パクリ元検証結果(暫定)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

内容を精査して「盗用元検証結果にまとめました。
内容的にはそちらと同一なので、叩き台のこちらは残しますが、
メニューからは外しました(09/05/03)



「■■■TDR最高の想い出(感動スレ)■■■ 」からの盗用と思われるエピソード:17編



『最後のパレード』でのタイトル 上記2chスレ内レス番
「天国のお子様ランチ」 >>137
「しあわせな風景」 >>308
「毎日、忘れないように」 ★>>370
「ささやかな贈り物」 >>211
「77歳の遠足」 >>202-203 ※転載表記有
「お手元に届けます」 >>198-199 ※転載表記有
「本当の勇者」 >>200-201 ※転載表記有
「おばあちゃんと過ごした日」 >>284
「8時間の再会」 >>398
「1枚のシート」 >>788-790
「新人キャスト」 >>485
「父が残したかったもの」 ★>>499-501
「バースデーシール」 >>598
「ミッキーとミニーのご挨拶」 >>587、>>795
「大きな白い暖かい手」 >>681-682
「乗せてあげたい」 >>162
「たくさんのありがとう」 ▲>>245と249、>>253、>>255、>>355、>>366、>>429、>>515、>>581
 ↑短いエピソード集。11編中8編がTDR感動スレからのパクリ。

※「77歳の遠足」「お手元に届けます」「本当の勇者」に関しては
  元スレに1998年のメールマガジンが転載されたものと記載されている。

※「大きな白い暖かい手」については読売新聞掲載、大元は読売新聞とは無関係のキャンペーンの入賞作品である事がわかっている

※★つきのものはスレ内で同一人物からの別レスが残っているものでこのスレが初出である可能性が極めて高い。

サンクチュアリ社の言い訳:「公の情報」検証

上に挙げたエピソードの多くは、検索してもヒット数は2件~多くて10件程度と極めて少なく、
またほとんどが元スレ及び元スレからの引用の記述があるサイトである。
(中には元スレ以外ヒットしないものもある)。

 よってサンクチュアリ社の言う
「公の情報」と考えられるものを選び、問題ないと判断したものだけ掲載した
読売新聞:「後のパレード」盗用疑惑 ネット情報の著作権軽視」より)
 という説明は、実情とは著しくかけ離れていることとなる。

 (この件についての検証レス)↓
159 名前: 無名草子さん 投稿日: 2009/04/26(日) 02:21:29 
 http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20090424bk01.htm 
 >複数のサイトに書き込まれている文章もあり、『公の情報』と考えられるものを選び、問題ないと判断したものだけ掲載した」と釈明する。 
 ホントかどうか確かめてみたよ。 
 
 やり方は簡単、元ネタの一部をコピペして" "でくくってググるだけ。 
 タイトルと元ネタの照合はhttp://www42.atwiki.jp/parede/pages/24.html参照。 
 『最後のパレード』の中でも比較的良く知られている話とされる、「天国のお子様ランチ」は106件、「大きな白い暖かい手」は219件。 
 
 以下列記します。 
 しあわせな風景…2件、毎日、忘れないように…10件、ささやかな贈り物…5件 
 77歳の遠足…8件、お手元に届けます…4件、本当の勇者…8件 
 おばあちゃんと過ごした日…9件、8時間の再会…43件、1枚のシート…5件 
 新人キャスト…5件、父が残したかったもの…2件、バースデーシール…2件 
 ミッキーとミニーのご挨拶…2件、乗せてあげたい…7件 
 
 ちなみに吉野家コピペは78,800件。 


ネタ元改変疑惑


▲>>245および>>249は別人のレス(245の発言に対し249が自分の体験を述べている)のだが、
「たくさんのありがとう」では勝手に一つのレスにまとめられ「同一人物が同じ日に体験した話」に改変されている。

245 :名無しさん@120分待ち:02/09/16 18:46 ID:k45c7VEZ 
 開園直後、園内を歩いてたらウエスタンリバー鉄道が走ってきた。 
 まだ誰も乗ってなかったし、人通りも少なくてキャストのお兄さんがボーっと手を振ってた。 
 なんかかわいそうだったから思いっきり手を振り返したら、突然満面の笑みで力いっぱい振ってくれた。 
 私だけに笑顔を向けてくれたって感じでなんかドキドキした(笑) 
 その日はそのお兄さんの事ばっか考えてた・・・恋か!?

