劇ぱわ > WMTユニオンズ

WMTユニオンズ


優勝期成績一覧

1位34回 2位32回 3位44回
年度 連勝 打率 防御率 得点率 HR 盗塁 寸評
377 45 25 7 .214 1,49 2,2 54 6 初優勝を狙い野手の能力を走力無視HR重視にした。打率や得点率は正直しょぼいが投手力でどうにか勝ち取った。
386 53 17 18 .260 1,50 3,0 40 111 本来のスピードとパワーの融合を目指したチームに戻したがそれまでのコンセプトも一部継承。結果的にはバランスが良くなっている。
404 47 23 10 .237 1,06 2,5 43 132 投手がかなり安定していた。これ以降優勝から遠ざかる。スピードとパワーの融合というよりどっちつかずで中途半端な印象もあった。
434 48 22 11 .262 2,49 3,5 45 134 能力をいじってないのに突如優勝。他チームが変わってきたのが原因の一つか。打撃型の迎撃は得意なのでそういうチームはウェルカム。
435 43 27 12 .275 2,42 3,9 59 143 まさかの連覇。もともと連勝癖と言ってもいいほど連勝はしてきたチームだけにこういったロースコアの争いでは有利。
436 48 22 10 .267 1,59 3,5 36 130 まさかまさかの3連覇。それまで優勝3回だったのに一瞬で倍増してしまった。打撃はやや落ち着いたが投手陣が安定していた。
438 51 19 14 .271 2,49 3,8 62 127 打ちまくりで優勝。3連覇が単なるフロックではないと証明するような素晴らしい快進撃であった。
440 44 26 7 .255 1,97 3,2 46 127 2桁に及ぶほどの大連勝がなくても優勝できるというのは地力と言えるだろう。打撃投手どちらも悪くない。
443 45 25 7 .228 1,82 2,3 26 101 バランスの良いチームなので打撃戦も投手戦もこなせるという強みがある。強打なくとも投手陣の踏ん張りがあればいけるものだ。
448 49 21 9 .267 1,81 3,6 39 108 ある意味テンプレ的な安定感のある数字。優勝を争うことが多いのは野球LOCKS、クロバー、G、はません3スレ目といった所である。
450 50 20 7 .239 1,42 3,3 43 99 投手メイン。一人の投手を35試合以上投げさせるいんちきを使うチームがあるのでタイトルはなかなか獲れないが噛み合えばいける。
454 47 23 13 .266 2,73 4,0 63 127 10月19日から20日にかけての回。この優勝を期にwiki編集を決意した。打撃好調でグイグイ連勝して覇権に。
459 47 23 10 .268 2,20 3,7 45 121 自分で回すよりも他チームに回してもらったほうが勝率がいい気がするのは気のせいであってほしい。
460 48 22 8 .260 2,05 3,7 34 114 同じ能力でも投手が良かったり打者が良かったり大分変わる。今期は比較的投手優位で連覇。
465 51 19 8 .254 1,82 3,6 58 132 10月30日から31日にかけての回。序盤から好調でそのまま優勝。今後も無事続くようで一安心。
469 50 20 7 .260 1,91 4,1 58 132 打撃も投手も極めて安定した数字で優勝。ここまでバランスのいい戦いができたシーズンはそう多くない。
480 52 18 10 .281 2,36 4,6 55 143 打撃型チームが多かったのでつられるように打撃優位のシーズン。ノースが知る限り初の2割台という驚天動地の快挙。
