偽ペナ > セリーグ > 読売 > 偽読売歴史館

ここはリセット前の偽読売で雄雄しく戦った選手たちと彼らの残した戦績を記録する場所です  

今日来た人 - 昨日来た人 - 今まで来た人 - 全52期 優勝11 日本一5

成績

一言多十
1 80 57 3 1 打率.280の強力打線と安定した投手陣を擁して記念すべき第1期に見事優勝を果たす
日本ハムとの日本シリーズは第1戦で20点取られる醜態からそれなりに盛り返すも7戦目で力尽きる
2 67 70 3 4 打線鈍化に防御率の悪化も加わり一転Bクラスに
オフには続々と選手が集まり意外と頑張ってた落田信夫、炎上に定評のある原三郎投手ら名無しは消滅
3 73 67 0 3 回しててそんな感じはしなかったが4位より1位のほうが近い3位
多く入った新人たちはいずれもかなりの成績を残して将来への視界良好
4 83 57 0 1 1番美竹涼子4番ベジータを中心にチーム打率は.295を残し優勝を勝ち取った
投手は中継ぎ陣の勝ちっぷりが印象的だが大体安定していた
日本シリーズでは4勝1敗で日本ハムを下し初の日本一
5 93 46 1 1 新戦力は獲れなかったが順調なキャンプを送りパラメータにAやBが目立つようになってきた
投手陣は安定して試合を作り、打線は3割30本100打点カルテットを筆頭に打ちまくって93勝の断トツ優勝
なお日本シリーズはソフトバンクに1勝4敗で敗退した模様
6 77 61 2 2 横浜(75勝59敗6分)と勝率2厘差で優勝を逃す
前期と比較してやや悪化してはいるが打率防御率ともに横浜より上だっただけに悔しい結果となった
7 89 49 2 1 シーズン最多本塁打・打点記録を塗り替えたベジータを中心に優勝
ソフトバンクとの日本シリーズも4勝3敗で制し2度目の日本一に輝いた
オフには大統領など移籍者も出たので今後の状況は予断を許さない
8 77 62 1 3 よく発言する人を失ったためにすっかり寂しくなってしまった
成績はそこそこだがASやB9に選出される選手の少なさに順位を痛感する
9 85 55 0 1 相当強かったが中日もかなり強くてわずか3ゲーム差での優勝だった
日本シリーズでは西武に3勝4敗、しかも第7戦の同点打もサヨナラ打もオバマにやられるという結果に憤然
そのオバマも移籍したオリックスに巨人からも複数の選手が移籍した事が今後の順位にどう影響するか
10 63 74 3 4 移籍やここ数期の隔年傾向からある程度は覚悟していたがここまで落ちるとは
特に打線の傷は深く、HRの減少は得点率を悪化させ僅差で落とす試合を量産した
一言多十
11 76 61 3 2 前半戦終了時点で40勝以上が3球団という混戦を制したのは巨人
だったら良かったのだが実際は投手力で上回るヤクルトが抜け出した
巨人は個人タイトル獲得者がついに0となり今後に対する不安は増大の一方
12 76 61 3 2 首位の横浜とはわずか1勝差というまさにあと一歩のところで優勝を逃した
.369,50本,157打点(いずれも新記録)と超新星爆発のようなベジータの打棒がもったいない
打高投低のシーズンだったとはいえ名無し投手の防御率は悲惨だった
13 60 78 2 5 赤嶺旋風の次は黒い霧事件が起こりもはやチームはガタガタだ
開幕から凄まじい勢いで連敗し、リーグの借金を独り占めした時期も
最終的にはある程度持ち直して普通レベルの最下位に、と思いきや5位になってやんの
打者の個人成績は健闘していたので阪神を打率の差で上回ったのだがいっそ最下位でも良かった
14 62 75 3 5 前半戦勝ち越しも後半戦ズルズルと落ちていって結局は前期と同様の順位に
若手選手の成長はあるが移籍あり新人なしのジリ貧状態は相変わらず
ベジータ3期連続三冠王はえぐすぎてちょっと洒落にならない領域に
15 73 63 4 2 投手陣、特に先発が安定していたシーズンで前半戦は首位だった
後半戦では息切れしてヤクルトの後塵を拝したが久々のAクラスとなった
16 86 53 1 1 長かった雌伏の時を経てついに優勝を果たした
息切れした前期との違いは打撃陣の奮闘とヤクルトとの対戦を迅速に終わらせた事であろう
宮武三郎とベジータというモンスターを擁するヤクルトとはわずか1ゲーム差であった
日本シリーズでは楽天を4勝1敗で下した
17 85 53 2 1 前半戦独走後半戦ヤクルト猛追というパターンが今期も繰り広げられた
勝敗どころかチーム打率も.287で同数という壮絶な展開も3.33という見事な防御率で辛うじて上回った
