えっちなお姉さんズ(304)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ!・・・んあっ!あっ!広がってるぅっ!・・・あっ!はぁっ!」
「んんっ!あぁっ!佐紀ちゃぁんっ!」
ちんちんが入って来て仰け反った佐紀ちゃんといっしょに声が出ちゃいました。
だって、いって感じ易くなった佐紀ちゃんのおまんこがすっごく気持ちいいんだもん!
熱くてヌルヌルのお肉がギュっとちんちんを掴んでる感じなんですっ!
ちんちんの皮を根っこの方に引っ張られて、裏側の筋が突っ張っちゃってるんですっ!
僕は途中からがまんできなくなって、佐紀ちゃんに抱きついてちんちんを根元まで入れたんですっ!
「さっ、佐紀ちゃぁん・・・」
「な、なによぉ、情けない声出してぇ・・・」
僕がちんちんを入れ終わって見つめると、佐紀ちゃんは僕を下から抱きしめてくれました。
僕の様子がおかしいので、佐紀ちゃんは心配してくれています。
「あのね、さっき桃ちゃんと途中だったし、佐紀ちゃんの中が気持ちよすぎるし・・・」
「それで?」
「・・・すぐ出ちゃいそう・・・」
僕がそう言うと、佐紀ちゃんは優しく微笑んで僕の髪を撫でました。
「いいよ。佐紀もいったばっかりだからきっと早いから。」
「ごめんね・・・」
「あんっ!謝らないのっ!それよりさぁ・・・しよっ。」
「うんっ!」
佐紀ちゃんが優しくそう言ってくれたので、僕は嬉しくて勢いよく頷き、その勢いでちんちんを動かしはじめました!
「んっ!んあぁんっ!急にそんなっ!あっ!いやぁんっ!」
僕がいきなり全開で動きはじめたので、佐紀ちゃんは構える余裕がなかったみたいです。
でも僕だってもう全然余裕ないんですぅっ!

でも約束だし、佐紀ちゃんのおっぱいは、乳首だけは舐めちゃうんですぅっ!
「はぁっ!あっ!おっぱいはぁっ!おっぱいは後でいいからぁっ!んあぁっ!」
佐紀ちゃんが背中を反らせて喘ぎながら、僕の背中を叩くんです。
でも絶対止めないんですぅっ!
せっかく膨らんできたおっぱいがもったいないじゃないですかっ!
僕は佐紀ちゃんをきつく抱きしめて右の乳首を吸い舐めしながらちんちんを出し入れし続けました。
「いやぁっ!膨らみはじめで敏感なのぉっ!んあぁっ!吸わないでぇっ!」
佐紀ちゃんが首を激しく振りながら僕に言うんです!
そんなこと聞いちゃったらますます止めらんないですぅっ!
もう白いのも止めらんない感じだし、このまま出すまでいっちゃうんですぅっ!
僕は右手で佐紀ちゃんの左乳首を摘んで転がし、右の乳首を吸い舐めしました。
ちんちんは佐紀ちゃんの反った身体に合わせて、すくい上げるように突き出すんです!
そうすると浅いところの後壁と深いところの前壁に先っぽが擦れて・・・んあぁっ!出ちゃうぅっ!
大きく動かしてたちんちんが、勝手に佐紀ちゃんの奥の方で小刻みにものすごく速くなっていくんですぅっ!
「んあぁっ!奥ばっかりしたらいっちゃうよぉっ!あっ!あぁっ!イクぅっ!」
佐紀ちゃんが両足を身体に引き付けるように縮こまって、小さく痙攣しはじめました!
あぁっ!佐紀ちゃんごめんねぇっ!
佐紀ちゃんがいきそうなのは分かってるけど、僕もうだめぇっ!
白いのがっ!白いのがぁっ!・・・んあぁっ!・・・あぁっ!気持ちいいよぉっ!
「あっ!んあっ!出したらっ、出したら佐紀もいっちゃうよぉっ!んんっ!・・・あぁっ!イクぅっ!・・・んあぁっ!・・・」
僕が白いのを出しながらちんちんをビクンビクンさせていると、奥の壁を擦られて白いのをかけられた佐紀ちゃんが僕の後を追っていっちゃいました。
「あっ!・・・んあっ!・・・あっ!・・・あぁ・・・」
身体を小さく縮めて、首だけを大きく仰け反らせていってた佐紀ちゃんから、ふっと力が抜けていきました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。