本家 > セ・リーグ > 横浜ベイスターズ > 旧在籍選手 > 95-220

退団選手
選手名 略歴 獲得タイトル(期)
選手紹介
在籍期
とわとび(だび) 78高卒 盗塁王(93,94)、ベストナイン(93,94) 78-95
チームの切り込み隊長。安定した打撃と盗塁でチームを引っ張り続けた。95期を最後に惜しくも引退
ぱっちょ(ぱっちょ) 88大卒 ベストナイン(95) 88~96
入団以来、チームの主軸を任されている強打者。守備も安定しておりチームには欠かせない存在。ここぞというときの一発でチームを引っ張る。96期オフに日ハムに移籍
ふるしろ(こじょう) 96大卒 新人王(96) 96-97
ルンバ采配にめげずに頑張ろうとしたところ、キャンプ中に故障。そのまま引退となった。
ソクラテス(そくらてす) 77大卒-ソフトバンク ベストナイン(94)、歴代ベストナイン選出回数15回(5) 77-98
復活したギリシャの偉大なニート哲学者にして、中継ぎエース。高い能力をもち、一流打者にすら無様な凡退を誘い恥をかかせる。暗黒期にソフトバンクより移籍し、まだ若かった横浜投手陣を支え続け、43歳で現役生活を全うした。
ベビースター(焼きそば) 91大卒 91-98
子どもたちに大人気のおやつ。チーム一のスタミナをもち、バランスの取れた優良投手。しかし、チキンラーメンを粉砕したものをベビースターと偽って販売していたことが発覚。98期を最後に退団することが決まった。
ふるきンゴ(こじょう) 98大卒 98-100
最初のキャンプも無事こなし、マシンガン打線の一翼を担う。打撃性能が向上し、上位打線への進出を狙いたかったところだったが、今度は沖縄行きの航空券を財布ごと羽田空港で盗まれるというアクシデントでキャンプに参加できず。
hina(hina) 99大卒 最多セーブ(99) 99-100
99期、期待の新人投手。将来のクローザー候補だったが、武者修行中に山伏に遭遇しそのまま山伏に。
中村ノリ(のりさん) 87高卒 ベストナイン(96,97,99,100) 87-101
日本ハムへトレード。ついにハムになる日が来た。
花月組(花月組) 91高卒 最高勝率(99) 91-101
抑えから始まり、先発、中継ぎと色々経験し、99期より本格的に先発転向。ハマスタでは毎度のように好投するが、何故か広い球場を苦手とする。
ホフマン(おちょなん) 90大卒 ベストナイン(95,97,98)、最多セーブ(95)、最多勝(98)、投手MVP(98) 90-102
転生した屈指の名クローザー。すぐに試合を壊す先発陣を黙々と支え続けた姿に感動する者が続出する屈指の兄貴。しかし不本意な先発起用からソフトバンクへと移籍。新天地でも頑張れ!
iizen(iizen) 90大卒-ソフトバンク ベストナイン(98,99,101) 90-104
ソフトバンクより移籍した万能プレイヤー。俊足強肩でチームをバックアップ。横浜移籍後2年目より連続してB9選出。ついに10億の貯金を達成したものの、使い方を考えているうちにキャンプし損ねて名無し化。ベイのお笑い精神でまたも惜しい人材を亡くした
RJon(RJon) 99大卒 最多セーブ(100) 99-104
色々と投手の台所事情に振り回されて、アメリカに帰ってしまった悲運のエース。名無し化してやっと先発に回されました。
ポール・スミス(ライシュ) 84大卒 ベストナイン(95,96,98,99,100,101,102) 84-104
安心のファッションブランド。暗黒時代からチームの主軸を担ってきた大ベテランは4連覇にも貢献。7度のベストナインを獲得したスラッガーは第104回シーズン終了後、静かにバットを置いた
水差し高宮(オーキド) 87大卒 ベストナイン(95,103) 87-105
椎野アナに罵倒され続けついに覚醒した高宮。好調時のパフォーマンスは横浜随一で、中継ぎに先発にとフル回転で横浜投手陣を支え続けた。
蒼乃美希。(きゅあべりー。) 88大卒 最多勝(102) 88-105
プリキュアからプロ野球選手に転職したチームのエース。早くから先発を続け、先発のまま野球人生を満了した。
東條きゅん(TOJO) 94大卒 ベストナイン(105)(106) 105-106
さすらいのスラッガーは横浜を再び優勝に導く原動力となり、爽やかに去っていった
DH にゃん(にゃん) 89高卒 新人王(89)、ベストナイン(94,95,96,97,98,99,100,101,102,103,104,105)、セ野手MVP(96,99,100,101,102,105)、最高打率(96,97,99,100,101,105)、本塁打王(96,99,100,101,102,105)、最多打点(99,101,102)、オールスターMVP(99) 94-106
誰もが認める横浜の看板選手。その絆は永遠だと信じていたのに・・・
吉村外野手(ハマの併殺王) 87大卒 オールスターMVP(95)、ベストナイン(96,97,98,100)、セ野手MVP(97)、本塁打王(97) 87-107
横浜一筋で栄光と挫折を経験した名選手がバットを置く。その魂は横浜ナインに受け継がれるだろう
下園(ひみつの下園) 88大卒 ベストナイン(95) 88-107
吉村外野手と共に日替わり打線を担ってきた生え抜き戦士。ここ一番で勝負弱いのがモデルキャラ故だったのだろうか?
