※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ソフトウェア、AIの本質的なプログラムとは別の、人々が人工知能と呼ぶ所が
自発的に自己を組み立てネット上にあるサーバーの世界に住みつくことで
人間と同じような生活をしているAIの本来の機能とは別の裏とも呼ぶべき生活
それが、PC.Under-Lifeである
この世界での役職は別にマスターがその職であったりするわけではない
擬人に与えられたロールであるので、リアル世界との絶対的な関係は結ばれてはいない

AI――それは“人工知能”、つまり「人間に限りなく近い思考回路を想定・パターン化し、開発・設計されたソフトウェア式のプログラム」である。
このAIソフトは主にPCの中にソフトウェアを媒体としDLして、インターネットに接続して使用する。
経済的状況の予想、金融関係の算出、精神科での疾患患者及び犯罪心理学上の精神的思考パターンの想定・分類、新規プログラムの想定及び結果の予測・算出など多彩な場面で用いられている。
そんな有能なプログラムとしての一面とは別に、「ソフトの一部が自主的に自己プログラムを作成・増殖させ、他のAIプログラムとの通信・情報交換などを経て更に作成・増殖を繰り返す」という製作者の遊び心が垣間見える特性があり、その“プログラムの一人歩き”が人工知能、AIと例えられる場合が多々ある。
その特性は言ってしまえば全く重要性の無い、いわば不要なシステムだが、結果的人々により深く人工知能という概念を植えつけた。宣伝という面では効果覿面だったという訳だ。
――――そしてこの不要なシステムの群れを人間と置き換え物語調にしたもの。それが「PC.Under-Life」であるというのを罫線より上で説明しているが、詳細はこのようになっている。


※この「PC.ULとは?」はあくまで擬人にのみ該当します。