ゼロペナ > セ・リーグ > 横浜ベイスターズ 32~49期

対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。

更新するさ!人が来れば!

bei.jpg

来場者数
今日のハマスタ興行収入 - 円 昨日のハマスタ興行収入 - 円天
ハマスタの収益 - ジンバブエドル
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:32年目で初の日本一達成!奇しくも本家横浜26期ぶりの優勝と同日だった。
亀井さん選手首位打者、盗塁王獲得。
小笠原一塁手選手打点王獲得。
小笠原一塁手(6)亀井さん選手(4)はぐりん(3)ドミンゴ(2)がベスト9獲得。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:33年目のシーズンは前半こそ調子が良かったものの後半失速。
貯金を伸ばせなかったが辛くも連覇を成し遂げた。
日本シリーズでは日ハムと激突。
二度の延長を含むシリーズは3勝3敗の五分のまま第7戦へ。
これを5-4で逃げ切り見事V2を達成した。
亀井さん選手首位打者、打点王獲得の2冠で野手MVP獲得。
龍門渕透華選手が最多勝のタイトル獲得
(ヽ´ω`)(3)小笠原一塁手(7)、亀井さん(5)がベスト9獲得。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:34年目のシーズンは厳しいものだった。
相手投手のレベルが上がり、新人投手の多い横浜は接戦で競り負けることが多く、前半を借金5で折り返す。後半は5割に達するもののそこからの壁が厚く、貯金1でシーズン終了。
大接戦だったセリーグは広島が優勝。横浜は3位だった。
小笠原一塁手選手が38歳で初のHR王と2度目の打点王を獲得したものの、野手MVPを惜しくも逃した。
小笠原一塁手(8)、亀井さん(6)、はぐりん(4)がベスト9獲得。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:35年目は新加入の選手が活躍。
クラーゲン選手の加入より厚みの増した先発投手陣と上位打線の好調が噛み合い、終始独走。
2年ぶりにセリーグ制覇を果たした。
日本シリーズの相手は楽天。龍門渕透華選手とクラーゲン選手のエース2人と亀井さん選手、蓬莱山輝夜選手のHRで連勝するものの、そこから3連敗。
しかしラスト2戦では再びエース2人の活躍で、見事逆転で2年ぶりの日本一に輝いた。
小笠原一塁手選手が最多打点記録を更新する140打点をマークするなど大活躍。.362 46本 140打点で見事三冠王と野手MVPで有終の美を飾った。
移籍1年目から二本柱として活躍したクラーゲン選手がリーグ唯一の1点台である1.85で最優秀防御率のタイトルを活躍。
最多勝こそ1勝差で逃したが、堂々とした投手MVPの活躍だった。
今年からリリーフに転向した染み付き選手が39セーブで初タイトルを獲得。来年はシーズン最多42セーブ超えの期待がかかる。
ベスト9はクラーゲン(初)(ヽ´ω`)1(4)染み付き(初)と投手部門を独占。野手も小笠原一塁手(9)蓬莱山輝夜(初)はぐりん(5)亀井さん(7)が獲得と7人の選手がベスト9に輝いた。そしてそのオフ蓬莱山輝夜は転生し魂魄妖夢で転生入団した
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:36年目のシーズンは去年の勢いそのままに走り続けた。小笠原一塁手選手こそ不調だったものの、亀井さん選手が大活躍。
一時は打率記録を塗り替える勢いで打ちまくった。
.333を打つはぐりん選手ドミンゴ選手が塁をかき回し、クリーンナップで返す理想的な打線と、若く意外性のある下位打線はどこにも止められない。
投げてもエース3本柱が活躍。その勢いは留まるところを知らず、後半戦早々とマジックが点灯した。
100勝をかけた最終週に5連敗と日本シリーズに課題を残しながらもダントツの優勝でV2を飾った。
日本シリーズは再び楽天と合間見えるがまさかのサヨナラ2連敗スタート。
3戦を萩原投手選手で完封勝ちしたものの4戦を落とし絶体絶命に陥るが、
5戦目を制して、楽天に「またなの・・・」といわせたのが象徴的な台詞。
はいまたでした。
ラスト2戦を龍門渕透華選手とクラーゲン選手がそれぞれ1-0の最小完封で切って落とし再び7戦までもつれたシリーズを制し、2年連続日本一に輝いた。
亀井さん選手が.349と高いアベレージで首位打者、そして35本塁打で自身初のHR王に輝き2度目の野手MVPを獲得。
小笠原一塁手選手は打率こそ伸びなかったものの、4番としてチームを引っ張り129打点で3度目の打点王を獲得。
クラーゲン選手は厳しい投手争いを制して18勝2.02で最多勝と、最優秀防御率を獲得。しかし僅差でaaに投手MVPを明け渡した。
