本家 > パ・リーグ > 埼玉西武ライオンズ > 過去成績Ⅱ ~栄光・・・うおまぶしっ!~

過去のチーム成績ぃ(176~226回)


今日のお客さん -
昨日のお客さん -
合計 -
-Last Updated on 2010/11/13 12:46:17
更新内容 ちょっとだけ



輝かしい栄光の一場面を収めた数枚のフィルム




226期 3位

じもってぃー兄貴が念願の首位打者、かもめ兄貴が二冠で打撃主要3部門を独占したにも関わらず前期より順位が落ちてしまった。
シュレク投手転生の穴は大きかったということにしておこう。
というか腹黒のチーム防御率がぐうの音も出ないほどの腹黒っぷり(3.41)なのでしゃーないのか。
なお余談だが、J.バトルとはジェフリー・バトルというスケーターのことらしい。
さらに余談だが、バンクーバー五輪に出場していたこのパトリック・チャンが西武・片岡に見えてしょうがなかった。
首位打者 城所龍磨
本塁打王・打点王 打倒☆SB!!!
奪三振王 上岡㌍龍太郎
B9 打倒☆SB!!!(3)、残留力(初)

225期 2位

かもめ兄貴の復帰で打線の破壊力が増し、本塁打数、防御率ともにトップだったが2位。
投手MVPを輩出し、一時期1.5差まで肉薄するものの2位。
0.5ゲーム差をりんご1個分とするならりんご3個分(50)の差だった。
なおもう1羽の鳥類燕太郎姉貴が完走し、阪神にいた外国人のような名前になった。
投手MVP ポヨ
本塁打王・打点王 GOGOゴジラ
B9 ポヨ(2)、打倒☆SB!!!(2)、りゅーぞー(6)、GOGOゴジラ(5)、騎神アリババ(4)

224期 2位

上がった(ドヤッ
りゅーぞー兄貴が43本、GOGOゴジラ兄貴が114打点でそれぞれタイトル獲得するなど打線覚醒。
しかし3~5位の団子状態から抜け出すことは出来たものの、腹黒には差をつけられてしまった。
しゃーない、次だ次。
本塁打王 りゅーぞー
打点王 GOGOゴジラ
B9 ポヨ(初)、りゅーぞー(5)、GOGOゴジラ(4)、騎神アリババ(3)

223期 3位

2位でした。
7月ぐらいからずっと、高橋聡や山口鉄みたいな左の中継ぎエースがいればと思っていたのですが、
結局最後まで出てこなかったのがこういう結果に繋がってしまったのではないかと思うんです。(右もいないけど)
なお俺ペナの西武は3位だった模様。
投手が聡文兄貴の加入や、燕太郎姉貴がエースとして目覚めるなどで高水準を保っているし、
野手にはぼちぼち超特買える選手が出てきているので、近いうち上がるでしょう。多分。
野手新人王 GGG
最優秀防御率 A.シュレク
最多奪三振 野口正明
B9 野口正明(2)、GOGOゴジラ(3)、騎神アリババ(2)

222期 2位

自分のチームでは罰ゲームでぇ、公開2位ってのがあったんですよ
レジェンドブルーに目覚めたあずみ姉貴が完走しました。とりあえずお疲れ。
投手新人王 黒鋼Ⅲ
B9 黒鋼Ⅲ(初)、あずみ(12)、城所龍磨(5)、GOGOゴジラ(2)

221期 優勝!

五連覇できて良かった(小学生並の感想)
前半戦2位で折り返し優勝が危ぶまれたが、そこは回す人の努力がカバー。
オリックス、腹黒との三国鼎立状態から、ハムや楽天に横殴りにされつつハナ差で振り切った。
DV大久保から騎神アリババへと転生したにゃひこ兄貴、Brandon兄貴が1年目ながらベストナイン、名誉生え抜きあずみ姉貴が打撃部門2冠を達成。
日本シリーズの相手は久々の顔合わせとなった横浜。突発性藪炎上症候群などがあり4先勝、日本一となった。
MVP・本塁打王・打点王 あずみ
野手新人王 騎神アリババ
B9 Brandon(初)、ぱんだ番長(初)、あずみ(11)、城所龍磨(4)、騎神アリババ(初)

220期 優勝!

