんっ!だめよぉっ!イクタイミングは合せてあげるからっ!ほらっ!おちんちん動かしてっ!」
雅ちゃんは止めてくれるどころか、一層激しく舐めるんですっ!あぁっ!お尻に舌入れちゃいやぁっ!
でっ、出そうな感じにちんちんがぁっ!ちんちんが勝手に速くなっちゃうぅっ!
「んあぁっ!おにーちゃん速いぃっ!りーが先にいっちゃうよぉっ!んあぁっ!みやも止めてぇっ!」
「まあさんいやぁっ!指抜いてぇっ!クリちゃんもだめぇっ!イクっ!いっちゃうぅっ!」
りーちゃんと佐紀ちゃんは、想定外の2人の参戦に戸惑いながらも、高まる快感を抑えることが出来ないみたいです!
2人ともいっちゃいそうです!
でも今一番いっちゃいそうなのは僕なんですぅっ!でっ、出そうなんですぅっ!
もう腰の動きを抑えられないんですぅっ!でっ、でちゃうぅっ!
「雅ちゃぁんっ!僕もうだめぇっ!でちゃうぅっ!」
「待ってっ!まだだめっ!もう少しがまんしてっ!まあさんっ!」
雅ちゃんは僕にそう言うと、まあさんに合図しました。
「んっ!んあぁっ!まあさんだめぇっ!剥いちゃっ!剥いちゃだめぇっ!あっ!いやっ!イクっ!イクぅっ!」
佐紀ちゃんがまあさんにクリちゃんを剥かれたみたいです!
「みっ、みやぁっ!りーのは剥いちゃだめぇっ!佐紀ちゃんより先にいっちゃうぅっ!んんっ!いやぁっ!」
りーちゃんまでぇ?あっ!だめっ!クリちゃんを剥かれた2人がお尻の穴を締めるんですぅっ!
ただでさえ気持ちいいりーちゃんのお尻の穴に、佐紀ちゃんがちん太くんを締めるもんだから、佐紀ちゃんの体重まで掛かって・・・
勢いがついたりーちゃんの身体が、お尻の締まりに勝って動くんですぅっ!
ちんちんを強烈に締めながら擦るんですぅっ!
「みっ、雅ちゃぁんっ!僕出ちゃうぅっ!」
「もうっ!まだだって言ってるでしょうっ!んんっ!」
「あっ!あぁっ!」
みっ、雅ちゃんが僕の金玉袋を口に含んで吸い始めたんですぅっ!
これをされるとだめなんですぅっ!出そうな感じが続くのに、出せないのがもどかしくて苦しいんですぅっ!



今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。