染み付きは2年連続のセーブ王。来年は中継ぎや先発などでの活躍が期待される。
新人王は両部門横浜が独占。.236 7本 43打点 12盗塁の魂魄妖夢が野手新人王。中継ぎで8勝3S防御率1.74のけいおん!選手が投手新人王に輝き、転生の成功を物語った。
クラーゲン(2)(ヽ´ω`)1(5)小笠原一塁手(10)ドミンゴ(3)はぐりん(6)亀井さん(8)がベスト9を獲得。特にドミンゴ選手は阪神の主砲、飛ぶ捕手選手に競り勝っての受賞となった。そしてそのオフまた魂魄妖夢は転生し八意永琳になった
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:37年目のシーズンは小笠原一塁手選手の引退と共に、打線が一気に若返った影響からか、打線に元気のない苦しいシーズンとなった。
前半戦のスタートダッシュに失敗してからは、借金二桁で一時は最下位に落ちることもあり借金10で前半を折り返した。
しかし後半から3番ドミンゴ選手4番亀井さん選手が座り、
盗塁から犠打と確実に1点を取る野球に切り替えてからはじわじわと貯金を伸ばし、66勝66敗6分の五分まで戻した。
最後は連敗して5割こそ守れなかったもののAクラスを死守した。
亀井さん選手が小笠原一塁手に代わり4番の大役を果たして.345の高打率で4度目の首位打者を獲得した。
龍門渕透華選手は打線の援護のなく苦しむ投手陣を引っ張り12回無失点で引き分けを2度経験しながらも12勝をマーク。
177奪三振はリーグ2位そして防御率は1.61で20勝投手の改造人間選手らを抑えて堂々の最優秀防御率となった。自身2度目の受賞である。
ベストナインは(ヽ´ω`)1(6)はぐりん(7)亀井さん(9)が受賞した。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:38年目のシーズンは順調に進むものの、当初から懸念されていた貧打の解消はならず、5番を新人のおっさんに頼る格好となった。
層の厚い広島と阪神の2強の壁を破るには攻撃力が足りないものの、久しぶりの二桁貯金で前半戦を終える。
後半に入ると全体的な投高に巻き込まれ打線の不調が顕著に。
0-0のスコアレスドローの引き分けが続き結局は総合で11の引き分けを数え貯金を増やすには至らず、
結局阪神と広島の2強に続く3位でシーズンを終えた。
しかし亀井さん選手が三冠王達成や、打率2割を切っていたおっさん選手が後半巻き返し18本のHRを打ち新人王獲得など、
来期に繋がる明るい話題の多いシーズンとなった。
亀井さん選手が2年目の4番で大活躍。5度目の首位打者、2度目のHR王、2度目の打点王の自身初の三冠王を獲得。3位ながら野手MVPにも輝いた。
横浜不動のエースとして40歳を過ぎた今でも活躍する龍門渕透華選手が初の奪三振王を獲得。健在ぶりをアピールした。
ドミンゴ選手が亀井さん選手と同率で首位打者を獲得。プロ17年目38歳で新人王以来のタイトル奪取となった。
オザキ選手がプロ2年目で初タイトルとなるセーブ王を獲得。投手MVPとなったaa選手を1差抑えての戴冠という価値ある初受賞となった。
今季は新人ながら5番定着を任されたおっさん選手が野手新人王を獲得。前半戦は打率2割を切るプロの洗礼を浴びたものの、後半に入りHRが二桁超えた頃には打率も上がり.225、18本54打点という見事な記録での新人王となった。
ベストナインはぶっ殺す(初)ドミンゴ(4)はぐりん(8)亀井さん(10)が受賞。ぶっ殺す選手はチーム内のライバル(ヽ´ω`)1選手を抑えての見事な初受賞となった。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:39年目のシーズンに入りV奪還を目指す横浜ベイスターズは、前半戦からハイペースで飛ばします。
新しい打順もすっかり馴染み、ドミンゴ選手と亀井さん選手がハイアベレージで飛ばします。
エース龍門渕透華選手が前半だけで9勝をマーク。
もうひとりのエースクラーゲン選手こそピリっとしないものの、コートジボワール選手が10勝1敗でチームに貢献し、層の厚さを実証。
カラオケタイムに入る余裕を見せて、貯金19で前半戦を終える。
しかしそのベイスターズに立ちふさがったのはまたも阪神タイガース。
横浜を上回る貯金で4ゲーム差をつけての前半戦終了。
後半戦もなんとか喰らいつこうとするものの、コートジボワールが失速。
クラーゲンが調子を上げて、先発5人全員二桁勝利などで追いすがるものの、
阪神に13.5ゲームをつけられての2位で終わった。
そして今年で長年チームを引っ張ってきた龍門渕透華選手が引退。
来年は投手陣の再編と共に厳しいシーズンが予想される。
亀井さん選手が個人タイトルこそ逃したものの全部門で2位という安定した成績で、4度目のMVPに輝いた
ドミンゴ選手が亀井さん選手との激しい首位打者争いを制し、.347で見事二年連続の首位打者に輝いた。
