劇ぱわ > 新・踏み台

新・踏み台 という名の選手置き場



マゾカウンター
今日は - 人のマゾな方が来ました。
昨日来たマゾな方は - 人です。
これまで来たマゾな方は、重複も含めて - 人となります。

選手紹介

野手

イメージ 選手名(所属) / 獲得タイトル
選手情報など
一言
komada_2.jpg 駒田 (本家・横浜) B9①
唯一優勝を経験出来なかった初期高卒戦士。一度確変で3割を打ってベストナインを獲得したが、それ以外はタイトルと無縁。ポジションは二塁、遊撃、三塁。駒田だけど一塁は一度も守っていない。無断帰宅した試合を現地観戦してたのも良き思い出。投げたヘルメットは一塁側ネクストバッターズサークル付近まで転がった。今期からは横浜の打撃コーチ。吉村が酷いことになってるぞ、仕事しろ・・・いや、仕事した結果がこれか?じゃあ仕事するな。エキシビジョンのソフトバンクにいる黒人の子供は都市伝説。 
「とりあえずお疲れ」
akafuku_1.jpg 赤福ちゃん (あばば・中日)  
管理者モードの副ちゃんの名前が赤かった。だから赤福ちゃん。赤福よりも御福餅のほうが好き。どっちも製造日偽装。ドラフト登録時の能力は FCB DD。入団当初は最強ひだまり軍の9番ライトで散々甘い汁を啜っていたが、彼女たちが引退した後は名無しも埋まりきらないチームの内野の要(自称)として働いていた。吉野屋先生が好きです。でも中の人はもっと好きです。最後まで覚醒せずにアクセス大杉。類似品がゼロペナのテスト時に阪神に所属していた。 
「わっしょい!わしょしょい!」
mako_2.jpg マコ (本家・横浜)  
駒田引退後、何年か経ってから横浜に入団。名前の由来は駒田徳広の娘「まこ」、現在中学生。某アニメでモノマネをしていたのは娘ではない。とかく発言がフラグとなり、巨人(主にカミーユ)を挑発したところ巨人が復調、「本家横浜は分家横浜より弱い」と書けば5連敗、挙句の果てに「借金が10以上あったら引退する」と言ったら、シーズン終了時に借金12。一度言った事は守らないといけない、と引退した。なお、成績に触れるとチームが低迷するフラグはいまだ健在である。 
「くすくす・・・さっきまでの勢いはどうしたのかしら?」
guile_1.jpg 待ちガイル (もうええわ・ボンレスハム→オリックス) 首① 本④ 打③ MVP② B9⑪ 
アメリカ空軍の少佐。Ⅱで真空投げや待ちガイルなど大暴れしたせいか、スパⅡXでダブルサマーソルトキックが追加されるまで必殺技の追加が無かった。もうええわではCC固めCMを狙ったが、固め打ちしかつかなかった。入団後に守備を鍛え、一時期は二塁も守ったが、基本的に外野。空軍だし。ボンレスハム黄金期に貢献したと思ってる。 
「ソニッブー」
rose_1.jpg ロバート・ローズ (本家・横浜) 本① B9③? 
横浜ベイスターズ伝説の外国人。俺ペナでの成績は明らかに名前負けしている。37本を放ち本塁打王に輝いたが、現実のローズが99年に打率打点の2冠を達成した時は37本で本塁打王だけ逃している。ロッテ移籍→開幕前に引退ネタをしてみたかったが、俺ペナの使用上不可能だった。ロッテも鎖国だからねー。 
「こんなに嬉しいことはない」
misutosan_1.jpg ミストさん (ゼロペナ・中日→オリックス) 首①
アトリームという星から来た宇宙人。20歳。某人気ロボットゲーの主人公……なのだが、BGMは盗作、テキストはキャラ崩壊と散々な出来に終わっている。廊下で地球人の陰口ばっかり言っているウザ馬鹿キャラという設定。主人公なのに。中日で偶然首位打者を獲ったがその後は低迷、オリックスへ放出。なんか生々しい。引退の年にゼロペナが逝去。バ○ナムはさっさと盗作疑惑の調査結果を報告しろ。 
(こんなペナントに俺が登録する価値はあるのか……?)
naitoh_1.jpg 内藤雄太 (本家・ヤクルト→オリックス)  
鳴り物入りで入団したムードメーカー。一時期全員左打者だったヤクルトの守備の要として活躍した後、オリックスへと移籍。奪力軍団結成の原因。余談だが元ネタ様が2009年AS後から駒田の応援歌を継承した。なんという偶然 
「もう奪力軍団を結成するしかないのか……。」
nishi_2.jpg 仁志敏久 (ゼロペナ仮・西武)  
本家や夕ペナで何度か作ったCFCEBを狙って見事撃沈、EEDEBで入団となる。まぁゼロペナ仮だししゃーない。入場曲はもちろんスパルタンX。キャー!ミサワー! 
「もうそういう時代じゃないから」
nanda_1.jpg 待ちレミー (もうええわ・中日) 新 首① MVP②
待ちブランド(仮)3人目。Ⅱ→ZEROときてⅢのガイル系キャラ。家庭を顧みなかった格闘家の父を憎んでおり、プロフィールの嫌いな物が「格闘家」となっている。必殺技どころか通常技の名前もめんどくさい。自分の選手では初の新人王に輝く。 
「なんなんだ、アンタ・・・」
hirano_2.jpg 平野恵一 (本家・オリックス)  
本家四代目、ついに横浜の選手じゃなくなる。神速軍団を作りたいという某氏の発言に影響され、俊足好打のBB型くずれとして転生。なお、その言いだしっぺはロッテへ転生した。しかも投手で。汚いなさすがロッテきたない。 
「甘かねぇぞ!」
hidemitsu_2.jpg 斉藤秀光 (朝・毎日)  
朝三人目。つっちーはネタ切れらしい。 
「四球団に指名されるとはありがたい。」
fujita_1.jpg 藤田一也 (ゼロ・西武)  
近大からドラフト入団。東の鳥谷、西の藤田と呼ばれたとか呼ばれてないとか。そのくらい高評価の遊撃手で、他球団も獲得に動いたが、「横浜以外なら社会人へ行く」とドラフト前に宣言。なお、ハマファンを公言した同大学出身・同期の岸本は放出された。12年目にまさかのキャンプ忘れ。初の引退以外での名無し化……。 
「あぶなかった……」←2年後キャンプ忘れ

