天国のお子様ランチ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天国のお子様ランチ

公式PVにもつかわれていた「天国のお子様ランチ」
http://www12.atpages.jp/rarede/movie.mov
を検証します


エピソードの概要

ディズニーランドのイーストサイドカフェで大人の夫婦が2名で来店し
お子様ランチを注文した.
キャストはオトナの注文なので、最初は断るが 理由を聞くと
亡くした子供のための注文をしたいということ。
驚いたキャストはお子様ランチ用意するとともに4人用のテーブルと お子様椅子を用意したという感動エピソード。

このエピソードはオリエンタルランド元取締役(堀 貞一郎顧問)も講演に利用しているほどだが
実際にディズニーランドであった話なのだろうか?

このエピソードがハッピーエンドで終わったから語り次がれてはいるが
現実的には大クレームに発展しかねない事象 であることに違いない




ウソをウソと見抜けなければネットを利用するべきではなない

ネット
ネットを検索してみるとたくさんの例が見つかる。
文書によって細かい条件が異なる
子供の死亡条件が生まれる前であったり、1才前だったりする
また死亡原因も交通事故であったり、病気であったりする。
この話をの主役であるはずのキャストが男女どちらか定まってはない。
また話によっては全員がお子様ランチを食べた という話もある
いったいお子様ランチは誰が食べたのだろうか?


どこのお店か?
ワールドバザールのイーストサイドカフェと名指ししている文章もあるが、
イーストサイドではキャストによるテーブル案内が行われているので、途中でテーブルを変わるのは難しいと思われる
また、ほかのエピソードの中ではミッキーのショーをみられるお店、という記述がある

すべてに共通点を見つけると

[テーブルサービスのお店]
でありなおかつ
[お子様ランチ(キッズセット(プレート))
という子供メニューの提供店]
に絞られる


イーストサイドカフェ ポリネシアンテラスレストラン ブルーバイユー レストラン北斎 スモールワールドレストラン(閉店済み) センターストリートコーヒーハウスが挙げられる。

クリスタルパレスレストランとスモールワールドレストランはバフェテリアでの提供なので
キャストが注文をとりに来ない ポリネシアンレストランは着席時には注文が決まっている。 

すると残りはレストラン北斎とイーストサイドカフェ センターストリートコーヒーハウスになるが、どちらもミッキーのショーは行われていない つまりすべてを満足する対象店が存在しないことになる

そもそもいつの話か?
ネットを遡ると2003年前後から増え始めるのがわかるが、そのそもネット環境が整い始めるのが2000年あたりで、これ以前ははダイヤルアップ環境で接続していた時代になってしまう。そのためサンプル数が減る。

現在のところ最古の確実なデータは97年のLINE(社内誌)にサンキューレターとして
紹介されており 栃木県のR A様よりと紹介されている


もしこのLINE見たものであればすべて同じ文章でなければいけないのだが、
なぜたくさんの亜流が生まれているのだろうか?



検証


1)2chスレでは、2002年6月25日に スレ番号>137として投稿されている
  最後のパレードの文章と文脈はこの2chスレのものと同じ
  つまり中村はこのスレ137番をコピペしたものと思われる
  元スレ>137番がLINE(社内報)を見ながらコピーをした可能性は残る

2)中村自身のブログ(閉鎖済)では 2006年1月5日エントリー分で引用しており、
  この話は 他人のブログを引用し自分のブログに掲載していると記載されている
  この部分は2010年4/24日の段階でなぜか消されてしまい今はみられない。

3)その引用されたブログを探ってみるとは料理のレシピと日記 ENIGMA というブログ
  でこちらは今も見ることができる 
  2005年3月13日


   中村はこの話の概要をみて、似た話があるので、2chからパクって来たものと思われます。
 ただしこのブログでは、子供は5歳まで生きていたりDV行為があったりと、波乱万丈
 このブログでは予約制レストラン ミッキーのショー というキーワードがちりばめられており
 対象店は過去も昔もポリネシアンテラスレストランしかない。
 またハッピーバースデーを歌うなどの行為も行われていない