久々に戻ってきた上岡兄貴の加入によってガッチリ固まった投手陣の牽引で四連覇となった。
打線もクリーンナップトリオが3人ともMVP級の活躍をするなど、投打が充実したシーズンだった。
日本シリーズの相手はまたまたヤクルト。さすがに3連続にもなるとこちらのプレーを熟知しており、
ヤクルトのチアがやたら足をあげる、凡退するたびにミルミル1本プレゼント、監督にミルミルを渡すなどの作戦の前に
ミルミルうちにやられてしまい、チームを支えていたDV大久保兄貴、かなみ投手姉貴のラストイヤーを日本一で飾れなかった。無念。
MVP りゅーぞー
B9 DV大久保(17)、りゅーぞー(4)、城所龍磨(3)、あずみ(10)

219期 優勝!

3連覇。優勝の原動力、本塁打数211はパリーグで断然トップの数字である。盗塁数44は断然ラストである。
ちなみに今期の盗塁王、腹黒ッテのリト○チンチン選手の盗塁数は52個。走力なんていらんかったんや!
投手陣では野口正明アニキが覚醒、チーム内で最多となる16勝を挙げ投手MVPを受賞。
日本シリーズの相手は90年代のNPBよろしく、前期に続いてヤクルトだった。大将のかなみ投手姉貴が2勝を収めこっちも連覇。決まり手は櫓投げ。
晴れて野手全員が1億円プレーヤーになりました。
MVP 野口正明
本塁打王 DV大久保、あずみ
最優秀防御率 かなみ投手
B9 野口正明(初)、DV大久保(16)、城所龍磨(2)、あずみ(9)
                                                  ついでに副ちゃんのバーカが最多S

218期 優勝!

アニュー兄貴が名無し化するという事故があったものの、209期以来の連覇。
その名無し化したアニュー兄貴が投手二冠、あずみ姉貴が三冠王に準じるような成績を残し、
もはやテンプレともいえるにゃひこ兄貴の暴れぶりなど、投打が噛み合いダンプカーでミニ四駆のコースを走るような戦いぶりで優勝を果たした。
また、日本シリーズはショベルカーのヤクルトと壮絶なぶつかり合いの末、上手投げで制した。208期以来の日本一。
MVP・本塁打王・打点王 DV大久保
最優秀防御率・最多勝 バンダースナッチ
最多セーブ 庚夕子
B9 庚夕子(2)、DV大久保(15)、あずみ(8)、りゅーぞー(3)、霧雨魔理沙(初)

217期 優勝!

圧倒的な得点率(5.3)と、10勝クインテット擁する圧倒的な投手陣で圧倒的な優勝を果たした。
圧倒的な中軸が打ちまくっていたことに加え、さみしいよーちゃん、シエラちゃん、わしが育てたの3人で30勝するなど、
中継ぎが圧倒的なフル回転をした事が大きかった。
特にわしが育てたがあわや最多勝の13勝と圧倒的に勝ちまくった。
にゃひこアニキが打点王、本塁打王の二冠に輝く圧倒的な打棒を発揮。
アニューアニキが最多勝を圧倒的に獲得。
あーっと!
なお今季の横浜との日本シリーズは濃霧のため中止となった。

216期 3位

1期ぶりのAクラス。前期アレだった打撃成績は得点率4.8、192本塁打(ともにリーグトップ)と飛躍を遂げた。
これも若手の成長と、救済によって加入したあずみアネキらの中軸の活躍によるものだろう。あずネキありがトゥー!
にゃひこアニキがHR王、かなみアネキが最優秀防御率を獲得。