ヤクルトとの死闘に全てを出し尽くした巨人は続く日本シリーズ、楽天に嘘のようにボロ負け(いわゆる4TATE)した
18 87 50 3 1 若手の成長と守護神巨人豊田清、キュベレイの帰還で安定した勝負が出来るようになった
移籍禍に見舞われたヤクルトの低迷もあり常に優位に立ったまま優勝
3年連続同じ顔合わせとなった日本シリーズでも4勝1敗で頂点に
それより心配なのは本家でどうにか命脈が保たれてほしい
19 87 50 3 1 中日横浜が力を増してきたが終盤の連勝で振り切り4連覇
歴代最高のチーム防御率3,08にチーム打率.300とMVPいなくとも誰もが優秀という層の厚さが際立った
4期連続となる楽天との日本シリーズは2勝4敗で敗れる
本家は無事に完全復活して本当に良かった
20 75 59 6 2 打撃陣の退潮著しく多数の引き分けを置き土産に連覇終了
あってないような名無し下位打線が投手陣や風子の奮闘を無に
その頃楽天は最強の打撃を振りかざし情け無用のV9を達成していた
一言多十
21 71 63 6 3 初期入団大卒選手引退期であったが有終の美とはいかなかった
オフには選手がごっそり減ったが新たに入った選手もいる
22 76 62 2 2 初期入団高卒選手は今期限りなので初期メンバーはすべていなくなる
投手は名無しが大量なのでこれは順位に関係なくどうにかしなければ
前半戦はそれなりに健闘していたが後半戦で差がついた
23 64 72 4 5 とにかく打てなかったシーズンで投手陣もそれにつられるように崩れていった
前半戦終了時点では最下位待ったなしだったがどうにか5位に
浦谷琢哉とかいう名無しがセーブを稼ぎ1位になったがこいつはむしろ炎上神だった
24 51 87 2 6 初の最下位はリーグの借金独占というありがたくないおまけ付き
打率.253得点率3,8(いずれも圧倒的最下位)防御率4.56(0.01差の5位)と課題は山積
チーム再建にあたりまずは人を集めるところから始めたい
というわけで特に投手なんか本当にいっぱい枠が開いていますのでどんどん入団してみてください
25 61 77 2 5 昨季よりはましになったもののまだまだ足りない
ムンタリ投手のMVPは逆境ばかりのチームにおいて大いなる輝きを放つ栄光である
26 61 79 0 5 前半戦40勝30敗で首位ターン!久々のVあるで!
などと思ったのが間違いで後半戦は10連敗を喫するなど猛烈に落ち込んだ
ロックを筆頭とする名無し中継ぎ3人の炎上癖はどうにかしないと
27 81 58 1 2 にしこり選手の移籍加入と若手の成長で打線は一気に上昇
順位もまた急上昇したが投手力の不足ゆえ首位阪神には及ばず
阪神の名有り投手5人に対し巨人3人の差が出たがそこを改善すればより上も狙えるだろう
28 82 58 0 2 2期連続で80勝を突破したものの阪神ははるか上空で捕らえるのは容易ではない
名無し化2人は痛いが引き続き若手は成長しベテランも意地を見せた
今後タイトルホルダーが出るレベルまで伸びると面白くなるだろう
29 80 59 1 2 上でタイトルが~(笑)タイトルが~(笑)などとほざいた直後にタイトルホルダー続出
MVPも独占したのにやっぱり2位だったのは現有戦力だけで戦う限界か
特に投手は新入団選手が必要なので誰か入ってください
30 70 68 2 4 煮え切らない戦いに終始した挙句4位に沈む
名無しリリーフ陣に関してはもうその名を見て嘆くのも飽き飽きしている
とにかく阪神一強時代を終わらせるための新たな血が欲しい特に投手が
一言多十
31 90 48 2 1 投手も野手も破綻なくまとまったお陰で第19期以来の優勝
日本シリーズなんて最初からいらんかったんや!とまでは言わないが残念ながら2勝4敗に終わる
安定して成績を残すのに不可欠なのが人なので常に選手募集中です
32 70 69 1 3 前期優勝とは何だったのかという前半戦30勝40敗の最下位
しかしこれはドラフトで投手獲得を目論む偽巨人の巧妙な罠であった
後半戦はスルスルと浮上して最終的にはご覧の通りの成績に
ドラフト成功に加え移籍加入選手も入って一気に名無しが減少といい感じ
33 73 66 1 3 またしても前半戦負け越し後半戦本領発揮のパターンで3位
次第に名無し選手が減少しているのは良い傾向で今後は順位も上げていければ
34 83 52 5 1 前半戦は3位も後半戦で一気に抜け出して優勝
常に安定していた投手陣に後半からエンジン全開となった打撃陣がうまく噛み合った