481 49 21 7 .258 2,48 3,8 54 115 前期ほどではないものの今期も打撃好調。優勝するまでは長いが一度すると案外連覇もできる。毎回40勝キープできたらVは近い。
488 52 18 10 .258 1,58 3,5 49 109 外出して遅くまで帰らないので朝に回したが疲れた。ちびちび回したほうが性に合う。成績は投手も野手もかなり良かった。
499 50 20 9 .263 1,56 3,4 57 105 なぜか優勝争いのレベルが跳ね上がり50勝が当然のようになった。色々変えてみたが結局今の形が一番と悟った。
502 48 22 6 .266 1,88 4,1 60 112 ここ数期は打高傾向が著しい。我らの打撃タイトルは絶望的だ。その中で優勝するには投手の好調が必要となってくる。
507 43 27 9 .259 2,24 3,8 47 112 混戦となり新興のハマベイス、白銀聖闘士と勝敗で並んだが連勝数で上回った。43勝だし大して強くはなかったがこれが経験の差か。
509 46 24 11 .258 2,31 3,8 47 123 昨日は全然勝てず70試合回しても降格寸前だったが今回また浮上した。混戦が続いているのがここ数期の特徴と言える。
516 44 26 5 .262 1,76 2,7 34 92 俊足組は好調も大砲組が今ひとつであまり迫力のない打線だったが投手の奮闘で優勝。優勝するなら70試合回さないとね。
540 51 19 9 .232 1,75 2,9 59 101 長らく優勝できずついに年を越えて2011年に。また投高時代となった。主軸にHRが多く得点効率が高かったのが勝因と言える。
572 42 28 10 .238 1,86 2,1 26 109 2月14日開始の回に約1ヶ月ぶりの優勝。投手の能力をやや削っても案外問題なかったのでもっと削るかも。ノース打力向上なるか。
585 52 18 18 .274 1,63 3,5 39 111 打者はよく打ち投手はよく抑え、連勝も70試合終了時点でまだ続いていたのはもったいない。ただ回していてとても楽しかった。
592 43 27 8 .253 1,90 2,9 45 90 序盤は絶好調の選手が多く快調だったが後半戦はもたついた。連勝で何とか優勝。回す人が少ない日はこんな成績でもいけるかも。
598 48 22 10 .250 1,87 3,1 50 101 3月11日、地震と津波が日本を襲った。特に震源地の東北は壊滅的被害。12~13日の今回は回す人も少数。皆様の無事を祈ります。
599 47 23 10 .245 1,87 3,1 56 119 前回とは双子の関係というかほぼ同じ。この後サイトが重くなって入れない時期があった。さっさとwiki更新すれば良かった。
603 39 31 6 .249 1,52 2,5 38 123 震災から10日たった21日に入れる事を確認。70試合回したのは私だけなのでそりゃ優勝するわ。でも私しか人がいない訳ではない。
604 40 30 5 .236 1,97 3,0 62 92 翌日も70試合回す暇人は私だけ。火事場泥棒という単語が頭をよぎったが気にしない。次第に戻ってくるだろうし。そうでしょう。
605 46 24 7 .252 1,96 3,2 44 92 3連覇。しかし今回はそれなりに優勝成績たる数字。それに私以外に回す人も出てきた。明日は甲子園に行くから回さない。
608 38 32 6 .259 2,48 3,3 49 99 結局回してるのは私のほかに1人なのか。こんな成績でもVなんて。特に投手陣。まあ回しているというだけで優勝に値するかな。