ベストナインはドミンゴ(5)はぐりん(9)亀井さん(11)がそれぞれ受賞した。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
前回2位ながら阪神に自力の差を見せつけられた横浜ベイスターズ。
龍門渕透華選手の引退と共に大胆なローテーションの変更が試みられた。
中継ぎの切り札(ヽ´ω`)1と新人の野村弘樹の先発起用である。
疑問視された起用だったが、去年のB9から成長が見られるぶっ殺す選手を中心とした磐石の中継ぎ陣が支えとなり、
貧打の解消されない打線のあげたわずかなリードを守りきる野球が徹底されて、
阪神と僅差ながら首位で折り返す。
後半戦は、阪神、広島、ヤクルトの4強が入り乱れる混セになる中、
阪神と2.5ゲーム差の首位をキープしながらも、試合数が残り12試合と最小だった横浜ベイスターズは試合数の残りの他チームに差される可能性が大だった。
しかし、横浜の奇跡はここから始まった。1点差の試合をことごとくモノにしていると、あれよあれよの間に連勝が進み
気がついたら終盤12連勝でフィニッシュ。この時点では2位阪神と8.0ゲーム差をつけての公式戦終了だった。
結果的にこの12連勝が決め手のなり、広島の猛追を2.5ゲーム差で抑えて4年ぶりのリーグ優勝を果たした。
しかし横浜はリーグ優勝で燃え尽きたのか、日本シリーズではあっさりと西武に4-1で敗れ、優勝記念の写真はバスケットマガジンの表紙に使われることは無かった。
今年もチームのポイントゲッターだった亀井さん選手が野手MVPを獲得。5度のMVPはセリーグ最多タイ。
(ヽ´ω`)1選手が最優秀防御率のタイトルを初受賞。スタミナは無いが高い能力を買われての先発起用だったが、その期待に見事応えての初タイトルである。
萩原投手が18勝で初の最多勝のタイトルを受賞。今までもエース格としてチームを引っ張ってきたが、2枚看板の陰に隠れがちだった。しかし今年はチームの顔として牽引。闘志の投球がついにタイトルという形で実を結んだ。
投手新人王に野村弘樹選手が選ばれた。制球スタミナBと高い能力を持ち、早くから先発の期待をされていたものの、1年目からの大抜擢で見事14勝を上げ優勝に貢献。文句なしの受賞となった。
ベストナインはぶっ殺す(2)ドミンゴ(6)はぐりん(10)亀井さん(12)ぶっ殺す選手は2年連続。ドミンゴ選手は3000本安打、250本塁打、1000打点と記録ずくめの一年だった。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
前回優勝で再びセリーグの盟主に返り咲いた横浜。
今年は日本一奪還を目指した戦いが始まる。
若手の成長が著しく先発の野村弘樹選手や、去年から4番を任されたおっさん選手が活躍。そして円熟期を迎えた亀井さん選手の活躍で前半戦を20の貯金の首位ターンで終える。
後半戦はなかなか貯金の作れない苦しい展開の中でも、
コツコツと勝ち星を重ねて先発全員が二桁勝利、貯金33で他チームの動向を待つ展開になった。
阪神、広島両雄が激しく競うも潰しあいになり勝ち星を伸ばせず横浜が2年連続優勝。
去年日本一の西武に挑むこととなった。
まったく歯が立たなかった去年とは違い、今年は西武打線の不調もあって一進一退の攻防。
共に3点までしか点を取らせない投手戦の日本シリーズとなる。
西武が5戦目で王手をかけるものの、第6戦でエース萩原投手選手が踏ん張り最終戦へ
西武投手の自滅で勢いづいた横浜は第7戦を5-2で勝利し、5回目の日本一に輝いた。
亀井さん選手が.335、36本、106打点で自身二度目の三冠王で野手MVPを獲得、来年のラストイヤーに野手史上最高打率への挑戦が始まる。
萩原投手が19勝で、他球団のエースを抑えて単独最多投手を獲得。
ベストナインはぶっ殺す(3)おっさん(初)ドミンゴ(7)はぐりん(11)亀井さん(13)が獲得。ぶっ殺す選手は3年連続。はぐりん選手は3000本安打達成。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:第42期シーズンはなかなか苦しい1年となった。
今年限りの引退が決まった亀井さん選手と去年ブレイクしたおっさん選手のブレーキが響き、
下位球団への取りこぼしが目立つことになる。
しかし上位の広島、阪神には大きく勝ち越し、前半戦は貯金15で2位広島に2.0ゲーム差をつけてのターンとなる。
後半戦もなかなか差をつけられないものの、2位阪神に10の勝ち越しがモノを良い、なんとか優勝を決めた。
だが2位阪神、3位広島には勝ちこすが、残りの下位3球団には全て負け越しという。かなり変わった形での優勝となった。
日本シリーズでは楽天と激突。3戦まで2勝1敗と有利に進めるものの、その後は3連敗で4勝2敗で楽天に敗れ、連続日本一を逃した。
