えっちなお姉さんズ(288)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「はぁ・・・」
つまんないです・・・溜息が出ちゃいます・・・
友理奈とりーちゃんが買い物に行くって言って、2人で先に帰っちゃったんです。
今日もみんなにいっぱい出せると思ってたのに・・・
そりゃぁ女の子同士の買い物は楽しいだろうけどさ、僕だけ置いて行かなくてもいいじゃないかっ!
一人で歩く部室への道がこんなにつまんないなんて・・・
くっそぉっ!友理奈とりーちゃん見てろっ!
今日は2人の分も佐紀ちゃんと桃ちゃんに出しちゃうんだからっ!
僕は気持ちを切り替えて、部室に向かって走りました。
息を切らせて部室に着くと、鍵を開けて中に入りました。
あれ?靴が1足しかない・・・
不思議に思いながら居間に行くと、桃ちゃんが1人でちょこんと女の子座りで待っていました。
「あれっ?」
僕と桃ちゃんは同時に声を上げました。
「熊井ちゃんとりーちゃんは?」
「買い物に行くって帰っちゃった。佐紀ちゃんは?」
「うん、なんか今日は用事があるって帰っちゃったの・・・」
向き合って座った僕達は、なんか気まずくなって俯いちゃいました。
「桃ちゃんと2人っきりって初めてだね。」
「うん・・・なんか緊張しちゃうね。」
桃ちゃんが照れて笑いました。可愛いですぅっ!
なんかたまんなくなって、桃ちゃんの隣に行って抱きついちゃいました。
「あんっ!どうしたの?」
「僕がここでえっちできるのは桃ちゃんのお陰だもんっ!今日はお礼にいっぱい出しちゃうっ!」
「もう、ばかぁ・・・んっ・・・」
ちょっと赤くなった桃ちゃんは、目を閉じて優しくキスしてくれました。

「ねえ、ここに入ったきっかけ覚えてる?」
僕が寝室で桃ちゃんを脱がせていると、桃ちゃんがそう言って僕を見つめました。
「うん、僕が桃ちゃんのパンツ見ちゃったんだよね。でもなんで?」
僕が聞いても桃ちゃんはニコニコ笑うだけで答えてくれません。
変な桃ちゃん。まあいいや。
僕は桃ちゃんのスカートの横を開け、床にスカートを落としました。
「あっ!」
さっきの桃ちゃんの質問の意味が分かりました!
「えへっ、同じパンツだよっ!」
「うんっ!僕も分かったよっ!」
スカートの下から現れた薄いピンクのパンツを見て、2人で見つめあって笑いました。
「あの頃はこーんなえっちなおちんちんになるとは思ってなかったのよ。」
桃ちゃんが僕の前にしゃがみ、僕のパンツを脱がせながら僕を見上げました。
僕はパンツから両足を抜き、桃ちゃんの腕を掴んで立たせ、今度は僕が桃ちゃんのパンツに手をかけました。
「僕だってこんなえっちな部活だとは思わなかったよ。それに・・・」
僕がそこまで言って立ち上がると、桃ちゃんが僕を見つめました。
「それになによぉ?」
「桃ちゃんがあんなに早くて、可愛くいっちゃうなんて思わなかったっ!」
「あぁんっ!また桃のことバカにしてるぅっ!」
身を捩って拗ねる桃ちゃんを抱きしめ、僕はそのままベッドに押し倒しました。
「バカになんてしてないよ。今日も可愛くいってねっ!」
「もうっ!・・・ねえ・・・」
「なに?」
「せっかく2人っきりなんだから、桃を気絶させちゃだめだよ。」
「うんっ!時間もったいないもんねっ!今日は全部桃ちゃんに出すからねっ!」
「ばかっ・・・」
桃ちゃんは照れて赤くなりながら、下から僕を抱きしめてくれました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。