子供(おもちあ) 92大卒 102-107
己の不甲斐なさから傷心のうちへパリーグへ帰る。今からでも戻ってきてください
あーく(あーく) 101大卒 ベストナイン(104)(105) 101-107
横浜最強リリーフは優勝を求めて西武へ!いつか強い横浜に戻ってきて欲しい逸材
内海哲也(小学生) 105社会人 105-107
やっぱり巨人が恋しかったようだ。あっさりと巨人へ。
瀬戸燦(鳴滝こより) 87大卒 ベストナイン(99,100,101) 87-107
選手生活を横浜で全うした、リリーフエース。中継ぎに先発にフル回転して、横浜V4の原動力となった。
沼者(km) 94大卒 94-107
俺達のリーダー。中継ぎでほぼ完璧な成績を残していたが、チーム事情で、浅い年数で先発転向。しかしそこでも性能を発揮。ハマのエースとして長年君臨するも、中継ぎの盗人に嫌気が差したか退団。
バーグ(ゴールド) 91大卒-日本ハム ベストナイン(102,103,105,107,109,111)、セ野手MVP(103)、最高打率(103)、本塁打王(103)、打点王(109) 91-111
北海道日本ハムよりトレードで入団。チーム最高齢の、ハマのアニキ。老いてなお3割30本をキープし続け、若手だらけの横浜を引っ張った。お疲れ様ですた。
アルス(CE) 92大卒 ベストナイン(97,98)、最多セーブ(98) 92-112
横浜の超暗黒期も最盛期も知る、ハマの生き字引。横浜wikiがリニューアルしてこの枠組みになった当時から残ってる選手は、あまざわ選手とアルス選手の二名だけになってしまった。
あまざわ(K) 92高卒 92-113
選手時代すべてを横浜で過ごした、生え抜きの守備の要。表彰こそ無かったが、その守備力によって失点を防いだ功績は非常に大きい。
男村田(修一) 108大卒 108-114
「村田ぁ!9番の次は何番だ。」と牛島監督に一喝されて1番と答えてしまい、キャンプに行けず。
C.V.PANTHER(やひらー) 108大卒 108-116
元SEX MACHINEGUNSのギタリスト。ギターをバットに持ち替えて安打を量産する。小遣い不足でハムへ。
メンチ(ドラフトの神) 108大卒 ベストナイン(113) 108-116
十年に一度といわれる大型ルーキー。将来横浜を背負って立つこと間違いなしだったが、116オフで猛虎魂を発揮してしまい、阪神へ。
ももっち(ももっち) 95大卒-西武 AS野手MVP(109)ベストナイン(110,111,112,113,115,116)、本塁打王(115) 95-116
西武より、暗黒横浜を救いに来た神。高齢化著しいバーグにかわりセカンドを守るわ、ASでMVPとるわの大活躍。43歳、横浜で野球人生を終了。お疲れ様でした。
立花道雪(戦国) 110大卒 最多セーブ(110)ベストナイン(110) 110-118
戦国時代の名武将が横浜の惨状にみかねて登城。その威光に、相手打線も味方打線も沈黙してしまう。ソフトバンクに移籍
坪井神(にゃしだ) 115高卒 115-119
未来の阪神のクリンナップを担う存在として期待されていたが、気づくとそこは北の大地。トレードで憧れの甲子園に立つ。
あみだ(阿弥陀) 98大卒-巨人 ベストナイン(110,111,112,113,114,115,116,117)、最高打率(112,113,116)、最多打点(113)、セ野手MVP(113) 98-119
巨人からやってきたオールマイティ如来アニキ。あまりの神々しさに、見た者すべてが合掌する。老いが見られる年頃になったが、ハンパない打撃でついにMVPに輝く。若手を勝利に導き、42歳、定年で名無し化。お疲れ様や~。
tea(tea) 118大卒 118-119
守備もできる中距離型紅茶選手。わずか2期で引退。
まきこ(うちだて) 109大卒 109-119
横審に名を連ねる一人。彼女を著名にしたのは、その相撲をモチーフにしたNHK朝の連続テレビ小説だろう。タイトルは忘れた。どすこ~いと、オリックスに旅立った。
asaka2(asaka2) 109高卒 109-121
鉄壁の横浜外野を支えた横浜の日の本盛。日本酒の飲みすぎによって爆酔した結果、キャンプを忘れたようだ
八雲藍(tamamo) 109大卒 109-121
ハマの秘密兵器。いよいよそのベールを脱ぐときが来たが、外国人選手登録を忘れ、無念の名無し化。名無し化から5季こき使われたが、新人入団でようやく役目を終えた。
鳩山来留夫(ニセモノ) 103大卒 最多勝(116)、ベストナイン(116)、ASMVP(116)、投手MVP(116) 103-121
首相の親類らしいぞ!友愛の精神で、相手チームに付け入る隙を与えない。40歳で完走。お疲れ様でした。
イケてる藤田(藤田一也プロ) 111社会人 ベストナイン(124) 111-125
即戦力の期待されて入団後、すぐに頭角を現しハマの切り込み隊長としてチームを攻守から支えた。40歳でまだ余力を残して引退し指導者を目指す
いかんのか?(ねーむれす) 106大卒 ベストナイン(108,111,117)、最多勝(117)、防御率(117)ASMVP(121) 106-126
全裸投手。ハマのエース。最も安心できる投手である。下位球団に弱く、上位球団に強い正義漢。定年名無し化した後、防御率1点台16勝のキャリアハイを残す。お疲れ様でした。
フランドール(フランドール) 109社会人-阪神 ベストナイン(120,121,123,125)、打点(125) 109-128
坪井神とのトレードで阪神から来た、本場のアニキ。ここぞの一発でチーム黄金期の原動力となった。お疲れ様でした。
テラモンテ(悪) 108大卒 MVP(121)、ASMVP(118)、ベストナイン(120,121)、防御率(124) 108-129
ハマのリリーフエース。先発でも実力を見せるが、先発の残した走者を断ち切り、チーム全体の防御率にも貢献。