亀井さん選手が31本塁打と90打点で2冠を達成。野手MVPに輝き有終の美を飾った。首位打者6回は歴代3位、MVPは歴代5位、生涯打率3位、安打数8位、本塁打数5位のまさに歴史に残る名選手であった。
ドミンゴ選手が.338で3年連続の首位打者を獲得。こちらも来年がラストウィークとなるだけに生涯打率3割超えに期待がかかる。
黒鋼Ⅱ選手が歴代最多となる335犠打を達成。地味な記録だが、安定した送りバントが上位打線への繋ぎなり勝利に貢献した結果である。
ベストナインはドミンゴ(8)はぐりん(12)黒鋼Ⅱ(初)亀井さん(14)黒鋼Ⅱ選手は守備の人としての評価が高かっただけに、これからは打撃でも期待がかかる。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
阪神や広島からエースや大打者が引退していく中、若い横浜ベイスターズはセリーグを駆け抜ける。
去年のように下位に取りこぼすこともなくなり、3番ドミンゴ選手、4番亀井さん選手が大当たり、特におっさん選手に当たりが戻ってきたことが大きい。
投手陣も2本柱を中心に勝ちまくり、抑えのオザキ選手も安定。
世代交代の成功を物語るように、前半からマジックが出る余裕の展開となった。
後半も勝ち続け、93勝42敗でダントツの自力優勝を決めたものの
あくまで他チームの低迷あっての優勝であり、
今年も日本シリーズでロッテ相手に4勝2敗で、日本シリーズ2連敗。
圧勝に目を奪われがちだが、打の柱のドミンゴ選手、亀井選手の完全引退をどう埋めるかなど課題も多い。
3年ぶりの日本一奪回への挑戦が始まっている。
ドミンゴ選手が.340で4年連続首位打者を獲得し、自身初の野手MVPで有終の美を飾った。通算打率も3割を超え偉大な二塁手として語り継がれるだろう。
亀井さん選手が32本、107打点で2冠を獲得。本塁打は歴代5位まで上がった。
クラーゲン選手が防御率、最多勝、最多奪三振の3冠で文句無しの投手MVPを獲得。同じチームのライバル萩原投手とのタイトル争いはは1.66と1.68、20勝と19勝という非常に僅差であり最後までシーズンを盛り上げた。なおクラーゲン選手のタイトル獲得は36期以来の7年ぶりである。
オザキ選手が32セーブで3度目のセーブ王を獲得。一時はパリーグ移籍の噂もあったが、男気で残ったオザキ選手が見事チームを支える存在として光り輝いた。
ベストナインにクラーゲン(3)(ヽ´ω`)1(7)オザキ(初)亀井さん(15)ドミンゴ(9)はぐりん(13)おっさん(2)黒鋼Ⅱ(2)の8人が選ばれた。特に常連組だけでなく若手3人の獲得が大きい。なお、投手陣ベスト9独占は35期以来。その時もクラーゲン選手と(ヽ´ω`)1選手の2人が選ばれていた。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ニュース:第45期はクリーンナップ2人が抜けた横浜ベイスターズは苦しいシーズンを送った。
ナージャ選手とおっさん選手の成長著しいものの、下位打線の層の薄さが響き前半戦を借金二桁、久しぶりの最下位ターンという厳しい結果となった。
今年で引退となるはぐりん選手が陣頭指揮を執り、新しい打順で挑んだ結果、
前任者が残した借金はみるみる減っていき、最終戦で借金0がかかる大一番で敗北して借金2の4位。
来年は先発の柱クラーゲン選手も抜けるため、若手の台頭が望まれるシーズンとなる。
14年連続Aクラスはここで途絶えた。新時代のセリーグを制したのはヤクルトスワローズ。27期以来の優勝を日本一で飾った。
投手MVPは(ヽ´ω`)1選手が二度目の獲得。セーブ王こそ獲れなかったものの、
失敗無しの防御率0.60の成績が評価されて再び抑えでのMVP獲得という名誉を勝ち取った。
萩原投手選手が2年連続の最優秀防御率を1.50の成績で獲得。打線の援護に恵まれなかったものの、それでも腐らず投げ続けて唯一の防御率1点台での受賞となった。
クラーゲン選手が奪三振王を獲得。今年最終年となるクラーゲン選手が見事147の三振数で奪三振王を獲得。自らの引退に花を添えた。
ベストナインは(ヽ´ω`)1(8)ナージャ(初)おっさん(3)が獲得。将来の主砲コンビが揃っての受賞となった。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
多くのスター選手の引退で混戦が予想されるセリーグ。横浜は5連敗スタートと最悪の出だしで迎えたが、
打線こそ相変わらず貧弱なものの、エース萩原投手選手と野村弘樹選手を中心にした投手陣に隙はなく、中継ぎ抑えも安定。
さらに今年入団のロマンを追い続ける男が、恐怖の8番として活躍。4番おっさんも安定して打点をあげ快調に2位との順位を開けていった。
しかし、投手陣が不調に陥ると一転して連敗が止まらない不安定なチーム状況が続き、最多勝独走だったエース萩原投手選手の勝ち星も止まってしまう。
独走から混戦へともつれていく。追いかけるのは阪神。