登録選手

守備 選手名 タイトル
寸評と第1話
シンプソン 打率(603/.323)
本塁打(571/10,590/13)
打点(314/32,571/34,603/32)
パワー系だったりスピード系だったりと紆余曲折を経て今は大砲タイプ
実は野手初のタイトルホルダーだが不遇の時期も長かった
名劇でオリジナルやれとかいうすごく矛盾したテレビ局の指示が熱い
http://www.youtube.com/watch?v=4OyScGnJn6Y
バルニエル 打率(410/.354,555/.347,581/.342)
本塁打(341/22,350/11,563/10,587/16,594/12,603/8,605/12)
打点(332/47,339/39,410/44,445/55,563/43,581/50,584/46,587/51,594/45,
608/37)
押しも押されぬユニオンズの主砲で破壊神と呼ばれるほどのパワーは野球においても健在
いい子だと思うんだけどなあ怒らせなければ
そういう贔屓目もあって大砲型だがやや能力が高く設定されている
視聴数が少ないのでとにかく見てあげてください
http://www.youtube.com/watch?v=226mud84JRg
ノース なし
唯一のタイトルなしが示すように打撃は雑魚だが守備はうまい
シーズンHRは2本がせいぜいでノース2号という別称も
顔も話の展開も地味だけど引き込まれるまさに名作
http://www.youtube.com/watch?v=1ZxLZMtFLA0
ハーディング 本塁打(339/13,568/11,596/10,604/14,608/11)
打点(352/34,541/29,600/32,604/39,605/41)
大砲だがなぜか不振に陥りやすいような気がする
作中で野球をプレイしているので能力高めに設定したはずなのに
子供の頃はジブリみたいでかわいいし大人になったらすごい美人に成長する
http://www.youtube.com/watch?v=e9wmwnJXplA
エロル 打率(588/.345,598/.323,604/.310)
本塁打(352/12,560/11,575/10,598/12,600/10)
打点(395/39,543/48,560/36,567/36,598/48)
打ってよし守ってよしの実力派でクリーンナップの一角
彼もまた作中で野球をやってたので能力が高い
哀れにもクソゲーを作られたのでますます語られない存在に
これも視聴数が少ないので見てあげてください
http://www.youtube.com/watch?v=N4hoFgdSgs0
フィティア 盗塁(395/29,514/28,523/31,524/35,525/27,532/30,541/25,603/32)
盗塁王獲得経験のある俊足巧打でなかなかやり手の外野手
当初は多少能力が悪くて6番だったがちょくちょく上位にも顔を出す夢色天使
積極性とカリスマ性が凄まじく宗教始めたら大成功しそうな子
http://www.youtube.com/watch?v=SHVLxJ5qOjQ
パンダボアヌ 打率(550/.348,605/.303)
盗塁(330/34,442/33,539/36,550/33,585/26,586/26)
俊足巧打の極めて知性的な選手でチームの中心として働く
BS2では2011年2月14日に幸せに囲まれながら放送終了
この子とフローネパパさえいればどんな困難な状況でも生き残れそうなほど凄い生存能力
http://www.youtube.com/watch?v=oUsfODkFkfA
シャーリー 打率(333/.327,441/.372,511/.376,608/.343)
盗塁(323/56,324/40,325/42,412/39,441/36,356/32,472/42,518/36,538/34,
598/33,600/26,604/30,605/25,608/31)
元々一番タイプとして作成されただけあって打撃と盗塁に長ける
足の速さは賢さに比例するともしないとも言われる
長台詞をマシンガンのように繰り出す姿はそれだけで愉快になれる素敵な子
http://www.youtube.com/watch?v=DBQgH2o8YKI
クルー 防御率(404/1.03,436/1.25,451/1.56,469/1.72,523/0.86,540/1.16,585/0.94,598/1.34,
603/1.45,605/1.59)
勝利(359/24,360/25,386/27,420/29,436/27,443/23,472/26,480/26,499/25,
515/26,519/25,540/28,548/27,585/30,598/27,599/26,603/21,608/22)
打たれ強い粘りの投球が持ち味
作中で散々いびり倒されたので耐性が付いたとかそんな感じか
美人設定だが作画監督によるクオリティのムラが比較的大きいような
http://www.youtube.com/watch?v=M_6BSk36cvw
マーチ 防御率(531/1.37,594/1.81,604/1.83)
勝利(418/26,440/26,465/29,473/27,481/27,488/27,509/25,513/25,572/23,
592/23,594/23,604/23,605/24)
奪三振(413/343,423/372,436/353,450/354,461/344,474/315,476/346,
480/373,486/350,488/336,489/334,490/331,492/342,498/330,500/349,
501/338,504/336,505/341,506/312,507/344,508/354,509/347,513/341,
521/353,523/327,524/328,525/425,531/351,533/367,534/330,536/318,
540/354,541/347,542/317,543/336,545/364,551/340,553/346,554/324,
555/365,559/305,560/282,561/321,562/312,563/332,566/301,567/322,
568/341,569/329,570/365,571/308,575/341,581/345,582/323,583/294,
584/378,585/341,586/334,588/344,589/301,590/340,591/335,592/342,
594/312,595/383,596/359,598/348,599/324,600/331,603/317,604/341,
605/339,608/323)
当初は二線級の能力だったが途中からユニオンズのドクターKに変貌
速球10の効果抜群という事だろうがちょっとタイトル獲りすぎで打ち込むのがめんどくさい
奪三振のパワーがあるのはいいが割と防御率にはムラがあって悪いときは奪三振以外本当駄目になる
http://www.youtube.com/watch?v=xu1tmZY2SxQ


+...
無駄なデータとか文章とか

主な打順例

基本型 冥王型 俊足型
1 シャーリー パンダボアヌ フィティア
2 パンダボアヌ フィティア シャーリー
3 エロル バルニエル パンダボアヌ
4 バルニエル エロル ハーディング
5 ハーディング シャーリー バルニエル
6 フィティア ハーディング エロル
7 シンプソン シンプソン シンプソン
8 ノース ノース ノース
9 投手 投手 投手
赤字は大砲タイプ、青字は俊足タイプを示している。上では分かりやすく具体名を挙げているが俊足と大砲の並びが重要なのであって名前が入れ替わる事は日常茶飯事である。なお、下位打線の選手はやや打撃力が劣っているので入れ替わりはほとんどない。