215期 4位

かつてシーズン本塁打数を更新した打線も、得点率4.2、145本塁打(片岡式だと179本塁打)とイマイチ奮わなかった。
特に9番に座ったSH02Aは打率.208と、こどもの日を間違えてしまいそうな成績に終わってしまった。
しかも打点52のため本塁打7に15移すとピッタリあの数字に収まる模様。どうでもいい。
浮上するためにもこの携帯を上書きしてくれるスラッガーを救済したいものである。というか来て下さい。オナシャス!
なおエスキモーMOWキャラメルは初恋の味らしい。これもどうでもいい。

214期 3位

3位「西武君待って~」

213期 3位

また3位だったらしい

212期 3位

3位だったらしい

211期 3位

239HRの打線と先発全員二桁勝利に加え安定した中継ぎ陣を擁していた割にはあまり勝ち星が伸びず
しかしぱふゅさんが初年度から12勝したりかなみちゃんが139試合目にノーヒットノーランを達成するなど収穫も多かった
QBK世代の某御方と田淵…ひろいけ世代の某御方と一緒に回していたので優勝できなくても楽しかったです

210期 2位

前期より白熱のシーズンとなった。今期はソフトバンク・腹黒に加え紳士球団オリックスも加わり四つ巴の争いに。前半戦は序盤の
極度の不調もあって4位で折り返す。後半戦では、編集者鳥の人が珍しく真面目に試合回しを行った甲斐などもあって巻き返しに成功する。11連勝や12連勝てなものもあった。しかし、結果は惜しくも首位に2G差の2位であった。紳士球団おめでとう!

209期 優勝!

今期はソフトバンク・ロッテと三つ巴の激しい首位争いを制し何とか優勝。1位まで最大5G離された場面もあったが最後まで
諦めずに試合を回した結果であろう。試合終了後は人生(じんなま)相談会が開かれた。
なお日シリは4TATEで横浜おめでとうございました。

208期 優勝!

余裕でぶっちぎりの優勝で昨シーズンの借りを返した。まだ第4期黄金期は終わっていなかったようだ。投手陣もそこそこ安定していたが、今期はやはり野手陣の奮闘が大きかっただろう。得点率は6.6、そして本塁打は262本。このシーズン本塁打記録は腹黒ッテが158期に打ちたてた258本を更新する大記録となった。ちなみに260号がやまさきさん、261号がにゃひこさん、262号が栗山さんであった。記録更新の259号は誰が打ったのかとチームチャットでは話題を呼んだ。
アニュー:『 259号はみんなで打った物にしましょう 』(08/26 00:09)
燕太郎:『 259号はみんなの心の中にありますの。お疲れ様でしたわー 』(08/26 00:11)
と心温まるコメントが・・・(´;ω;`)記録更新はみんなのおかげ!
試合回し中では広島やハンカチ王子やセ・パ各チームの過去の時代について語り合った。

日シリは横浜を4-2で下し、わりと久しぶりな気がする日本一。

207期 4位

まさかのBクラス。。。名無しの投手の影響が大きかったか。連続Aクラスの記録は29で止まる。

206期  優勝!

前半戦はソフトBと0.5G差で終了。後半戦は何度かソフトバンクに首位を譲ったが終盤振り切り余裕の2期連続の優勝。
mixiや中高生時代の部活動の話などで盛り上がる。ちなみに29期連続Aクラス継続中。
日本シリーズは3-4で横浜に敗れる。

205期 優勝!

前半戦はロッテと3.5G差で折り返す。そして始まった後半戦。一時0.5差とロッテに肉薄されるも最後は危なげなく優勝。
燕太郎さんとかもめがチャットで談笑しつつ試合を回した。他のみんなはお盆で忙しい様子。

204期 2位

腹黒と1位を争った。

203期 優勝!

混パの中を1球団だけ抜けだしぶっちぎりの優勝というまるで以前までのどこかのチームのような(ry
打線は安定した中軸と投手は先発の柱3人に加え中継ぎが抜群の安定感を誇ってたのが大きかった
日本シリーズはまたも横浜なのでこんどはかちたいです
世間が夏休み期間中なので文章も3日間真剣に描いた後のアサガオ絵日記みたいになってます

絵日記帳は8月11日から空白が続いている…

202期 優勝!