じわじわと差をつめるが、最後に去年優勝のヤクルトとの対戦成績がモノをいい、2ゲーム差での優勝。
去年Bクラスの借りを見事に返した。
日本シリーズは西武ライオンズと再戦。両チームとも連勝がないまま3勝3敗で迎えた第7戦、最後に西武との空中戦に敗れて3-7の敗北。日本一奪回はならなかった。
野手MVPをおっさん選手が初受賞。タイトルこそ取れなかったものの、横浜の4番としてチームの柱として安定した活躍ぶりが評価された。
萩原投手選手が、最優秀防御率のタイトルを獲得。去年は惜しいところでタイトルを逃したが、今年はコートジボアール選手、強い気持ち選手などを抑え、1.80で2度目の受賞となった。
(ヽ´ω`)1選手が28セーブでセーブ王を獲得。これまで抑えとして2度投手MVPを獲得しているが、セーブ王は意外にも初受賞。通算防御率でも3位に入った。
ロマンを追い続ける男選手が野手新人王を活躍。さして期待されていなかったが、前半戦まさかの大爆発。14HRを放ち見事新人王を獲得した
ベストナインはけいおん!(初)(ヽ´ω`)1(9)おっさん(4)ロマンを追い続ける男(初)中根仁外野手(初)が受賞。初受賞組ではけいおん!選手が通算防御率11位にも入り、ロマンを追い続ける選手は新人王と併せて、中根仁外野手選手は3番打者としての活躍が評価されての受賞となった。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
今年は投手陣もサンジュ選手加入など、エース萩原を中心に充実した投手陣が形成された。しかし打線のほうはまだまだ年齢層が若く、猫の眼打線は相変わらずで
投手陣からムエンゴジャナイカ祭りが連夜のように鳴り響いたという。
なかなか打率が伸びずに苦しんだ打線だったが、3番おっさん選手4番ナージャ選手5番ロマンに生きる男選手に固定してからは、それなりの安定した成績をあげるようになった。
だが時すでに遅し、貯金11でフィニッシュした横浜を抜いたのは一昨年の覇者ヤクルトスワローズ。横浜は巨人にも1勝差で抜かれて3位フィニッシュ。しかし1位ヤクルトとの差はわずか2.5ゲーム差。
まだまだセリーグ戦国時代は続くだろう。
セーブ王に(ヽ´ω`)1選手が33セーブで2年連続受賞。本人は中継ぎ転向を示唆している。
投手新人王にサンジュ選手が選ばれた。チームのムエンゴに泣かされ8勝に留まったものの、防御率3.01と新人では破格の数字をたたき出し、三振もチーム最多の111をマーク。巨人菊池との競り合いを制して投手新人王に輝いた。
ベストナインにけいおん!(2)(ヽ´ω`)1(10)が受賞。野手は軒並みヤクルトと巨人が受賞するなか、投手部門で矜持を見せた。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
今年は先発の数が足りずに急遽中継ぎのぶっ殺す選手が先発に回るなど台所事情の苦しい横浜。今回もヤクルトとの直接対決で差を開けられる苦しい前半戦となった。今年は打線よりも投手陣がいつものような働きが出来ず、一時は中継ぎから転向したぶっ殺す選手が先発の柱となる状況だった。
ヤクルトとは前半戦終了の時点で8.5ゲーム差と今季も優勝絶望かと思われた。
しかし後半戦、打線が元気を出すとそれにつられるように投手が頑張りを見せて、ヤクルトとの対戦成績を回復させ、一時期3.0ゲーム差まで迫ってみせた。しかしそこから自力の差か、監督采配の差か、じわりじわりと離されていき、最終的には7.5ゲームと再び差を広げられての2位。
しかし今年は得点率が久しぶりに3.5と久しぶりに3点台をマーク。本塁打も3桁に達し、打線の確かな成長が確認できた。
来年は打線が投手陣を引っ張ってくれるシーズンになり、打倒ヤクルトを果たせるであろう。
おっさん選手が.317 26本 98打点で、最高打率、最多打点の2冠を獲得して見事野手MVPを獲得。本人は悩み多き1年となったが、結果が出たことで大きな自信となるだろう。
モータリニア選手が0.351勝22Sで新人王と投手MVPの両方を獲得する快挙を成し遂げた。夕ペナでは確認されているものの、俺ペナでも非常に珍しい記録だと思われる。
萩原投手選手が防御率1.79で3度目の最優秀防御率を獲得。阪神のmimmzan2選手の三冠を防ぐ、横浜のエースの意地を見せた。
黒鋼Ⅱ選手が、38盗塁で初の盗塁王を獲得。犠打最多記録を持つものの、1番打者としても優秀な活躍を見せ、初の栄誉に輝いた。
ベスト9はモーリタニア(初)おっさん(5)黒鋼Ⅱ(3)ナージャ(2)の4名、黒鋼Ⅱ選手は外野手から遊撃手のコンバートで獲得となる珍しい記録。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
野手陣が大分成長を見せた今年の横浜ベイスターズ。
だが阪神から移籍したhmimmzan2選手の加入で今年こそ打倒ヤクルトの布陣は揃った。しかし構想は序盤から、しかも鉄壁といわれた投手から崩される。
