えっちなお姉さんズ(041)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕のちんちんの幅に広がった、友理奈のおまんこを見下ろしながら、ちんちんの動きを変えて動きます。
ちんちんの先っぽだけを友理奈の中に小刻みに速く出し入れしました。
「はあっ!あっ!やぁん、あっ!あんっ!」
友理奈の入り口が先っぽのくびれに引っ掛かってプリプリする度に、友理奈が切な気に声を上げます。
あっ、やばいです!これは僕も気持ちよすぎます!
出そうになる前に、僕はもう1度友理奈の中にちんちんを全部入れ、今度は奥で小刻みに動かしました。
「んあっ!あっ!んっ!・・・んんっあっ!・・・あっあぁっ!」
途中からちんちん全部の出し入れに変えると、友理奈は予測していなかったらしく、ちょっと大きく乱れました。
「友理奈・・・気持ちいい?」
「あっ!いいよっ!気持ちいいよっ!あっ、だめっ!変な動き方しないでっ!やぁんっ!」
僕が奥を掻き回したあと、一気に抜いて入り口を掻き回すと、友理奈が仰け反りました。
僕が動く度に友理奈のおまんこがクチュクチュ鳴る音が大きくなって行きます。
友理奈のおまんこから溢れたえっちな汁が、僕の金玉袋にまで垂れてきています。
僕の金玉を友理奈の汁がツーっと伝って流れるのが、こそばゆいです。
僕は友理奈の細い腰を両手で掴んで、体を少し前屈みにしました。
そのままちんちんを根元まで入れて奥をグリグリすると、僕のちんちんの根元の上にコリコリと友理奈のクリが当たります。
「はあっ!・・・あっ!いやっ!・・・んあっ!」
クリちゃんを圧迫されて、友理奈がじっとしていられずに身体を捩ります。
「あっ!いやぁんっ!」
僕がクリを押すのを止めて出し入れしようとすると、友理奈が両脚を僕に絡ませて僕を引き戻しました。
僕は友理奈の脚を解いて、クリへの刺激を止めて焦らしました。
ちんちんの出し入れもゆっくりにします。
「あぁんっ!いじわるぅ・・・」
友理奈が泣きそうな顔で僕を見ています・・・堪りません・・・
僕は友理奈に体を重ねて抱きしめました。

友理奈にピッタり体を重ねると、友理奈のおまんこが見れないのは残念なんですが
友理奈に裸で抱きついているって実感できて、すっごく幸せな気分なんです。
僕は友理奈の胸に顔を埋めたまま、クリの圧迫と入り口のプリプリを交互に繰り返しました。
「んあぁっ!い、いっちゃうよぉ・・・」
友理奈が泣きながら僕を抱きしめます。
「友理奈っ!いってっ!僕も出すからっ!いっしょにっ!」
僕はちんちん全体を出し入れしました。
熱くてヌルヌルの友理奈の中が、僕を締め付けながら震えています。
友理奈の内腿もピクピクしてます。お腹も僕を乗せたまま背中が反って持ち上がってます。
「あっ!イクっ!イクぅっ・・・んあっ!あっあぁっ!」
友理奈のおまんこが締まって・・・あっ!僕ももう・・・
「出るよっ!友理奈っ!・・・あぁっ!・・・あっ・・・」
「あっ!やぁっ!んあっ!・・・あ・・・ぁ・・・」
いってる最中に僕が出すと、友理奈の締め付けが更に強くなって・・・
僕は気持ちよする友理奈のおまんこに、3回目なのにいっぱい出してしまいました。
「んっ・・・はぁ・・・ぁ・・・」
友理奈が大きく息を吐いて、反っていた背中が落ちました。
何も出なくなってもまだピクピクしている僕のちんちんを、友理奈のおまんこが中で優しく擦ってすれます。
「はぁ・・・いかされちゃった・・・」
友理奈が溜息まじりにそう言って僕を見つめました。
僕も友理奈を見上げて見つめ、首を振りました。
「いかせたんじゃないよ。一緒にいったんだから。」
「うん、そうだね・・・気持ちよかったよっ!」
友理奈が少し無理に身体を屈めて、僕にキスして舌を入れてくれました。
「一緒にイクのって・・・気持ちいいね。また・・・しようね・・・」
キスの後、そう言って照れて赤くなる友理奈が堪らなく可愛くて・・・
抱きしめた友理奈の中で僕のちんちんはまた大きくなりました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。