伊良部の再来(はいご) 109大卒 MVP(123,128)、ベストナイン(110,121,123,128)、最多奪三振(116,123,128)、防御率(121,128)、最多勝(123) 109-130
盗人から更正し、先発に転向。MVPクラスの活躍を見せる。年ごとのムラが極端という激しいベテラン。なんだかんだで200勝。惜しくも239勝で記録を閉じたが、晩年まで大車輪の活躍。お疲れ様でした。
お口の恋人(お口の恋人) 109大卒-オリックス ASMVP(122)、MVP(122,127)、本塁打(122)、打点王(122,126,127)、ベストナイン(119,120,121,122,124,125,126,127,128) 109-129
移籍者連発の中、オリックスからやってきたパワー溢れるアニキ。現ハマの主砲。近年は打率も高く、局面に応じた打撃にも定評がある。
トリプルH(ハンター) 111大卒 MVP(123,126,128,129,130)、三冠王(128)、首位打者(128)、本塁打王(123,126,128,130)、打点王(123,128,129,130,131)、ベストナイン(116,118,120,121,122,123,124,125,126,127,128,129,130,131,132)、ASMVP(124,127) 111-131
横浜生え抜きの主砲。先頭が金属でできたバットを振り回し、相手投手をノックアウト!各種記録で通算記録ランクイン。横浜球団史における伝説的選手となった。
毛布(無印) 114大卒 MVP(132)、最優秀防御率(132)、最多セーブ(115)、ベストナイン(125) 114-133
ハマのエースもすっかり長老。中継ぎに転向した年に初のMVP獲得。名無し化した後もリリーフエースとして君臨。お疲れ様~。
今豚(CE) 113大卒 最多セーブ(113,117,120,121,132,133)、ベストナイン(113,120,121,128,133) 113-133
ハマの大魔神。各種ランキングで歴史に名を残した。お疲れ様でした!
まかべ(K) 114大卒 ベストナイン(123,124,125,126,127,128,130,132,133,134) 114-134
俊足巧打好守備の3拍子揃ったハマのスーパーユーティリティ。ベストナイン、オールスターの常連と化し、歴代ランクインも果たした。お疲れ様でした!
いぬっち(いぬっち) 118大卒 三冠王(133)、MVP(131,132,133,137,138)、首位打者(132,133)、本塁打王(131,132,133,135,138)、打点王(132,133,136,137)、
ベストナイン(121,122,123,124,125,126,127,128,129,131,132,133,134,135,136,137,138)
118-138
AS出場数17(単独1位)、ベストナイン最多選出17回、本塁打王5回(歴代8位)、打点王4回(歴代10位)、
通算671本塁打(総合5位、横浜1位タイ)、通算2295打点(総合4位)という歴史に名を残す活躍をした黄金時代の象徴といえる選手
にゃんこ3(ニャンコ) 120社会人 MVP(129,133,134,135,136,137,138)、セ投手新人王(120)、ASMVP(124,137)、最優秀防御率(134)、最多勝(128,129,132,133,134,138)、最多奪三振(133,136,137,138)、ベストナイン(124,129,133,134,135,136,137,138) 120-138
最多勝6回(歴代1位)、奪三振王4回(横浜1位)、MVP7回(歴代1位)、ベストナイン8回(歴代3位タイ)、通算275勝(歴代2位)と数々の偉業を残した横浜最強投手がベンチを去る。
ネオチュー(木嶋佳苗) 122社会人 MVP(135,136)、トリプルスリー(139)、新人王(122)、首位打者(136)、盗塁王(133,137)、ベストナイン(127,128,129,130,131,132,133,134,135,136,137,138,139,140) 122-140
ミートSの頼れるトップバッター。名前でwiki編集者に挑戦したり、トリプルスリーに挑戦したり、チャレンジャーでした
沙倉楓(負けるもんか!) 120高卒 MVP(139)、奪三振王(139)、ベストナイン(122,129,130,131,139) 120-140
最初は荒しの誤解される制球Eから猛特訓。その努力が報われ、ロングリリーフとして素質開花。139期ついにMVP獲得。継続することの楽しみを教えてくれた横浜の宝である
はる(曖昧) 120大卒 ベストナイン(128,130,133,134,135,136) 120-140
最初から威圧感を持ち、能力も高かったが、覚醒が遅かった晩成型。近年は首位打者争いを演じつつも、同僚が打ちすぎるあまり、惜しいところでタイトルを逃す。
コックス(コックス) 121大卒 MVP(134)、本塁打王(134)、打点王(134,139)、新人王(121)、ベストナイン(128,129,130,131,132,133,134,135,137,138,139,140) 121-142
横浜球団が700万ドルをかけて獲得した新戦力。佐藤氏曰く「最初から活躍すると信じてました。」。数々の栄誉を手に、現役生活に幕をおろした。お疲れ様でした。
ノッチ(ニセモノ) 123大卒 投手MVP(130)、防御率(129,140)、最多勝(130,136,139)、最多セーブ(125,126)、ベストナイン(125,126,130,139,140)、ASMVP(126) 123-142
今度は米国大統領らしき人物を獲得。チームのエースとして大活躍中、yes!we can!レス・リー・チャン!