 コメントが多く来ているので、コメントをさかのぼると、他でも似た話があったというコメントが多くあることからこの人が初出ではないことが分かる。 

4)この話はいろいろなバリエーションになってアップされている 情報の一人歩き状態
これらを見ると 天国のお子様ランチと、娘のいないテーブルは もともとは1つの話であり、それを2つにしたものと推測される


  相違点:お子様ランチは9歳以下 一才前に死亡

   FM福岡 2005年4月10日放送分
  http://fmfukuoka.co.jp/human/2005/04/410.html
http://megalodon.jp/2012-0206-1311-18/fmfukuoka.co.jp/human/2005/04/410.html
  相違点:ここではとあるレストランの話として紹介 子供は2歳半で死ぬ

  まかせて通信 84
  http://www.cooweb.com/papershowers/84.html ←削除済み) 
  相違点:流産した ランチは6歳以下
  この話は他の店が泣いて悔しがるサービス」(三笠書房)にあるそうです

  ディズニーランドの椅子 2003年9月 
  http://www2.wbs.ne.jp/~sibataya/200309hp/okosamaranti.htm
  相違点:ウエイトレスが女の子、カードが添えられている
(魚拓 http://megalodon.jp/2012-0206-1312-43/www2.wbs.ne.jp/~sibataya/200309hp/okosamaranti.htm

  TDLの取締役 堀貞一郎氏もこの話を利用して講演活動をしている
  OLCは退職後みーんなOLCを利用して金儲けか??)
  http://fpshatyou.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/index.html
(魚拓 http://megalodon.jp/2012-0206-1313-56/fpshatyou.cocolognifty.com/blog/2005/04/index.html
  相違点:3人分のお子様ランチが運ばれてくる

  Tribute 2005年3月30日
  http://rscom.exblog.jp/
  相違点:マネージャー判断 


   <そのほかたくさん存在>

2004年4/23日号の週刊朝日で特集が組まれており、この時点ですでに10年以上前から
ある話であり、それをディズニーランド風に改変したものだと紹介されている、


またOLCでもこの話は美談、もしくは本当にあったことであると、判断しているようで、
上記の LINE(社内報)97年 の他にも配布された「GUEST LETTERS」の32ページに(思いもよらぬ皆様の温かなおもてなしのおかげで、娘のためにも、とても良い供養ができたと思います)の見出しで掲載されています。


ここまでの検証から、
ネットなどでさかのぼることが出来るのは1997年の社内報
週刊朝日2004年号の内容から 1994年にはあった話
であると確認ができる。


6)決定的な一言が・・・
2chカキコ
 551 :無名草子さん:2009/04/21(火) 08:37:57 
 >>547 
 お子様ランチの話、二十年くらい前に関西のラジオで(浜村淳だとオモ)聞いた覚えがあるわ。 
 でもそれはディズニーランドではなく、大阪のデパートのレストランで、夫婦がそれぞれ自分たちのメニューを
 注文した後に、お子様ランチを一つと言う 
 話だったわ。 



ということで、この話は1994年以上前から伝わる都市伝説の1つであると
結論付けてもよさそうだ。

1994年以前にある話→サンキューレターとしてOL社内報(LINE)に掲載(94年)AR様→一人あるき







***いまだにこの話を真実だと思っている人もいるらしい*******




ディズニーランド経営の秘密





記聞(気分)「お子様ランチと」とマニュアル違反


知人夫妻 4歳 乗用車にはねられる・・ってずいぶん悠長なんじゃね? 年数合わないんですけど・・・

漢方つぼ物語(81)太陽

この人なんか自分の話にしちゃっているよ
http://washinshi.com/tsubo/81.htm
(魚拓  http://megalodon.jp/2012-0206-1328-48/washinshi.com/tsubo/81.htm
小学校1年生 トラックにはねられる

ディズニーランドの感動


一度きりのお子様ランチ



0歳で死ぬ 女の子


CFG神戸


生まれる前に死ぬ


注文を受けたのは青年
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。