偽ペナ > 偽ペナ引退選手名鑑650~699回

引退選手(主に完走者、歴代記録入り選手)をまとめてます。
抜けてたら全体掲示板かしたらばで、それでも抜けてたら自分で追加よろしく。
しょぼくても泣かない。間違ってる部分は各自で訂正お願いします。
なお、表記の都合上一部名前が変わってる選手がいます。

歴代順位表600~699回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/853.html
偽ペナの歴史600~699回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/851.html
偽ペナ引退選手名鑑500~549回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/850.html
偽ペナ引退選手名鑑550~599回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/852.html
偽ペナ引退選手名鑑600~649回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/854.html
偽ペナ引退選手名鑑700~799回
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/861.html
偽ペナの殿堂
http://www42.atwiki.jp/orepena2/pages/847.html


第653回
+たかぎ
  • 第653回、巨人のたかぎが引退。オリックスや巨人で活躍した打たせて取る投手で、634回のオリックス時代に30セーブで初タイトル。647回には巨人で15勝を上げ最多勝を取ると、651回には133奪三振、653回には125奪三振でそれぞれ奪三振王と巨人中継ぎの柱として連覇にも貢献。中継ぎでタイトルを取れる名リリーバーだった。最多勝1回、最多奪三振2回、最多救援1回、AS出場14回、ベストナイン6回、通算防御率3.57 177勝 96敗 116セーブ 1984奪三振
第654回
+NightFlight、アリィ、石川
  • 第654回、ヤクルトのNightFlightが引退。生え抜きの大砲で、新人王後、4年目には122打点で打点王と片鱗を見せ、640回に.357 34本 118打点、643回に.318 29本 117打点でそれぞれMVP、646回に41本142打点の二冠でMVP、647回も46本126打点で二冠、650回に43本、651回も49本、652回に126打点など三冠争いに毎年絡み、打率も非常に高く引退年にも.358 38本 136打点など指折りの打者として日本一1回、優勝4回に大きく貢献した。本塁打王4回、打点王4回、MVP3回、新人王、AS出場17回、ASMVP2回、ベストナイン16回、通算打率.312 3664安打 684本 2417打点 81盗塁
  • 第654回、楽天のアリィが引退。生え抜きの大砲で、639回に.325で首位打者を取ると、642回に.333 38本 124打点で三冠王とMVPを取り、643回も.342 39本 135打点で本塁打点の二冠MVP、644回も42本135打点の二冠でMVP、646回に46本134打点の二冠MVP、651回には51本165打点の小鶴越えで二冠を達成。652回に46本で6年ぶりMVP、653回には43本128打点の二冠でMVPを取りシリーズでは日本一を決める満塁弾、654回も.312 45本 156打点で本塁打点の二冠MVPと衰えず、3度の日本一5度の優勝に貢献した。三冠王1回、首位打者2回、本塁打王歴代15位タイの8回、打点王歴代12位タイの7回、MVP6回、新人王、AS出場16回、ベストナイン17回、通算打率.308 3453安打 706本 2290打点 116盗塁
  • 第654回、西武の石川が引退。社会人から通算19年、福岡や西武で活躍したパーム投手で、31セーブでセーブ王、638回に30セーブでセーブ王とMVPを取ると、643回にロッテへ移籍し15勝でMVPを獲得。646回に2.73で防御率、647回には1.81 17勝 198奪三振で三冠王とMVPを取り、648回には2.19 17勝 193奪三振で連続三冠王とMVPを達成。649回に17勝 178奪三振の二冠でMVP、652回に1.95 19勝 247奪三振で3度目の三冠王とMVP、653回も2.27 231奪三振で二冠と衰えず、引退の654回も1.84 15勝 218奪三振で奪三振王を獲得。全タイトル獲得など社卒屈指の成績を残した大投手だった。三冠王3回、最優秀防御率5回、最多勝5回、最多奪三振8回、最多救援4回、MVP6回、AS出場15回、ASMVP1回、ベストナイン7回、通算防御率2.66 194勝 110敗 162セーブ 2441奪三振
第655回
+有坂真白
  • 第655回、楽天の有坂真白が引退。ロッテや日ハム、楽天で活躍したFCCCC型で、.303 31盗塁で新人王と盗塁王とド派手なデビューを飾り、641回に日ハムで42盗塁し盗塁王、645回に楽天で46盗塁し盗塁王、以後も647回に47盗塁、651回に60盗塁、653回に47盗塁、引退の655回に.338 53盗塁で引退を飾るなど、打棒と俊足を兼ね備えた理想の1番だった。盗塁王7回、新人王、AS出場歴代18位タイの18回、ベストナイン歴代13位タイの19回、通算打率.314 3976安打 251本 1234打点 866盗塁
第656回
+ドレミー・スイート、御忍々、マイケル