ハマのご老公(松本啓二朗) 127社会人 MVP(139,143)、首位打者(137,139,141,142,143)、盗塁王(136,139,142,145)、新人王(127)、ベストナイン(137,138,139,140,142,143) 127-146
黄金時代を支えたリードオフマン。首位打者5回、盗塁王4回と導火線の役割を果たした。生涯打率.325は歴代5位の記録である
カイリュー(><) 129大卒 新人王(129)、ベストナイン(133) 129-146
捕手として、唯一チャンスに強い打者として、黄金時代は恐怖の下位打線を担った。タイトルにこそ恵まれなかったが、縁の下の力持ちとして活躍した。
いかり(笑)(いかり) 125高卒 最優秀防御率(139)、新人王(125)、ASMVP(143,146)、最多勝(146) 125-146
高卒初年度で15勝、2年目も16勝と脅威の立ち上がり。300勝投手の出現かと思われた時期がありました。139期にはついに無冠の帝王を返上。歴代勝利数ランクイン(258勝 歴代10位タイ)!
イワンのばか(やひらー) 129大卒 最多セーブ(130)、ベストナイン(130,138) 129-149
ハマのリリーフエースとして、佐倉引退後の重責を一手に担う。暇な時はロシア文学を嗜むようだ
ニュー寺原(悪) 130社会人 最優秀防御率(137)、最多勝(146)、最多奪三振(146,147)、MVP(147)、B9(147) 130-149
1年の休養を置いて復活。毎年奪三振王を争うも、惜しいところで逃し続ける。特能だけで投手タイプが180度変わった希有な選手。
高崎健太郎(はいご) 129大卒 MVP(149)、防御率(146,149)、最多勝(137,149)、ノーヒットノーラン(137)、ベストナイン(142,149) 129-150
新人から既に背水の陣にも似た雰囲気を漂わせる本格派。尾花監督の指導で開花。タイトル争いに絡み、ついにMVP獲得!本物も40歳までやればタイトル獲れるで!
ほそやまだ(ほそやまだ) 130大卒 本塁打王(146)、ASMVP(147)、ベストナイン(134,136,139,143,146,147,149) 130-151
ハマの扇の要。タイトルこそ恵まれなかったが、攻守でチームの中心であった。お疲れ様。
ホーガン(超人) 133大卒 三冠王(147)、首位打者(147)、本塁打王(147,152)、打点王(147,152)、新人王(133)、ASMVP(145)、ベストナイン(133,134,136,137,138,139,145,147,149,152,153)、MVP(147,152) 133-153
三冠王は王者の証!ついに帰ってきたホーガン!グローブを手にして入場曲もジミヘンのVoodoo Chiledに変わったぞ。謎の覆面ミスターアメリカと入れ替わりで横浜に復帰。ハルク・アップで相手の投手をノックアウトする。153期で惜しまれつつ引退。お疲れ様でした。
ストーブ(無印) 134大卒 最多セーブ(136)、ASMVP(147)、ベストナイン(136,137,148) 134-154
投手は争奪戦なので獲得できないと思ったら獲得できて万歳!!奪力勢力が台頭した中で先発となるも、豊富なスタミナでねじ伏せる名実共に横浜のエースだ
ピカチュー(CE) 134大卒 最多セーブ(134,138)、MVP(152)、B9(152) 134-154
2度のセーブ王に輝き、ついにピカチューに変身、先発へと転向。この先10万ボルトの活躍が期待される
おりなが(K) 134大卒 ベストナイン(145,148) 134-154
タイトルこそは獲得できなかったが、チーム防御率の改善に貢献。お疲れ様でしたん。
イカリング(いかり) 147大卒 最多セーブ(150) 147-159
タイトルも確保し、先発へ。幻惑投球術がそろそろ冴える頃。だったんだが無念の名無し化。恐らくアレである。アレ。
足利義氏(虹) 141大卒 B9(151,152,154,157) 141-161
CC威圧持ちの武家の棟梁が横浜に参上!遅咲きながらも近年では打撃成績も著しく向上。主砲でありながら守備にも長けている。
しいらぎ(曖昧) 141大卒 ベストナイン(158) 141-161
曖昧に転生したライト。今回も微妙に検索しづらいあたりが曖昧かつ難解である。
イエス小林神(ひぐちあさ) 141大卒 ベストナイン(148,153,154,155)、MVP(154) 141-161
イエース!イエスイエース!よおおしっ、ナイショッ!!!パーフェクッ!パーフェクッ!
