えっちなお姉さんズ(019)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そりゃあこれだけすればねえ、出にくくもなるわよ。」
ベッドに頬杖を突いて、佐紀ちゃんと桃ちゃんが笑っています。
「ねっ!佐紀ちゃん、桃っ!助けてっ!・・・千奈美おかしくなっちゃうぅ、はあぁっ!」
ちぃちゃんが2人に助けを求めます。でも、2人はニヤニヤ笑っています。
「見るだけって約束だったもん。ねえーっ!」
二人で見つめ合って笑ってます。
お姉さん達・・・怖いです・・・逆らったらえらいことになりそうです・・・
「いやぁんっ!いじわるしないでっ!手伝ってっ!終わらせてえぇっ!」
ちぃちゃんが僕のちんちんで泣いてます。ごめんねちぃちゃん、やっぱり出すまで終わらない・・・止めらんない!
「もう、仕方ないわねえ。桃っ!やるわよっ!」
「任せて佐紀ちゃんっ!」
2人がベッドに上がってきました。
僕とちぃちゃんの足を大きく開きました。
「あっ!あぁっ!」
声が出ちゃいました・・・だって、桃ちゃんがお尻の穴を舐めるんです・・・中まで舌を入れるんですぅ・・・

「やあっ!佐紀ちゃんっ!千奈美はいいのっ!お尻はやめてぇっ!いやっ!ああぁっ!」
佐紀ちゃんがちぃちゃんのお尻に指を入れたみたいです。ちぃちゃんの身体が僕を持ち上げます。
「何言ってんのっ!ちぃがおまんこ締めないといつまでも出ないわよっ!ほらほらっ!おまんこ締めなさいっ!」
「あぁっ!指ぃっ!グリグリしないでえぇっ!」
ちぃちゃんのおまんこがものすごく狭くなりました。
あっ!桃ちゃんにお尻の中を舐められて・・・僕もで、出そうですぅ・・・
「ち、ちぃちゃんっ!出るっ!出ちゃうよっ!」
「あぁっ!おねがいぃっ!もうだめぇ・・・出してっ!おねがいだから出して終わってぇ・・・」
「あぁっ!ちぃちゃん・・・すごいぃ・・・あっあぁっ!」
ちんちんに食い込みそうに締まるちぃちゃんのおまんこに、やっと白いのが出ました。
あんまりいっぱいは出なかったみたいだけど、ちぃちゃんのおまんこがすごく締まってたんで・・・
すっごく気持ちよかったんです・・・桃ちゃんの舌をお尻で締めちゃいました・・・
「あっあっ・・・はぁ・・・あんん・・・」
ちぃちゃんの背中がドサっとお布団に落ちました。
涙を流しながら安らかな笑顔で、ちぃちゃんはハアハアと息をしています。
すごく可愛いです。もう1回したいくらいなのに・・・ちんちんが小さくなっちゃいました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。