日本シリーズではシーズン113勝を上げたロッテを破り日本一
35 73 64 3 2 前期までとは一転前半戦首位で折り返したのはフラグだったらしい
後半戦に前期ほど打撃陣が伸びず広島の後塵を拝した
広島とて79勝で敵わない相手ではなかったがセリーグ全体の混戦に呑まれたのが敗因か
36 59 80 1 6 得点率の悪さや中継ぎ陣の不調が響き第24期以来の最下位に沈む
セリーグの戦力格差はかなり縮まっているのでこのような事故も起こり得る
それにしてもパリーグは下位チームの心が折れるほどの格差があってなかなか壮絶
37 68 69 3 3 やはり前期の事は何かの間違いだったようだ
勝ち越せなかったのは画竜点睛を欠くが前半戦は優勝争いにも絡んだ
MVPのにしこり、中継ぎで復活したムンタリの両ベテランが軸で若手も伸びてきた
38 81 58 1 3 後半戦11連勝などよく追い上げたが優勝した中日にカモられたのがまずかった
中日との対戦成績は11-16(1)差は2ゲームだったので14-14なら優勝だった
一方パリーグは下位3球団が完全に廃墟と化してしまった
39 73 67 0 4 打率.288(リーグ1位)得点率4,0(リーグ5位)というデータが今期を象徴している
ベストナイン0は一見やばいが特に野手は若手が多いので今後に期待
しかし負け越して3位と勝ち越して4位はどちらが良いのかしら
40 59 77 4 5 3割打者0人で6位の横浜よりも打撃スタッツがすべて下という歴史的貧打
頼みの打率が.257と大幅悪化では得点率3,6も残当
脱却には時間がかかりそうだが各選手が名無し化せずに成長していけばいつかきっと
一言多十
41 71 67 2 3 貧打は相変わらずだが多少は持ち直した
先発はなかなか安定していたので特に後半戦は安心して試合を回せた
42 68 70 2 4 投崩と引き換えに打撃が復活して前半戦は2位につけたが今期はそこまで
後半戦は打線の連動が鈍り投手陣はそのままという元の脆弱なチームに戻ってしまった
MVP獲得したあ選手の前後を支えたのが名無しの樋口と今期限りで引退の中河美芳では寒い
43 62 76 2 5 あ選手は相変わらず好調だし新たにイアンも台頭してきたがどうにも冴えない順位
特に野手は名有り最年長が11年目だし今はまだ雌伏の時
44 64 75 1 4 前半戦は最下位でオールスター選出0だったが上位との差はそこまでなかった
後半戦はすぐ最下位を脱出して一時は3位に肉薄するも最後は力尽きる
打撃は立ち直ったといえるが投手陣、特に先発がもう一歩という感じ
45 75 62 3 2 帰省が理由とはいえ自分が試合回しを一切せずに成績を見守るのもまた一興
打撃はもはや何も言うことはないほど実力者が揃っている
となると広島を抜くのに重要なのはやはり投手
46 73 63 4 3 打撃に加えて投手陣もかなり成績が良化してきていい感じ
この勢いでいけば優勝も近いと思われる
47 69 71 0 3 本気で優勝あるでと思っていたのだが前半戦大ゴケで早くも夢は霧散
前半戦5位でドラフトを確保した後に追い上げを見せて3位に
勝ち越し目前だったがラスト4連敗とそこまでは許されなかったようだ
48 59 79 2 5 前半戦5位も上位との差が少ないのは前期と同じだったが後半戦が違った
盗塁王争い独走の松本・ウイポにイアン・あ・弓のクリーンナップでもフォローできない投手陣の苦しさよ
あと打率.286の割に得点率が4,4と低いのは是正の必要ありか
49 75 64 1 2 前半戦はいまいちだったが後半戦では実力を発揮して2位でフィニッシュ
この戦いを続けられるなら優勝はすぐそこに
松本・ウイポの盗塁王争いは44の同数で二人受賞となったのもトピックス
50 64 75 1 3 首位ヤクルト100勝39敗1分で2位横浜67勝72敗1分という圧倒的なシーズン
3位という順位もヤクルトとその他雑魚という様相であったので意味は薄い
ヤクルトはとにかく名無し選手が強いのがやっかいであった
人が減るときは減るし増えるときは増えるので気にしすぎないのが一番
一言多十
51 52 85 3 6 上ではあんな事言って強がって見せても実際にいなくなるととても淋しい
一人孤高を行く盗塁王松本は偽ペナ新記録の75盗塁を記録したが見せ場はそれだけ
総崩れの投手陣に名有り3人の打線と偽巨人誕生以来最大級の受難の時期と言える
こんな御託を並べても仕方がないので本当に誰か来てくださいお願いします