投打共に若返りが始まり優勝は厳しいかと思われたが後半追い上げ、0.5ゲーム差でロッテを引き離し優勝
1人先発に新人のお荷物がいながらも22年目のランディさんが1点台16勝とまさにエースの働きを見せたのが大きかった
なお日シリは3勝4敗で(ry

201期  2位
パリーグまさかの三つ巴。日本ハムという対抗勢力が現れた事は非常に喜ばしい事ですね
その一方でセリーグがなんか酷い事に。前半だけで2桁勝利が3人の横浜
セパどちらも色々な意味で目を後半戦になりそう

最近試合回し中人少なくて寂しいです><
後半恒例の本気ロッテに逆転され結局2位 まぁ3ゲーム差は割とこらえたほうじゃないかな
2強4弱が基本だったパリーグが3強3弱になりつつある…

200期 3位

記念すべき200期なので優勝といきたかったところだが投手陣がまさかの大崩壊
メルテザッカーを除いた先発全員が総崩れしかなり苦しい前半戦に。打線の奮起もあり一応前半は貯金を持ちながら2位で終了
後半になっても投手陣の崩壊は止まらず2桁勝利の先発が2人と前期までと比べて寂しい事になり挙句に日ハムに定位置の2位を奪われる始末
ま、まぁなんや…西武はこっから若返りに入るところなんや!せいぜい今のうちにいい夢見ておく事だな!
というか投手陣は炎上してるのが普通なはずだったんですよね。今までがおかしかったんですね


199期 2位

前半はなんかグータラ回し。何位だったかも覚えてないけど多分1位か2位
後半は前半最後の方に話してた歯磨き系の話が引っ張られてそこからガムの話とかになった
キシリトールとかキシリッシュとかクロレッツとか他にはブレスケアとかの名前まで出たにも関わらずメディッシュのガムの名前は全くでなかった
ライオンなのに
ライオンズの選手はメディッシュガムを噛んで集中力を上げる事をお勧めします
ちなみにロッテ製品のガムを噛んだ場合は罰金です、罰金

そういやガムオなんて選手もいたな…


198期 優勝!

前半適当にサイレント回ししてたら何故か首位ターン。途中同時に3球団から突っ込まれるという集中狙いも跳ね除ける強さだった
後半も途中までサイレント回し。優勝直前にサイレントは解かれたがチームの強さは変わらず。そのまま割とぶっちぎりでのサイレント優勝となった
この勢いサイレント日本シリーズも制覇しサイレント日本一を達成しサイレント黄金期に持ち込みたいところ
1勝3敗と王手を掛けられるがそこから投手陣野手陣共に本気を出し始め3連勝で逆転日本一
結構久しぶりの日本一な感じがするけど何期ぶりだかは覚えていない


197期 3位

オフにおいてお焼き・たい焼き・北海道・東京の物価の高さ・好みの体系・ローレル指数・女子の定義(女子は何歳まで?)などの話題で盛り上がる。その会話中で、さらに女性がもう一人いることが判明する。一体どういうことなの・・・?本当は男性のほうがマイノリティなのだろうか?編集者は 女好きなので 全然構わないどころか嬉しいんですけどね(^ω^)
シーズン中には家賃や料理の話題などで盛り上がる。不確定ではああるが、ジェイル兄貴が本家初の野手に挑戦するやも・・・?
編集者の、彼女と一緒に見に行くというオールスター見に行くという夢はついえました()残念だが当然。(オールスターの
チケットがこんなに入手困難だとは)知らなかった。
前半戦は4位で折り返したが、後半戦は巻き返しに成功し20期連続となるAクラスは守った。


196期 3位

#ref error : ファイルが見つかりません (196.jpg)サイタマ合衆国の大統領を長く務めていた小浜氏が失踪する事件が発生。これにより政情と経済の混乱が発生、楽天との実質優勝争いに打率で敗れる。