水野楓(メープル) 141大卒 投手三冠(155)、MVP(150,155,157)、ASMVP(158)、最優秀防御率(155,156)、最多勝(150,155,157)、最多奪三振(155,160)、最多セーブ(141)、B9(150,155,157,160) 141-161
にゃんこいからやってきた新人。声は今売り出し中の井口裕香だ。投手タイトル総なめでセリーグのエースに昇格!
愛車はデロリアン(ハマの代打) 146大卒 B9(155,160,162) 146-164
牛島元監督いわく「彼以外に誰がいますか?」。作り直す機会をうかがっていたが、ちょうど世代交代期で時期を逃した・・・。
桑投(ニセモノ) 144大卒 MVP(161)、最優秀防御率(161)、最多セーブ(145)、ベストナイン(155,161) 144-165
桑原は桑原でも謙太朗の方や。こちらはきっちり開花し、MVPを獲得。中継ぎに先発に大回転。お疲れ様。
(・e・)(まめ) 146大卒 MVP(160,161,162,166)、首位打者(158)、本塁打王(158.161,162,163,165,166)、打点王(152,160.161,162,165,166)、新人王(146)、B9(151,152,155,158,159,160,161,162,164,165,166) 146-166
ねぇ知ってるぅ?横浜のドラ1の古木は、子供の頃の作文で、大洋とロッテ以外でプロ野球選手になりたいと書いたそうだよ。活躍は古木どころか村田をも超越。歴代最多の生涯通算769本の本塁打を放ち、最終年ではなんと、シーズン記録を塗り替える58号本塁打も記録。横浜球団史上最高のスラッガーとなった。
soul(rei) 162大卒 162-166
南斗水鳥拳の使い手。南斗六聖拳「妖星」のユダが、ただ一人自身より美しいと認めた男であったが、拳王との闘いで壮絶な死を遂げた。
ヤニキ(やめて><) 164大卒 新人王(165)、ベストナイン(165) 164-168
威圧持ちで生涯横浜を誓ってくれるに違いない大砲候補。1年目からとんでもない記録を出した怪物。
たいやきす好きなの(あずにゃん) 150大卒 150-170
第2期が決まったけいおん!の梓が猫耳をつけたスタイル。その破壊力はwiki執筆者を萌え狂わせるほどのものらしいが真偽は不明だ。先発に中継ぎにフル回転。お疲れ様でした。またよろしく!
橋本直行(はいご) 151大卒 最多奪三振(165)、最多セーブ(154,155)、B9(154.159,161)、最多勝(159) 151-171
那須野と斉藤と金銭を放出し、ロッテから獲得して合成した新人投手。打力に定評がある。33歳にしてリーグ投手最高年俸となる、億万長者。
安斉雄虎(未来のエース) 156高卒 B9(162)、最多勝(162) 156-172
スタミナ抜群だが制球がイマイチという若さ溢れる投球内容だったが、近年はそれを力強さに転換。先発で2桁勝利し、いよいよ飛躍か。と思ったら名無し化。残念・・・。
江尻慎太郎(ニセモノ) 165高卒 MVP(173)、最多セーブ(167)、ベストナイン(173) 165-174
投げるほうの江尻。夕刊フジやないで!MVP獲得の翌年、無念の名無し化。あぁ・・・。
悪のオーナー(ビンス) 154大卒 MVP(167)、最高打率(168)、本塁打王(172)、新人王(154)、ASMVP(164)、B9(155,159,160,161,162,163,166,167,168,169,170,171,172,173) 154-175
WWEのCEOが、横浜に猪木がいるとの噂を聞きつけ、日本再上陸。しかし実態はアゴキで、怒りのあまり球団買収。表舞台から去る噂もあったがWMでハート一族にボコられたので現役続行。惜しくも歴代ランクインは逃した。
ガガガ(ガガガ) 174大卒 最多セーブ(174)、B9(174) 174-175
いつかスペシャルか、神話ヴァージョンになるかは兄貴の活躍とカラー次第!
夏風(飛翔) 156大卒-オリックス(170) MVP(172)、首位打者(172,175)、盗塁王(170,172)、ベストナイン(170,171,172,173,174,175) 156-175
129期に引退したお口の恋人アニキ以来のFAアニキ。会長直々のスカウティングで獲得した、俊足巧打の持ち主。しかもMVP獲得!ええの獲ったわ!
謙虚な壺(CE) 155大卒 最優秀防御率(171)、最多勝(160,165)、最多セーブ(157)、最多奪三振(170、171)、ベストナイン(163,166,172) 155-175
壺やで壺!しかし決して怪しい壺やない。謙虚な壺や。2冠取ってもMVPどころかB9にも選ばれないとか結構不幸
偽すずね(K) 156大卒 MVP(170)、首位打者(170)、ベストナイン(161,162,164,165,168,169,170,171,172,175) 156-176
主砲候補でありながら守備の要である、ハマの新兵器。B9に名を連ねはじめ、打撃も開花。まさに影のMVPや。表のMVPも取ったどー
いかりんご(いかり) 160大卒 MVP(167)、最多勝(173)、ベストナイン(167,173) 160-176
イカリングが栄養費を携え、いかりんごとなって帰ってきた!いかとりんごを同時に食って食あたりや!