新人ながら先発の一角を任された内海哲也投手が上位チームに狙われ、去年は失敗無しだったモーリタニアも4度の失敗など、若手投手の穴を突かれる形になってしまった。
それでも萩原投手選手を中心として粘り強く戦った横浜は、前半で15連勝を果たし、前半は首位で折り返すと誰もが思った。
しかしヤクルトは連勝記録9を達成し、あっという間に横浜を抜き去ると3.5ゲーム差をつけて首位に躍り出る。
後半戦巻き返しを図る横浜だったが、思わぬところで3位巨人からの猛追にあい、その後はズルズルと失速。上位2チームに置いていかれる形となり3位に終わった。
しかし終わってみれば貯金は13。決して悪い数字では無かったが、上位2チームが下位球団に取りこぼしをしない上手な試合運びをして、
逆に横浜は投手力を過信するあまり、無意味に強い相手に突撃してしまったのも大きい。
来年は大エース萩原投手選手が抜ける横浜。来シーズンに向けて奮起が期待される。
おっさん選手が.333で首位打者を獲得。自身二度目の首位打者で、これから選手としてピークを迎えるにあたり、多くのタイトルを手にしそうだ。
萩原投手選手が1.67で最優秀防御率を獲得。今年で引退の決まった萩原投手選手。4度目の最優秀防御率は横浜で最多。生涯横浜を通し、270の勝ち星をあげた稀代のエースは最高の結果を残してユニフォームを脱ぐ。
ベストナインに(ヽ´ω`)1(11)おっさん(6)ナージャ(3)が受賞。(ヽ´ω`)1選手の11回は横浜投手では最多。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
ついに花開いた打撃陣。特に5番ナージャ選手がスーパーサイヤ人を獲得したことで、打率も急上昇。4番おっさん選手5番ナージャ選手の2枚看板が見事に機能。1番に定着したグスマン選手も活躍。投手陣も放置引退の萩原投手選手を始めとした投手陣と、超特持ちの中継ぎ3人の磐石の体制。気がつけば前半戦は貯金32とダントツのトップ。
後半戦こそ全体の調子が落ちて成績こそ下がったものの、それでも92勝を上げる圧倒的強さでシーズンを終え、その時点で2位に20.5ゲーム差をつけていた。しかしヤクルトが本気で回し始めるた結果、差は5.0ゲームまで縮まり、
まだまだ強いライバルの存在は忘れてはならないだろう。
日本シリーズは最後の日本一を飾った時と同じ相手西武ライオンズ。
横浜はここでも勢いを見せ、3連勝で一気に日本一へ王手をかけるがサンジュ投手への野手協定で4tateを逃したものの、第5戦は快勝し、4勝1敗で41期以来の日本一の栄冠に輝いた。
なお、サンジュ選手はASでも唯一の敗戦投手。つくづく野手に恵まれない男である。
ナージャ選手が.320 32本 104打点で打点王と野手MVPを獲得。打率3位本塁打も2位と好成績を挙げての文句なしの野手MVP初受賞である。
大守護神選手が34セーブをあげて投手新人王と最優秀救援を獲得。14勝をあげた巨人の下山紅選手と最後まで熾烈な争いを繰り広げたが、最後はタイトル獲得がものを言っての受賞となった。
ベストナインは(ヽ´ω`)1(12)大守護神(初)ナージャ(4)おっさん(7)内田ユカ(初)が受賞。内田ユカ選手は去年から3番打者として活躍。今年が初受賞となった。


対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
優勝メンバー 32期pre
野手
打順 守 選手名 経歴とフォーム/成績(打率 安打数 本塁打 打点 盗塁)
選手紹介

1番 右 はぐりん(はぐれメタル) 9年30歳 左ノーマル .308 200安打 20本 68打点 9盗 シーズン200安打を達成した横浜の特攻隊長。終始安定して安打を量産し、ここぞという場面での一発も目立った。
2番 遊 ドミンゴ(ドミンゴ) 10年目31歳右ノーマル .279 173安打 18本 67打点 17盗 開幕当初は不調の亀井さんに替わって3番を打つこともあった2番打者。遊撃手でエラー1という守備の面で大きな活躍を残す。日本シリーズでは先制ホームランを放ち打線に火をつけた
3番 左 亀井さん(亀井さん) 11年32歳左ノーマル .365 215安打 28本 90打点 19盗 巨人から電撃移籍してきたアベレージヒッター。開幕当初は5試合ノーヒットと苦戦したが、2番で5打席5安打が出てからは完全に復調、自身初の首位打者と盗塁王を獲得して優勝に大きく貢献した。
4番 三 小笠原一塁手(小笠原一塁手) 15年36歳左ノーマル .339 174安打 36本 113打点 9盗 首位打者獲得経験もある巨人のベテラン選手が横浜に加入!チャンスに強い打撃と闘志溢れるプレーで、不動の4番として大車輪の活躍を見せ、見事打点王に輝き、チームを優勝へ導いた。
