※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主な特徴

選手雇用や収入などのクラブの強化に関わる要素において所属しているリーグの影響を受けます。
所属リーグによってクラブの強化に影響する要素は下記の通りです。

  • 育成面 … 所属リーグによって、選手育成で受けられるメリットが異なります。


  • クラブハウスの改築タイミングの早さ
    --クラブハウス内に建てられる設備の種類(入手カードに影響)


  • 人事面 … 所属リーグによって、スカウトによる選手/監督雇用で受けられるメリットが異なります。


  • スカウトの人脈の高さ
    --スカウトスロットのレアリティ
    --スカウト時の行動ポイント
    --スカウト数
    --オフィスの改築タイミングの早さ
    --オフィス内に建てられる設備の種類(入手カードに影響)


  • 経営面 … 所属リーグによって、収入の多さに関わるメリットが異なります。


  • 契約できるメイン/サブスポンサーのランクの高さ
    --入場者数の多さ
    --スタジアムの改築タイミングの早さ


  • 編成面 … 所属リーグによって、編成で受けられるメリットが異なります。


  • 特定の国籍選手を集めた時の統制値ボーナス
    --統制値ボーナスを活用すると各リーグの最大統制値が変化します


  • その他 … リーグによって、トレード等で使用する行動ポイントの消費が増減します。

イングランド



評価 コメント
経営 B 育成面、経営面はまずまずだが、選手の発掘・交渉には難あり。特に海外選手の獲得は不得手のため、自国選手を重用しつつ、クラブ強化をする必要がある。
育成 C
選手発掘 C

フランス



評価 コメント
経営 E 選手の育成にかけては他の追随を許さない。しかし経営面は厳しく、効率的に育成した選手を高く売り、資金を確保することがポイントとなるだろう。
育成 A
選手発掘 B

ドイツ



評価 コメント
経営 C 安定した観客動員を誇り、雇用・育成・経営の全ての面でバランスが取れている。どんな戦略でクラブを運営していくかはプレイヤー次第。
育成 C
選手発掘 C

オランダ



評価 コメント
経営 D 資金力には乏しいが、選手の発掘や交渉は得意。獲得した若手選手をトレードに出して、クラブ運営資金を確保していこう。
育成 C
選手発掘 A

イタリア



評価 コメント
経営 A 十分なスポンサー収入が得られるため、資金面では圧倒的に有利。しかし選手の育成、発掘は多くを期待できないため、積極的な補強が必要になる。
育成 D
選手発掘 D

スペイン



評価 コメント
経営 B 観客動員、スポンサー収入とも安定しており、経営面は良好。但し育成面には難があるので、海外選手でのチームを強化がカギとなる。
育成 D
選手発掘 C

コメント

コメント: