俺ペナ新聞社 > 週刊分家スポーツ ~引退選手特集~

週刊分家スポーツ ~引退選手特集~

週刊分家スポーツ売り上げ
今日 - 冊の売り上げ    昨日 - 冊の売り上げ
総売上 -

※この雑誌は、amazonに予約したからokと思ったら、konozama(このザマ)だよ!の提供でお送りします。



今季引退する選手


緊縛を受け継いだ名捕手、米野(米野)

<野球>ヤクルトスワローズ米野が引退

ヤクルトの米野捕手(42)が今シーズン限りでの現役引退を発表。
米野はヤクルト一筋で21年間プレー。不動の正捕手として昼ペナヤクハム時代を支えた一人。
クリーンナップを任されるなど勝負強いバッティングも光った。
引退試合となった今季最終戦でもグランドスラムを放ち、本塁打も24本を記録した。
米野はシーズン終了後の会見で「悔いは…正直あります。緊縛があまり広まらなかった事だけ…理解を示してくれた玉置さんも引退されるようですし」 と悔しそうに話し
「いろんな人にお世話になりました。分家の人全てに感謝したい。」と、頭を下げた。

獲得タイトル:AS出場8回、ベストナイン10回
通算成績:.275 3225安打 460本 1654打点

[広告]

中日のドクターK、ジパトノフ(テトリス)

<野球>ジパトノフ(中日)が引退

中日のジパトノフ投手(42)が今シーズン限りでの現役引退を発表。
ジパトノフは中日一筋で21年間プレー。 2年目に5イニングで16与四死球、3年目に最多奪三振、4年目にシーズン20敗と話題に事欠かない選手だった。
今シーズンは不調だったものの、12年連続15度目の最多奪三振のタイトルで最終年を飾った。
ジパトノフはシーズン終了後の会見で「今シーズンやってて分かりましたね。もう潮時だ、って。唯一の悔いは今期のチーム成績(6位)ですね」 と穏やかな表情で話し、
「来期誰が最多奪三振を獲るか楽しみです、邪魔者がいなくなりましたからね」と会場の笑いを誘った。
最後に、「最初数年の頃から考えると、信じられないほど活躍できました。ここまで来れたのも応援してくださった皆さんのおかげです。ありがとうございました」と、頭を下げた。

獲得タイトル:最多奪三振15回、最多勝2回、最優秀防御率1回、MVP1回など
通算成績:防御率3.79、230勝216敗、2773奪三振

[広告]

阪神一筋21年ミスタータイガース、(・ω・)(玉置)

<野球>阪神タイガース(・ω・)玉置が引退

         ☆:oο○
   ∧∧  /◎:.♭★:ο  ∧∧
  ( ´ー`)´☆。σ:。: o α:(;ω; )
  |,つ´  。●..io.。◇.★⊂ ⊂ )
 ☆―――― σ :∂:ρ  |   .i
   し`J            しーJ

後輩のKKDRから花束を受け取る玉置(写真左)

 阪神の玉置外野手(42)が今シーズン限りでの現役引退を発表。諸事情により転生による
現役復帰は不可能として完全に野球から離れることが決まった。
 玉置は阪神一筋で21年間プレー。主にクリンナップとして低迷期の阪神を支えた。現役
中に5つのポジションを守るなどどこでも守れるユーティリティさも光った。
 玉置はシーズン終了後の会見で「悔いは…正直あります。優勝出来なかったことだけ…」
と悔しそうに話し、「いろんな人にお世話になりました。分家の人全てに感謝したい。そし
て秀太さんに謝りたい。無念を晴らせないですいません」と、頭を下げた。

獲得タイトル:本塁打王1回、打点王1回、ベストナイン7回(捕手2回、一塁1回、二塁2回、外野2回)
通算成績:.283 3379安打 528本 1753打点 

[広告]

パームを操る優勝請負人、棗鈴(JOY)

<野球>ダイエー棗鈴引退、21年の現役生活にピリオド

分家俺ペナの棗鈴投手(42)が今シーズンをもって現役引退することを発表した。

棗鈴投手は、シーズン終了後引退会見を開き、自身引退登板となる近鉄戦について「最後に、いや最後まで
わがままを(近鉄戦登板)聞いてもらった。5回まで投げさせてもらえなかったのは残念だけど、チームが勝った
ので良かった。」と試合について話すと、「最後に付き合いの長い(ヽ´ω`)と対戦できて良かった。あいつを抑え
れるのならまだ現役で行けるかもしれませんねw」と(ヽ´ω`)選手との直接対決について話し、会場の笑いを誘った。

今シーズンについては「今シーズンはチームは最下位と沈みましたけど、まだまだあのチーム(変態ホークス)は
強くなりますよ!」と笑顔で話した。

オリックス戦後のコメントについて聞かれると、笑顔だった表情は一変して真面目な表情に変わり「僕の後継者
に対してのメッセージ。昔の僕に良く似ている、これから期待していますよ。」と棗鈴投手が期待する投手に
エールを送った。

最後に棗鈴投手は「楽しい21年間でした。応援してくださった皆様には感謝しかありません。また会いましょう。」
と意味深長な発言を残した後、深々と礼をし拍手が鳴り響く会見場を後にした。


棗鈴は、分家俺ペナ第一期に日本ハムに入団し、日本ハム黄金時代の先発投手として4度の優勝を経験し
阪神に移籍。阪神に3年在籍後、西武に移籍し第10期には西武の初優勝に貢献した。西武に4年在籍後
日本ハムに出戻りし、第14期には亡き大島監督に日本一を捧げ、第17期には13.5ゲーム差をひっくり返し
メイクシャウエッセンの原動力として活躍した。その後、ダイエーに移籍し2度の優勝を経験し第21期である
今シーズン引退を決めた。西武移籍後「汐王寺茉莉花」に登録名を変え、ラストシーズンに棗鈴に戻す。

獲得タイトル:最優秀防御率1回、最多勝1回、最多奪三振1回、MVP1回、ベストナイン2回
通算成績:防御率3.47、232勝163敗、2051奪三振

[広告]


分家を代表するナックルエース、霞愛歌(畑健二郎)

<野球>中日ドラゴンズ霞愛歌が今季シーズンで引退を表明

中日の霞愛歌投手(42)が今シーズン限りでの現役引退を発表。
霞愛歌第一期に入団し、ナックルと針に糸を通すコントロールの良さを武器に21年間先発投手として活躍した。

シーズン終了後の会見で「引退については今シーズンのキャンプの時から決めていた。最後に優勝できなかった
のが少し残念ですが、良い野球人生を送れました。」と少し笑みを浮かべながら話すと「やっぱりパームの習得が
良くなかった。パームを勧めた今季引退する某投手にはあとでお礼参りに行くつもりです。」と表情は変えないも
のの何やら怪しげなオーラを出しつつ話した。

最後に「先ほども言いましたけど良い野球人生を送れまし。応援してくださったファン皆さんとここまで育ててくれた多くの人に感謝したいです。本当にありがとうございました」と、頭を下げ、会見場を後にした。

獲得タイトル:最多勝2回、MVP1回、ベストナイン2回
通算成績:防御率3.93、239勝175敗、1834奪三振

[広告]

チャンスに強い強打者、村田修一(きょ~ん(笑))

<野球>横浜ベイスターズ村田修一が引退

横浜の村田修一内野手(42)が今シーズン限りでの現役引退を発表。
村田は横浜へドラフトにより入団。その後近鉄、ヤクルトと渡り歩いて古巣横浜に復帰した。
ち~ん(笑)と同期入団のため目立つことは少なかったが21年間クリーンアップを打ち続るなど勝負強い打撃が光った。
引退試合となった今季最終戦でも2ランホームランを放ち、本塁打も自己新記録の39本を記録した。
村田はシーズン終了後の会見で「悔いは…正直あります。通算打率を3割に乗せたかった…」 と悔しそうに話したが
「いろんな人にお世話になりました。分家の人全てに感謝したい。」と、頭を下げた。

獲得タイトル:HR王2回、打点王2回、新人王、AS出場7回、ASMVP1回、ベストナイン6回
通算成績:.296 3482安打 576本 1998打点

現役選手・引退選手・ファンからのコメント

  • お疲れ様でしたー -- 名無しさん (2009-01-29 21:26:15)
  • 緊縛戦士たちの勇姿に感動した!みなさんお疲れ様でした! -- 名無しさん (2009-01-29 21:32:34)
  • ジパトノフさんの元同僚です。お疲れ様でした。 -- 名無しさん (2009-01-29 21:41:07)
  • かみそく(笑) -- 名無しさん (2009-02-04 17:11:14)
  • 神速コテつけろよ -- 名無しさん (2009-02-04 18:12:46)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。

添付ファイル