  • 第656回、ヤクルトのドレミー・スイートが引退。生え抜きのFCCCC型で、.315の好成績で新人王を取ると、647回に.360で初の首位打者。652回に.363で2度目の首位打者、653回に.360で連続首位打者と打撃を極め、引退年でも.354 24本 102打点を残すなど日本一1回、優勝4回に貢献。最強の2番候補になる大打者だった。首位打者3回、新人王、AS出場12回、ASMVP1回、ベストナイン12回、通算打率.332 4171安打 423本 1617打点 104盗塁
  • 第656回、日ハムの御忍々が引退。オリックスや日ハムで活躍したFCCCC型で、新人王後、644回に.339で初の首位打者、645回に日ハムへ移籍し.350 30本 41盗塁でトリプルスリーを達成し初のMVP獲得。646回に54盗塁で盗塁王、647回に.378で首位打者とMVP、648回に.363 15本 88打点 63盗塁で盗塁王とMVP、649回に.399 45盗塁の二冠でMVP、650回も.338 50盗塁で盗塁王とMVP、651回に.384で首位打者、652回に60盗塁で盗塁王、引退の646回も.364 41盗塁で二冠と歴史に残る打棒と足を残したリードオフマンだった。トリプルスリー1回、首位打者歴代14位タイの6回、盗塁王7回、MVP5回、AS出場歴代18位タイの18回、ベストナイン18回、通算打率歴代9位の.339 3733安打 358本 1378打点 738盗塁
  • 第656回、ロッテのマイケルが引退。生涯先発の生え抜きの本格派で、642回に3.39 14勝でMVPを取り17年ぶり優勝に貢献すると、643回に2.79で防御率を挟んで654回に1.77 18勝の二冠で12年ぶりのMVPを獲得。655回も1.82 11勝 131奪三振で防御率、656回も1.59 15勝4敗 164奪三振で防御率と、3度の大怪我に泣かされながら晩年に花開いた苦労人だった。最優秀防御率4回、最多勝2回、AS出場歴代1位タイの21回、ASMVP4回、ベストナイン2回、通算防御率2.93 222勝 157敗 2320奪三振
第657回
+城ヶ崎莉嘉、赤城みりあ、七転福音、ミジュマル、ソルベント3、慶応法学部
  • 第657回、巨人の城ヶ崎莉嘉が引退。生え抜きの長距離砲で、新人王後、647回に.334 36本 112打点のMVPで伝説の幕開けを作ると、648回に.375 59本 159打点の大記録で三冠王とMVP、649回に.369 51本 140打点で127年ぶり連続三冠王とMVP、650回に136打点、651回に149打点、52回に41本、653回に.337 44本 129打点の本塁打点の二冠で7年連続MVPを達成。656回も.304 39本 120打点の二冠でMVPと史上指折りの活躍で7度の日本一と巨人黄金時代を築いた。三冠王2回、首位打者2回、本塁打王5回、打点王6回、MVP歴代16位タイの8回、新人王、AS出場16回、ベストナイン17回、通算打率.308 3456安打 721本 2309打点 54盗塁
  • 第657回、巨人の赤城みりあが引退。強打者として鳴らし、642回、645回に勝負強い打撃で日本一に貢献。652回に.363の初タイトルを取ると、654回に50本149打点の二冠で39歳でMVPを獲得。655回に.333 41本 111打点で本塁打王とMVP、引退の657回にも.367 50本 152打点で本塁打点の二冠を取りMVPで有終の美を飾る。10度の優勝に貢献し城ヶ崎莉嘉とのツインバズーカで対戦相手を震え上がらせたインパクトの強い選手だった。首位打者1回、本塁打王3回、打点王2回、MVP3回、AS出場歴代18位タイの18回、ASMVP2回、ベストナイン16回、通算打率.300 3497安打 653本 1980打点 44盗塁
  • 第657回、巨人の七転福音が引退。恐らく生え抜きの本格派で、643回に34セーブでセーブ王になると、644回に30セーブでセーブ王と初のMVP、646回にも36セーブでセーブ王とMVPを取ると、650回に1.32 25セーブでセーブ王と始まりのMVP、651回に0.99 34セーブで成績点922を出しセーブ王、652回に0.83 21セーブ、653回に33セーブでセーブ王、654回に28セーブ、655回に1.88 21セーブ、656回に31セーブでセーブ王、657回に1.01 29セーブで成績点949で8年連続MVPの偉業を達成。史上初となるセーブとMVP同時二桁を達成し歴史に名を遺した。最多救援歴代2位タイの10回、MVP歴代3位タイの10回、AS出場歴代20位タイの17回、ASMVP1回、ベストナイン歴代8位タイの14回、通算防御率3.10 23勝 36敗 歴代2位の589セーブ 587奪三振
  • 第657回、横浜のミジュマルが引退。高卒で19年活躍したマサカリ投法の本格派で、650回に17勝で初のタイトルを取ると、651回には2.97 17勝の二冠と投手として最盛期を迎える。653回にも14勝で最多勝を取り、655回に2.77 12勝4敗、引退の657回には抑えに転向し33セーブで見事最多セーブを獲得。649回、650回の連覇の原動力として横浜を支えた名投手だった。最優秀防御率1回、最多勝3回、最多救援1回、AS出場11回、ASMVP1回、ベストナイン5回、通算防御率3.92 172勝 108敗 74セーブ 1570奪三振
  • 第657回、ヤクルトのソルベント3が引退。巧打堅守の名選手で、650回に.347で初の首位打者を取ると、656回に.365、657回にも.382の自己最高で二度目の首位打者を獲得。4000安打を達成し、守備でも12失策と鉄壁。日本一1回、優勝4回に貢献した名遊撃手だった。首位打者2回、AS出場15回、ベストナイン16回、通算打率.316 4042安打 350本 1398打点 267盗塁