基本型は1,2番の俊足選手が出塁してチャンスメイクした後でクリーンナップの大砲が返すというオーソドックスな形である。チームを作成した際はこの形であった。

冥王型は大砲選手の一人が不調だった時に6番と打順交代という形である。足にスランプはないという事か大砲選手より俊足選手のほうがスランプに陥りにくいような気がする。5番の俊足が出塁して不調の大砲がまぐれのHRという形もある。

俊足型はその名の通り1,2,3番に俊足選手を配置という形である。俊足選手が揃って好調かつ大砲選手が一人以上不調だった際に多用される。俊足選手が打って走ってかき回したところで大砲が続く感じ。しかし3番の非力俊足選手が10本48打点した事もありなかなか面白い。

打順にどれほどの意味があるのか正直分からないのだが連敗中に打順を組みかえると突如好調になったりするのであなどれない。すべてが気のせいかもしれないが、まあ楽しめればええ事よ。なお現在は能力変更でシンプソンの打撃力が向上したのでより柔軟な運用が可能となっている。ノース8番は固定だが。

過去、現在、そして未来

参入したのは遅く、大体第300期前後であったと推測される。元々真面目に記録する予定がなかったので正確なところは覚えてない。選手名は趣味とキャラクターの多さを考慮して世界名作劇場主人公の皆様から拝借した。チーム名のWMTは"World Masterpiece Theather"の略である。本拠地はとりあえず広い土地が必要なのでドリンコート伯爵領やネバーランドが検討されたが結局はロビンソン家の所有するふしぎな島をまるまる改造して140m級の球場を建設した。名付けて「ふしぎな島球場」。ひねりとかないよ。チームコンセプトはスピードとパワーの融合。打って走って守ってこそ野球だ、などと決め付けるつもりは毛頭ないがやっぱりそれができたら格好いいなって思うわけで。楽しく回して結果も出るならそれが最高だ。

選手10人の選定は「作中で野球をしている(エロル、ハーディングが当確)」「好きな作品や主人公(バルニエル、シャーリー、フィティア、ノース、パンダボアヌが当確)」「使えそうで変な名前じゃない(その他)」という順番で決められた。そして各キャラのイメージに合った能力を付けた。空想力が高くて周りを振り回す子は走力を、おてんばな子はパワーを高くする、といった具合である。チームコンセプトに合わせて適当に能力を設定した選手もいる。しかし私自身が劇ぱわをするのが始めてなので試行錯誤の連続であった。結果、初期はうまくいっても5割がせいぜいの弱小チームであった。

そこで目の前にある箱を使って調べた結果、大砲なら足は不要、俊足ならパワーは不要といったような極端な能力に設定したほうが良いと知った。個人的な趣味としてはオールラウンダーが好きなので身を切られるような思いだったがこれはあくまでゲームと割り切って勝利を追及した。やはり勝てないと辛いので。そして野手から削った数字を投手陣強化に用いた。どうも野手の能力より投手の能力のほうが勝利には必要らしい。よって打者は全員大砲に設定して、一発で挙げた得点を優秀な投手陣で守りきる戦術に切り替えた。それまでシャーリーなどがしばしば盗塁王を獲得していたものがある時期はタイトル皆無なのは大砲になっていたからである。元々シャーリーには走力9を付けていたが大砲期は1で現在は7となっている。

全員大砲型となっても優勝には結構時間がかかった。しかしそれは決して能力変更が無意味だったからではなく、あと1勝届かずという展開がちょくちょくあって運がなかったというだけの話である。2位や3位に何度か入れるようになって手ごたえはかなり感じていた。そして初優勝は377期。ノルマを達成した後は速やかに本来のコンセプトであるスピードとパワーの融合を目指し、シャーリー、パンダボアヌ、フィティアには俊足に戻ってもらった。なお、エロルも当初は三拍子揃ったタイプで十分に成果を出していたのだが合計値が結構大きかったので全員大砲タイプになった際の能力で定着してもらった。この能力変更は成功だった。初期は言うまでもなく、明らかに全員大砲時代も強くなった。初期はエロル、バルニエル、パンダボアヌのクリーンナップと一番打者のシャーリーがかなり高い能力を与えていたが、この選手たちが不調だと代わりがおらず不安定な戦いを強いられた。しかし能力差を出来る限りフラットにした事で誰かが不調でもすぐ打順を交代できるようになったのは戦略の幅を広げる事にも貢献して、なかなかのヒットであった。