52 36 31 3 3 前期最下位の惨状を救うべく新たに4人の野手が加わりリフレッシュ
選手の変化はチームの流れも変えたようでいい感じに前半戦を終えたが……
後半戦の前にリセットがあったのでとりあえず前半戦のみの成績を記載

野手

在籍 画像 選手名(製作者) / 獲得タイトル
選手紹介
1 クリスピーサンド (アイス) B9 1 (1)
創設メンバーの中で最高クラスの守備を誇り打撃でも意外と健闘していたが電撃引退
2 MOW(エスプレ) (アイス) なし
一端引退したアイスだが熱烈なラブコールに応えてより堅固な氷壁となって帰ってきた
1~7 三→一→
指→二
松亀谷・ラミ・由長 (オバマ) AS 3 (2,3,7)B9 6 (2~7)MVP 2 (2,6)
打率 1 (2)打点 1 (2)
ご存知大統領であり敢えて多くを語る事もないであろう人物
優勝を逃しタイトル獲得さえなくてもMVPに輝いたあたりにその威光が窺える
かねてから移籍の噂が流れていたがその通り西武へ
1~7 左→二→
かもめ(偽) (かもめ) B9 6 (1~3,5~7)
盗塁 1 (2)
その名にふさわしい翼の生えたような俊足が最大の武器だが守備も達者でパンチ力もある万能選手
大統領に翼賛し彼を追うように西武へと飛び立った
ただその後も移籍を繰り返しているのを見るに元々そういう性分だったようだ
3~9 遊→中→
ガリガリ君(溶) (アイス) AS 3 (4,6,7)B9 2 (4,9)新人王(3)
守備に加え打撃の充実も図ったアイス第三弾
入団してしばらくは守備の人だったが打撃も覚醒しつつある
移籍するかもという噂をオリックス移籍によって実証
1~9 指→捕→
一→三→
KO梅 (KO梅) AS 3 (4~6)B9 6 (1,3~6,9)MVP 2 (5,9)
打率 2 (5,9)
固めCMに成功した効果もあり早々と台頭した大砲
一向に改善されない手抜き画像に業を煮やして楽天に移籍
1~12 捕→三→
左→右→
捕→一→
左→指
ベジータ (ベジータ) AS 7 (1,2,4,5,7,9,10)B9 11 (1~7,9~12)新人王(1)MVP 5 (1,4,7,10,12)
打率 3 (1,10,12)本塁打 4 (4,5,7,12)打点 6 (1,4,6,7,9,12)
サイヤ人の王子できわめて高いプライドを持つ
打撃は最強だが守備は半端でポジションたらいまわし要員
ヤクルト移籍の心情はわかるが『オレは最後の一人になっても残るぞ』とは何だったのか
1~19 中→左→
三→二→
三→一
松井にしこり (俺俺俺俺達) AS 6 (1~3,5,6,9)ASMVP 1 (5)B9 6 (1,4,5,9,12,16)
打点 1 (5)
赤ゴジラとかいう嶋の立場がないあだ名は勘弁、と思ったが嶋ならいいか
巨人においても不動の中軸として君臨した
久々の優勝を見届けた後の第17期より名無し化、第19期限りで成仏
11~19 遊→右 にとり (河城) AS 3 (11,13,17)B9 1 (17)
広島から来た走攻守揃った河童
巨人移籍以前の実績も多くASも実際は8回B9には3回選出されている
特に守備職人は大きくお値段以上の活躍を見せてくれている
定年となったため第18期限りでの放置引退を選択し第19期を戦った後に成仏
1~21 右→左→
右→一→
左→右→
一→三→
指→一
スターリング (かしら) AS 10 (4,5,8,9,14,16~20)B9 10 (2,4,5,8,9,11,16,18~20)
本塁打 1 (5,19)打点 1 (19)
飼っていた動物を森に捨てて以降主人公としての知名度を上げるために野球の道へ
地味ながらも堅実な働きを見せる隠れた実力派といえる
余談ではあるがwiki執筆の多くは彼の手によるものである
19~21 日笠陽子 (ぴかしゃ) 今のところなし
西武から移籍してきた両打ちの上位打者候補
けいおんの秋山澪役で台頭してきた若手声優で実際の人物も足が速いらしい
移籍以前の実績は新人王と盗塁王2回
引退ではなくて移籍で退団
1~22 一→指→
左→指→
遊→二→
遊→二→
右→左→
三→右
美竹涼子 (AVクイーン) AS 7 (2,4,6,9,12,13,16)B9 6 (4,5,7~9,16)
打率 1 (4)盗塁 4 (3,4,12,15)
あら(二塁まで)もうイッたの?案外(足が)早いのね
盗塁王複数に加え首位打者も獲得している不動の上位打者
第8期には守備職人を得たことで走攻守揃った選手に生まれ変わった