西武ライオンズは投手のできる人材を募集しています。つばめ、かもめ、地鶏、焼き鳥など鳥類の豊富な職場です。

195期 記憶喪失(多分2位)


194期 2位

ロッテが本家管理人率いる日本ハムから28個の貯金を作るなど下位3球団から計52個の貯金を稼がれ一方的に離されまくった
西武も下位3球団には貯金31個と勝つには勝ったがここは非情さが足らなかったといえる
野球というのはいかに下位球団から勝ち星を取りこぼさないか、それが最も重要なんです
直接対決とかそんなもん適当に5割くらい勝てればいいんです

#ref error : ファイルが見つかりません (inbou.jpg)

まぁなんか特に何事も無く平和なシーズンでした

193期 2位

#ref error : ファイルが見つかりません (47.jpg)

ロッテに癒着した本家管理人から陰湿ないじめを受けた大統領の末路
投げると爪が潰れ、自身と球場が燃える。年俸は1円
前半戦は編集者がいなかったのでよくわかりません。が、ロッテが独走し、我が球団はオリックスと慣れ合いをしていた様子。
後半は自転車の鍵をなくした話と競馬。二強時代オワタ\(^o^)/
かもめさんはエア充で浮気者だけど首位と25ゲーム差とかになった後の消化試合を淡々と回してくれるいいやつです(棒

192期 優勝!!

オバマ:『 連勝ストッパーの血が騒ぐんだ・・・「止めなくていいのか」「それで満足なのか」ってね・・・ 』(07/10 23:48)
↑連勝中だったのに、前半戦の最終試合を当たり前のように敗戦で終わらせた大統領の言い訳
それはおいといて・・・・、西武・腹黒の2強時代到来。
後半戦はハゲしい追い上げにあうもなんとか逃げ切った。助っ人メンチは80打点とすばらしい働き。
なお日シリ巨人4-3負。チームチャットでは浮気の基準などの話で盛り上がった。かもめの人は、もう浮気の疑惑が起こらないようにしようと誓った(はず)。
オフには本家ちゃんに目をつけられ球場が火事になった。
また、本家ちゃんの陰謀でかもめちゃんの投手の投球フォームが潰醗爪となる。残念だが当然。潰醗爪とは古代中国に存在したといわれる幻の投球フォームである。歴史は古く殷の時代にさかのぼり、甲骨文にその名が刻まれている。
その際にかもめの人がロッテとネトゲが大好きな三十路一歩手前の おばさん お姉さんにHNを変えた。しばらくは違和感がありそうな予感。。。

192期 優勝!

昨期の発言とは何だったのか。かもめの人は結局移籍orトレードを匂わせておきながら結局西武に残留する。
汚いなさすがかもめきたない
前半戦ハイライト
オバマ:『 このボールはドイツんだ!? 』(07/07 23:06)
アニュー:『 オランダー 』(07/07 23:06)

この台詞を書いたあと大統領が二度もリロードしてしまいチャットは一時重苦しい雰囲気に包まれた。
そしてその後、なぜかmixiが西武民で流行する。今までやってた人もやってなかった人もみんなmixiをし始める。本家西武コミュ
を作ってはどうかという意見もあったがチームチャットがあることに気づき断念。
あ、後、偽ロッテ初優勝おめでとさん。

後半戦は選挙の話題で連勝を伸ばしそのまま優勝をかっさらった。2位の腹黒に9.5G差をつける完全優勝だった。それはさておき、チームチャットにおいては、コンビニのやオーナーズリーグやmixiやメンヘラや年齢の話など、他球団に比べて実に話題豊富な我が球団である。
そんな中、衝撃の事実も発覚!!メンバー中のとある二人が女性であることが判明。編集者は俺ペナには女性はいないと勝手に思い込んでいたので少し驚きました。どうやらア○ュー兄貴やジェ○ル兄貴も驚いたようです。女性を2人もかかえる我が本家西武ライオンズ。華があっていいですねー。これからは主力野手陣が次々と引退するので、投手力で勝っていかなくてはならない。だが、このまま黄金期を伸ばしたいところ。いや伸ばすんや!!! 