5番 中 木下政己(名無し) 9年32歳右ノーマル .268 154安打 27本 100打点 9盗 長年横浜の主砲と呼ばれながら、パワーはあるものの左投手と満塁に弱いという欠点に泣き打順を固定されなかった。しかし今年から小笠原一塁手の加入で5番に定着。見事初の100打点をマークした。
6番 二 金沢惷(名無し) 14年36歳左ノーマル .257 152安打 23本 85打点 8盗 長年チームの顔として活躍したバッター。去年まで好不調の波が激しく2番から6番まで日替わりで打っていたが、今年は6番固定で活躍。打率こそ伸びなかったものの通算2000本安打を達成した。
7番 一 ジョンソン(名無し) 5年29歳右ノーマル .254 138安打 17本 59打点 7盗 チームの次代を期待されながらムラッ気のために打率.250前後をさまよっていた。今年は下位打線として貴重な繋ぎ役で奮闘した。
8番 指 フランドール(名無し) 4年目26歳 .253 143安打 20本 74打点 1盗 左に強いHRバッターと期待されながら開花しきれない選手であったが、今年は恐怖の8番として20HRをたたき出し下位打線に厚みをもたらした。
9番 捕 宮田一朗(名無し) 11年目35歳 .208 115安打 14本 48打点 1盗 強肩の捕手としても1失策と安定して活躍。そして意外性のあるバッティングにも定評があった。今季は9番として.208ながら14ホームラン。日本シリーズでも満塁HRを放った。

投手

選手名 経歴とフォーム/成績(防御率 勝利 敗北 セーブ 奪三振)&
選手紹介
龍門渕透華(とーか) 11年33歳 左スリー 2.22 16勝 5敗 0S 87振 スーパーサイヤ人の血を引く横浜不動のエース。阪神や広島といった直接対決などここぞという場面で大活躍。惜しくも個人タイトルこそ逃したものの、存在感を見せつけた。
内藤博正(名無し) 1年23歳右スリー 2.69 14勝 9敗 0S 93振 移籍したMacky☆と入れ替わりで入団した新人。新人離れした能力と打たれ強さで14勝をあげて見事新人王に。そして93三振はチーム最高の成績である。
萩原投手(すまんですぅ) 2年26歳右スリー 3.11 10勝 10敗 0S 86振 闘志溢れるピッチングで龍門渕透華と共にチームを牽引してきた若手投手。ムラのあるピッチングで安定した成績こそ残せないものの、上位球団と互角に渡り合った。
パチュリー(名無し) 2年23歳 右スリー 4.07 7勝 7敗 0S 77振 投手の台所事情から2年目にして先発を任された。開幕当初から先発の穴として不安視されるが、周囲の声に反発するように先発の仕事をこなして1年間ローテーションを守り通した。
那須野(名無し) 12年33歳 左スリー 2.95 18勝 3敗 0S 82振 先発3番手のベテラン投手だが、ムラッ気のために成績が伸び悩んでいた。しかし今年は18勝と自己最多を記録して最多勝と最高勝率の2冠を手にした。日本シリーズでは開幕投手を務め見事な完封勝利でチームに勢いをつけた。
金村正義(名無し) 17年38歳 右スリー 2.16 8勝 6敗 7S 81振 チーム最年長選手。先発でなかなか結果を残せなかった。しかし今年から中継ぎに回されるとロングリリーフの出来る中継ぎとして129イニングを投げる大活躍。ベテラン投手の意地を見せた
コートジボワール(マヨイガ) 7年24歳 右アンダー 2.87 7勝 6敗 3S 49振 去年はスタミナ不足を露呈し不本意なシーズンを送った。中継ぎの柱として期待された今シーズンは、後半失速することもなく防御率2点台後半とまずまずの成績を残して7勝3Sと活躍した。
花月組(花月組) 2年23歳 左サイド 3.62 6勝 5敗 6S 61振 横浜を愛する投手として知られ、貴重な左の中継ぎとして2年目ながら114イニングを投げて優勝に貢献した。
(ヽ´ω`)1((ヽ´ω`)1) 4年21歳 右サイド 3.75 0勝 1敗 22S 15振 横浜不動のストッパー。1年目から新人王、2年目には最優秀救援とMVPを獲得と、誰もが認める抑えになったが、去年は防御率5点台と散々。今年もシーズン当初は防御率20点台と炎上型抑えになっていた。しかし調子が上向くと徐々に安定し始め、後半は失敗無しの活躍で見事抑えのエースの矜持を見せつけた。
対応するregion、endregionプラグインが不足しています。対になるようプラグインを配置してください。
優勝メンバー 49期pre
野手
打順 守 選手名 経歴とフォーム/成績(打率 安打数 本塁打 打点 盗塁)
選手紹介

1番 二 グスマン(グスマン) 6年目27歳右ノーマル .281 174安打 14本 58打点 23盗 1番が固定できない横浜で今年の活躍が期待されたグスマン選手。二塁へのコンバートとの両立に苦しむものの見事結果を出し日本一に貢献した