  • 第657回、広島の慶応法学部が引退。生え抜きのSFF投手で、新人で30セーブを挙げセーブ王と新人王を取ると、649回に1.75 16勝 138奪三振で投手三冠王を獲得しMVP。650回にも1.96 14勝 178奪三振で勝数三振の二冠、652回にも2.31 133奪三振の二冠、654回には2.30 16勝 157奪三振で2度目の三冠王もMVPを逃し、656回に2.65 12勝4敗 159奪三振で防御三振の二冠、657回に1.36 14勝4敗 173奪三振で防御三振二冠で引退と、結果を残しながら未完走で勝ち星を伸ばせなかった悲劇のエースだった。三冠王2回、最優秀防御率歴代13位タイの6回、最多勝2回、最多奪三振7回、最多救援1回、MVP1回、AS出場歴代9位タイの19回、ASMVP歴代2位タイの4回、ベストナイン6回、通算防御率2.86 208勝 125敗 47セーブ 2410奪三振
第658回
+一直撞・董平
  • 第658回、日ハムの一直撞・董平が引退。生え抜きのカーブ投手で、新人王後、642回に30セーブでセーブ王、650回に1.44 23セーブでセーブ王とMVP、651回に0.86 20セーブで連続MVPを獲得。654回に28セーブでセーブ王、656回に3.00 32セーブでセーブ王などリーグ屈指のクローザーとして、日ハムを3度の日本一、5度の優勝に導いた。最多救援4回、MVP2回、新人王、AS出場歴代11位タイの18回、ベストナイン歴代8位タイの14回、通算防御率3.07 20勝 38敗 454セーブ 474奪三振
第659回
+斎藤雅樹、山形まり花
  • 第659回、楽天の斎藤雅樹が引退。生え抜きのHシンカー投手で、新人で11勝を上げ新人王を取り、649回に2.20で防御率を獲得。650回に2.09 18勝で二冠、653回には18勝で最多勝と初のMVPと球界のエースに成長し、655回に2.70 18勝 218奪三振で勝数三振の二冠でMVP、656回に2.69 18勝 203奪三振で勝数三振の二冠で連続MVP、657回に2.31 16勝 184奪三振でMVP、658回に2.37 17勝 205奪三振で防御勝数に二冠でMVP、引退の659回も2.08 14勝 204奪三振で防御三振の二冠とタイトルを乱獲。3度の日本一5度の優勝に大きく貢献した名前負けしない大エースだった。最優秀防御率4回、最多勝6回、最多奪三振2回、MVP5階、新人王、AS出場17回、ASMVP3回、通算防御率2.88 273勝 138敗 11セーブ 2935奪三振
  • 第659回、日ハムの山形まり花が引退。生え抜きの大砲で、101打点の大台超えで新人王後、653回に.335 38本 123打点で初のMVPを獲得。655回に.389 42本 148打点 202安打で首位打者とMVPを取り、657回に40本で本塁打王を取るなど大活躍。3度の日本一、5度の優勝と日ハムで一時代を築き、堅実さと長打力を兼ね備えた不動の4番だった。首位打者1回、本塁打王1回、MVP2回、新人王、AS出場16回、ASMVP1回、ベストナイン14回、通算打率.308 3536安打 608本 2329打点 87盗塁
第660回
+梶谷
  • 第660回、横浜の梶谷が引退。生え抜きの俊足巧打型で、645回に40盗塁で初の盗塁王に輝くと、649回に54盗塁で5年連続盗塁王、651回に66盗塁王で自己最高、656回に.346 48盗塁、657回に54盗塁で7年連続盗塁王、660回に.317 40盗塁で首位打者と盗塁王を獲得。3度の優勝に貢献し、スピードスターとしてチームを引っ張った不動のリードオフマンだった。首位打者1回、盗塁王歴代7位タイの14回、新人王、AS出場16回、ASMVP1回、ベストナイン11回、通算打率.306 3941安打 244本 1161打点 871盗塁
第662回
+ZAP
  • 第662回、オリックスのZAPが引退。西武やオリックスで活躍したHシンカー投手で、新人王後、646回に32セーブでセーブ王になり5年目でいきなりMVPを獲得。651回に2.43 18勝で二冠、657回に3.67 13勝 196奪三振、658回に2.70 13勝5杯 214奪三振で連続奪三振王を取ると、659回に2.15 13勝 208奪三振で奪三振王になり13年ぶりMVPを獲得。661回に2.34 12勝 199奪三振で防御三振の二冠、662回に1.71 14勝 218奪三振で防御三振の二冠で引退と最後まで活躍し、引退時でも151㌔を投げる速球派だった。最優秀防御率3回、最多勝1回、最多奪三振5回、最多救援1回、MVP2回、新人王、AS出場15回、ASMVP2回、ベストナイン4回、通算防御率2.89 200勝 127敗 105セーブ 2784奪三振
第663回
+螢光院
  • 第663回、楽天の螢光院が引退。生え抜きのバランスの良い選手で、新人王後、655回の.322 36本 110打点などでチームの主軸になると、659回に.351 32本 99打点で初のMVP、661回には.359で初の首位打者を獲得。引退の663回も.359など引退まで10年以上3割は途絶えることなく、3度の日本一と5度の優勝に貢献したチーム不動の左の3番打者だった。首位打者1回、MVP1回、新人王、AS出場歴代14位タイの19回、ASMVP1回、ベストナイン歴代13位タイの19回、通算打率.314 3571安打 534本 1924打点 201盗塁
第664回
+狢、(●▲●)
  • 第664回、福岡の狢が引退。社会人から18年活躍した生え抜きの俊足巧打型で、新人王後、4年目に.376 45本 126打点で早くもMVPを取ると、656回に.356 39本 127打点 13盗塁 207安打で本塁打王とMVP、657回に.373 34本 146打点で首位打点の二冠でMVPを取りシリーズでも.588 6本 10打点と大当たり。658回に.382、660回に.360、661回に.359、663回に.360と更に4度首位打者と打撃を極め、3度の日本一に貢献した歴史的なヒットメイカーだった。首位打者5回、本塁打王1回、打点王1回、MVP3回、新人王、AS出場歴代20位タイの18回、ASMVP2回、ベストナイン17回、通算打率歴代12位の.334 3511安打 470本 1801打点 117盗塁