投手

イメージ 選手名(所属) / 獲得タイトル
選手情報など
一言
sagi_1.jpg デス詐欺本 (分家・ダイエー→巨人→日本ハム→ヤクルト) B9①
初期入団選手。名前の由来の杉本正同様社会人卒。分家ダイエーの初代ストッパーとしてそれなりの活躍。しかしジョルジュに抑えを奪われて先発に回ると成績低迷。立場がなくなった頃に巨人へトレード。ゆうかりんの犬となって4年後に日本ハムへ。夕ちゃんこと三宮紫穂に勝ち星を消されながらも、ち~ん(笑)が三冠王となった14期には自己最多の14勝。最下位球団を救おうとヤクルトに移籍するも、2年間で10勝31敗と期待を裏切った。分家第一回AS第一戦の勝利投手。 
「最後に・・・ゆうかりん!wikiにドSと書いたのは私めでございます!踏んでくれ!」 
wasei_2.jpg 和製なんとか (夕ペナ・東京ヤクルト) B9①
スライダーを武器にヤクルトの中継ぎを支え……もとい、足を引っ張った。ネタでクイック○を買い、さらに緊縛の人の影響で呪縛を買った。底ルトの時代から空ルトの時代まで、生涯ヤクルトで頑張ったけどB9も含めて無冠な上に歴代投手ランキングに載らなかった。記録にも記録にも残らない地味な仕事人。 
「フランちゃんウフフ」 
kinsen_2.jpg キンセン (分家・横浜→中日) B9①
デス詐欺本引退後、4期くらい経ってからやっと入団。由来は言うまでもない誰かさんの金銭補償だが、俺ペナでは「デス詐欺本に野球を教わった韓国人」という設定。タマムシ大学卒。基本能力・特殊能力が似ていることから、ライバルとして時田ユキの名を挙げている。今のところ向こうのほうが勝っている。最後まで無冠だったが、師匠・デス詐欺本のシーズン勝利数を上回る16勝を記録した。現在通算敗戦数6位。 
「ゆ……ゆうかりん!?ひゃっほう!」 
tsuchi_2.jpg 土屋文明 (朝ペナ・広島→名古屋)  
某予備校の日本史講師。自称日本史の神。年表形式のテキストに赤ペンを使ってチェックを入れるという独特の授業をする。授業のスピードはとても早く、ボイスレコーダーは必須アイテム。非常に人気が高く、教室満席は当たり前。朝ペナの投手は先発に転向後、初日本一に貢献。広島打線との対決を望み、また予想を外したため、名古屋軍へと移籍。最後まで先発でがんばったが無冠。広島がチートすぎて……。 
「文明ちゃんは……今季限りで……やめへん!極悪非道広島軍を倒すまでやめへんで!」 
sanae_2.jpg 東風谷早苗 (こだわり・横浜)
ひがしかぜたに (夕ペナ・底島)
奪①(東風谷) 
こだわり横浜のアイドル……はアルルちゃんだから、マスコットキャラ。神の血を引く現人神の末裔。博麗の巫女がヤクルトに入団したから、後を追うように横浜に入団。中継ぎで0点台の活躍をするとペナントがリセットされ、先発でようやく奪三振王を獲ったと思ったらこだわりンゴwwww。アルルちゃんと同じタイミングでタイトルを獲るのは偶然だろうか。夕ペナ広島のよく似た人は14年目でやっとシーズン防御率2位。でもそれだけだった。 自機デビュー! ネズミだからっていじめるのはよくない。 
「このペナントでも常識にとらわれてはいけないのですね!」 
zzz_1.jpg ズージャ (分家・日本ハム) 防① 
元西武。台湾ではCDデビューもしているアイドル投手。朝ペナで活躍した土屋文明を参考に、SFF一本の速球投手として登録。中継ぎとして最優秀防御率を獲得。分家ハム久々の黄金時代に貢献した。 
「ナージャ(笑)」 
nash_2.jpg 待ちナッシュ (もうええわ・巨人) 奪① ASMVP① 