2~22 右→中→
右→中→
左→三→
風子 (鳴滝) AS 12 (6,7,9~13,17,19~22)B9 9 (6,7,12,16,17,19~22)MVP 1 (22)
打率 2 (20,22)盗塁 6 (10,14,19~22)
初のドラフト指名選手で俊足巧打の実力派
なぜかタイトルに後一歩届ない時期が続いたがようやく第10期に盗塁王獲得
上位打者としての実力に加え長打力もついて更に恐ろしい選手に
8~26 捕→右→
中→捕
ボヤ (為) AS 6 (12~15,18,19)B9 5 (13~15,18,19)
元々評判の高かった守備は更に成長に肩は球界でもナンバー1
長年の課題である打撃も成長しつつある
第20期より名無し化したものの最後まで強肩は健在だった
9~28 一→二→
遊→二
顔射・ごっくん・AF (オプション) AS 9 (16,19~24,26,27)ASMVP 1 (22)B9 6 (19~23,27)新人王(9)
名前はちょっとあれだが能力はオールラウンドで期待大
守備も打撃も磐石の実力派として成長
最晩年といえる第28期より名無し化
23~33 指→一 藤井彩 (AVクイーン) なし
トップバッターとして鳴らしたAVクイーンがスラッガー候補に転生
堅実な活躍を続けていたが第33期より名無し化
16~34 指→二→
スラガガー (スラガガー) AS 4 (22,23,28,29)B9 5 (17,22,23,28,31)新人王(16)
本塁打 1 (32)打点 1 (32)
本当に本当に久しぶりのドラフト指名選手はパワー爆発の三振王
近年は安定感も増してチームには欠かせない主砲に
守備は低打率だった時代から極めて安定していた
苦しい時期を打撃に守備に支え続た男は日本一を花道に引退した
33~35 指→一 平沢憂 (平沢唯) B9 2 (33,34)
大卒5年目からの移籍入団だがかなり高い打撃能力を持っており期待大
日本ハム在籍時の第29期には新人王に輝いている
これからさらに開花という時期だったのに第35期より名無し化
27~38 三→捕→
にしこり (俺俺俺俺達) AS 11 (27~37)B9 12 (27~38)MVP 2 (29,37)
打率 1 (29)本塁打 2 (29,37)打点 2 (29,37)
広島から移籍のAA砲で得点力不足打開の切り札
初期メンバーの一人である松井にしこりが他球団で生まれ変わり帰還した
第29期には三冠王となるなどその驚異的な打棒を遺憾なく発揮している
それまでの実績としてASB9ともに3回と新人王プラス上記の成績
移籍してから引退までベストナインに選ばれ続けた傑物
21~39 指→一→
捕→指→
iwai (iwai) AS 1 (28)B9 2 (21,31)新人王(21)
新規入団の高卒野手でリーディングヒッターの素質を秘める
守備が原因か成績の割に酷い年俸だった
第39期より名無し化はこれまた痛い
24~39 左→中→
二→中
寺打たない崇幸 (先生(偽)) なし
ドラフトでいの一番に指名したオールラウンドプレイヤー
チーム1の俊足を生かしてトップバッターに
これからの選手であったが第28期より無念の名無し化
俊足巧打に加えて圧倒的に守備がうまいので重宝した
22~41 一→三→
一→三→
ロイヤルニート (ロイヤルニート) AS 2 (26,31)B9 2 (26,31)
打点 1 (35)
この名前を検索してみたら怨念にあふれる記述を多数見かけた
人間ああはなりたくないものである
第34期から名無し化するも名無し化後にタイトル獲得
22~42 三→右→
二→左→
二→一
中河美芳 (黒鷲) AS 7 (25,27,29~31,33,34)B9 5 (27,29,31,34,42)
戦前を代表する名選手で特に一塁守備は有名
走攻守3拍子揃っておりどんなポジションもそつなくこなす
現役最終年にようやく本来の守備位置と言える一塁に
wiki執筆者が転生した姿でタイトルはなかったが好きな能力だった
39~42 指→三 マツイくん (俺俺俺俺達) なし
俺俺俺俺達さんの転生で誕生した固め打ち持ちの野手
34~44 一→左 樋口 (★ポチキ★) 新人王(34)
ドラフトで指名成功した選手で打撃も守備もなかなか出来る
若手の大砲候補筆頭だったが第38期より名無し化で正直きつい
長らく守備も出来る大砲として活躍したがやはりもったいなかったな
29~45 左→二→
遊→二
Taco-鈴木 (先生(偽)) 新人王(29)
盗塁 5 (35,36,38,41,44)
俊足巧打に守備力を同居させた選手で不動の一番打者かつ盗塁王の常連に成長
第42期より名無し化は本人にも事情があるので仕方ない
いつかまた戻れる時が来たならいつでも戻ってきてください
43~47 一→捕 マツイ (俺俺俺俺達) 今のところなし
俺俺俺俺達さんが将来を見据えて転生した固め打ち持ちの大砲候補
結構順調に成長していたが契約の事で第46期限りで名無し化
45~49 三→二 ウイニングポスト (ウイポ) AS 2 (45,46)B9 1 (45)
盗塁 2 (47,49)
馬並みの俊足に加えて盗塁○神速と盗塁のために存在するかのような選手
上位打線の一角として抜群の存在感を発揮しており松本哲也と盗塁王を争う
盗塁王同時受賞を最後に日本ハムに移籍
40~50 捕→三→
(あ) AS 7 (41~43,46~48,50)ASMVP 2 (47,50)B9 6 (41~43,46,47,49)MVP 2 (42,47)
打率 1 (46)本塁打 2 (42,47)打点 2 (42,47)
入団時は名有り選手では唯一のパワーBで大砲として期待された
見事に大成しチームにおいてはアルファでありオメガである存在となる
巨人在籍以前にB9を1回は獲得しているが本格化は移籍してから
最後の4期はパリーグでということで西武に移籍
37~51 指→右→
中→二→
中→二→
右→中→
打倒ロッテ2号 (ぴらにあん) 新人王(37)
現状ロッテ打倒の機会は日本シリーズのみだが順調に成長すればチャンスは開けてくるはず
画像は以前所属していた分家横浜から拝借しました
第41期に名無し化もバランスの取れた能力ゆえに各ポジションたらいまわしの便利屋に
47~51 指→捕→
ゆう (ゆう) なし
高卒の大砲候補と言える存在だったが第49期より名無し化
36~ 一→右→
中→左
★松本哲也★ (まる) AS 4 (45~47,51)B9 2 (45,51)
盗塁 6 (45,46,48~51)
天秤打法で知られる巨人の切り込み隊長
現実同様の俊足を打撃に守備に遺憾なく発揮して今や盗塁王常連
40~ 指→捕→
指→右→
三→中
イアン (四方二三矢) AS 4 (43,45,48,50)B9 3 (45,46,50)MVP 1 (50)
本塁打 1 (50)
ドラフトで獲得した初期能力ミートBの好打者
今は亡き夕ペナでの新人批評で知られる超有名人物
結構早い時期に台頭してきてクリーンナップの一角を占めるようになった
44~ 左→右→
中→遊
てこ (tes) 今のところなし
主に守備面でのてこ入れを図るべく指名した選手
肩と守備はすでにBで守備力だけを見るならもはや上位クラス
なおこの画像はコテという手抜き仕様に嫌気がさしたか第48期より名無し化
45~ 遊→右 (足立) AS 5 (45~48,50)B9 6 (45~47,49,50)MVP 1 (45)
本塁打 1 (45)打点 1 (45)
守備も打撃も強力な選手でウイポと同時期に移籍してチームを変えた
個人的には家なき子よりガラスの仮面だが当時から一切イメージが変わってない稀有な人
クリーンナップとして活躍していたが第50期限りで名無し化
48~ ウプレカス (無蝕童帝) 新人王(48)MVP 1 (50)
ドラフトで指名したBB砲で即戦力間違いなし
その前評判に違わず打率.293本塁打15を叩き出し新人王に輝く
これの起源ってふたばだったのねまあ画像ありきなネタといえばそうではあるが
52~ マツイくん (俺俺俺俺達) 今のところなし
最下位に転落したジャイアンツを救うために舞い戻ってきた大型大砲
チーム在籍経験豊富な俺俺俺俺達さん、画像の使い回しをお許しください
52~ マナカ (瞬天) 今のところなし
今後の活躍が見込まれる高卒のユーティリティプレイヤー
マナカで画像検索するとラブプラスの彼女が多く出たので採用したがなぜか真中中央という単語が頭をよぎった
52~ 冷泉淡雪 (まりの) 今のところなし
新人王首位打者1回本塁打打点王各5回AS出場11回うちMVP2回B9が12回
MVPは第51期を含めて4回という超大物選手がその華麗なるキャリアの締めくくりに巨人を選んだ
52~ 鵜久森 (うぐぅ) 今のところなし
ドラフトで指名した打撃と守備のバランスがとれた実力派選手
未だに高校時代の印象が強いがそれを払拭するぐらいの活躍に期待

投手

在籍 画像 選手名(製作者) / 獲得タイトル
選手紹介