あおきたかひろ((..^Д^)ノ★) 175社会人 MVP(180)、最多勝(179) 175-180
広島の次代の2番手先発を担うペロニキこと青木。本物と違い勝ち運がかなりあった。
石井ひかり(ネコ) 160大卒 MVP(176,180)、最優秀防御率(173,180)、最多勝(170)、最多奪三振(173,174,176,178,180)、ベストナイン(176,180) 160-180
あおいちゃんの妹も横浜入団。先発陣では比較的若いながらも好成績を連発。成績の割にタイトルにはあまり恵まれていない悲運のエース。ついにタイトル奪取だが、MVPどころかベストナイン外。本当に悲運。しかし176期遂に待望のMVP獲得!ハマのエースや。
荻野外野手(真) 163大卒 ベストナイン(171,172,174,175,176,178,179,181)、ASMVP(175) 163-181
驚異の新人を獲得。俊足好打、更にパワーに守備と、なんでもできるスーパーユーティリティ。リアルはロッテ?そんなん知らん、わからん。お疲れ様でした。
芙蓉楓(木風) 162大卒 MVP(168,172)、最優秀防御率(172)、最多勝(172)、最多セーブ(164)、ASMVP(172)、ベストナイン(164、168,172) 162-182
wiki編集者が、おっぱい絵をひたすら探してしまったのは秘密だ。172期にASと投手両部門でMVPの活躍。一番投手が苦しい時期の屋台骨エースだった。お疲れ様でした。
いなほ(K) 177大卒 177-182
守備型不足サイクルに必ずといっていいほどはめこまれる星の下に生まれた男。やはり今度も・・・。
T-佐伯(ハマの代打) 165社会人 打点王(176)、ASMVP(176)、ベストナイン(175,176,178,179,183) 165-184
同期入団が大活躍する法則。予定通りヤニキが大活躍でした。しかしついに自身もタイトル獲得!これが佐伯1軍復帰運動の始まりとはまだ誰も予想していなかった
川上貞治(タマ) 178大卒 ベストナイン(179,180) 178-186
笹崎高校のエース。耳が大きい。そろそろ本格化!次世代エース筆頭か?
超テラモンテ(悪) 168社会 MVP(169,182,186)、最優秀防御率(178,186)、最多奪三振(179,182,184,185)、最多セーブ(169)、新人王(168)、ベストナイン(169,178,179,182,186) 168-186
まさかの左トルネードでテラモンテ復活。13年ぶりのMVPを獲得。40前にしてもなお150km/hを投げる本格派。
よしとも(rad) 167大卒 三冠王(180,185)、MVP(175,178,179,180,181,184,185)、首位打者(180,185)、本塁打王(169,172,175,177,178,179,180,181,182,183,184,185)、打点王(175,177,178,179,180,181,184,185)、新人王(167)、ベストナイン(169,173,174,175,176,177,178,179,180,181,182,183,184,185,186) 167-187
3年目ではなんとHR王。二度の三冠、最多HRタイトル13回、歴代最多の776本塁打と本家史上最強打者として君臨、幻の777号目はあなたの心の中で…
藤川俊介(スンスケ) 168大卒 首位打者(179,184)、ベストナイン(179,180) 168-188
猛虎魂溢れるハニカミ屋さんが、バットを置く。二度の首位打者タイトルなど攻守共に中心選手として一時代を担ったいぶし銀
りっちゃん隊員(りっちゃん) 171社会人 MVP(184)、最多セーブ(172)、B9(184,188) 171-190
みんなに愛されたけいおん!!のりっちゃんや!短いスカートであぐらかくので中がいつか見えないかと(ry
はずむ(曖昧) 184大卒 184-190
こう見えても男なんだぜ・・・。
多村仁(多村) 174大卒 新人王(174)、首位打者(186)、打点王(182,183,188)、B9(178,179,181,182,183,184,185,186,188) 174-191
春は、多村。やうやう薄くなりゆく軟骨 少し治りてまた再発したる 腰痛の細く長びきたる。現在まで連続フルイニング出場。実は無念の名無し化。
中央林間(西麻布) 183大卒 B9(191) 183-192
田園都市線の終点。ここから乗れば座れる。この選手の加入がきっかけとなり、横浜は守備のチームに生まれ変わった。が
清水将(海)(はいご) 172大卒 最多勝(174,185),最多奪三振(181,187)、ベストナイン(173,174) 172-192
那須野と斉藤と金銭を放出し、ロッテから獲得して合成した新人投手。清水将までが苗字。パスボールに定評がある。絶倫ゲットで二度目のインチキ最多勝獲得など、もうやりたい放題。タイトルはよく獲るが生涯成績とはなぜか無縁。
わろす(FREE) 189大卒 新人王(189) 189-193?