そうは言うものの、今の能力になってからしばらくは特別に上位というわけでもなかった。しかし434,435,436期に3連覇したあたりから風向きが変わり始めたように思える。能力は変えていないので何らかの外的要因があった。投手守備重視のチームが少なくなって打撃型のチームが増加したのが原因かと思われるが定かではない。投手戦も打撃戦も両立できるバランスのとれた能力が日の目を見るときが来た。それとほぼ毎日回してるのも良いところか。時間はあるんだ暇とはちがうぜ「ゆとり」と呼んでくれ。

現在は優勝回数もある程度は積み重ねてなかなかの強豪と言っていいレベルには達しているとは思う。個人タイトルに関しては理論上は全てのタイトルを獲得できるのだがむしろ全てのタイトルを掻っ攫われる展開のほうが多い。特に打撃偏重型チームが複数あるので打者に関しては厳しい日々が続く。投手はいんちきをしてシーズン50試合ぐらい平気で登板させるチームがあるのでこれまた容易ではない。例えば奪三振に関して、経験上35試合での奪三振は300台がせいぜいで、それ以上は滅多にない。しかし一部チームは毎度毎度当然のように400や500行く。そもそも登板数が違うからだ。ましてや一人の投手が45勝だの52勝だのに至ってはもはや論外である。最近はそのようなチームが減少しているのは良い傾向である。

リザーブの皆さん

日本アニメーション製作の名作アニメのテレビシリーズは26作ある。同一人物が主人公な作品が一組あるので主人公は1作に一人当てた場合25人となる。しかしこのゲームの登録人数は10。当然15人あぶれてしまう。諸事情あって漏れた人達も落選理由とともに紹介したい。まあ大した理由なく落ちたパターンのほうが多いんだけど。
ダース 生粋のギャンブラーで最期は夢破れて昇天。天国からは呼べません。空の上から見守っていてください。
ロッシ アルゼンチンを行ったり来たり。数々の犯罪を犯しながら母を探す。何か名前が普通なのでパス。
ソーヤー 腕白ガキ大将。アメリカでリア充生活を堪能している頃でしょうよ。名字だけで呼ぶと彼っぽくない。
ロビンソン キャラデザ公認ブス。「南の島」ちゃう。「ふしぎな島」や。普通でいい名前と思うが何となくパス。
ポップル 小動物系で顔と関係なくかわいい。一見耳毛。音がちょっとかわいすぎるのでパス。
ウコンネミ 幸運と容姿に恵まれた北欧美女。名前が日本語的にはなんだか残念なのでパス。
パン ネバーランドの住人で永遠の少年。作品名から一応主人公として名前を載せたがウェンディと迷うのでパス。
アボット これも本人が適当に付けた偽名。そして経歴さえも偽造。顔、特に髪型があれなのでパス。
クッチャラ 胸の谷間という他にない武器を持つ18歳。途中で名字が「トラップ」に変わるのがやっかいなのでパス。
ローズ ビキニ姿を披露するなど肉体派。その甲斐あってその筋では有名。何となく地味な名字なのでパス。
不明 名字わからん。これでは出しようがない。各地で女をとっかえひっかえのジゴロだが本命はすでに亡き男。
キャラクロー こんな名字だったんだ。ごめん、今初めて知った。キャラデザがねえ。でも打ち切りはやりすぎ。
バルブラン 怒涛の性転換。いや、いかんでしょ。服部克久復活や堀江美都子起用など最後を意識しまくり。
不明 名字がわからないと出しようがないシリーズ第二段。まさにああ無常って奴か。キャラデザが浮きまくる。
パタゴス 何だか評判の悪い主人公。見たら理由はわからないでもないが。名字より名前のほうがかっこいいような気がする。