  • 第664回、福岡の(●▲●)が引退。生え抜きのパワーヒッターで、新人王後、649回に41本 125打点の二冠を取ると、652回に.370 38本 141打点で首位打点の二冠、655回も.317 44本 153打点で二冠を獲得。658回に45本 166打点と小鶴超えの二冠で15年目で遂にMVPを取ると、660回に.344 46本 142打点で本塁打点の二冠でMVP、661回に.332 45本 156打点の本塁打点の二冠でMVP、662回に.356 46本 147打点で三冠王とMVP、663回に.333 40本 133打点で打点王とMVPを取り5度目のASMVPも獲得。664回に.369 52本 164打点で2度目の小鶴超えと三冠王で5年連続MVPを達成。6度の優勝に貢献し、二冠以上9回と歴史に残る大打者となった。三冠王2回、首位打者3回、本塁打王歴代8位タイの9回、打点王歴代4位タイの11回、MVP6回、新人王、AS出場歴代5位タイの20回、ASMVP歴代1位タイの5階、ベストナイン16回、通算打率.324 3731安打 歴代8位の780本 歴代5位の2615打点 14盗塁
第668回
+島村卯月、桂木桂馬
  • 第668回、巨人の島村卯月が引退。生え抜きの巧打堅守型で、新人王後、長く2番ショートとして活躍。657回に.294 17本 65打点 180安打や、663回に.283 29本 80打点など一発のある2番としてチームを牽引し、守備では引退まで10年以上無失策と影で支え、2度の日本一に貢献した。新人王、AS出場12回、ベストナイン11回、通算打率.264 3182安打 373本 1461打点 5盗塁
  • 第668回、巨人の桂木桂馬が引退。長く巨人で活躍した本格派で、656回に3.03 17勝7敗 132奪三振で最多勝で覚醒すると、661回に2.58 15勝3敗 152奪三振で防御率と初のMVPを獲得。663回に3.18 18勝7敗 146奪三振でMVP、664回に1.91 15勝6敗 137奪三振で防御最多の二冠、665回に3.10 13勝 183奪三振で4度目の奪三振王、667回には2.50 16勝 166奪三振で防御三振の二冠でMVPなど後半にタイトルを量産。6度の優勝に貢献し引退まで10年連続3点台二桁120奪三振と晩年花開いたサウスポーだった。最優秀防御率3回、最多勝2回、最多奪三振6回、AS出場歴代4位タイの20回、ASMVP1回、ベストナイン6回、通算防御率3.26 257勝 151敗 29セーブ 2758奪三振
第669回
+タチコマ
  • 第669回、日ハムのタチコマが引退。生え抜きのパーム投手で、660回に2.24 18勝7敗 167奪三振で初タイトルでいきなり三冠王を取りMVP。662回に2.51 17勝6敗 178奪三振で最多勝とMVP、663回に2.79 17勝 170奪三振で三冠王とMVP。665回に1.75 15勝5敗 195奪三振で防御三振の二冠でMVP、667回に2.39 15勝 175奪三振、668回に2.25 16勝 184奪三振で連続三冠王とMVP。引退の669回は1.71 20勝0敗 191奪三振のキャリアハイで202年ぶり3年連続三冠王、110年ぶり勝率10割と記録づくめのMVPで引退を飾る。引退まで10年連続3点台二桁120奪三振など晩成型ながらエースとして君臨。ハムは8度の日本一、8度の優勝とシリーズ無敗の黄金時代となった。三冠王5回、最優秀防御率歴代9位タイの7回、最多勝6回、最多奪三振8回、MVP歴代8位タイの8回、AS出場歴代12位タイの18回、ASMVP3回、ベストナイン歴代15位タイの12回、通算防御率3.08 261勝 108敗 35セーブ 2682奪三振
第670回
+ハリマロン
  • 第670回、日ハムのハリマロンが引退。通算18年日ハム一筋のスローカーブ投手で、新人王後、3年目に中継ぎで2.10 11勝5セーブで防御率を獲得。660回には先発で2.24 18勝7敗 167奪三振と活躍し、日本シリーズでも0.53 2勝の活躍で日本一に貢献。665回に中継ぎで2.18などどこでも活躍し、668回に2.83 14勝 182奪三振など6度の日本一全てに貢献。成績以上に結果と安定度を残した大投手だった。最優秀防御率1回、新人王、AS出場15回、ベストナイン3回、通算防御率3.71 138勝 103敗 54セーブ 1670奪三振
第672回
+城ヶ崎美嘉
  • 第672回、巨人の城ヶ崎美嘉が引退。生え抜きのパーム投手で、生涯先発で13勝を上げ新人王を取ると、662回に3.41 17勝4敗 138奪三振で最多勝とMVPを獲得。665回に2.21 14勝 122奪三振で防御率、666回に2.09 17勝6敗 133奪三振で防御率とMVP、671回に1.51 15勝7敗 128奪三振で防御三振の二冠、引退の672回も1.68 13勝5敗 127奪三振で防御率とMVPと晩年に従い安定度を上げ、巨人の大黒柱として日本一1回、優勝6回に貢献。歴史に名を刻む情熱のエースだった。最優秀防御率5階、最多勝2回、最多奪三振1回、MVP4回、新人王、AS出場歴代4位タイの20回、ASMVP1回、ベストナイン6回、通算防御率3.40 245勝 169敗 2440奪三振
第673回
+森久保乃々