1~2 内海投手 (26) なし
抜群のスタミナを持つ左腕だが早期引退
1~5 巨人の中継ぎwww (煉瓦) なし
リリーフに欠かせない存在として君臨していたが第4期より名無し化
6 越智大祐 (雷神) なし
落ちる球を武器に絶対無敵のリリーフエースを目指す雷神
3~7 武蔵坊弁慶 (武蔵坊弁慶) なし
先発を志願してチームに乗り込んできた剛の者
今度は広島へ武者修行の旅に出たという
3~8 中野梓 (コンロリ) AS 3 (3~5)
アマチュアの凄腕ギタリストらしいが野球の腕もかなりのもので先発として早くも柱へ
普通の高校生に戻るために第7期限りで名無し化
17 ムンタリ (古手) なし
ガーナ出身インテル所属のミッドフィルダーだが野球も嗜むようだ
黒人の区別は難しいので画像の人物がムンタリであるという保証はない
8~17 先→中 ぱいぱ、ん (くくく) なし
抜群のスタミナを誇る初のFA入団選手
第8期にノーヒットノーランを達成するも第10期より名無し化
第17期オフの名選手復帰により成仏
9~17 抑→先→
武蔵坊弁慶(弐) (武蔵坊弁慶) AS 3 (9,11,12)B9 1 (9)
セーブ 2 (9,12)
かつて在籍していた武蔵坊弁慶の弟ではないかと一部では囁かれている
しかし実際は亡霊であったと判明して第13期より名無し化
第17期オフの名選手復帰により成仏
3~19 21 (チェン投手) AS 2 (7,15)B9 1 (7)MVP 1 (7)
防御率 1 (7)勝利 2 (7,17)
内海投手が転生した姿だが名前を逆にしてしまったようだ
そんな事は関係なくタイトルを獲得するまでに成長した
第19期限りでここ数期人が集まりつつあるロッテに移籍
17~20 丹生 (木) AS 3 (17,18,20)B9 1 (20)
セーブ 1 (18)
「にゅう」あるいは「にう」と読む日本の地名
画像は一番ご利益がありそうな和歌山県にある丹生都比売神社
最年少投手として抑えで活躍した後横浜に移籍
1~21 西村・F・健太朗 (先生(偽)) AS 9 (1,6,10,14,16~20)ASMVP 1 (10)B9 2 (1,6)MVP 1 (6)
防御率 1 (10)勝利 2 (1,6)
しかしまあフランケンとはよく名付けたものである
2~21 中→先→
星野 (TA) AS 3 (6,7,10)B9 3 (4,5,10)
大きく変化するスローカーブなどの多彩で強力な変化球が武器の左腕
第20期より名無し化
1~9
18~21
先→
(移籍)→
守護神巨人豊田清 (飛び散るトヨンゴ) AS 4 (2,5,9,18)B9 3 (5,9,18)MVP 3 (5,9,18)
防御率 1 (18)勝利 4 (1,5,9,18)奪三振 6 (2,4,7~9,18,19)
名前とは裏腹に安定した先発の柱で球界の奪三振王
2度目のMVPを獲得したオフにオリックスへ移籍
パリーグでもエースとして大活躍した後に復帰した
移籍先での実績を含めるとAS5回ASMVP1回B94回MVP4回防御率4回勝利6回奪三振15回
1~13
18~21
抑→中→
先→
(移籍)→
キュベレイ (ハマーン) AS 12 (1~3,5,6,8,9,12,18~21)ASMVP 1 (18)B9 6 (1,3,5,9,20,21)新人王(1)MVP 2 (1,3)
防御率 2 (12,20)セーブ 3 (1,3,5)
彼女もまた多くを語るべきではない偉大な人物である
抑え中継ぎそして先発と全ての場面をこなす
長い間活躍した後にかつての仲間も多く在籍しているオリックスに移籍した
最後の契約となる4年間を過ごすために古巣へと帰ってきた
移籍先での実績を含めるとAS16回ASMVP2回B98回防御率2回セーブ3回新人王
3~22 中→先→
先→中→
先→中
桃園ラブ®;; (キュアピーチ) AS 5 (6~8,11,12)B9 4 (6~8,12)新人王(3)
ドラフトで獲得した有名ブランド選手
なかなか安定したリリーフとして活躍し、第9期から先発に回った
第13期より例の騒動とはおそらく関係なく名無し化
名無し化後も便利屋的存在として長い間チームに貢献した
7~23 中→抑→
中→先→
中→先→
山口鉄也 (風神) AS 4 (8~10,13)
雷神が去りし後は風神がブルペンに加わった
例の騒動に連座して第14期より名無し化
先発中継ぎを往復する便利屋として活躍して40歳となった第23期限りで成仏
