えっちなお姉さんズ(043)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

佐紀ちゃんの入り口が僕のちんちんを欲しがって、僕の先っぽをモグモグします。
「佐紀ちゃん、入れるよ。いい?」
「おねがい・・・んっ・・・あぁっ!」
僕がちんちんをゆっくり入れると、佐紀ちゃんの顔が更に切なそうになり、身体が反りました。
佐紀ちゃんのおまんこが、僕のちんちんを確かめるように締めたり緩めたりして、その後キュっと強く締まりました。
友理奈とは違うちょっと硬めの締め付けとヌルヌルのお肉が・・・たまらなく気持ちいいです・・・
「佐紀ちゃん、ゆっくりするよ。いっぱい気持ちよくなってね。」
「あ、あのね・・・今日は・・・なんか佐紀もすぐ・・・いっちゃいそうなの・・・」
佐紀ちゃんが僕に速い動きを求めてるのは分かるんですが・・・
今がチャンスなんです。佐紀ちゃんをちんちんで泣かせるのは・・・
「だめっ。僕がどれくらい出来るようになったか、佐紀ちゃんに試してもらうんだからっ!」
僕はそう言って佐紀ちゃんの中をゆっくり動きはじめました。
「あっ!いやっ!おねがいもっと速くぅっ!はぁっ!」
僕を見つめる佐紀ちゃんに首を振って、僕はゆっくりと、でもいろんな動きを混ぜておまんこを擦りました。
「あぁんっ!おねがいだからぁ・・・んんっあっあぁっ!」
佐紀ちゃんが僕の動きに焦れて、自分で腰を振りはじめたんです。
僕は佐紀ちゃんの上に体を重ねて、勝手に動く佐紀ちゃんを体重を掛けて抑えました。
「いやっ!いやあぁっ!んっ!んーっ!・・・」
激しく嫌がる佐紀ちゃんにキスして口を塞ぎ、舌を舐めて落ち着かせます。
ちょっとだけ速く動いて、佐紀ちゃんがいきそうになるとちんちんを止めます。
「あっあっあっ!あっ!いやぁっ!」
佐紀ちゃんが僕の背中を叩いて嫌がります。泣き顔も可愛いです。
「おねがい・・・いかせてぇ・・・」
佐紀ちゃんが泣きながら僕を見つめました。

「佐紀ちゃん、僕、教わったことちゃんと出来てる?気持ちいい?」
「出来てるよぉっ!気持ちいいからっ!だから・・・おねがいっ!・・・んんーっ!」
泣いている佐紀ちゃんに舌を入れて、僕はちんちん全部を速く出し入れしはじめました。
「んぅっ!んっ!あっ!はぅっ!い、イクぅ・・・」
佐紀ちゃんが両足まで絡めて僕に抱きつきます。
僕はちんちんを限界まで速く動かしました。佐紀ちゃんがいったら・・・僕も出します!
佐紀ちゃんが僕の下で背中を反らせてピクピクしはじめました。
「あぁぁイクっ!イクから出してっ!あっ!だめぇっ!イクぅっ!・・・んあぁっ!」
佐紀ちゃんが僕にしがみついていきました。おまんこが・・・き、きつすぎます!
「佐紀ちゃんっ!出るぅっ!・・・あぁっ!・・・あっあっ・・・」
「んあっ!あっ!・・・」
僕が出すと、佐紀ちゃんの身体が更に強く反り上がりました。
白いのを出すために止まった僕のちんちんを、佐紀ちゃんのおまんこの中がヌルヌル擦ります。
先っぽだけじゃなくて・・・ちんちん全体をおまんこの中が動いて擦るんです・・・
「さ、佐紀ちゃぁんっ!・・・はぁっ!・・・」
僕はたまらずに動いて、最後の塊を勢いよく出しました。
「んあっ!だめぇっ!んんーっ!・・・あっ・・・ぁぁ・・・」
2人同時に力が抜けて、ベッドに佐紀ちゃんの背中が落ちました。
僕は佐紀ちゃんを抱きしめました。
2人とも完全に動きを止めたのに、佐紀ちゃんのおまんこの中はまだ僕をヌルヌル擦っています。
佐紀ちゃんの身体がピクピクっと小さく震えて、やっとおまんこの動きが止まりました。
「はぁ・・・あっ・・・んっ・・・んぁぁ・・・」
僕にしがみついたままの佐紀ちゃんの、涙をそっと拭ってあげました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。