えっちなお姉さんズ(018)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハアハアと荒い息をしながら起き上がったちぃちゃんは、身体の向きを換えて僕に添い寝してきました。
「もうっ、ほんとにあの2人はどんなこと教えたのっ!・・・えっちな子ねっ!」
ちぃちゃんが笑いながら僕にキスしてくれました。
「クリちゃん吸ったりしたら・・・いっちゃうでしょうっ!」
ちぃちゃんが僕のほっぺを突付きました。
「ごめんねちぃちゃん・・・気持ちいいかなぁと思って・・・」
謝る僕を抱きしめて、ちぃちゃんが横に回転して、僕を上に乗せました。
「だめっ!許さないんだからっ!・・・おちんちんで・・・もっと気持ちよくしてくれないとっ!」
ちぃちゃんが僕を抱きしめました。
僕はちぃちゃんを見つめ返しました。
「ちぃちゃん・・・入れていい?」
「・・・うん・・・」
「中に出しても・・・いい?」
「うーん・・・千奈美をいかせてくれたら・・・いいよ・・・」
ちぃちゃんが恥ずかしそうに僕を見つめるんです。すっごく可愛いんです。
「うんっ!がんばるっ!」
僕がそう言うと、ちぃちゃんが嬉しそうに微笑んでくれました。
僕は可愛く微笑むちぃちゃんのおまんこに、ちんちんに右手を添えて合わせ、ゆっくり入れました。
「あっあぁんっ!広がっちゃうぅ・・・うんんっ!」
ちぃちゃんのおまんこは、なんだかさっきより狭く感じます。
さっきよりあったかいし・・・ヌルヌルです。

「ねえ・・・動いて・・・いっぱい動いて・・・」
ちぃちゃんが涙をいっぱいに溜めた目で僕を見つめます。
そんな目で見つめられると・・・なんだか切ないです。
胸が締め付けられます。でも、ちんちんは余計に元気になっちゃいます・・・
僕はちぃちゃんを気持ちよくしてあげたくて、白いのをいっぱい出したくて、ちぃちゃんのおまんこにちんちんを出し入れしました。
「あっ!最初からそんなに速くて、あぁっ!・・・だ、大丈夫?んんっ!」
「だって・・・気持ちよくって・・・ゆっくりなんて動けないよっ!」
僕はちぃちゃんの身体にしがみついてちんちんをどんどん早くしました。
ちぃちゃんのおまんこがクチュクチュ鳴り、僕の金玉がちぃちゃんの股にペチペチ当たります。
「んんっあっ!あぁっ!いきそうぅ・・・」
「ちぃちゃんっ!僕もうちょっとっ!待ってっ!まだ待ってぇっ!」
「あぁんっ!むりぃっ!イクっ!先にいっちゃうぅっごめんねぇ・・・んあぁっ!」
ちぃちゃんが僕を上に乗せたままビクビク跳ねます。
僕は振り落とされないようにしがみついて、ちんちんの出し入れを続けました。
「あぁっ!そんなっ!今いってるのにぃっ!あっ!いやあぁっ!」
ちぃちゃんの身体のピクピクが止まりません。
「おねがいっ!いってっ!中でいいから出してっ!出して終わってえぇっ!」
ちぃちゃんが顔を振ってイヤイヤをしながら泣くんです。
「そんなこと言っても・・・なんでか分かんないけど出ないんだもん・・・」
どうしてでしょう?すごく気持ちいいのに、出そうな感じはするのに・・・なかなか出ません・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。