えっちなお姉さんズ(263)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は舞の足の間から起き上がり、机の上から手鏡を持ってベッドに戻りました。
「舞、ちょっと起きてごらん。」
「うん・・・」
僕は起き上がった舞に後ろからくっつき、舞が抱いてる枕を取り上げました。
それから舞の両足を立膝にして開き、おまんこの前に鏡を構えました。
「お兄ちゃん?・・・」
「舞、開くから鏡を見ててね。」
「あっ!」
僕が右手の人差し指と中指をV字に開いておまんこを開くと、初めて見る自分の中身に舞の目は釘付けです。
「きれいなピンクで可愛いでしょう。」
「うん・・・ねえ、お兄ちゃん・・・」
「分かってる。他の人と比べてどうかだよね?」
「うん・・・」
僕は舞の肩越しに鏡を見ながら説明してあげました。
「舞は5年生だし、早生まれだから、他の子よりもおまんこの成長が遅いみたいだよ。」
「えっ?・・・そうなのぉ?・・・」
「うん、ここにちっちゃくビラビラしたのがあるの分かる?」
「あっ!・・・うん・・・」
僕が舞の小さな小陰唇を触ると、舞がピクっと身体を震わせて頷きました。
「気持ちよかった?」
「知らないっ!・・・それより、それがどうしたの?」
気持ちよさをごまかして赤くなる舞がすっごく可愛いですぅっ!
あっ!いかんいかん、説明しなくっちゃ。
「中学生くらいになるとね、これがこーんな風に・・・この辺まであるヒダになるんだよ。」
「んっ!・・・んあぁんっ!・・・あっ!・・・そうなのぉ?・・・」
僕が舞のおまんこの、将来小陰唇が伸びてくるあたりをなぞって教えると、舞が身体をピクピク痙攣させてえっちな声を出しました。
「それと、ここっ!」
「あっ!あっ!あっ!そこがなにぃっ?あっ!」
おまんこの穴の入り口に集まったヒダヒダを指先で軽く撫でると、舞がたまらず仰け反って少し腰を引きました。
あぁんっ!一々反応が可愛すぎるぅっ!

「ちんちんはここに入るんだよ。」
「えっ?そうなの?・・・」
意外です。そういう細かいことはりーちゃんに教わってないんだね。
「舞は自分でおまんこいじって気持ちよくなったことある?」
「そっ、そんなことしないもんっ!」
「あるんだね。」
「・・・うん・・・」
必死にごまかす反応が、逆に嘘だってバレバレなんです。
僕が頭を撫でてあげると、舞は俯いて素直に頷きました。
「ちんちん入る場所を知らないってことは、ここに指入れたこともないよね?」
「うん・・・」
「指とかちんちんとか入れたことのある子は、こうやっておまんこ開くと、ここに穴が見えるんだよ。」
「じゃあ、舞にはおちんちん入らないの?」
舞が心配そうに僕を見上げて見つめました。
「それは入れてみないと分かんない。でもね・・・」
「でも・・・なに?」
「舞のおまんこは小さいし、なんにも入れたことないんだったら、ちんちん入れるとすっごく痛いかもだよ。」
僕がそう言うと、舞は足を閉じて僕の方に向き直り、僕の首に両腕をまわして抱きつきました。
「いいの・・・痛くてもいいの・・・」
舞が僕の耳元で囁きました。
僕は舞を抱きしめ返して、舞の小さな頭に手を置いて髪を撫でました。
「舞はお兄ちゃんとだったら、痛くてもがまんできるよ。」
「すっごく痛くても知らないぞ。」
「いいもんっ!舞はお兄ちゃんじゃないとやなんだもんっ!お兄ちゃんとせっくすできるんならがまんするもんっ!」
舞が僕から少し身体を離して、僕を見つめてそう言いました。
僕を見つめる舞の目は、今にも零れ落ちそうなほど涙が溜まってます。
「うんっ!じゃあ兄ちゃん、舞が泣いたってちんちん全部入れちゃうからねっ!」
「うんっ!」
僕は舞にキスして舌を入れながら、舞を抱きしめてベッドに寝かせました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。