えっちなお姉さんズ(033)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕ももう・・・だめです・・・
まあさんのおまんこをただまっすぐに、速く、長く動くのが精一杯です。
ちんちんの根元に白いのがいっぱい溜まってる感じなんです・・・
「まあさんごめん・・・もう・・・出るぅ・・・」
「あっ!いいよっ!まあもイクからっ!それより佐紀ちゃんをっ!あっ!あぁんっ!」
まあさんは佐紀ちゃんが一緒にいけるか心配しています。
僕もちょっと心配です。佐紀ちゃんのお尻の穴を強めに速く舐めました。
「あっ!いやぁっ!お尻で・・・お尻でイクぅ・・・」
佐紀ちゃんのお尻が、太腿が、ワナワナ震え始めました。
「佐紀ちゃんっ!一緒にいこうっ!あっイクっ!いっちゃうぅっ!」
まあさんの太腿もピクピクしてます。
でも、僕だって・・・まあさんの中でちんちんが・・・
も、もうだめですっ!出ますっ!
ちんちんの出し入れが勝手に速くなって、すごい速さでまあさんの中を擦るんです!
「んあっ!・・・んんっ!・・・」
僕はまあさんのおまんこの奥に白いのを出しながら、佐紀ちゃんのお尻に舌を深く挿し込みました。
「あっ!イクっ!あぁっ!はぁっ!・・・あっ・・・おちんちんが・・・出してるよぉ・・・」
「あぁっ!そんなに深くっ!いやっ!イクぅっ!・・・あぁ・・・んんっ!・・・」
まあさんのおまんこがドクドク出してる僕のちんちんをヌルヌル舐め、佐紀ちゃんのお尻の穴が僕の舌を締め付けました。
「はぁ・・・あんん・・・」
僕はまあさんの上で体を休めながら、佐紀ちゃんのお尻の穴とヌルヌルになったおまんこを舐めてあげました。
佐紀ちゃんがゆっくり起き上がり、まあさんから下りて、僕を見つめました。顔が真っ赤です。
「ばかっ・・・お尻はだめって言ったのにぃ・・・」
恥ずかしがる佐紀ちゃんを抱き寄せて、柔らかいまあさんのおっぱいに2人で顔を乗せ、舌を舐め合いました。

佐紀ちゃんとまあさんと僕の3人で仲良く体を洗っていると、桃ちゃんがゆっくり起き上がりました。
「桃っ、洗ってあげるからいらっしゃい。」
桃ちゃんは照れくさそうに微笑んで頷き、まあさんの前に座りました。
「なんかご機嫌ね、まあさん・・・あっ!桃が寝てる間に3人でしたわねぇっ!」
「桃が見境なくオナニーするからいけないんでしょうっ!ほらっ、じっとしててっ。」
「なによぉ・・・まあさんだってしてたくせにぃ・・・」
ニコニコしながら桃ちゃんを洗うまあさんに、桃ちゃんもそれ以上なにも言わず大人しくなりました。
僕は佐紀ちゃんに後ろから抱き付いて、おっぱいとおまんこを洗いながら桃ちゃんに言いました。
「桃ちゃんにも今度してあげるよっ。」
「う、うん・・・でも、なにを?・・・」
1人だけ何も見ていない桃ちゃんはちょっと不安そうです。
「桃にはだめよぉ。ただでさえすぐいっちゃうのにっ。」
佐紀ちゃんが僕に振り向いて笑ってます。
「えっえっ!ねえ、なにぃ?なにしてたのっ?ねえ。」
「あのね、・・・」
「だめっ!」
桃ちゃんに教えようとする僕を、佐紀ちゃんが止めました。
「桃には教えてあげないよっ。でも・・・佐紀がいかされちゃったんだからっ!ねーっ・・・ん・・・」
そう言って佐紀ちゃんは僕にキスしました。佐紀ちゃんに口を塞がれ、舌を舐められ、僕はそれ以上何も言えませんでした。
「・・・なんか凄そうね・・・」
桃ちゃんが唾を飲んで僕と佐紀ちゃんを見つめました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。