  • 第673回、広島の森久保乃々が引退。セパ両リーグに跨って活躍した軟投派で、早くから先発し福岡のエースに成長。663回に17勝6敗 124奪三振で最多勝を取り初のタイトル。664回に3.50 18勝4敗で最多勝とMVPを獲得。667回に3.24 15勝で3度目の最多勝、晩年は広島へ移籍し670回に16勝で最多勝を取りセパ両リーグMVPを達成。引退まで16年連続二桁勝利など超一流の大台を超えた勝てる投手だった。最多勝4回、MVP2階、AS出場14回、ASMVP2階、ベストナイン2回、通算防御率3.84 252勝 173敗 49セーブ 1988奪三振
第674回
+ヒロ斎藤、瑞穂
  • 第674回、阪神のヒロ斎藤が引退。生え抜きの大砲で、新人王後、658回に.318 32本 110打点で初のMVP。659回に.331 39本 125打点で打点王とMVP、664回に.343 41本 115打点の本塁打点の二冠で5度目のMVP、665回に.374 49本 157打点で三冠王とMVPを取りシリーズも活躍。666回に.372 43本 122打点で首位本塁の二冠でMVP、667回に.317 42本 141打点の二冠でMVP、668回に.380 53本 166打点で三冠王とMVP、669回に.360 49本 129打点で連続三冠王と10度目のMVPを獲得。4度の日本一と9度の優勝に貢献し、引退まで11年連続3割30本100打点で歴史に残る怪物だった。三冠王3回、首位打者4回、本塁打王6回、打点王歴代9位タイの8回、MVP歴代3位の10回、AS出場歴代15位タイの19回、ASMVP2回、ベストナイン17回、通算打率.327 3731安打 歴代13位タイの770本 2496打点 7盗塁
  • 第674回、西武の瑞穂が引退。生え抜きで活躍した投手で、657回に30セーブを挙げセーブ王に輝くと、665回に3.18 16勝5敗 136奪三振で最多勝を獲得。666回に3.59 17勝5敗 142奪三振、668回に2.87 16勝 182奪三振でそれぞれ最多勝を取ると、670回に2.88 20勝 170奪三振で最勝三振の二冠で初MVP、671回に2.70 183奪三振で二冠、673回に1.79 22勝 200奪三振で三冠王とMVPを獲得。シリーズでも2完投勝利と頂点を極め、674回に2.10 182奪三振の二冠でMVPで引退を飾り、三冠王1回、最優秀防御率3回、最多勝5回、最多奪三振5回、最多救援1回、MVP3回、AS16回、ASMVP1回、ベストナイン3回、通算防御率3.36 235勝 124敗 103セーブ 2425奪三振
第675回
+神谷奈緒
  • 第675回、西武の神谷奈緒が引退。生え抜きの大砲で、665回に32本94打点でMVPを取ると、666回に.328 37本 122打点で首位本塁の二冠で連続MVP、667回に.333 38本 113打点で3連続MVP、675回には132打点で待望の打撃三冠タイトルを総取りし4度目のMVPを獲得。日本一1回、優勝2回に貢献したチームのアイドルだった。首位打者1回、本塁打王1回、打点王1回、MVP4回、AS出場歴代15位タイの19回、ベストナイン17回、通算打率.295 3431安打 516本 1983打点 179盗塁
第678回
+一ノ瀬志希
  • 第678回、中日の一ノ瀬志希が引退。生え抜きの大砲で、663回に6年目で.330 31本 107打点で首位打者を取ると、666回に.317 42本 138打点で打点王、668回に.331 47本 161打点で小鶴に並ぶも無冠、671回に.372 42本 132打点で打点王、674回に.384 50本 155打点で打点王と17年目で初のMVPを獲得。675回も.363 53本 156打点で打点王とMVP、677回に.340 57本 158打点で本塁打点の二冠でMVP、引退の678回にも.344 49本 137打点で本塁打点の二冠を獲得。引退まで12年連続を含む15度の3割30本100打点など破格の活躍。本塁打王こそ少ないが歴代3位の本塁打を叩き出し3度の日本一、5度の優勝に貢献した。首位打者1回、本塁打王2回、打点王歴代14位タイの7回、MVP3回、AS出場歴代2位タイの21回、ASMVP1回、ベストナイン歴代2位タイの21回、通算打率.316 3614安打 歴代3位の792本 2473打点 54盗塁
第679回
+エモンガ
  • 第679回、日ハムのエモンガが引退。通算19年活躍した流浪のクローザーで、巨人時代新人王、664回に3.48 29セーブで初のセーブ王となる。668回に2.62 31セーブでセーブ王、671回に西武へ移籍し31セーブでセーブ王、675回に日ハムへ移籍し676回に3.15 32セーブで連続セーブ王、679回に2.93 37セーブで2度目の連続セーブ王を達成。3チーム全てでセーブ王を取った安心の抑えだった。最多救援歴代9位タイの7回、新人王、AS出場16回、ベストナイン8回、通算防御率3.93 24勝 55敗 481セーブ 495奪三振
第680回
+川島瑞樹、箭以羽行・張清
  • 第680回、日ハムの川島瑞樹が引退。生え抜きの大砲で、新人で112打点を挙げ新人王。667回はシリーズ13打点を記録。668回に.306 36本 123打点の二冠でMVPを取ると、669回に.327 42本 144打点で本塁打点の二冠でMVP、670回は.339 37本 121打点で三冠王。672回は.325 37本 136打点で本塁打点の二冠で5年連続MVPを取りシリーズで.555 4本16打点と看板直撃弾を記録。674回に.326 48本 155打点で本塁打点の二冠で6度目のMVP、675回に.368 55本 155打点で三冠王とMVP、678回に.324 49本 132打点で本塁打王と10度目のMVP、679回は.317 40本 131打点で歴代1位に並ぶ11度目のMVPを獲得。生涯13度の3割30本100打点などで8度の日本一、10度の優勝に貢献した伝説の飛ばし屋だった。三冠王2回、首位打者3回、本塁打王歴代8位タイの9回、打点王6回、MVP歴代1位タイの11回、新人王、AS出場17回、ASMVP3回、ベストナイン16回、通算打率.310 3551安打 702本 2387打点 10盗塁
