えっちなお姉さんズ(306)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もうちょっと待っててねっ!」
佐紀ちゃんは今、僕の目の前で女の子座りになって髪をシャンプーしています。
膝をきちんと閉じずに座っているので、おまんこの割れ目が見えちゃってます。
佐紀ちゃんが手を動かす度に、膨らみはじめたおっぱいが微かに揺れるんです。
そんな様子を見ていたら、僕のちんちんは完全復活です!
僕は佐紀ちゃんに近付いて、微かに揺れるおっぱいを下から持ち上げるようにして揉みました。
「あんっ!待ってったらぁっ!」
「佐紀ちゃん、おっぱい揺れてる。」
「女の子だもんっ!当然よっ!あっ!あぁんっ!待ちなさいってばぁっ!」
尚も触り続ける僕の手を、シャンプーの泡だらけの佐紀ちゃんの手が止めました。
「ここからは佐紀の練習の時間なんだから言うこと聞きなさいっ!」
「だって、待ってる間暇なんだもん。」
「もうっ!しょうがないなぁ・・・じゃあおっぱいだけだよ。」
「うんっ!」
佐紀ちゃんが許してくれたので、心置きなく触れます!
「もうっ!おっぱいが好きな男の子ってマザコンなんじゃないのぉ?」
「えぇっ!そんなことないと思うけどなぁ・・・」
「うそっ!絶対そうだよっ!この甘えんぼっ!」
佐紀ちゃんが泡だらけの頭で僕に頭突きしてきました。
「痛っ!なにすんだよぉっ!佐紀ちゃんっ!」
「『僕は甘えんぼです』って言ったらおっぱい舐めさせてあげるっ!」
うっ、うぅ・・・屈辱ですぅ・・・でも・・・
「僕は甘えんぼですぅ・・・」
おっぱいには敵いませんでしたぁ・・・
「はいっ!よく言えました!じゃあ佐紀がシャンプー終わるまでは舐めてていいよ!あっ!あんっ!もうっ!せっかちぃっ!」
僕はお許しが出るとすぐに佐紀ちゃんに抱きつき、シャンプーで苦いおっぱいを舐め回しました。

「はぁっ!スッキリしたぁっ!お待たせぇっ!」
髪を濯ぎ終えた佐紀ちゃんは、髪にタオルを巻いて座りなおし、僕に軽くチュっとキスしました。
「おっ!君もお待たせぇっ!」
「あっ!佐紀ちゃぁんっ!」
佐紀ちゃんは急に屈み込むと、僕のちんちんの先っぽにもチュっとキスしたんです!
あまりにも急だったから変な声出しちゃいました。
「さぁてっ!久しぶりに佐紀のマット運動だよっ!」
「うん。お手柔らかにね。佐紀ちゃん。」
「うーん、それは無理ねぇ。お仕事派としてはお仕事に手抜き出来ないもの。」
「そこをなんとかっ!ねっ!ねっ!佐紀ちゃんっ!」
僕が拝み倒してお願いすると、佐紀ちゃんは笑って僕の頭を撫でました。
「はいはい、仕方ないわねぇ。じゃあちょっとだけ手を抜いてあげるっ!はいっ!仰向けになってっ!」
「えぇっ?うつ伏せじゃないの?そこで手を抜くのぉ?」
「なによぉっ!・・・あぁ・・・」
佐紀ちゃんがニヤっと笑って僕を見つめました。
「な、なに?」
「もう、しょうがない子ねぇ・・・」
佐紀ちゃんはそう言うと僕を抱きしめて耳元に口を近づけました。
「仰向けからはじめても、ちゃんとお尻の穴は舐めてあげるわよぉっ!」
「そっ、そんなこと一言も言ってないでしょうっ!」
慌てて否定する僕を佐紀ちゃんは優しく、でも強く抱きしめました。
「だってうつ伏せやりたがる理由なんて他にないでしょう。大丈夫、そこは手を抜かずにたっぷり、じっくり舐めてあげるから。ねっ!」
「う、うん・・・」
ソープ研で僕はすっかりお尻好きって認識になっちゃってますぅ・・・好きだけど・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。