249 :名無しさん@120分待ち:02/09/17 01:26 ID:ZVlj+oNN 
 >>245 
 そうそう、ン年前に初めてランドのWR鉄道に乗ったとき
 外のキャストさんが目が合うと必ず笑顔で手を振ってくれるのに感動したな~。 
 それで、この前子連れで乗ったときに 
 「こっち見てる人には手を振ってあげようね」と話していたんだけど 
 ちょうどビッグサンダーとすれ違ってこっちで手を振っていたら 
 向こうもみんなでわーって手を振ってくれて、とっても楽しかったです(^^) 
 TDRってこういうことができる雰囲気がすごく好き。 

このように別人のものだったのだが、『最後のパレード』では次のように、1つの話に改変結合されている。

 開園直後、ウェスタンリバー鉄道からまだ人通りの少ない園内に向かって
 ぼんやり手を振っているお兄さんに向かって、ちょっとだけ手を振り替えして
 みたら、突然満面の笑みでぶんぶん手を振ってくれました。まるで自分にだ
 け笑顔を向けてくれたようでドキドキしました。
 今度はビッグサンダー・マウンテンとすれ違うときに手を振ったら、乗客の
 人たち全員がワーッと手を振り返してくれました。ディズニーランドにはそう
 いうことができる雰囲気があって、すごく好きです

(中村克『最後のパレード』サンクチュアリ社 p.161より引用)


その他の文献・ネット上からの盗用と思われるエピソード:8編

見出しの「」内は『最後のパレード』でのタイトル。

1:「いつまでも宝物」

ネット上に多数同様の逸話あり。
比田井和孝『私が一番受けたいココロの授業―人生が変わる奇跡の60分』(2008/07発行)にも
「命のサイン帳」として同様のエピソードが収録されているが、
元はトム・コネラン『ディズニー7つの法則』(1997/11発行)に掲載されたエピソードが、
何らかの形で引用され、ネット上に広まったものと推測される。

2:「雨の中のシンデレラ」

個人のディズニーファンサイト「ショースペース」にアップされた
エピソード「驚きの出会い」(http://daleman.hp.infoseek.co.jp/disneyman1/odoroki.htm)からの盗用だと推測される。

3:「とてもたいせつな一日」

http://www.crayon.co.jp/atelier/2009/02/post_6.html
エントリー日は2009/2/2、本の発売の約1ヶ月前、「長文の引用」とあるので別書籍からの引用の可能性あり。

4:「小さな奇跡」

上澤昇『魔法の国からの贈り物』(http://www.mmpartners.net/archives/51213368.html)より。

参考文献として『魔法の国からの贈り物』は『最後のパレード』巻末に記載されているが、
引用の場合は該当する文章の前後に「この範囲は該当文献からの引用」である旨がわかるように記述する必要があり、
なおかつその引用は適切な範囲内で行われていなければならない。
『最後のパレード』のように、他の書籍の気に入ったエピソードを剽窃したものは当然正当な「引用」とは言えない。

5:「理解するということ」

個人のディズニーファンサイト「Demy's World」(http://members.jcom.home.ne.jp)内の「Thank You TDR!」ページ内
「2002/2/27『メールで頂いた嬉しかった話』」からの盗用だと推測される。

6:「車いすの特等席」

http://magical5.hp.infoseek.co.jp/dream-19.htm
元はTDL15周年を記念して配られた“Guest Letters”に掲載されていた旨が上記サイトで明記されている。

7:「秘密の合言葉」

2ch遊園地板の「TDR感動したことをかたれ2(」の>>445からの盗用が疑われる。

445 : ◆STITCHDM4k :2008/05/07(水) 14:19:50 ID:LNuy8vWM
    車イスを利用している主人が、海底2万マイルのファストパスを取りに行きました。
    混雑して入れずに困っていたところ、素早く係の方が寄って来て代わりに発券してくれました。
    言葉を交わす中で主人が海底2万マイルの原作が大好きだと話すと、
    ミステリアスアイランドのバックグラウンドストーリーを話してくれたそうです。
    主人は今度手術を受けることになっており、
    結果次第ではもう二度と東京ディズニーシーに来られないかもしれないと言うと、
    その方はミステリアスアイランドの合言葉を教えてくださり
    「これでもうネモ船長の立派なクルーだから、そんな弱気になってはいけませんよ。必ず元気になって、また遊びに来て下さい」
    と励ましてもくださったとか。
    私たちのところに戻ってきた時、主人は泣いており
    「絶対に手術に成功して、また東京ディズニーシーに来る」と力強く決意していました。
    主人からのお礼をぜひとも係の方に伝えていただければ幸いです。 

8:「娘のいないテーブル」

個人ブログ『ディズニーと我が子』の記事より。
なお、この文章は中村氏自身が自分のブログに引用元アドレスまで載せてコピペしていたが、
なぜか現在は消されている。下記リンクはwebアーカイブに残っている該当ページのキャッシュ。
http://web.archive.org/web/20070305182613/gpscompany.blogdehp.ne.jp/article/11350580.html
盗用を認識した上での隠蔽工作か?


以上、現時点で、33編中25編が『最後のパレード』発刊前に発表・書き込みされたものと確認
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。