米国空軍中尉。アメリカ版ではチャーリー。マーヴル版では改造され、ヴァンダム主演の実写映画では改造されてブランカになり、アニメ版ストⅡⅤでは短髪眼鏡と設定が定まらない。参考にしたのは本家で活躍したのびた投手。その恩恵を受けたか、23勝0敗という成績を残し、日本一に貢献したこともあった。ただ、もえ横にとんでもない化け物投手がいたため、タイトルには縁が無かった。 
「サマッソー」 
kappe_2.jpg かっぺ豪族 (朝ペナ・名古屋→近鉄) 防② 勝④ MVP① ASMVP② 
かっぺっぺ。語尾に「ウェー」がつく。朝ペナの前世・土屋文明の授業が元ネタ。前世からの悲願だった名古屋の日本一に貢献。近鉄でも先発として登板し、中卒からの長い野球人生を終える。通算奪三振は2500とキリが良い。 
「ウェー」 
yamaguchi_1.jpg 山口俊 (夕ペナ・オリックス→楽天) ノーノー① 最多勝①
本家で高卒CCに失敗したので、高卒有利な夕ペナで登録してみたところ、CCは失敗したが指名はされた。和男ではない。勝ち星ドロボーを続けた彼は、仙台に送られることになる。ノーヒットノーランを達成するなど、地味ながらチームに貢献した。200勝達成後完走。 
「ここに指名されたということは山口は山口でも和男だったか……。」 
milk_1.jpg ギニュー隊長 (分家・ロッテ)  
一発ネタ。同じ東映だからアリや。しゃべらないので特にネタにもならない。すまんのう、時間が無くて……。自分以外の先発投手がお早川なので、疎外感を感じている。大してネタにならずに引退。 
「俺は優しいだろーーーーっ!」 
nameless.jpg K9999 (ゼロ・楽天)  
SNKの人気ゲームシリーズ「THE KING OF FIGHTERS」のキャラ。「2001」から登場した彼だが、何もかもがあまりにも鉄雄すぎたため、出場停止処分を受けてしまう。最近、彼も出演した「2002」がリメイクされたが、イケメンに整形されてしまっている。個人的には使ってて楽しいんだけどね、手のドリルでガリガリ。JC→立ちC→2Aのお手軽コンボ。 
「見るなぁー!そんな目で俺を見るなぁー!」 
riko_2.jpg 夕崎梨子 (夕・オリックス)  
12巻・第100話「とらぶる×トラブル×ToLoveる」から登場。主人公・結城リトが、ララの発明品「ぱいぱいロケットくん」の誤爆によって女性化した姿。いわゆるTS(トランス・セクシャル)・TG(トランス・ジェンダー)キャラ。「けいおん!」で一躍有名になったかきふらい氏も好んだジャンル。「けんぷファー」は期待していいものか微妙なところだが。 まさか現役でいるうちに元ネタが打ち切られるとは思わなかった。
「結婚しました♪……誰と?猿山?」 
tomo_1.jpg ともだち (分家・西武)  
ともだち。 
「あーそーびーましょ」 
robert_2.jpg 待ちロバート (もえ・ソフトバンク)  
投手作成に定評の無い待ちシリーズ。カプコンのネタが尽きたため、SNKキャラ。KOF2000において、ソニックブームな飛び道具とサマーソルトを使い分けるキャラに変更された。その後、飛び道具を上下に飛ばし分けるキャラにもなった。アイグー。 
「そこらじゅうで派手にやっちゃる」 




+ ニュース置き場

+ おまけコーナー



  • レスありがとう。詳細はこれです(人・ω・)♂ http://www.64n.co/ -- ありません (2012-01-05 22:22:11)
名前:
コメント:



ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。