えっちなお姉さんズ(067)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ねえみや、この子童貞じゃないけど、どうする?していく?」
「うん。しばらく大人しくしてなきゃいけないし・・・久しぶりにしたいし・・・いいかな?」
佐紀ちゃんに聞かれて、雅ちゃんが僕を見つめました。
「僕はいいけど・・・いいの?」
僕が佐紀ちゃんと桃ちゃんを見ると、桃ちゃんが僕に抱きつきました。
「言い忘れてたけど、みーやんもうちの部員だよ。最近は童貞狩りが忙しくて顔出さないけど。」
「なによぉっ!元はと言えば、2人であたしにえっちなこと教えたからでしょうっ!」
雅ちゃんが2人にそう言いました。やっぱり・・・ソープ研の部員ってみんなこの2人に・・・
「まあまあ、それはこの際置いといて。みや、いつも童貞君相手だと気持ちよくはないでしょう?
 どう?今日は逆ソープってのは。あたし達が鍛えたからすごいわよぉ。」
「うーん・・・それじゃ、お願いしちゃおっかな!」
佐紀ちゃんに言われ、雅ちゃんが僕にそう言いました。
僕たちは早速寝室に移動し、僕と雅ちゃんがベッドに上がりました。
ベッドに上がると、雅ちゃんが僕にいきなりキスしてきました。
雅ちゃんに舌を舐められうっとりしていると、雅ちゃんが口を離し、僕を見つめました。
「脱がせてあげるね。」
雅ちゃんはそう言うと、僕の制服を脱がせました。上半身を裸にされ、僕はベッドに立たされ、雅ちゃんに全裸にさせられました。
「やぁんっ!1年生なのに凶悪なおちんちんねっ!」
雅ちゃんは僕のちんちんを剥くとそう言って顔を寄せて・・・あっ!な、舐めはじめたんです!
「み、雅ちゃん・・・あっ!んあぁっ!」
「・・・んっ・・・気持ちいい?」
雅ちゃんが僕を見上げました。すごくえっちな顔です。
「う、うん・・・雅ちゃん、最初に1回・・・お口に出していい?」
このままするとすぐ出ちゃいそうなので、僕は雅ちゃんにお願いしました。
「いいよ。飲んであげるから・・・濃ゆいのいっぱい出してね・・・んっ・・・」
雅ちゃんはそう言って僕のちんちんを咥え直しました。先っぽばっかり舐めるんです。
おしっこが出るとこを舌で広げるように舐めたりするんです。吸うんですぅ・・・
「み、雅ちゃんっ!出るっ!あぁっ出るぅっ!・・・うあっあっ!・・・あっ・・・」
「んっ!・・・ん・・・んっ・・・はぁ・・・さすが1年生ね。濃ゆいし、すごくいっぱい・・・」
「あっ!雅ちゃんっ!あぁっ!」
雅ちゃんに残り汁を吸い出され、僕は気持ちよさにその場にへたり込みました。

座り込んでしまった僕のちんちんから顔を上げ、雅ちゃんが僕を見つめます。
「1回目は早いのね。ちょっと嬉しい・・・」
そう言って僕に微笑みました。ちょっと上目使いで目を潤ませるんです。
いっぱいえっちした僕でもたまんないんです・・・したことない男の子は、そりゃぁがまん出来ませんよ!
ドキドキしている僕の両手を握り、雅ちゃんがちょっと顔を赤くしました。
「ねえ・・・みやも脱がせて・・・」
「う、うん・・・」
僕は唾を飲み込みながら頷き、雅ちゃんの袖のホックを外しました。
右脇のチャックを開けて、胸元のホックも外し、セーラー服を脱がせました。
「あっ!雅ちゃん・・・薄着なんだね・・・」
いきなり雅ちゃんのあんまり膨らんでないおっぱいが見えたので、僕はちょっと驚きました。
小さな膨らみとピンクの小さな乳首が可愛いです。
「おっぱい・・・小さくてごめんね・・・」
「ううん、すっごく可愛くてきれい・・・」
雅ちゃんは恥ずかしそうに笑って、僕が脱がせ易いように膝立ちになってくれました。
雅ちゃんのスカートは丈を短くするために、腰で何回も折り返されていて、ちょっと脱がせにくいです。
僕はなんとかスカートを脱がせることが出来ました。
スカートの中は薄い水色の小さいパンツで、雅ちゃんのおまんこの割れ目に食い込んだパンツが筋になってます。
「雅ちゃん・・・寝て・・・」
僕は雅ちゃんを寝かせスカートを抜き取り、両足から靴下も脱がせました。
僕がパンツに手を掛けると、雅ちゃんは脱がせ易いように腰を上げてくれました。
パンツが雅ちゃんのおまんこの上の膨らみを過ぎると、薄毛のおまんこが顔を出しました。
僕は更にパンツを引っ張りました。
パンツが完全に裏返り、雅ちゃんの太腿の真中を過ぎると、食い込んだ部分が勢いよくおまんこから外れました。
「雅ちゃん・・・パンツ濡れてるよ。」
「だって久しぶりなんだもん・・・ねえ、そのパンツ・・・記念にあげる。」
「えっ!う、うん・・・ありがとう・・・」
恥ずかしそうな雅ちゃんに頷いちゃったけど・・・どこに仕舞おうかなぁ・・・


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。