えっちなお姉さんズ(071)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

僕は雅ちゃんをうつ伏せにしました。
出し入れがし易いように、お尻だけちょっと突き出させたいんですけど、雅ちゃんは完全に力が抜けちゃってだめなんです・・・
僕は仕方なく1回抜いて、雅ちゃんをもう1度仰向けに反しました。
「んっ!んあっ!・・・も、もうだめぇ・・・おねがい・・・」
僕がちんちんを入れ直すと、雅ちゃんは泣きながらそう言いました。
「雅ちゃん、次は僕も出すからね。いっしょにいこうね。」
「うん・・・おねがいね・・・出して終わってね・・・みや、おかしくなっちゃう・・・」
「うん。雅ちゃんがいったら出すからね。」
「はあっ!あっ!いきなりそんな速くっ!あっ!いやっ!あぁっ!」
僕が全開で出し入れすると、雅ちゃんは身体に力が入らないため、身体をクネクネさせて身悶えました。
でも、おまんこだけはすごい力で僕を締め付けます・・・出ちゃいそうです・・・
僕は一旦動きを止め、雅ちゃんの両足を伸ばして閉じさせました。
僕は雅ちゃんの両太腿を跨いで体を重ね、上からちんちんを落としました。
「んあぁっ!そんなにしたらっ、クリちゃんがぁっ!はあっ!」
無理な角度で出入りするちんちんが、雅ちゃんのクリちゃんを擦ります。
力が抜けていたはずの雅ちゃんの身体が、僕の下で反り上がりました。
かなり無理がある角度のため、僕のちんちんは先っぽだけが雅ちゃんに出入りするんです。
イク寸前のすっごく締まる雅ちゃんのおまんこに先っぽを舐めるように擦られて・・・あうぅ、出ちゃうぅ・・・
「雅ちゃんっ!出るっ!出るよぉっ!」
「いぃっイクっ!イクから出してぇっ!あっ!イクぅっ!・・・んあっあぁっ!・・・」
雅ちゃんがいきました。お、おまんこがっ!あっ!も、もう・・・
「み、雅ちゃーんっ!出るぅっ!・・・あっ!・・・あっ・・・」
「あぁっ!・・・出てるぅ・・・あついぃ・・・あっ・・・」
いってる最中の雅ちゃんの中は、壁が微妙に動いて気持ちよくって・・・
僕が出すと、雅ちゃんの中の動きが激しくなって・・・あぁっ!出してる先っぽが擦れますぅ・・・
僕は雅ちゃんに体を預け、たくさん出して雅ちゃんにヌルヌルを足しました。
246 名前:fusianaman 投稿日:2006/05/02(火) 10:08:50


僕は白いのを出し終わったちんちんが抜けてしまわないように、雅ちゃんの両足を足で開かせ、間に体を落としました。
「はあっ!・・・んんっ!・・・」
「うあっ!・・・あっ!・・・」
根元までちんちんを押し込むと、気持ちよくって2人で声を出しちゃいました。
「雅ちゃん、気持ちよくっていっぱい出ちゃった。ありがと。」
「ううん・・・みやの方こそありがと・・・こんなにいかされたの・・・はじめて・・・」
雅ちゃんが恥ずかしそうに赤くなって僕を見つめました。
そして、お互いに引き寄せられるように唇を重ね、舌を舐め合いました。
僕と雅ちゃんの唇が離れると、佐紀ちゃんがちょっと赤い顔でティッシュの箱を僕に渡しました。
僕は体を起こしてティッシュを抜いて重ね、雅ちゃんの両足を膝を曲げさせて開きました。
「雅ちゃん、おまんこから白いのが出るの・・・見ていい?」
僕が聞くと、雅ちゃんは恥ずかしそうに頷いて、そっと目を閉じました。
僕はゆっくりちんちんを抜きました。
僕の引き抜く動きに、雅ちゃんが身体をピクピクさせて反応します。
ちんちんを完全に引き抜きおまんこを開きました。
「あっ!・・・」
雅ちゃんの恥ずかしがる声と同時におまんこが締まり、白いのがドロっと塊で出てきました。
僕が指を放しておまんこを閉じても、まだドロドロ出てくるんです。
「ごめんね雅ちゃん・・・こんなに出しちゃって・・・あっ!」
「ど、どうしたの?」
僕が変な声を出したので、雅ちゃんがびっくりして起き上がりました。
「ごめんね・・・白いのが出てくるおまんこ見てたら・・・大きくなっちゃった・・・」
雅ちゃんのおまんこをティッシュで拭きながらそう言うと、雅ちゃんは僕に微笑んで・・・あぁっ!
ちんちんを舐めてきれいにしてくれました。き、気持ちいいですぅ・・・

雅ちゃんにちんちんを舐めてもらってきれいになったけど、お風呂に入ることになりました。
僕と雅ちゃんと佐紀ちゃんでお風呂に向かいます。あれ?
「ねえ、桃ちゃんは?」
僕が聞くと、佐紀ちゃんがベッドの脇を指差しました。
そこにはスカートがめくれて、パンツに手を突っ込んだまま倒れて、ピクピクしている桃ちゃんが・・・
「あぁ、またいつもの・・・」
「ほんっと、堪え性がないんだからぁ・・・」
ちょっと呆れた僕と佐紀ちゃんは、オナニーで気絶した桃ちゃんを放って、雅ちゃんを連れてお風呂に行きました。
脱衣所に着くと、佐紀ちゃんがもじもじして僕を見つめるんです。
「どうしたの、佐紀ちゃん?」
「なんでもないよ・・・先に入ってて・・・」
佐紀ちゃんの顔が真っ赤です。なんか変です。
「あっ!もしかして佐紀ちゃんっ!」
「あっ!だめっ!・・・」
僕は佐紀ちゃんのスカートに手を入れ、パンツの股布の部分に指を当てました。
佐紀ちゃんのそこはヌルヌルで、すごいことになっちゃってます!
恥ずかしがる佐紀ちゃんの制服を脱がせると、パンツは両脇を残して色が変るくらいに濡れちゃってました。
「佐紀ちゃんどうしたの?こんなに濡らしちゃってっ!」
雅ちゃんが驚いて佐紀ちゃんに聞きました。
「何回もいかされてるみや見てたら・・・昨日のこと思い出しちゃったんだもん・・・」
「昨日のことって?」
佐紀ちゃんが俯いて恥ずかしそうに雅ちゃんを見上げました。
「昨日ね、佐紀もこの子に泣かされちゃったの・・・連続でいかされちゃって・・・」
「す、すごい新人さんだったのね・・・」
それを聞いた雅ちゃんが僕を振り返って、目を見開いて僕を見つめました。


今日 -
昨日 -
合計 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。