「memo/短文集/フレデリカ・ベルンカステルの詩」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

memo/短文集/フレデリカ・ベルンカステルの詩」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

-
+#contents
+*ひぐらしのなく頃に
+**鬼隠し編
+>どうか嘆かないで。
+>世界があなたを許さなくても、私はあなたを許します。
+>
+>どうか嘆かないで。
+>あなたが世界を許さなくても、私はあなたを許します。
+>
+>だから教えてください。
+>あなたはどうしたら、私を許してくれますか?
+**綿流し編
+>あなたの渇きを癒せない。
+>真実を欲するあなたがそれを認めないから。
+>
+>あなたの渇きを癒せない。
+>あなたの期待する真実が存在しないから。
+>
+>それでもあなたの渇きを癒したい。
+>あなたを砂漠に放り込んだのはわたしなのだから。
+**祟殺し編
+>井の中の蛙は幸せでした。
+>井戸の外に何も興味がなかったから。
+>
+>井の中の蛙は幸せでした。
+>井戸の外で何があっても関係なかったから。
+>
+>そしてあなたも幸せでした。
+>井戸の外で何があったのか知らなかったから。
+**暇潰し編
+>誰が犯人かって?
+>それを探す物語に決まってるでしょ?
+>
+>誰が犯人かって?
+>そもそも「何の」犯人かわかってる?
+>
+>誰が犯人なの?
+>私をこれから殺す犯人は誰?!
+*ひぐらしのなく頃に解
+**目明し編
+>砂漠にビーズを落とした少女は泣いた。
+>少女は百年かけて砂漠を探す。
+>
+>砂漠でなく海かもしれないと少女は泣いた。
+>少女は百年かけて海底を探す。
+>
+>海でなくて山かもしれないと少女は泣いた。
+>本当に落としたのか、疑うのにあと何年?
+**罪滅し編
+>一度目なら、今度こそはと私も思う。
+>避けられなかった惨劇に。
+>
+>二度目なら、またもかと私は呆れる。
+>避けられなかった惨劇に。
+>
+>三度目なら、呆れを越えて苦痛となる。
+>七度目を越えるとそろそろ喜劇になる。
+>
+>運命に泣かず、挫けることを知らない。
+>そんな彼女は美しかった。
+>
+>誰にも媚びず、最後まで1人で戦った。
+>そんな彼女は気高かった。
+>
+>彼女は眩しくて、ただただ神々しくて。
+>私には、そんな彼女が必要だった。
+**皆殺し編
+***冒頭の詩
+>井戸の外の世界が知りたくて。
+>私は井戸の底から這い上がろうとしました。
+>
+>井戸の外の世界が知りたくて。
+>何度、滑り落ちて全身を打ち付けても上り続けました。
+>
+>でも気づきました。
+>上れば上るほどに落ちる時の高さと痛みは増すのです。
+>
+>外の世界への興味と全身の痛みが同じくらいになった時、
+>私は初めて蛙の王さまの言葉の意味がわかりました。
+***私的捜査ファイルの詩
+>誰だって幸せに過ごす権利がある。
+>難しいのはその享受。
+>
+>誰にだって幸せに過ごす権利がある。
+>難しいのはその履行。
+>
+>私にだって幸せに過ごす権利がある。
+>難しいのはその妥協。
+***綿流し祭の晩
+>どうかこの夜に何があったか教えてください。
+>それは例えるなら猫を詰めた箱。
+>
+>どうかこの夜に何があったか教えてください。
+>箱の中の猫は、生か死かすらもわからない。
+>
+>どうかあの夜に何があったか教えてください。
+>箱の中の猫は、死んでいたのです。
+***エピローグの詩
+>井戸の外にはどんな世界が?
+>それは、知るために支払う苦労に見合うもの?
+>
+>井戸の外にはどんな世界が?
+>それは、何度も墜落しても試すほどに魅力的?
+>
+>井戸の外にはどんな世界が?