  • 第680回、日ハムの箭以羽行・張清が引退。日ハム、オリックス、日ハムと活躍したHスラの名誉生え抜きで、28セーブでセーブ王と新人王を取ると、661回には2.89 36セーブでセーブ王と2年目でMVP。671回にオリックスで3.41 17勝 165奪三振で最多勝と10年ぶりMVPを取ると、672回に2.20 19勝 174奪三振で防御勝数の二冠でMVP、675回に2.23 16勝6敗 183奪三振で勝数三振の二冠でMVP、676回に1.96 18勝3敗 176奪三振で三冠王でMVPを獲得。677回日ハムに復帰し2.34 20勝 158奪三振、678回に1.63 19勝 194奪三振、679回に1.88 19勝 195奪三振、680回に1.67 16勝 207奪三振で5年連続三冠王とMVPを達成。引退まで13年連続3点台二桁120奪三振を達成したミスター三冠だった。三冠王5回、最優秀防御率歴代14位タイの6回、最多勝歴代6位タイの9回、奪三振王6回、最多救援3回、MVP歴代6位タイの9回、新人王、AS出場17回、ASMVP3回、ベストナイン歴代15位タイの12回、通算防御率2.73 252勝 130敗 144セーブ 2656奪三振
第681回
+ミズホ、ichiro
  • 第681回、ヤクルトのミズホが引退。社会人から通算20年ヤクルト一筋の大砲で、新人で成績点300を出し新人王、2年目で.303 29本 114打点で打点王を獲得。670回に.374 49本 127打点で三冠王になり初MVPを取ると、671回に.410 46本 130打点で首位本塁の二冠でMVP。672回に.382 52本 140打点で三冠王とMVP、673回に.412 56本 139打点で2度目の4割と王超えの首位本塁の二冠でMVP、674回は.426 53本 133打点で2年連続4割で首位本塁の二冠。675回は.365 63本 130打点で首位本塁の二冠と偽ペナ本塁打新記録を達成。676回は.367 53本 146打点で三冠とMVP、681回には.357 40本 107打点で首位本塁の二冠で4年連続MVPと11度目の首位打者を獲得。引退まで12年連続3割30本100打点を記録し優勝3回に貢献。数々の新記録を打ち立てた偉人だった。4割3回、三冠王3回、首位打者歴代1位の11回、本塁打王歴代8位タイの9回、打点王4回、MVP歴代7位タイの9回、AS出場歴代17位タイの19回、ASMVP1回、ベストナイン歴代7位タイの20回、通算打率歴代6位の.346 3626安打 歴代2位の837本 2400打点 20盗塁
  • 第681回、阪神のichiroが引退。生え抜きの俊足巧打型で、新人王後、3年目に26盗塁で盗塁王獲得。667回に.300 26盗塁で2度目の盗塁王、670回に.335 26本 84打点 27盗塁 210安打で4度目の盗塁王、671回に1番で.368 36本 105打点 16盗塁 227安打、672回に.334 34本 90打点 43盗塁 204安打でトリプルスリーと盗塁王を達成。674回に.354 34本 29盗塁 219安打で7度目の盗塁王。675回は.301 24本 36盗塁で4番で盗塁王を獲得。676回も.362 104打点 24盗塁で盗塁王、681回に.341 37盗塁 201安打で12度目の盗塁王で締め、4度の日本一と7度の優勝に貢献。引退まで12年連続3割など足だけでなく打撃とパワーでも魅せた選手だった。トリプルスリー1回、盗塁王歴代17位タイの12回、新人王、AS出場歴代2位タイの21回、ベストナイン歴代15位タイの19回、通算打率.313 3991安打 430本 1677打点 519盗塁
第682回
+パース
  • 第682回、楽天のパースが引退。高卒の巧打型で、新人王後、670回に.325 27本 85打点などで頭角を現し、675回に.354、677回に.319 29本 123打点と活躍。680回に.310 30本 120打点で打点王とMVPを獲得、681回も.305 24本 105打点で2年連続MVP。年を経て成績を伸ばし22年ぶり優勝にも大きく貢献した。打点王1回、MVP2回、新人王、AS出場16回、ベストナイン17回、通算打率.295 3464安打 471本 1852打点 110盗塁
第683回
+花小泉杏
  • 第683回、西武の花小泉杏が引退。生え抜きの俊足巧打型で、新人王後、2年目には26盗塁で盗塁王を獲得。666回に31盗塁、670回に34盗塁、674回には41盗塁とそれぞれ盗塁王。676回に.391 25本 87打点 26盗塁 233安打で首位打者、679回も.377 216安打で首位打者、681回に.344 27盗塁で6年ぶり盗塁王、682回に.369 218安打、引退の683回も.336 201安打で連続首位打者締め。前半は俊足、晩年は安打製造機とモデルチェンジで日本一1回に貢献した。首位打者5回、盗塁王10回、新人王、AS出場18回、ASMVP1回、ベストナイン16回、通算打率.314 3957安打 283本 1287打点 567盗塁
第685回
+バファローズポンタ