甲子園に行ってみた

プロ野球の延期も決まり野球に飢えていた矢先、センバツが始まった。3月24日、テレビで見ていると行きたくなったので計画を立てた。大学生の春休みもそろそろ終わるし最後の楽しみよ。ターゲットは3月26日。平日より人が多いであろう土曜日。気温が寒いと出ているので冬のコートを引っ張り出して対応した。

前日の3月25日の午後に行動開始。あらかじめ難波に行き、懇意にしているネットカフェで一泊して8時開門、9時試合開始に備える策だ。あんまり眠れなかったけどまあええことよ。イカ娘の漫画とか読んでみた。なおこのネットカフェは3月27日限りで閉鎖の模様。一泊2000円は便利だったぜ。ありがとう、永久に。

3月26日、朝ごはんは宮本むなし。阪神電車に乗って甲子園へ。大体30分ぐらいか。今暮らしている京都から行くと試合開始に間に合うにはかなり早起きが必要そうだ。あるいは無理かも。知らないけど。7時40分ぐらいについたがすでに列ができていた。相変わらずダイヤのAの宣伝が貼られまくっている駅が気分を高める。確かにちと寒いが耐えられないほどではない。がんばろう日本ののぼりを見ると「東日本の話やん」とか思っちゃったり。迅速にチケットを購入してバックネット裏へ。阪神戦では高すぎる席も1600円で安いもんよ。内野席は1200円だったかな。外野に至ってはタダ。

佐渡は実力差が歴然だったけど中盤まではよく頑張ってたと思う。1点返した時とか「もしかして」とちらと思ってしまったし。終盤に力尽きたというか実力の差が点差に出たけどまあ仕方ない。体格からして大人と子供だったし。智弁は、今思い返すと2番小笠原君のファウルチップで球がタマに、というシーンばかり思い出してしまう。なんJや野球chではネタになってただろうな。

総合技術の伊田君のフォームが好きになった。球速とかそうでもないけどすごく躍動感があった。8回は疲れたのだろう躍動感失ってた。あからさまにボールが増えてたし失点を重ねてしまった。センターの胡麻くんもまさかのエラーだったけどその後ファインプレーで本来の姿を見せてくれたのは良かった。まだこれからのチームよ。履正社は守備がうまかった。あの正確さは強豪っぽい。すごくサクサク進んで試合時間はかなり短かった。割と守備はどっちもしっかりしていただけに1回のエラーは本当に大きかった。

久我山はバッテリーエラー多かった。投手の球は速かったが捕手はついて行けなかったのかな。バッテリーエラー多かったがまさに致命傷となってしまった。あんな劇的な最期になるとは。去年東京ドームで坂本サヨナラHRを見たがあれより残酷度は上。打たれるのは仕方ないところもあるけどエラーは悔やんでも悔やみきれないもの。九州学院は余裕で勝利と思いきや案外もめたね。一番打者の俊足は凄かった。ラストもそれだったし。その頃私は外野席のレフトスタンド側にいたので三塁打は目の前で起こった出来事だった。大飛球、取れるか取れないか、ああっと落とした。そして三塁に行ってどうなるのかと思ったその瞬間、まさかのゲームセットになったのだから。2アウトまではあっさりだったし、正直延長だなと思っていた。

3試合目は序盤の展開から見て長引きそうだったので途中でバックネットを抜け出して甲子園歴史館へ。さすがに東京ドームの地下にある野球体育博物館には敵わないけどなかなか楽しいものだった。やっぱり歴史だよね。ボロボロで薄いグラブを見て「捕球大変そうだな」と思いをはせたり、ユニフォームが重たそうな生地からメッシュとか取り入れてる技術の変化を見てみたり。なぜか野球漫画を紹介している場所もあり、ちゃっかり新巨人の星なんかもあってなかなか味がある場所だった。で、球場に戻ると8回裏だった。そしてあのサヨナラの場面に続く。

1回ぐらいにしないときついけど甲子園は楽しいわ。次はもっとしっかり眠れるようにしよう。正直寝不足だったので試合中意識が飛んでしまうこともあった。耳栓とアイマスクはよく働いてくれたけど、となると悪いのは私の体質か。ああ、すんなり眠れることができればなあ。でも睡眠薬とか使うのは違うし。そういう体質改善ってできるんやろか。

こんな文章書いてるうちに3月28日になった。3月28日は私の誕生日今日は回さずにいろいろな事をして楽しむことだけを考えるつもり。とりあえずさっさと眠ろうか。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。