191期 2位

相変わらず投手陣のチャット参加率が高い西武です。そんな西武にまたも懐かしい方が復帰!!彼こそはセナさんである。
まさに盤石の投手陣になってますねー(>ω<)西武・オリックス・ロッテの三つ巴のかもめの争奪戦も勃発!!来季のかもめの人の去就に注目。フフフ・・・。
前半戦は1位ロッテと5.5G差で折り返す。このゲーム差ならば、ひっくり返すことも充分可能であろう。
オ○マ:『 こっから負け無しで前半終えれれば優勝も十分舎弟県内 』(07/04 23:42)
上記発言のせいで、連勝した状態のまま前半戦を終えることに失敗する。
フラグダメ、ゼッタイ。
後 半 戦 な ん て な か っ た 。

190期 2期連続の優勝!!

西武とは思えないくらいの圧倒的投手力でぶっちぎりの首位ターン…とまではいかないまでも好スタートを切る
特に先発陣のレベルは飛び抜けて高くチーム内でタイトルを争っているといっても過言ではない
しかし終盤微妙に怪しかったので後半戦はどうなるかわからない
連敗ストッパーオバマに美味しい所をあげようとしてる直前で焼かれたり焦げたりしましたがなんとか元気です
後半戦の終盤野手の調子が悪かったこともあり、一時ロッテに首位を奪われる。その後も追いつ抜かれるのデットヒートを繰り返す。最後はロッテを振り切り、結局2位のロッテと3.0G差の首位でシーズンを終える。
投手では12勝無敗のかもめがMVP選出。147期の縁者のシーズン勝率10割を上書き更新かと思いきや、投球回数が足りず
それはならず。残当。今回はやたらチャットでの会話が弾んでいたので編集者も楽しかったです。


189期 3期ぶりの優勝!

西武にあのマスコットが帰ってきた。そう、つばみさんである。最近はかつての西武有名コテの戦士たちがどんどん復帰しており(オバマ・かもめ→アニュー→ジェイル大橋→燕太郎)チャットは大賑わい(多分)。つばみさんの、抑えなのにやたら投げたがるというよくわからない活躍もあり、3期ぶりとなる優勝を決める。前半戦3位で折り返すも、後半戦は本来の力を発揮し終わってみれば8.0G差で余裕のVだった。3期前に連続優勝は途切れたものの、Aクラスは11期連続で堅守しており第4次黄金期はまだ継続しているとみていいだろう。投手陣は非常に強力で12球団唯一のA評価。編集者の俺ペナ歴でも屈指の投手陣と断ずる。野手陣も負けておらず、中軸の100打点カルテットを中心に強力打線が形成されている。編集者のリアル生活でいいことがあったのでサービスで今回は長めの評論を書いてみますた。ちなみに編集者はアニューさんに焼き鳥にされ、ひだまりさんに食べられてしまったそうです。残当。ところで、大統領の鉄 腕 購 入とはなんだったんだろうか。

188期 3位

前後半共に深夜きたら大量に試合残ってたので適当に回してたら適当な成績で終わった
深夜回しは時間間隔が短くなってて楽ですね。1度深夜回しに慣れてしまったら夜回しに戻れる気がしません

187期 2位

ロッテに14.5G差を付けられ2位に終わる。前半戦終了時では1.5G差だったのに、どうしてこうなったし。2位をキープしているのでまだ黄金期といえるか。日本代表決勝T進出おめでとう。

186期 2位

ロッテに7.0ゲーム差を付けられV5を逃す。しかし、依然としてチーム力は高いといえるだろう。高いはず、いや絶対高いから!