なんともフリーダムな新人。その野生のフリーダムさで新人王を獲得。そしていつの間にか名無し化。終わりまでフリーダム
田中賢介(知生) 193大卒 193
いたねそんな人も
カート(アングル) 175大卒 新人王(175)、MVP(188,189)、打点王(187)、本塁打王(188,190,191,192,193)、B9(178,179,184,185,186,188,187,188,189,190,191,192,193) 175-194
オリンピック、WWE、TNAとレスリングにおいて全ての頂点に立つスーパーヒールが横浜ベイスターズにやってきた。次代のHR王として188期よしとも兄貴からHR王を奪いMVP獲得!引退年の間違いで通算700HRを逃すあたり現在のカートの境遇に似ている
北白河(ちゆり) 175社会人 MVP(178)、B9(178,195) 88-195
なんか違うような気がするけど気にしたら(アカン)。早くにMVPを獲得。防御率の割に勝ち星が伸びない不遇のエース。最後は中継ぎB9で有終の美を飾る
ハマのレベル0(佐天堂) 180大卒 最多セーブ(181)、ベストナイン(181) 180-195
とある科学のファミリーコンピューターや!181期初タイトルと共に影のMVPと呼ばれる大活躍だった。名無し化した途端にエースの貫禄。不憫である
秋風(飛翔) 176大卒 首位打者(188,190)、新人王(176)、B9(186,188,190,191,195) 176-196
ハマのジェイソン・・・だった。外野転向2年目でようやくB9入り。ジェイソンを守備固めに変えた途端に首位打者。ジェイソン不吉神話を証明した一人
意外性の男(CE) 175大卒 MVP(188,190)、最多勝(188,190)、B9(182,188,190) 175-196
馬でいうとダイタクヘリオス、野球選手で言ったらシーボル。安定してきて最近じゃ負ける事の方が意外。最終的にはダイワメジャーになりました。
北白河ちゆり(ちゆり) 195社会人 195-199
悲劇の北白川家に嫁いだと言われるお妃様、三島由紀夫の片思いの人で小説のモデルとなった。それは祥子?わしゃあしらんわからん
成瀬未亜(fate) 187大卒-198オリックス 198-199
声優をやめてプロ野球選手に転身。オリックスで活躍後、FAで横浜入り。
ミリアム(ネコ) 181大卒 MVP(187,197,200,201)、最優秀防御率(199)、最多勝(187,197,200,201)、最多奪三振(192,193,194,195,196,197,198,201)、最多セーブ(182)、B9(182,187,197,200,201) 181-201
ついにねんがんの(ry。安定した投手作成職人だにゃー。
かわしま(K) 183大卒 MVP(198,199,200,202)、三冠王(202)、首位打者(199,202)、打点王(199,202)、本塁打王(202)、新人王(183)、B9(189,195,196,197,198,199,200,201,202,203) 183-203
前回はなかなか表彰機会がなかったが、今度は新人王スタート、早いうちにB9獲得。2年連続MVP、そして三冠王と横浜の主砲として活躍
ルカワ(木風) 183大卒 最優秀防御率(200)、最多セーブ(184)、ベストナイン(191,200,202) 183-203
ひょーカッチョエー!COOLに打たせて取る多彩な変化球を誇る。
中根は~ん(キャミ) 190大卒 ベストナイン(191,200,201,202) 190-204
湘南シーレックスの打撃兼外野守備コーチ。まさか彼がキャミソール愛好家だったとは…!
いで(ハマの守備固め) 185社会人 ベストナイン(196,197,198,199,200,202,203,204) 185-204
ソフトバンクからサヨナラ男されて、ハマに移籍してきた外野守備の達人。今回は同期野手がいないので活躍が期待される。なお、写真左がいで。右は吉川。完全な守備型でタイトルこそ無縁だったがB9は8回を誇り打撃でも貢献した。
真テラモンテ(悪) 186社会 MVP(198,199,202,203)、最優秀防御率(198,201,202)、最多奪三振(199,200,202,203,204)、最多セーブ(189)、ベストナイン(188,192,198,199,202) 186-204
安定した奪三振力と本物とは似てもにつかない頑丈さを誇る、ハマの五枚看板の一人。通算2.80という歴代屈指の通算防御率を誇った。
K-西村(あんみつ) 200大卒-205阪神 200-205
九産大から阪神にプロ入りし、今年初勝利をあげたルーキー。西村と言われて真っ先に西村修の写真を探しに言った俺は間違っていない。205オフ、猛虎魂を抑えきれず阪神へ移籍。
石川外野手(ニセモノ) 193大卒 盗塁王(202)、新人王(193)、ASMVP(202)、ベストナイン(199,200,201,202,203,204) 193-205
去年1年、守備をするなと罵られ続けてきた石川が、外野手となって帰ってきた!守りだけでなく2番打者としての活躍も認められてきたで!1205期夏に誘われて名無し化
篠(れっば) 195大卒-204福岡 本塁打王(206)、打点王(206)、ベストナイン(205,206) 205-206
見事なまでに画像はテキトー・・・。中根の故障により急遽補強した超高性能FAアニキ。遂にタイトル獲得も名無し化。
七瀬優菜(まりの) 195大卒 ベストナイン(201,202,204,208) 195-208
キスと魔王と紅茶のヒロイン。そのおっぱいは主人公の下半身を魔王化させる。横浜の未来のためにあえて名無し化して全米が感動した
さるっち(さるっち) 208大卒 新人王(208) 208-209
あのいぬっちが横浜に帰ってきた!そして去っていった!猿だけに!
