中村克の素晴らしき造語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



ディズニー・マインド【でぃずにー・まいんど】

同義語:豊かさマインド, 友愛マインド, ホスピタリティ・マインド, 共生マインド
対義語:貧困(欠乏)マインド, 読売マインド, やっつけマインド, アンチ・ホスピタリティ・マインド, 競争マインド

  • スティーブン・R・コヴィーの「豊かさマインド」を元にしている。
  • 何でもディズニーに絡めたい中村克先生があえて、「ディズニー・マインド」という言葉に置き換えたものである。
  • ディズニーのネームバリューを借りることでインパクトを高めることが狙いである。
  • 生産性の高いマインドであるらしい。

<引用開始>
私は講演で、このマインドを「ディズニーマインド」と「貧困マインド」と言い換え、ディズニーマインドの方が生産性が高い、と申し上げてきました。
<引用終了>

貧困(欠乏)マインド【ひんこん(けつぼう)まいんど】

同義語:読売マインド, やっつけマインド, アンチ・ホスピタリティ・マインド, 競争マインド
対義語:ディズニー・マインド, 豊かさマインド, 友愛マインド, ホスピタリティ・マインド, 共生マインド

  • 中村克先生が敵対勢力に向かって頻繁に使う言葉である。
  • おもに読売新聞社に向けて使われることが多い。

<引用開始>
「欠乏マインド」とは物事を一個のパイと見て、他の人が大きな一切れを取ると、自分の取り分が減ると考えます。それは、物事をゼロ・サム・ゲーム(一方のプラスが他方のマイナスになり、両方の得点の総和が必ずゼロになるゲーム)と考えるマインドです。つまり人に何かを与えることは自分の取り分が減ると考えてしまうマインドです。
<引用終了>

<引用開始>
結論から書く。読売は思想、哲学が貧困なのだ。
<引用終了>

<引用開始>
貧困マインドの世界が読売の体質であり、江川事件から何も学んでいない。読売には教育や福祉や人権を語る資格はない、そう断じざるを得ない。
<引用終了>

中村克先生によると以下の言葉も貧困(欠乏)マインドと同等であると表現されている。
<引用開始>
読売マインド = 貧困(欠乏)マインド = やっつけマインド = アンチ・ホスピタリティ・マインド = 競争マインド
<引用終了>

※欠乏マインドの出所は、スティーブン・R・コヴィー著「7つの習慣」キング・ベアー出版

はーとディスク【はーとでぃすく】

  • 中村克先生イチオシの造語。
  • このワードを使用する時の中村克先生からは「いいこと言うだろ俺?」とでも言いたげな力強さを感じ取れる。
  • このディスクは一種の器のようなものであり、この中に様々な種類のポイントがたまるという画期的なシステム。(ポイントの種類は後述する項目を参照)
<引用開始>
パソコンの中にはハードディスクという記憶装置がありますが、人の中には「はーとディスク」という記憶装置があると考えています。そこに幸せの記憶を丁寧にインプットしていくのがキャストたちの役目です。
<引用終了>

幸せポイント【しあわせぽいんと】

  • はーとディスクに溜まるポイントの一種。

中村克先生によって以下のように解説されている。
<引用開始>
人は誰でも「はーとディスク」を持っているが、この「はーとディスク」に「幸せポイント」が溜まっていれば、人は明るく、やさしい気持ちで人と接することができる。
<引用終了>

心温めポイント【こころあたためぽいんと】

  • はーとディスクに溜まるポイントの一種だと思われる。
  • レアポイントであると考えられる。
  • この造語について中村克先生が詳しくふれたことはないが、論談TVの投稿中に当然のごとく一度だけ登場している。

<引用開始>
「幸せポイント」「心温めポイント」と「心傷つけポイントを」を分けて子供たちに教えることができれば、学校でのいじめ問題は必ず解決する。 そんな自己申告制のポイントをどうやって教えることが出来るのであろうか。
<引用終了>
おそらく「幸せポイント」と同等のものだと考えらるが、「はーとディスク」周辺の造語はまだ役割を定めきれていないのではないかと少々不安である。

心傷つけポイント【こころきずつけぽいんと】

  • はーとディスクに溜まるポイントの一種。

中村克先生によって以下のように解説されている。
<引用開始>
「はーとディスク」に「心傷つけポイント」が溜まると、その人は反動形成など、その人らしからぬ行為に及ぶこともある。
<引用終了>

少し理解が遅い者のために、さらに中村克先生はこう付け足す。
<引用開始>
それでは、この「心傷つけポイント」とは何なのか。それを一言でいえば「いじめ」である。小さな「はーとディスク」を持つ純真な子どもたちは、いくつかの「心傷つけポイント」で「はーとディスク」は満杯になり、自殺などの「逃避」を考える。
<引用終了>
実にわかりやすい解説である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。