えっちなお姉さんズ(031)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んっ!あっ!・・・いいっ!気持ちいいよぉ・・・はぁっあんっ!・・・」
まあさんが目を閉じて、仰け反って感じてくれています。
これなら大丈夫かな?僕はまあさんを横に向けようと、まあさんの右足を持ち上げました。
だめです・・・まあさんは大きすぎて、僕には自由に向きを変えられません・・・
仕方ありません。お尻の穴は諦めてクリトリスだけをいじることにします。
まあさんのおまんこの毛は、お湯で濡れて貼り付き、開いたおまんこの中がよく見えます。
僕はちんちんの出し入れを少し速くして、まあさんがちんちんに気を取られている間にクリトリスを摘みました。
「あっ!いやっ!クリちゃんはっ・・・あぁっ!いっちゃうからやめてぇっ!」
「いってもらうためにしてるんだもん!まあさん、遠慮しないでいってっ!」
「いやぁっ!おちんちんだけでいかせてっ!あっあぁっ!」
まあさんはクリトリスを嫌がって、身体をくねくねさせます。
でも僕は、まあさんの硬くなって皮から出てしまっているクリトリスを放しません!
摘んで擦り、ちょっと引っ張って、指で一周してみたり・・・
ヌルヌル滑る指で、まあさんの大き目のクリトリスをこねまわしました。
「あっあっ!イクっ!いやぁ・・・イクぅ・・・んんっ!あっ!・・・」
まあさんの身体がガクガク震えてます。太腿がプルプルしてます。
僕はちんちんを止め、クリトリスから指を放しました。
「んっ!・・・はあっ・・・ぁ・・・」
まあさんの身体から力が抜けました。
「まあさん、ごめんね。ちんちん・・・抜くよ。」
「あぁん!最後だったのにぃ・・・出してもらえないと・・・なんか寂しいね・・・あんっ!」
僕はちんちんを抜き、まあさんの身体を這い上がって、まあさんを見つめました。
まあさんが下から抱きしめてくれて、僕はまあさんに舌を入れました。
「んっ・・・ん・・・」
まあさんと口の中を舐めあい、ゆっくり顔を上げました。
「気持ちよかったよ・・・ありがと・・・」
まあさんが少し涙目になって僕を見つめ、そう言ってくれました。

さあっ!最後の桃ちゃんです!僕も思いっきり出します!
あれ?桃ちゃんの様子がちょっと変です。
のろのろとマットに這い上がってくる桃ちゃんは、生まれたての子馬みたいによろよろしてます・・・
「桃ちゃんも自分でしてたのぉ?!・・・」
「だってぇ・・・」
桃ちゃんは今にもいきそうです・・・桃ちゃん・・・
僕は桃ちゃんを仰向けに寝かせ、ちんちんでおまんこを擦ってみました。
「あっだめぇっ!・・・おねがい・・・もういきそうなのぉ・・・」
桃ちゃんが泣きそうなので、僕は桃ちゃんにちんちんを入れました。
「あっいやっ!・・・あぁんどうしよう・・・いっちゃいそう・・・」
ちんちん入れただけなのに・・・桃ちゃんの身体がピクピクしはじめています・・・
「桃ちゃぁん・・・」
「あぁん、ごめんねぇ・・・がまんできなかったんだもぉん・・・あっ!んあぁっ!」
僕はなんとか桃ちゃんと一緒にいきたくて、全開で動きはじめました。
「あぁっ!はやいっ!はやいぃっ!・・・そんなにしたらっ!桃っ!・・・もたないよぉっ!」
全開で動くつもりなのに・・・体が勝手に色んな動きを混ぜちゃいます・・・
「あっ!いやぁっ!変な動きしないでっ!・・・イクっ!イクぅっ!」
桃ちゃんの腰がガクガク動いて、お腹が上下して、開いた太腿も小さく震えてます。
僕も出そうです!動きを更に速めました!
「あぁっ!も、もうだめぇっ!イクぅっ!あっあぁっ!・・・あっ!・・・」
「ええーっ!桃ちゃんっ!・・・そんなぁ・・・」
もうちょっとだったのにぃ・・・出そうだったのにぃ・・・
桃ちゃんが先にいってしまったので、出しそびれちゃいました・・・
「あはっ・・・あぁっ・・・ん・・・ぁっぁぅぅ・・・」
そんな僕にはお構いなく、桃ちゃんは幸せそうな顔で勝手にピクピクしてます・・・桃ちゃんひどいですぅ・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。