+>それを知ろうと努力して、落ちる痛みを楽しもう。
+>
+>その末に至った世界なら、そこはきっと素敵な世界。
+>例えそこが井戸の底であったとしても。
+>
+>井戸の外へ出ようとする決意が、新しい世界への鍵。
+>出られたって出られなくったって、
+>きっと新しい世界へ至れる…。
+**祭囃し編
+>誰だって幸せになる権利がある。
+>難しいのはその享受。
+>
+>誰だって幸せになる権利がある。
+>難しいのはその履行。
+>
+>私だって幸せになる権利がある。
+>難しいのはその妥協。
+>
+>だって、これから
+>もっともっと幸せになるんだもの。
+>
+>これくらいじゃ、妥協なんてしないんだから。
+>私たちは、これまでの幸せを全部取り戻すよ。
+>
+>私は百年分を。
+>あなたは千年分を、ね 。
+*ひぐらしのなく頃に礼
+**賽殺し編
+>昔々。
+>神様が人間の前に姿を表していた頃のお話。
+>
+>天よりパンが降ってきた。
+>ある者はなぜ肉ではないかと大いに嘆いた。
+>
+>天より肉が降ってきた。
+>ある者はパンが良かったと大いに嘆いた。
+>
+>天より神様が降りてきた。
+>全員が喜ぶ物がわかるまで、当分は水を降らせます。
+>
+>天より雨が降ってきた。
+>みんなは服が濡れると大いに嘆いた。
+>
+>天より炎が降ってきた。
+>みんなは家が焼けると大いに嘆いた。
+>
+>天より神様が降りてきた。
+>全員が喜ぶものがわかるまで、当分は何も降らせないことにします。
+>
+>天より何も振ってこない。
+>ある者は神に見捨てられたと大いに嘆いた。
+>
+>天より色々降ってきた。
+>ある者は降らせるものを選べと大いに嘆いた。
+>
+>天より巨岩の雨が降ってきた。
+>これでようやく嘆きの声はなくなった。
+>
+>天より雨が降ってきた。
+>通りすがりの旅人は感謝する。
+>
+>神よ、予期せぬ天気に感謝します。
+>お陰で我が旅路は退屈せずに済むのです。
+>
+>神は応えず見送った。
+>それでいい。神とサイコロは無口でいい。
+*ひぐらしのなく頃に祭
+**盥回し編
+>あなたの見たいものは、なんですか?
+>私がそれを見せてあげましょう。
+>
+>あなたの聞きたいことは、なんですか?
+>私がそれを教えてあげましょう。
+>
+>だけど、期待はしないで下さい。
+>目と耳を閉じているあなたにはきっと無駄なことだから。
+**憑落し編
+>罪を犯すことは怖くない。
+>怖いのは、それを認めること。
+>
+>罰を受けるのは怖くない。
+>怖いのは、その痛みを知ること。
+>
+>世界から罪と罰はなくならない。
+>だって、人間は未来を知ることができないから。
+*ひぐらしのなく頃に絆
+**染伝し編
+>それは、空気のようなものだと誰かが言った。
+>目にも見えないし、いつもあるのが当然だから。
+>
+>それは、水のようなものだと誰かが言った。
+>甘くも辛くもなくて、何の味もしないから。
+>
+>当たり前で、味気のない日常の時間。
+>だからみんな、その幸せに気づかない。
+*漫画版
+**ガンガンパワード(鬼隠し編)
+>何が罪かわかりますか。
+>知恵の実を口にしたからではありません。
+>何が罪かわかりますか。
+>蛇の甘言に耳を貸したからではありません。
+>まだ罪がわかりませんか。
+>それこそがあなたの罪なのです。
+**ガンガンWING(綿流し編)
+>この世でもっとも見つけ難いもの。
+>&color(red){砂漠に落とした針一本?}
+>
+>この世でもっとも見つけ難いもの。
+>&color(red){闇夜に落とした鴉の羽?}
+>
+>この世でもっとも見つけ難いのは。
+&color(red){自分自身の思い違い。}
+**Gファンタジー(祟殺し編)
+>&color(red){私}が一番不幸だった。
+>
+>この迷路に出口がないことを知っていたから。
+>
+>次に&color(red){彼}が不幸だった。
+>
+>この迷路に出口がないことを知らなかったから。
+>
+>その&color(red){他}大勢は不幸ではなかった。
+>
+>自分たちが迷路の中にいることすら知らなかったから。
+**ガンガン(暇潰し編)
+>私が求めるものは何?
+>遠い異郷からやって来る騎士かもしれない。
+>
+>私が求めるものは何?
+>永遠の沼から這い出せる岸かもしれない。
+>
+>私が求めるものはたったひとつ。
+>得るのはキシか、それともシキ(死期)か。