※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに

この項では、基本的なカードの張り方を説明していきたいと思います。 各選手にはそれぞれプレイスタイルというものがあり、プレイスタイルを取得する為には 育成カードを張らなくてはいけません。 初心者の頃は、このカードの張り方について特に誤解しやすいです。 このページは誤解を解く助けになればと思い、作成しました。

良くある誤解

ヨボ選手の場合、Lv1.2ウイングバックとLv1.2.3サイドバックを持っています。 初心者の方は、Lv1ウイングバックを取って、Lv1サイドバックを取って・・・などと考えるかも知れませんが、 そういったプレイスタイルの取得の仕方は間違いです。(私も初心者の頃はそういう取得の仕方でした)


なぜなら、それは完全にプレイスタイル取得の為の育成であり、 選手の能力値について全く考えられてない育成方法だからです。 また、全てのプレイスタイルを取得しようとすると、カードの張替えをしなくてはいけなくなり、非常に非効率です。 この誤解の原因は、チュートリアルの『プレイスタイルを取得するとボーナスが付く』 の説明にあると私は思います。 『プレイスタイル取得ボーナス』は微々たるものなので、 いくら全てのプレイスタイルを取得したところで、ほとんど強くなりません。


ランク 選手名 Pos EU 国籍 性格 成長 スロット プレイスタイル 地域
A ヨボ SDF NIG 天才 安定 LLRUU LV1.2ウイングバック / LV1.2.3サイドバック アフリカ

基本的なプレイスタイル取得方法

Aランクの選手の場合、ほとんどがLv1.2とLv1.2.3のプレイスタイルの2種類を持っています。 どのプレイスタイルを取得する必要があるかと言うと『各プレイスタイルの最高Lvのもの』だけで十分です。 つまり、ヨボ選手の場合、Lv2ウイングバックと、Lv3サイドバックだけ取ればいいのです。


なぜなら、選手は各プレイスタイルの最高Lvの影響しか受けないからです。 (Lv1.2.3サイドバックを取った選手と、Lv3サイドバックだけを取った選手のプレイスタイルの効果は同じ) Lv3のみを取得し、Lv1.2の分を選手に必要な能力が上昇するカードを張った方が良い訳です。

プレイスタイル完成形の計画を立てる

育成計画をたてる際には、まず最初に各プレイスタイルに必要なカードをどう張るべきか考えます。 ヨボ選手の場合、Lv2ウイングバックとLv3サイドバックをどこに張れば効率がいいのか、 下のプレイスタイル取得に必要なカード一覧を見ながら、実際に貼り付けイメージを作ってみましょう。


プレイスタイル 必要スキル1 必要スキル2 必要スキル3
LV1サイドバック スーパーダッシュ ハードタックル 高速パスカット
LV2サイドバック スピードキング パワータックル ダッシュパスカット
究極サイドバック 超特急 カミソリタックル マッハパスカット
LV1ウイングバック ダッシュパスカット ドリブンクロス フリーランニング
LV2ウイングバック マッハパスカット ロフティドクロス ハードワーカー
究極ウイングバック ライトニンパスカット ピンポイントクロス アップダウンワーク

スキルスロット
Legend Legend Rare Uncommon Uncommon
         
      ロフティドクロス ハードワーカー
  カミソリタックル マッハパスカット
超特急  

これで、プレイスタイル取得分のカードの貼り付け位置が決まりました。 次は、空欄となっている部分に何のカードを張るのかを考えましょう。

能力を考慮する

上の項で、プレイスタイル取得分のカードを貼り付けた訳ですから、次は能力、または称号を視野に入れた上で、 空いているカードスロットを埋めましょう。 現在張ってあるカードは、パスカット・タックル・クロス・走力・スタミナ系のカードなので、 その他の能力は初期値のままです。 さらに能力を伸ばすか、それ以外の能力が伸びるカードを張っていきましょう。 (この辺は個人の好みなので詳しくは書きません。)

コメント

  • とてもためになりました^^ --
  • 育ちきったCカードの上に別種のUCを乗せると、下のカードの能力が下がって見えるのですが、決定したら戻るのでしょうか?怖くて貼れない初心者です・・・ --
コメント: