あばば > セ・リーグ > 横浜ベイスターズ > コメントログ > お絵かき掲示板ログ > 1


名前:
コメント:


寸評の深淵へようこそ

+第19回寸評

第19回ペナント、セ・リーグ2位 81勝57敗2分 勝率.586

シーズンチーム記録の最多勝利部門を塗り替える強さで中日が優勝。おめでとう!
だが我が横浜の13代目で築いた最多本塁打記録232本はなかなか塗り替えられないだろう。
今期の横浜はほんと久々に200本を割った。防御率は良くなってるものの、打率・得点率は全盛期に遠く及ばない。
それでも2位という位置に行ける所が強豪としての証明になっているだろう。

投手から。

Dammit選手が200勝達成!!!球速はすこぶる落ちて来てはいるが、多彩な変化球の切れは未だ健在。自ら作る釜玉うどんトロロ入りのおかげだろう。通算成績が気になってくる年齢だが防御率に関しても通算3点台にする事が可能な投手だろう。どんな特能を手に入れるかが鍵を握っている。
左のDammit、右の肉まんマン、この二本柱が横浜に400勝以上を齎して来た。この200勝は横浜にとってより一層重みがある200勝と言える…
楽天から移籍して来た汚泥選手。スタミナEなので不安はあったがスタミナを減らす事無く投げる事が可能だった…
つまり相手に打たれなきゃスタミナは大きく減らないので絶倫を持っていなくても汚泥選手なら十分先発がやれたのだ。
ここ1年間がチャンスかと思ったが先発で1点台(1.71)…来期も先発で行って貰いたい。さすがに最終年は中継ぎかとも感じるがこの選手は常識を覆すかもしれないw
今年の報道番組を席巻する事態が起きた。従業員が慌てて社長室に駆け込んで来た。いつになく真剣な従業員の眼差しを見て、肉まんマンは察した様だ。「食中毒の隠蔽がとうとうばれたか・・・」従業員は声を荒げ「それとは別件です!生肉マンを食べた消費者が緊急搬送されました!毒が検出されたようですッ」
ここに肉まんマン選手の戦いが一つ、幕を降ろしたのであった。野球の成績に関しては防御率・勝ち星・勝率全て全盛期に突入中だ!
初期組ではなくて1年目から先発を任せられている稀有な存在バットオ選手。しっかりやれている事自体驚きだが今期は更に一皮剥けた様に感じた。基本スペックと変化球の切れがこのまま上がればもう大丈夫だ。
ポエムに料理、砲丸関連と趣味が多彩な彼がまた一つ趣味を増やした様だ。数年前からシャンソン歌手を目指し始め、今では週末になると六本木のバー等でドレスを纏った姿にて歌声を披露している。実に甘い声だ。
先発2年目の聖天使猫姫様はとうとう爆発的なシーズンを送った!!防御率は2.39、勝ち星も二桁に乗せエース級の活躍をしてくれた。
このまま伸びれば球界を代表するPにもなれるだろう。大事に姫を育てた甲斐があったと御付きの爺様が大喜びし過ぎて死にそうになっていた。
浅間山小規模噴火を見て「綺麗な花火じゃのう。愛いのう、愛いのう…」と発言。その言葉が届いたのか桜島も呼応した。
柴犬ちゃんは3年目らしい成長をあげた。中継ぎで育成中はこれが何より。3年目らしいといってももう中継ぎとして合格点となる成績だ。
猫姫様の様に順調な街道を散歩して欲しい。道半ばでのマーキングも重要だ、忘れないで居て欲しい。ここで豆知識、忠犬ハチ公は秋田犬。
きゅっきゅキュ~キュ~河童128選手は肩の出来の速さも影響してか早くもベテラン中継ぎ並の成績を収めた。プライベートではツインターボ号を河に引き摺り込み名無し化させてしまったが悪戯も契約内容に織り込み済みだから責任は問われない。ただ尻子球だけは狙わないで欲しい。…無事に成長して欲しいからだ。
我が家の守護神様くるーん選手は失敗もたったの一度で30セーブを上げ全盛期並の活躍だった!500という数字が見えてきている
これは是非とも達成して欲しい。記録に残る部分はセーブ記録とシーズン記録で、記憶に残る部分は自ら回した試合でのクルンゴwww試合を覚えていてもらいたい。最多救援も伸ばして欲しい記録だが、これらの為にはチームメイトの協力が不可欠だ。来期みんなで頑張ろう。

打者。
アルルちゃんはもう何シーズンも.330以上を維持している様な気がするが、どうだろうか?未だに盗塁数を20前後維持し続けているのも
高い守備率も全てがファンタジックだ。ファンタジスタ・アルルちゃんと呼ばせて貰おう。そしてチームを絶好調にして再びアルルちゃん歓喜の叫びを聞きたい。来期はとうとう40歳……ww ん?誰かが窓を叩いているな…待てよ此処は4階(ry
ざんげちゃんの打棒が戻って来た!!!横浜野手で唯一ASにも出場して、前年のベストナインに続き横浜野手の意地を健気に示してくれているざんげちゃん。個人的には通算打率を出来るだけ伸ばして欲しい。歴代TOP10に入る器だ。ざんげちゃん的には別の意味でも確かに器なのだが。
ざんげちゃん、ざんげちゃん、たら神が…神様が河童君とざんげちゃんの二人になっちゃった…神無月に今迄有難うって労ってあげて欲しい…
瞳孔が針の様に細くなるほどパンチラに驚異的な集中力を使う事で有名な四方二三矢選手はその集中力でバットオ選手から大根のカツラ剥きを完コピ。指先の修練の為には何でも取り入れる直向な姿勢が彼らしい。打撃面以外では守備での貢献が相変わらず目立っている。移籍して来た頃も穴だった一塁手を一瞬で補ってくれたが、今は内野の要を衰退期の嵐の中で懸命に支えてくれている。感謝。
契約年数を失敗して翌年が最終年のバルパンサー君は頑張った。帳尻と言う言葉がピッタリ来る。スターウォーズとは全く関係が無いベーダー一族を倒す日も近い。
池袋にある東京芸術劇場小ホールで一人芝居『白野弁十郎 ~原と大介~ 』が好評な中井大介選手。私も招待されて行ったが正直小ホールと言えども後ろの席からは良く見えなかった。舞台稽古に忙しかった彼は本塁打数を減少させた、だが打点は相変わらず良くあげてくれるので主軸をしっかり全うしてくれた。彼の為なら一徹の様になろう…大介!あちくなれよ大介!!
6さいちゃん山賊団の主な活動は畑泥棒と壁へのラクガキである。シーズン中に捕まりそうになったが、警官に対しおどけた表情で肩をすくめると低い唸り声を上げ自らのマッスルで服を破り「山賊団に来ないか?」と発言。見事難局を乗り切った。
ジャギ君は見た目のスペックは驚くほど落ちて来ているが、成績は見事な数字をあげている。リアル捕手に居たら間違いなく一流の成績だ。
ただ走力に関してはグラウンドで走り込みをしている際、6さいちゃん山賊団の三輪車に余裕でかわされるレベルだ。何かしらの秘孔を打たれて真っ直ぐ歩けない状態に近い。
「この辺が弐」でお馴染みの東出弐君は本塁打は二桁に届かなかったが、守備で貢献。守備面は転生前を彷彿とさせるが、新人王を取った彼は一休みしているのだろう。
そして何より気になる点が一つ、よく練習中に「ZOOM ZOOM ZOOM Yea ZOOM, ZOOM ZOOM ZOOM♪」と口ずさんでいる…チームメイトが近付くと慌てて口笛で誤魔化そうとする。今度MAZDAZoom-Zoomスタジアム広島の話題を振ってみよう…


今度今迄の順位を振り返ってみようと思う。
あばベイも頑張ってきたなとより感じるだろう。
みんなの戦いの歴史だ。リアル野球のシーズンに突入し、あばばとあばベイは今迄以上にまったり進行となるだろう。
一旦離れまたシーズンオフになってから加わる、今迄以上にまったり加わる、他球団等を行き来してあばば全体を満喫する、横浜を常勝軍団にする、
それ以外にも色んなパターンがあるだろう。キャンプ忘れ等も多くなるだろう、だがそんな気楽なスタンスで良いと思う。あばベイはそういう場所で有って欲しい。薔薇男も少しの間離れると思うが、また気楽に参加するつもりだ。
そして新しく加わった人達もあばベイを故郷の様に感じて欲しい。

