えっちなお姉さんズ(265)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あぁっ!舞ぃっ!よぉっしっ!兄ちゃんも負けないからなぁっ!」
「んっ!んんっ!・・・」
僕が反撃を始めると、舞の舐め方が甘くなりました。
まだまだ自分の気持ちよさをがまんしながらちんちんを舐められるほど、舞の身体は出来上がっていないんです。
これなら僕だって舞いにいかされることなく、舞をいかせてあげられそうです!
僕は目の前の舞の太腿を掻き分けて、股間を全開にしました。
可愛い割れ目がほんの少し開いて、濡れた中身を僕に見せはじめています。
その上にあるピンクの可愛いしわしわの穴も恥ずかしさにヒクヒクしてます。
でもとりあえずそっちには触らず、今回の僕の目標は、舞のおまんこの穴です!
僕は舞の割れ目を両手で開き、割れ目の終わりの部分で窄まった穴に舌を当てました。
「んっ!」
入り口のヒダヒダに舌が当たると、舞が敏感に反応して腰をピクっと震わせます。
それがなんとも可愛いので、しばらく入り口をくすぐってあげることにしました。
「んんっ!・・・あっ!お兄ちゃんっ!そこっ、くすぐったいぃっ!あぁんっ!」
がまんしてねぇ、穴が敏感なのはいいことだよ舞っ!
ちんちんの前に、ここを擦られる練習しようねっ!
「んっ!んあぁっ!お兄ちゃぁんっ!はぁっ!あぁっ!」
入り口からはみ出したヒダヒダを舌でくすぐる度に、舞の背中が持ち上がり、舞はもう僕のちんちんを舐めていられません。
右手でちんちんの根元を掴んで、入り口から伝わる気持ちよさに身体を振るわせるのが精一杯って感じです!
じゃあ舞、兄ちゃんは次に進んじゃうぞっ!
内側から舞の身体を舐めちゃうからねっ!
「んんっ!んあっ!あぁんっ!なにぃ?あっ!いやっ!なんか入ってくるぅっ!あぁっ!」
僕が舌を細く尖らせてヒダヒダの窄まりを押し開くと、舞のお尻の穴がキューっと身体に引き込まれました!
舞に入ってる僕の舌が動かせないほどに締まるんですぅっ!
「あいぃっ!おひいおひははういてぇっ!」
「んあぁっ!なに言ってるか分かんないよぉっ!あっ!あっ!やだっ!動かしちゃやぁっ!」
初めての異物の体内侵入に、舞はパニクってます。
しょうがないなぁ・・・僕は一旦舌を抜きました。
「あっ!んあぁっ!・・・」
それだけで舞は僕のちんちんの横に突っ伏してしまい、身体をピクピクさせてます。

「舞、大丈夫?」
「大丈夫じゃ・・・あっ!・・・ないよぉ・・・お兄ちゃん舞になにしたのぉ?・・・」
舞が僕に振り返って聞きました。
顔は真っ赤だし、ちょっと涙が流れちゃってます。
「ちんちん入れる穴に舌入れて、中を舐めてあげようとしてたんだよ。」
「えっ?・・・じゃあ今のが?・・・」
「うん・・・もう止める?舐めただけであれじゃあ、ちんちんなんてとても・・・」
「だめぇっ!」
舞が起き上がって、身体を反転させて僕を上から見つめました。
「今のは知らなかったからちょっとビックリしただけっ!止めちゃだめっ!」
えっ、えらい剣幕で怒られちゃいました・・・
「分かったよ舞ぃ・・・そんなに怒んないで、ほらっ!続きしてあげるからもう1回跨いで!」
僕が謝ると、舞は頷いてもう1度僕を跨ぎました。
「舞、舞はちんちん舐めなくていいから、中を舐められる感じに集中してごらん。」
「う、うん・・・ごめんねお兄ちゃん、さっきはビックリしちゃって・・・」
舞が僕に振り向いて謝るので、僕は笑顔で首を振りました。
「しょうがないよ、初めてなんだもん。あっ!ねえ舞。」
「なに?」
「兄ちゃんが舌入れたら、身体の力を抜いてね。さっきすっごく締まって舌がほとんど動かせなかったんだ。」
「うん・・・なんとかしてみるぅ・・・」
舞はゆっくり振り返った顔を前に戻しました。
僕は舞の割れ目を開き、緊張にヒクつくおまんこの穴に舌を合せました。
「じゃあ入れるよっ!」
「うん・・・んっ!んんっ!あっ!あぁっ!いっ、いやぁんっ!・・・」
舞は僕のお腹に両手をついて、僕の舌が身体に入ってくる感覚に耐えてます。
お尻の穴がヒクヒクして、力を入れないようにがんばってるのが分かるんです!
舞ぃっ!兄ちゃんいっぱい身体の内側舐めてあげるからねぇっ!
「あっ!あっ!あっ!お兄ちゃんっ!あっ!すごく変だよぉっ!あっ!」
僕が中で舌をレロレロ動かすと、僕を跨いだ舞の足がピクっと動きます!
僕は男だから分かんないけど、初めて身体の内側を舐められるのってどんな感じなのかなぁ?
気持ちいいのかなぁ?


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。