2番 中 黒鋼Ⅱ(名無し元シエラ) 15年36歳 左ノーマル .250 146安打 8本 48打点 26盗 キャンプ忘れで今年から名無しになった守備の名手。犠打最多記録保持者で当初は3番を打っていたものの途中から2番に固定、守備と足でチームを引っ張る。日本シリーズでも第1戦に貴重な1発を放った
3番 左 内田ユカ(きたむらけ) 5年26歳右ノーマル .288 182安打 14本 72打点 28盗 去年は3番固定だったが、今年は1~3番と流動的にこなしながら、チーム最多安打と最多盗塁を獲得。センス溢れる走塁でチームの起爆剤となった
4番 遊 おっさん(おっさん) 12年33歳右ノーマル .313 176安打 31本 102打点 12盗 すっかり横浜の主砲として定着し、今年も勝負強い打撃で勝利に貢献。タイトルこそ逃したものの日本シリーズでは打率.470、2本のHRを放ち日本一へ導いた
5番 捕 ナージャ(在庫お嬢様) 15年目36歳 .320 178安打 32本 104打点 12盗 15年目にしてついに大ブレイクした名物選手。4番おっさん選手に打撃成績全て上回り、初の野手MVPと打点王を獲得した
6番 右 中根仁外野手(ひだりきらー) 13年30歳右ノーマル .249 142安打 10本 57打点 20盗 横浜屈指の左殺しとして打撃陣を引っ張ったベテラン。今年は繋ぎの6番として活躍。日本シリーズではチーム最多の6打点をたたき出し、日本一へ大きく貢献した
7番 指 ロマンを追い続ける男(仮ペナヘビー級王者) 5年目22歳右ノーマル .270 152安打 15本 62打点 11盗 ロマンを追求し続けるチームの人気者が今年は7番で活躍。ここぞという時の一発でチームを盛り立て、日本シリーズでも2本のHRを叩き出した
8番 三 ペポが効く(プププの風邪には) 2年23歳右ノーマル .231 128安打 8本 44打点 3盗 まだ2年目のルーキーながら失策0と堅守を見せてチームに貢献。日本シリーズ2戦目では満塁HRを放ち、将来が期待されている
9番 一 ボコボコ(ブラウニー) 4年25歳左ノーマル .228 121安打 8本 31打点 6盗 チームの次代を引っ張る選手として期待される若手野手。下位打線の底を支える役目を担い、上位打線へと繋がる選球眼を見せていた


投手

選手名 経歴とフォーム/成績(防御率 勝利 敗北 セーブ 奪三振)&
選手紹介
hmimmzan2(CP2) 9年26歳 右スリー 3.91 11勝 10敗 0S 102振 阪神からトレードでやってきた次代のエース。すでに投手MVPの獲得経験もあり、今年もきっちり二桁勝利。日本シリーズでも西武を完封した
野村弘樹(こほっじー) 10年31歳左オーバー 2.85 14勝 10敗 0S 118振 チームの2番手投手として長くチームを支えてきた。今年は14勝をあげ、118三振はチーム最多記録である。来年はエースとしてチームを引っ張る存在になるだろう
サンジュ(サンジュ) 4年26歳 左スリー 2.35 16勝 6敗 0S 112振 1年目から先発を任されるほどの逸材であり、野手協定の被害者。その影響はシーズンだけでなく、AS、日本シリーズにも及んだ。それにもめげずに16勝と実力を発揮。自他共に認める次代のエース候補だ
萩原投手(名無し元すまんですぅ) 22年43歳右スリー 1.88 17勝 3敗 0S 89振 長くチームのエースとして君臨した大ベテラン。放置引退で最後の年となったが主に上位チームと試合をしながらも貯金14を叩き出したエースの中のエース。日本シリーズでは開幕投手を務め、見事完封勝ちで有終の美を飾った
モーリタニア(山人) 3年24歳 左オーバー 3.27 18勝 6敗 0S 83振 2年の抑えの後に先発を任された若手投手。その期待に応えて下位チームを中心に回されとはいえチーム最多の18勝をマークした
(ヽ´ω`)1((ヽ´ω`)1) 21年38歳 右サイド 0.84 5勝 1敗 8S 51振 投手MVP2度受賞したチームの長老。超特中継ぎトリオの筆頭。防御率0点台と完璧な中継ぎで見事12回目のベストナインを獲得。そして100勝200Sの偉業も達成した
けいおん!(真夏の夜の) 14年31歳 右オーバー 1.74 11勝 2敗 0S 71振 中継ぎ超特トリオのひとりで、中継ぎながら11勝をあげる見事な活躍ぶりで横浜6人目の二桁勝利投手という名誉を得た。
ぶっ殺す(ブッコ) 16年37歳 右オーバー 2.64 0勝 2敗 5S 75振 中継ぎ超特トリオの3人目。先発経験もあるベテラン投手で中継ぎで最多75三振と、最小23四死球とピンチに強い投球でチームを支えた
大守護神(小野寺) 1年25歳 右サイド 2.04 0勝 2敗 34S 9振 今季から横浜入団のストッパー。1年目ながらセーブ王を獲得し、ASにも出場。投手新人王も獲得した将来横浜の底を支える大投手の片鱗を見せた
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。