  • 第685回、ヤクルトのバファローズポンタが引退。生え抜きのパーム投手で、新人で30セーブ、667回に29セーブで初のセーブ王を取ると、674回に1.18 37セーブでセーブ王とMVPを獲得。676回に31セーブで4年連続セーブ王、679回に1.60 30セーブでセーブ王と5度目のMVP、681回に1.69 32セーブでセーブ王と5年連続MVP、682回も28セーブで6年連続MVPを達成し36年ぶり日本一。引退の685回は0.53 33セーブのキャリアハイで二桁セーブ王と9度目のMVPで締め、2点台12回30セーブ以上10回と安定度の高い投球で1度の日本一4度目の優勝に貢献した。最多救援歴代2位タイの10回、MVP歴代6位タイの9回、AS出場歴代4位タイの20回、ASMVP2回、ベストナイン歴代11位タイの13回、通算防御率3.01 16勝 42敗 歴代2位の592セーブ 525奪三振
第690回
+ニャビー、ガチャリ
  • 第690回、中日のニャビーが引退。通算18年中日一筋の大砲で、新人王後、678回に.281 29本 112打点、682回に.307 34本 99打点で初の3割30本を達成すると、685回に.336 36本 84打点、686回に.341 35本 97打点で首位打者とMVPと主軸に成長。飛ばし屋として高いレベルを維持し、V3と4連覇に貢献。早期引退が惜しまれる選手だった。首位打者1回、MVP1回、新人王、AS出場18回、ASMVP1回、ベストナイン10回、通算打率.280 2795安打 456本 1530打点 21盗塁
  • 第690回、巨人のガチャリが引退。生え抜きのHシンカー投手で、新人王後、675回に6年目で先発し2.96 13勝5敗で防御率を獲得する快挙。680回に2.82 15勝6敗で最多勝を取り、681回に3.60 11勝2敗 122奪三振、687回に1.99 15勝5敗、690回も2.26 10勝と活躍。引退まで14年連続3点台など非常に安定した投球術で日本一1回、優勝3回に貢献。AS出場の多さが安定度の証だった。最優秀防御率1回、最多勝1回、新人王、AS出場歴代1位タイの21回、ASMVP2回、ベストナイン4回、通算防御率3.14 171勝 106敗 110セーブ 1886奪三振
第692回
+小林邦昭
  • 第692回、広島の小林邦昭が引退。通算18年、横浜と広島で活躍した社卒の強打者で、682回に.315 35本 110打点でMVPを取ると、683回に.323 30本 116打点で連続MVP。684回に.340 35本 98打点で初の首位打者とMVPを取り、685回に.339 35本 96打点で首位本塁の二冠でMVPを獲得。687回に広島へ移籍し.329 41本 97打点で2球団MVPを獲得。10度の3割30本を記録したスラッガーだった。首位打者2回、本塁打王1回、MVP5回、AS出場14回、ASMVP1回、ベストナイン12回、通算打率.302 2963安打 519本 1636打点 13盗塁
第693回

+北条加蓮
  • 第693回、中日の北条加蓮が引退。生え抜きのHシンカー投手で、中継ぎで長く活躍し3年連続日本一と4年連続優勝に貢献、683回に先発転向していきなり2.83 14勝 155奪三振で防御勝数の二冠で初MVP。684回には1.72 18勝 159奪三振でチーム84年ぶり三冠王で連続MVP、688回には2.13 22勝6敗 164奪三振で防御勝数の二冠で4年ぶりMVPを取ると、690回に2.92 19勝7敗 161奪三振の防御勝数の二冠で3年連続MVP、691回に1.81 18勝 141奪三振、692回に1.27 21勝 150奪三振のキャリアハイ、693回に1.78 22勝 151奪三振で3年連続防御勝数の二冠で5年連続MVPを獲得。後半相手に絶望感を与える絶対的なエースとして君臨した歴史に残る大エースだった。三冠王1回、最優秀防御率歴代6位タイの8回、最多勝歴代10位タイの8回、最多奪三振1回、MVP歴代19位タイの7回、AS出場歴代1位タイの21回、ASMVP2回、ベストナイン10回、通算防御率2.59 261勝 136敗 37セーブ 2376奪三振
第694回

+死兆星
  • 第694回、西武の死兆星が引退。中日や福岡、オリックス、日ハム、西武で活躍した流浪の大砲で、26本110打点で新人王を取ると、682回に福岡移籍2年目で.306 29本 98打点で初のMVP、683回にオリックスへ移籍し.319 48本 133打点で本塁打王とMVP、686回に日ハムで.342 40本 136打点で打点王とMVP、687回に.315 41本 121打点で本塁打王とMVP、689回に西武へ移籍し.349 35本 120打点でMVP、692回に.362 33本 115打点 200安打で首位打点の二冠でMVP、694回は.344 44本 135打点の首位本塁の二冠でMVPを達成。11度の3割30本100打点を達成し4チームでMVPを取った仕事人だった。首位打者3回、本塁打王6回、打点王4回、MVP歴代18位タイの8回、AS出場歴代7位タイの20回、ASMVP1回、ベストナイン17回、通算打率.314 3607安打 695本 2380打点 45盗塁
第695回
+瑞穂弐、盗塁王
  • 第695回、オリックスの瑞穂弐が引退。福岡とオリックスで活躍したパーム投手で、新人でASMVPを取り、3年目には14勝1セーブで勝率10割を達成。686回に2.67 10勝 124奪三振で防御率の初タイトル、686回に中継ぎに戻り2.05 13勝 192奪三振で防御三振の二冠、690回に2.39 127奪三振、691回に1.86 150奪三振、693回にオリックスで1.86 168奪三振、694回に2.12 14勝 186奪三振で4度防御率を獲得。3度の優勝に貢献し、抑え、先発、中継ぎ全てで結果を出した万能型右腕だった。最優秀防御率歴代15位タイの6回、最多奪三振1回、AS出場歴代6位タイの20回、ASMVP2回、ベストナイン10回、通算防御率3.00 189勝 94敗 112セーブ 2403奪三振