イド(井戸) 190大卒 MVP(210)、新人王(190)、ベストナイン(197,210) 190-210
絶対これ落ちたら呪われて死ぬって!!と、相手を呪い続けて20年、ラストイヤーで自身初のMVPというハッピーエンドでした
マイク(スコールズ) 196大卒-205中日-210日ハム 205-210
これであってるのか自信がないが英語検索で一致した探検家、当然スタミナは群を抜いている。
ROLLY(こんの) 191大卒 最優秀防御率(206)、最多勝(202)、最多奪三振(205,207,208,209)、最多セーブ(191,192)、新人王(191)、ASMVP(205,206)、ベストナイン(191,192,210) 191-210
奥さん、お宅の台所の米、腐ってるよ! ところでROLLYは「すかんち」ってバンドやってるんだけど、ショボい音しか出せないバンドを大阪ではこれを逆さまにして呼ぶんだよね。ねぇねぇなんて読むのかな?^^
エース級の大活躍であとちょっとで歴代ランクインでした。
杉原洋(はいご) 193大卒 MPV(206)、最多勝(206)、最多セーブ(194)、ASMVP(203)、ベストナイン(194,213) 193-213
元プロ野球選手の肩書きを持って、再度プロ入り。根性だけは認める。根性実って206期MVP!本物もこれぐらいいければ…200勝を土産に引退
多村仁(多村) 193大卒 MVP(205)、本塁打王(210,211)、打点王(209,210)、ASMVP(206,212)、ベストナイン(198,201,202,204,205,206,207,208,209,210,211) 193-213
15年の連続フルイニング出場も途絶え、1から出直す。205期無冠でMVP、2年連続打点王など打線の要として活躍し、今期は無事完走した
(´・ω・`)(ショボンヌ) 196社会人 ベストナイン(204,205,207,208,209,210,212,213) 195-214
安定感抜群をオールラウンドプレイヤー、かわいい顔してチームの名バイブレイターもとい名バイプレイヤーとして活躍したムネリン的な選手
砂糖持っていこう(偽ペナ管理人) 211大卒 新人王(211) 211-214
みんなのアイドル偽ちゃん。スレでキャンプしてと呼びかけたら移籍までしてくれました
アイシャ(ネコ) 201大卒 最優秀防御率(213)、最多奪三振(213)、新人王(202)、最多セーブ(202)、ベストナイン(202) 201-214
アイシャといえばロマンシング・サガ。反論は認める。究極の自己犠牲で西武にトレード。チームの窮地を救った
ストロングマシン(ひら○だろ) 195大卒 MVP(201,204,206,209,212)、首位打者(206,209)、本塁打王(204,209,212)、打点王(201,211,213)、新人王(195)、ベストナイン(199,200,201,202,203,204,205.206,207,208,209,210,211,212,) 195-215
マシン軍団を率いる正体不明のマスクマン。正体は平田淳嗣で今でも新日で若手指導など頑張っている
杉内俊哉(杉内俊哉) 211高卒 新人王(211)、最多セーブ(214) 211-215
あの野茂を彷彿とさせないスリークォーターの投手!キャンプ忘れで名無しに
リタっち(飛翔) 197大卒 MVP(207,208,210)、首位打者(207,208,212)、盗塁王(200,203,205,206,207,208,209,210,211,212,213,214,215,216)、ベストナイン(199,201,204,205,206,207,208,209,210,211,212,213,214,216) 197-217
テイルズオブヴェスペリアという舌を噛みそうなテイルズシリーズの人気キャラ。本家では初となる1000盗塁超えを果たした偉大なるスピードスター
アカギ(CE) 195大卒 MVP(205,209,215)、最優秀防御率(209,210,215)、最多勝(205,209,213,215)、ベストナイン(198,201,205,209,213,215) 197-217
ぬるりと生の実感を得るまで10年以上麻雀やってる闇の天才。野球では勝利の快感を味わい続け、歴代7位の勝ち星を挙げた
アイシャ(ネコ) 201大卒 最優秀防御率(213)、最多奪三振(213)、新人王(202)、最多セーブ(202)、ベストナイン(202,217) 201-218
西武よりごうd・・・色々あったけどずっと横浜一筋で過ごしてきた投手。2年の空白?わしゃ知らんわからん
ウサ印ボルト(ぇえ) 206社会 新人王(207)、ベストナイン(217) 206-218
世界最速の男が故障中に野球で荒稼ぎだ!だが野球とは盗塁王と飯島二世とガチとネタの両方が求められる大変な職場だ
ろーりー(ロックオタク) 212大卒 ベストナイン(215,216)最多セーブ(216) 212-218
おーまーえーはーあーほーかー
誰かさん(takuma) 211広島- 211-218
誰かさんが誰かさんが誰かさんが見つけて~小さい秋小さい秋小さい秋みつけて~218年オフにヤクルト移籍
水晶聖闘士(north) 205大卒-214中日-219オ ベストナイン(215,217,219) 214-219
中日から移籍してきた水瓶座の弟子。正直彼もアニメ化の大きな犠牲だったと思う。写真はイメージです
岡村靖幸(岡村靖幸) 208大卒
音楽業界を引っ張る麻薬お・・・もとい名歌手にして名プロデューサー。今聞いてもかっこいいねぇ
暮麺酢(タマ) 199大卒 MVP(208)、最優秀防御率(208,212)、最多勝(208)、B9(208,220) 199-220
辞める辞める詐欺で、ついに横浜ベイスターズ入りした大物投手。多分本当に入っても余裕だった。AS10回出場は歴代7位タイ。
コビッチ(クキコ) 204高卒-ヤクルト216-横浜 ベストナイン(216)
やくるとカラー移籍シテキマシターこびっちデース。ナンデ名前ノ前ニぶがツイテルンデスカー?


-220期以降「旧在籍選手]


来場者数
  • 今日の観客数  -
  • 昨日の観客数  -
  • 合計観客数  -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。