+第20回寸評

第20回ペナント、セ・リーグ2位 92勝45敗3分 勝率.671


92勝という誇れる数字で堂々の2位。
7~8回目の2位、2位が多いのはご愛嬌w
今期もみんなの力で素晴らしい戦いが出来たのではないだろうか。
中日とは今期の対戦もほぼ五分だった、これだけ中日に対抗出来る我が横浜にはこれからも優勝を狙う選手達が集ってくれるだろう…
そのポジションを築いた事もとても大きい。




投手から。

Dammit選手は見事全盛期以上の成績をあげた!40歳を越えてDammit選手らしい投球回数200イニングをクリア、防御率・勝率全てが素晴らしい。
二本柱がほぼ同じの防御率左のDammit選手2.23・右の肉まんマン選手2.24、Dammit選手17勝・肉まんマン選手18勝と素晴らしい位置での揃い踏みをしたのはとても印象深い。2000奪三振も見えて来ただろう。タフネスボディの余力を振り絞り、行くんだ!エースDammit!!!
究極老人肉まんマンZⅡ選手は会社の倒産で一気に老け込んだが選手生活は依然として全盛期を謳歌中。投球回数233イニング…ぶったまげたww薬の進歩も此処まで来たのかと驚かされる。250勝という素晴らしい数字も目の前だ!最後の秘薬を使う時が来たぞ中華街超人肉まんマン!!!
汚泥選手凄いww防御率1.29で最優秀防御率を獲得!!これは他球団も参考にするほどの快進撃ではないだろうか?勝利数という点ではリリーフ陣に依存する部分が多いが、それだけにリリーフ陣のやりがいが増すとも言える。一般的には中継ぎで成績の良い選手は先発で成績を落とし、先発で成績が悪い選手は中継ぎで成績が良くなるという壁が有るのだが、中継ぎの時より更に成績をあげる汚泥選手は恐ろしいw球界の闇を捉えて来た彼は球界に新たな光を与えようとしている。
最近ジャギ君にコアリズムを勧められたバットオ選手は予想したとおりに例年成績をアゲアゲして来ている。軟投派の星としてあばば球界の代表Pになって欲しい。その為にはこれからが正念場だ!コアリズムに砲丸を取り入れた新トレーニングを積み重ねて基本スペックを高め、超特能に備えるんだ!ポエムの頂は其処に有る筈。
お菓子に目がない聖天使猫姫様は当然流行り物のチェックも怠らない。近頃流行っていた生肉まんというお菓子?にも手を出し見事食中りを起こされた!怒った御付の者達は裏で暗躍した。無事に回復した猫姫様は脅威の勝率で今期の最高勝率となった!!16勝2敗…とんでもない数字だw
特能がまだ少ない姫がこれからあばば球界速球派のエースへ上り詰めるだろう事は疑いの余地が無い。
左の軟投派バットオ選手と右の速球派猫姫様、この二人はとても順調に成長してくれた。両極端な性質の投手だが、それぞれ素晴らしい投手になった。これからのあばば球界での活躍が期待される。
フリスビーを投げると手で受け取って高速で投げ返してしまう事で有名な柴犬選手、今期も中継ぎとして頑張ってくれた。
被本塁打は少なく中々の成績をあげている彼は高卒ルーキー、今後の成長が大いに期待出来る選手だ。制球力が付けば奪三振も増えてきそう。バットオ選手と猫姫様に続く立派なわんこになるだろう…子供が沢山出来れば横浜はウハウハである(ry
かっぱっぱ~ るんぱっぱー か~っぱきざくら かっぱっぱー とんぴりぴん 飲んじゃった ちょっ~と良い気持ち な、河童128選手。
勝敗・セーブ数も立派なものだが、イニングを刻む刻む!!すぐに先発でも行けそうな彼だが焦らずに制球と切れを身に着けて欲しい。柴犬ちゃんと同じ頃に立派な先発となっている水神様が見える…
久々に3度の失敗をした我が家の守護神くるーん選手。それだけ登板数が多くなったのだ。防御率、横浜の勝ちを確定させた試合、と圧巻の成績。
35セーブを上げ単独歴代最多救援となる6回目のセーブ王を獲得!!!彼には最終年も期待したい、是非横浜の守護神として華々しい締め方を見せて欲しい。


野手。
アルルちゃんはほんと久し振りに調子の悪い年となった。可愛らしい彼女に相応しいパワーFになった事が原因かも知れん。
球団の為に守備を頑張ってくれている事の皺寄せなので仕方ないが、ばたんきゅ~と倒れるにはまだ早い!!美貌を保つ為の力をほんの少し打撃に傾ければ全盛期のアルルちゃんに近い成績が残せるだろう。アルルちゃんは横浜の嫁!!例年死球数は確実に減ってきているww我が横浜の力だ!
前半グーの音も出ないほど絶不調の極みだったざんげちゃんw後半は流石である。打率も3割を超え、本塁打も20本を超えた。やはり打撃に関しては心配ないようだ。来期有効な特能を手に入れればざんげちゃん大復活を遂げるだろう…
ざんげちゃんごめんなさい、
トランザムシステムを人間にも応用出来ないかと思案中の四方二三矢選手は打率・本塁打共に四方選手平均をクリア。一流の成績を残し出塁率も4割近い彼だが、打点に関しては満足していないだろう。「サイコガンは心で打つもの」と言われた気がした四方選手は更なる精神修行へ取り組むのだった…トランザム人間利用もサイコガンも超人的な集中力が役に立つのは言うまでも無い。
大介選手があちくなった!!!.363で首位打者を獲得!!前半終了時2位で折り返した彼だったが後半も勢いが衰える事無く、見事初の首位打者へと輝いた。本塁打部門・打点部門も共に4位に付けて彼に相応しい充実した年となった。最終年どれだけ本塁打と打点を伸ばせるのか楽しみである。
太陽のように真っ赤に燃えあがれ!ダイスケ!!
バルパンサー君帳尻乙です。晩年の方が良く打った選手だな…  イーグル!(゚∀゚) シャーク!(・w・) パンサァアーッ!(゚Д、゚) ♪
6さいちゃんきたああああああああああああああ!!!!!!打点王と、同率での本塁打王の二冠GET!!!!!山賊団を立ち上げた甲斐があったww
貢献し続けてくれた6さいちゃんの初タイトルゲットはとても嬉しい。これでヴァンダム親子も安心だ。だが6さいちゃん山賊団の活動は続けるとの事…ジャギ君を押し退け世紀末覇王になる日も近い…
間違った秘孔を突き真っ直ぐ歩けないどころか酸素欠乏症気味の症状を見せるジャギ君。バットオ選手と視聴していた『太一×ケンタロウ 男子ごはん』のタイトルロゴでケンシロウを連想し古傷が痛んだ彼は闘士を取り戻し、今期もそこそこの打率・効果的な一発・高い打点とジャギ君らしい成績を維持。その存在感を使って6さいちゃん山賊団で幹部の座を狙っているようだ…事情通によると最終年に向け特別な秘孔を突くつもりらしい…
豚肉大好きで有名な東出弐君は順調な打率の伸びを示した。出塁率は既に3割近い。さっそく持ち金を増やそうと競争馬を購入、ミート力が上がる事を期待してミートホープと名付けた。彼のネーミングセンスに感銘を受けた肉まんマン選手が同名の会社設立を模索中である。とりあえずミートがCになれば.270以上は打つ様になってくるだろう。そこから先どんな選手になるのか選択肢がかなり広い、非常に楽しみである。プライベートではブラウン監督の結婚に対抗心を燃やす東出君だった…
今期から野手として加わったクロフネ号は1年目からメジャー流の外野守備で球団に貢献。積極的に犠打も試みて外国産馬らしくない技巧派な一面を見せた。横浜球場や他球場の土に慣れれば内野への転向、打撃の向上共に早いだろう。今期は名無し化したツインターボ号と一緒に追い切り練習を重ね仲の良い所を我々に見せ付けた。牡同士だが横浜では何の問題もない。


今期は脅威の投手陣、打者では主砲大介選手と6さいちゃんの爆発
そしてみんなの頑張りで横浜は92勝を上げ素晴らしい強さを示した
今では強い中日に対抗出来るのは横浜かオリックスぐらいだろう
衰える中での競争となる来期、今回届かなかった最後のピースを埋めてくれる人達が現れてくれれば
我が横浜がセでNo.1となり、勿論そのまま日本シリーズで勝つだろう
私は一旦離れるがあばば横浜にはこれからも注目し続けたい。











ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。