  ___                             ム  i
 「 ヒ_i〉                            ゝ 〈
 ト ノ                           iニ(()
 i  {              ____           |  ヽ
 i  i           /__,  , ‐-\           i   }
 |   i         /(●)   ( ● )\       {、  λ
 ト-┤.      /    (__人__)    \    ,ノ  ̄ ,!
 i   ゝ、_     |     ´ ̄`       | ,. '´ハ   ,!
. ヽ、    `` 、,__\              /" \  ヽ/
   \ノ ノ   ハ ̄r/:::r―--―/::7   ノ    /
       ヽ.      ヽ::〈; . '::. :' |::/   /   ,. "
        `ー 、    \ヽ::. ;:::|/     r'"
     / ̄二二二二二二二二二二二二二二二二ヽ
     | 答 |     あえての二位          │|
     \_二二二二二二二二二二二二二二二二ノ






185期 4期連続の優勝!

コビペが楽になってきた^^ 前半戦はソフトバンクに0.5ゲーム差の2位で終了。
しかし、後半戦に入ると14連勝するなど鬼のような強さを見せ4期連続の優勝を決める。
チーム評価も12球団唯一の総合力Sであり強さは本物である。来期も優勝できそうな感じ。
一人名無し化したが、若手であったのでさして問題ないであろう。
にほんしりぃず?何それおいしいの?

184期 3期連続の優勝!

黄金期待ったなし!前半戦を首位ロッテと3G差で折り返したが、後半戦見事に逆転し優勝!
どこまで連続優勝を引きのばせるか。


183期 2期連続の優勝!

強い!強すぎです!西武ライオンズ!他チームを全く寄せ付けずただいまダントツの首位を邁進中。
最多勝利記録をも更新可能といえる成績で、後半戦には記録達成の期待がかかる。
これで記録更新となれば、最多敗戦数のシーズン記録と最多勝利数のシーズン記録をもつことになりますね(笑)
最多勝利数更新はならずも、ダントツの首位で優勝。第四次黄金期の到来である。


182期 32期ぶりとなる優勝!

前半戦はロッテと3.0ゲーム差で首位ターン。後半戦は最初は大きくゲーム差を広げるも、最終局面でロッテにやや追いつめられる...しかし、なんとか2.5G差で振り切り150期以来となる優勝を決める。
ここ最近では珍しくチームチャットに人が集まり皆で優勝を見守った。これも大統領のフラグ発言がなかったおかげやね。
このまま名無し化無ければ投手王国&黄金時代も夢ではないかも。







181期 3位

3人を名無し化で失う大惨事なスタートとなったがそれに反してチームはなかなか好調
後半のロッテにどこまで食らいつけるか
あと当然3枠空いておりますので移籍者も募集しております。希望者おられたらしたらば掲示板まで

3期連続となるAクラスは守った。


180期 3位

最終戦、勝てばパシフィック連盟から特例として1000勝貰えるビッグチャンスで望んだが5-6で惜しくも競り負け23ゲーム差でシーズン終了
先発投手は言わずもがな

埼玉西武はやっぱりいいチームでとても楽しいです
こんな素敵な埼玉西武に入団したい方、是非私とのトレードという形で訪れてみてはいかがでしょうか?



179期 2位

よくわからないけど優勝できなかったのは 大統領 のせいだったって事だけはわかる
【パ・リーグ】 オバマ : 『 Vやねん!ライオンズ! 』 【 埼玉西武 2 - 1 オリックス 】 (05/31 00:06)
↑の発言がフラグとなり、0.5ゲーム差で優勝を逃す。166期の反省とは何だったのか・・・。なお、勝てば優勝だった最終戦の先発は 大統領 であり、また敗戦投手も 大統領 である。

178期 5位

大統領と大尉が名無し化という衝撃的展開、円盤は生物だった
エース級2人が抜けると厳しいのはリアルの広島を見ても明らかですとも
そしてロッテが化け物のような独走で100勝優勝した

177期 5位

とりあえずこういう事だったそうですよ

176期 4位

今期は終盤に4位以下大混戦のなか、なんとか4位で終了。
若い野手が多い中、2人のベテラン野手が引っ張る形。HRは増えてきたが得点が伸びないところは、若さゆえか。
もっと投手陣のために遠くに飛ばせということで、大統領からのありがたいアドバイスがあった。

「タマをよくみるべし」

来期以降に期待である。
(R)

コメント!

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。