22~38 中→先 若槻禮次郞 (モッツァレラ) AS 3 (32,33,35)B9 2 (35,36)MVP 1 (35)新人王(22)
防御率 1 (35)勝利 2 (32,35)奪三振 2 (34,35)
総理大臣になったこともある官僚畑の政治家
選手としては早くからローテーションに入りチームに貢献
数々の実績を残した後で楽天に移籍
18~39 先→中→
ムンタリ (古手) AS 8 (23,25~27,29,30,34,37)B9 4 (25,29,31,34)MVP 2 (25,29)
防御率 2 (34,37)勝利 2 (29,31)奪三振 3 (29~31)
前までいたムンタリとは別人のようだがアフリカ人だし何人兄弟がいても不思議ではない
また黒人の区別は難しいので画像の人物がムンタリであるという保証はない
リーグ屈指の先発として大活躍した選手であるが晩年の中継ぎでも輝きを放ち最後は放置引退
33~34
38~41
和の力とジントシオ (かもめ) AS 2 (33,40)B9 1 (34)MVP 1 (34)
防御率 1 (33)
風来のプレイヤーかもめさんが久々に偽巨人に立ち寄った
第23期には新人王とMVPを両獲りした実力者で防御率1回AS5回B9は2回受賞
ジントシオとは千葉ロッテマリーンズの応援団員として有名な方だそうです
日本一とMVPを置き土産にロッテに飛び立っていったが風向きによってはまた会うこともあるだろう
とか言ってたら案外すぐに再会して最後の4期を過ごした後に引退
33~43 先→中→
ういっす!! (ういっす!!) AS 5 (34,37,39~41)ASMVP 1 (39)
スタミナコントロールBBのスーパールーキー
こんな選手をドラフト指名できるなんて前半戦最下位になって本当に良かった
奪力軍団よけのリリーフで力をつけた後で先発に舞い戻った
最後は偽ちゃんのいるオリックスに移籍
39~44 楽天の守備職人 (てくのり) AS 2 (40,42)
中日から強奪した先発投手で抜けたベテランの穴を埋める活躍に期待
ノリさんは時代によって変わりすぎだがやっぱり黒い時代のほうが味がある
先発の中心的存在として活躍したが第43期より名無し化
37~45 中→先 おげら (おげら) なし
西武から移籍の若手投手で速球と癖のある変化球が武器
おげらという名の絵師がいて東方やら何やらを日々描いているようですがこの人とは無関係の模様
第45期限りで引退し転生
26~47 抑→先 ピッチングM-Ⅲ (修理係) AS 8 (27,29,31,36,38,41,43,45)ASMVP 1 (41)B9 1 (38)
前期ドラフト指名したピッチングM-Ⅱは即名無し化したがオフにすぐ入団してくれた
投手として能力のバランスがとれている実戦派
第30期より満を持して先発に転向
先発の中心として活躍して最後は放置引退
44~50 星乃さん (光一) AS 1 (46)
恋愛シミュレーションゲーム「キミキス」のヒロインの一人でおとなしい性格らしい
CVは明日のナージャで有名な大物声優の小清水亜美さん
1年目から12勝を挙げるもののやたらと厳しい規定に阻まれ新人王になれず
その後も先発として成長していくも西武に移籍
34~ 明日花キララ (AVクイーン) AS 3 (42,45,50)B9 3 (44~46)
セーブ 2 (35,45)
AVクイーンさんが今度は投手として登場
高卒でHシンカーが冴え渡るリリーフタイプ
40~ 中→先 おぜうさま (くれは) 今のところなし
輝明学園秋葉原校高等部3年で「はわ~」という気の抜けた奇声を発する巫女さんと伝聞
名前を知らないキャラを見るたびに己の老化を実感する
先発として安定していたが第51期を最後に名無し化
43~ 中→先→
中→先
イスマイル (忠西) AS 2 (48,49)
プロ入りしたが2年で解雇された樋口君
賢というよりイスマイルという英名の響きが印象的だった
今でも社会人で野球を続けているようで何より
wiki執筆者の転生した姿だがこれが最後になるとは思ってなかった
45~ W53H (てくのり) AS 1 (50)
不覚にも名無し化してしまったてくのりさんがドラフトで登場したので指名
スタミナが豊富なので先発として起用
47~ おげら2 (おげら) 今のところなし
おげらさんが転生してリリーフタイプの投手となった
とりあえずビジュアルは今のままでいいでしょうか
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。