  • 第695回、楽天の盗塁王が引退。生え抜きの長距離砲で、新人王後、683回に.323 39本 117打点でブレイク。684回に.329 37本 127打点でMVPを取ると、685回に.313 38本 152打点で打点王と連続MVPを獲得。693回に.299 44本 148打点の二冠でMVPを取る復活すると、694回に.299 41本 143打点で打点王を獲得。勝負強い打撃で2度の波を作り22年ぶり優勝にも貢献した飛ばし屋だった。本塁打王1回、打点王3回、MVP3回、新人王、AS出場18回、ASMVP1回、ベストナイン13回、通算打率.292 3378安打 584本 2208打点 100盗塁
第696回
+安部菜々
  • 第696回、ヤクルトの安部菜々が引退。楽天やヤクルトで活躍したHシンカー投手で、セーブ王と新人王同時獲得の華々しいデビュー後、先発で12勝し681回にヤクルトへ移籍し、中継ぎで3.03 12勝3敗 131奪三振で防御率を獲得。以後中継ぎで覚醒し、685回に3.21 16勝10敗 152奪三振で勝数三振の二冠、687回に1.95 18勝 227奪三振で中継ぎ三冠王を達成し初のMVP。689回に1.61 14勝 195奪三振で防御三振の二冠、692回に1.50 16勝 268奪三振で奪三振王、694回に1.36 18勝1敗8セーブ 259奪三振で2度目の三冠王とMVP、695回に2.00 12勝 217奪三振で防御三振の二冠、引退の696回は0.66 13勝3敗7セーブ 239奪三振で防御三振の二冠で282年ぶりの規定防御率0点台を達成。中継ぎで通算10度の3点台二桁120奪三振を達成し、埋もれた記録を掘り起こした異星人だった。三冠王2回、最優秀防御率歴代15位タイの6回、最多勝3回、奪三振王歴代2位タイの12回、最多救援1回、MVP2回、新人王、AS出場歴代16位タイの19回、ASMVP2回、ベストナイン歴代8位タイの14回、通算防御率歴代20位の2.53 214勝 94敗 162セーブ 3206奪三振
第697回
+愛宕山
  • 第697回、ロッテの愛宕山が引退。高卒の生え抜きHシンカー投手で、3年目に16勝、5年目に3.42 16勝6セーブで最多勝獲得。687回に2.70 18勝 177奪三振で勝数三振の二冠で初のMVPを取ると、688回に2.25 13勝 183奪三振で連続MVP。690回に3.55 14勝 155奪三振で奪三振王とMVP、692回に3.80 223奪三振で奪三振王、693回に2.87 15勝 209奪三振で勝数三振の二冠、694回には2.52 18勝 228奪三振で勝数三振の二冠でMVPを取りシリーズも2勝で114年ぶり日本一にも貢献。697回も2.47 14勝 201奪三振で奪三振王で引退。ロッテ史上最高峰のドクターKとして名を遺した。最多勝4回、最多奪三振歴代5位タイの11回、AVP3回、AS出場歴代1位タイの21回、ベストナイン8回、通算防御率3.66 265勝 199敗 14セーブ 歴代17位の3289奪三振
第698回
+太田圭祐
  • 第698回、西武の太田圭祐が引退。高卒で生え抜きの生涯先発を通した本格派で、681回に5年目で3.50 14勝と活躍し完全試合の偉業を達成すると、682回に3.52 17勝で最初の最多勝を獲得。686回に3.22 12勝6敗 144奪三振で奪三振王、691回に2.43 16勝 121奪三振で3度目の最多勝とMVPを獲得。692回に2.35 15勝5敗 131奪三振で防御勝数の二冠、696回に2.41 16勝7敗で最多勝とMVP、697回に2.48 17勝8敗で2年連続最多勝とMVPを獲得。16度の二桁勝利を達成し、インパクトと安定性を兼ね備えた勝てる投手として3度の日本一に貢献した。完全試合、最優秀防御率1回、最多勝歴代14位タイの7回、最多奪三振1回、MVP3回、AS出場歴代16位タイの19回、ASMVP2回、ベストナイン8回、通算防御率3.65 273勝 186敗 2339奪三振
第699回
+橘ありす、ミートくん
  • 第699回、阪神の橘ありすが引退。中日や阪神で活躍した飛ばし屋で、新人王後、686回に.319 38本 98打点で本塁打王になると、689回に阪神移籍2年目で.376 50本 127打点で三冠王とMVPを獲得。690回に.327 33本 115打点でMVP、693回に.302 39本 113打点で二冠、695回に.367 49本 158打点で本塁打点の二冠でMVP、696回に.345 45本 118打点で首位打点の二冠でMVP、697回に.340 42本 138打点で打点王、引退の699回は.312 39本 126打点で二冠と活躍。12度の3割30本を記録したタイトルコレクターだった。三冠王1回、首位打者3回、本塁打王6回、打点王6回、MVP4回、AS出場歴代7位タイの20回、ASMVP1回、ベストナイン15回、通算打率.308 3503安打 702本 2157打点 80盗塁
  • 第699回、中日のミートくんが引退。高卒で巨人や中日で活躍した巧打者で、新人王後、687回にシリーズで活躍し巨人31年ぶり日本一に貢献。690回に.322 30本 109打点、692回に.342 31本 107打点など3番で活躍。694回に.355 38本 112打点 205安打で首位打者とMVPを取ると、696回に中日へ移籍し.325 32本 105打点など活躍。主に3番打者としてバランスの良い打撃を見せた。首位打者1回、MVP1回、AS出場歴代19位タイの19回、ASMVP1回、ベストナイン18回、通算打率.302 3749安打 529本 1837打点 99盗塁



名前:
コメント:


累計観客動員数 -
本日 -
昨日 -
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。