vimrc


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

vimrc v1 2008/11/24


if v:lang =~ "utf8$" || v:lang =~ "UTF-8$"
   set fileencodings=utf-8,latin1
endif

set nocompatible    " Use Vim defaults (much better!)
set bs=indent,eol,start     " allow backspacing over everything in insert mode
"set ai         " always set autoindenting on
"set backup     " keep a backup file
set viminfo='20,\"50    " read/write a .viminfo file, don't store more
            " than 50 lines of registers
set history=50      " keep 50 lines of command line history
set ruler       " show the cursor position all the time

" Only do this part when compiled with support for autocommands
if has("autocmd")
  " In text files, always limit the width of text to 78 characters
  autocmd BufRead *.txt set tw=78
  " When editing a file, always jump to the last cursor position
  autocmd BufReadPost *
  \ if line("'\"") > 0 && line ("'\"") <= line("$") |
  \   exe "normal! g'\"" |
  \ endif
endif

if has("cscope") && filereadable("/usr/bin/cscope")
   set csprg=/usr/bin/cscope
   set csto=0
   set cst
   set nocsverb
   " add any database in current directory
   if filereadable("cscope.out")
      cs add cscope.out
   " else add database pointed to by environment
   elseif $CSCOPE_DB != ""
      cs add $CSCOPE_DB
   endif
   set csverb
endif

" Switch syntax highlighting on, when the terminal has colors
" Also switch on highlighting the last used search pattern.
if &t_Co > 2 || has("gui_running")
  syntax on
  set hlsearch
endif

if &term=="xterm"
     set t_Co=8
     set t_Sb=^[[4%dm
     set t_Sf=^[[3%dm
endif
if &term=="xterm-256color"
    set t_Co=256
    set t_Sb=^[[4%dm
    set t_Sf=^[[3%dm
endif

nnoremap <silent> <F8> :TlistToggle<CR>
nmap <C-N> :cn<CR>
nmap <C-P> :cp<CR>
nmap <UP> :tabnew<CR>
nmap <DOWN> :tabclose<CR>
nmap <LEFT> :tabprevious<CR>
nmap <RIGHT> :tabnext<CR>
noremap j gj
noremap k gk

set vb                  " ビープを鳴らさない
set nu                  " 行番号の表示
set et                  " TAB 文字をスペースに展開
set hid                 " バッファを切り替えても Undo 出来るようにする
set ignorecase          " 検索時に大文字小文字を無視 (noignorecase:無視しない)
set smartcase           " 大文字小文字の両方が含まれている場合は大文字小文字を区
別
set autoindent          " 自動的にインデントする
set ruler               " ルーラの表示
set wrap                " 長い行を折り返す
set showcmd             " コマンドをステータス行に表示
set title               " タイトルを表示
set nobackup            " バックアップファイルを作らない
set wrapscan            " 検索時にファイルの最後まで行ったら最初に戻る (nowrapscan:戻らない)
set showmatch           " 括弧入力時に対応する括弧を表示 (noshowmatch:表示しない
)
set wildmenu            " コマンドライン補完するときに強化されたものを使う(参照 :help wildmenu)
set backspace=2         " バックスペースでインデントや改行の削除を出来るようにす
る
set ts=4                " TAB (文字コード:0x09) の表示幅
set sw=4                " オートインデントで挿入されるタブの幅
set sts=4               " TAB Key 押下時に挿入される幅
set bdir=~/temp         " バックアップファイルの作成場所
set dir=~/temp          " スワップファイルの作成場所の指定
set fenc=utf-8
set ff=unix
set helplang=ja,en
set laststatus=2        " ステータスバー常時表示

" n Number  バッファナンバー
" f String  カレントディレクトリから見た相対パス
" m Flag    更新フラグ                  [+]         | [-]
" r Flag    リードオンリーフラグ        [RO]        |
" l Number  行数
" c Number  列数
set statusline=%<[%02n]%*\ %f\ %m%r%w%{'['.(&ft!=''?&ft:'text').']'}%{'['.(&fenc!=''?&fenc:&enc).']['.&ff.']'}%=%l,%c%V%8P
let html_use_css = 1    " TOHtml で作成される HTML で CSS を使用する