えっちなお姉さんズ(046)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「んあっ!あっ!・・・んんっ!」
桃ちゃんが僕の胸に手を着いて、お尻を上下させます。
桃ちゃんの熱くなったおまんこの中がきつくなって、ヌルヌルにぬめって・・・すごいんです・・・
「桃すぐいっちゃうからいじれないし・・・熊井ちゃん、こっち舐めようか。」
「そうね。それじゃあ・・・」
「あっ!」
僕は声を出して反っちゃいました・・・だって2人で僕の乳首を舐めるんだもん・・・
桃ちゃんのおまんこの気持ちよさでやばいのに、そんなことされたら・・・
「桃ちゃん・・・もう・・・出るっ!・・・」
「あぁんっ!待ってっ!桃も、もう・・・イクからぁっ!」
桃ちゃんの動きが激しくなりました。そんなにしたら余計に・・・
「桃ちゃんっ!はやくぅっ!も、もう・・・」
僕の切羽詰った様子に、桃ちゃんは膝立ちからおしっこの格好に体勢を変え、更に速く動き始めました。
「んんっ!あっ!桃もっ・・・イクっ!あっ、イクぅっ!・・・」
「桃ちゃん・・・出るぅ・・・痛ぁっ!」
情けない声を出した僕の乳首を、友理奈と佐紀ちゃんが噛んだんです。
ちょっとだけ出そうな感じが遠退きました。でも、やっぱりもう出そうですぅ・・・
「あっ!イクっ!イクっ!・・・んあぁっ!あぁっ!」
桃ちゃんがいきました。桃ちゃんのおまんこが・・・締まって・・・僕の先っぽを・・・
「あぁっ!イクっ!出るっ!・・・はぁっ!・・・あっ!・・・」
「あっ!やぁん・・・」
僕が出すと、桃ちゃんがそれを感じておまんこを更に締めるんです。
腰が勝手にカクカクして、桃ちゃんのおまんこを突いちゃいました。
「あっ!・・・んあっ!・・・あぁっ!・・・ぁ・・・」
桃ちゃんの脚がガクガク震えて、僕の上に力なく座り込むと、そのまま身体を倒して僕に重なりました。

「うぁ・・・ん・・・あ・・・」
桃ちゃんはまだ僕の上で喘いでいます。桃ちゃんはイクと、正気に戻るまでが長いんです・・・
そんな桃ちゃんを友理奈と佐紀ちゃんが抱き起こして、後ろに倒して寝かせました。
それに合わせて僕も起き上がり、桃ちゃんからちんちんを抜きました。
「あぅっ!・・・んあぁ・・・」
友理奈が桃ちゃんのおまんこを舐めてきれいにすると、桃ちゃんが気を失ったままビクっとなって気持ちよさそうな顔をしました。
「あたしがきれいにしてあげるね・・・ん・・・」
佐紀ちゃんが僕のちんちんを咥えて舐めてくれます。
「さ、佐紀ちゃん・・・あぁっ!・・・」
先っぽを舐められ、残り汁を吸われ・・・僕のちんちんはまた大きくなっちゃいました・・・
「おっきくなったねっ!それじゃ・・・んんっ!」
「あぁっ!そんな・・・さ、佐紀ちゃんっ!んんっ!」
佐紀ちゃんが僕のちんちんを入れちゃったんです。
佐紀ちゃんの中はそんなに濡れてなくて・・・お肉が擦れる感じがすごいんですぅ・・・
「マットではあたしに気を使わないで出していいからね。」
佐紀ちゃんの顔が、お仕事派の顔に戻っちゃってます・・・
佐紀ちゃんは僕をもう一度仰向けに寝かせると、僕の上でおしっこの格好でしゃがみました。
「いかせてあ・げ・るっ!」
「んあぁっ!佐紀ちゃぁんっ!」
佐紀ちゃんがすごい速さで動きはじめました。
しゃがんだ佐紀ちゃんのおまんこは、ものすごく締まって、あんまり濡れてない中のお肉が直接ちんちんを擦るんです!
「あんっ!この位の濡れ方だと、んっ・・・すごいでしょっ?」
「すごすぎっ・・・あぁっ!佐紀ちゃんっ!それはだめぇっ!」
佐紀ちゃんが僕の先っぽだけを出し入れするんです!敏感な先っぽに佐紀ちゃんのお肉が擦れて・・・もう・・・
僕は全身に力を入れてがんばったんです。でも、そんなこと位じゃどうにもならないんです。
「佐紀ちゃんっ!出るっ!出ちゃうっ!・・・あっ!・・・あぁっ!・・・あ・・・」
「あんっ!いい子ね・・・まだこんなに出るなんて・・・んっ!・・・ん・・・」
「あぁっ!佐紀ちゃんっ!と、止まってぇ・・・」
出してる僕のちんちんを、佐紀ちゃんがゆっくり出し入れするんですぅ。気持ちよすぎます・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。