えっちなお姉さんズ(048)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

友理奈に出るとこ見られちゃいました・・・恥ずかしいです・・・
「もうっ・・・素股で出しちゃだめでしょうっ!」
「・・・ごめんね・・・気持ちよすぎるんだもん・・・」
ちょっとむくれている友理奈に謝ると、友理奈が身体を屈めて僕を正面から見つめました。
「精液って、こんなに飛ぶんだね。イク時のちんちんって・・・ピクピクして可愛いっ!」
友理奈が僕に舌を入れて・・・あぁっ!また・・・素股で擦りはじめたんです!
いったばかりのちんちんが、友理奈の太腿の間でビクビク跳ねて大きくなっちゃいます。
「もう1回がんばってっ!今度は・・・ちゃんとおまんこでいってねっ!」
友理奈はそう言うと僕の体を滑り降り、僕の両足を閉じさせて太腿で挟み、ちんちんを舐めはじめました。
友理奈が先っぽのくびれに引っ掛かっている僕の皮を伸ばして、くびれの裏を舐めるんです。
初めてそんなとこを舐められて、体がゾクゾクしちゃいます。
「あっあぅっ!・・・はあっ!・・・」
声がでちゃいました・・・だって友理奈が・・・先っぽを掌で擦りながら、玉を舐めるんです・・・
1個ずつ吸って、口の中で舐めるんです。くびれの裏をヌルヌルの指が擦るんです!
「友理奈ぁ・・・もう、入れてぇ・・・」
僕はそれだけ言うのがやっとでした。
友理奈が顔を上げ、僕のちんちんを握ってしごきながら僕を見ました。
「出ちゃいそう?」
「・・・うん・・・おねがい・・・もう・・・」
限界に近い僕を見て、友理奈はちんちんから手を放し、僕の体をずり上がってキスしました。
友理奈はちょっと長めに舌を舐めてくれて、僕はちょっと落ち着くことが出来ました。
「もう大丈夫?すぐ出たりしない?」
「多分・・・でも、ちょっとしかもたないよ・・・ごめんね・・・」
僕がそう言うと、友理奈は笑顔で首を振りました。
「入れた途端に出したらだめよっ!ちょっとだけがまんして・・・最後は気持ちよく中に出してねっ!」
友理奈が僕のちんちんを掴み直しておまんこに合わせました。

「あんっ!・・・んっ・・・はぁ、入ったぁ・・・」
友理奈が僕を見つめて微笑みました。
「ちょっと止まっててあげるから・・・友理奈のおまんこ・・・ゆっくり感じてね・・・」
「うん・・・んっ・・・」
僕は友理奈に口の中を舐めてもらいながら、いきそうなちんちんで友理奈の中を感じています。
ヌルヌルのヒダヒダがじっとしていても微妙に動いて・・・ちんちんを優しく撫でるように擦るんです。
入り口もモゴモゴして、僕の根元を締めたり緩めたりして、じっとしてません。
「友理奈ぁ・・・動かなくても・・・気持ちいいよぉ・・・」
僕がそう言うと、友理奈がまたえっちな顔になりました。
「動くともっと気持ちいいよっ!んっ!・・・あっ!んんっ!」
「あぁっ!今動くと出ちゃうぅっ!」
友理奈が・・・お尻を上下させてちんちんをっ!・・・ちんちんをおまんこで擦るんです!
僕は全身を強張らせて、体を反らせて耐えてるんですけど・・・
「友理奈ぁっ!も、もうだめぇっ!」
「んあっ!いいよっ!んんっ!出してっ!あぁっ!」
友理奈の動きが激しく、速くなって・・・で、出ちゃいますぅ・・・
「出るっ!友理奈ぁっ出るぅっ!・・・んあぁっ!・・・あっ!・・・」
「あっ!出てるっ!あぁっ!・・・んっ・・・」
友理奈が僕を根元まで入れて動きを止めてくれました。
僕を暖かく包んで締める友理奈の中で、僕はちんちんをビクビク跳ね回らせて白いのを撒き散らしました。
「あったかぁい・・・あんっ!」
嬉しそうに微笑む友理奈に最後の一塊を出して、僕は全身の力が抜けました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。