箱庭仕様案 > プランクの十戒

国系箱管理人が守るべき10の訓戒。
ノックスの十戒のパクリであり、元ネタ同様にあくまでネタとして取り扱うべきである。
というか、全部遵守している国系箱などそもそも存在しえるのか…?

1.類似する要素の存在を禁ず。

資源・施設名などで意味もなく似たような要素があることがあるが、冗長であるので控えるべきである。

2.送り主が読めない機密文書の存在を禁ず。

プライベートメッセージなどは送ったプレイヤーが後で確認できるべきである。

3.告知なき仕様・ローカルルール変更を禁ず。

仕様やローカルルール変更は全てのプレイヤーに確実に通達されるべきである。
プレイヤーに理解されない仕様ほど管理人とプレイヤーを共に不幸にするものはない。

4.世界観に矛盾する要素の存在を禁ず。

国系箱であるからにはゲームに世界観にそぐわない要素があるべきでない。

5.管理人が隠れてプレイヤーとなることを禁ず。(欠番)

管理人が隠れてプレイヤーとなるのは著しく公平性を欠く。管理人がプレイヤーであるならば公表されるべきである。
…のだが、そもそも管理人がプレイヤーになること自体に不公平性があるし議論になるので欠番で上書きしておく。

6.冗長なコマンド・施設名の設定を禁ず。

シンプルなコマンド名・施設名であれば逆に設定の自由度が増す。シンプルイズベスト。

7.管理人のゲームへの直接的介入を禁ず。

管理人は神のような存在であり、各国の資源量などを直接的に変更すべきではない。
手動イベントなどでは仕方ないかもしれないが、できる限りプログラム上に実装するべきである。

8.安価すぎる破壊手段の存在を禁ず。

軍備には相応のコストが必要である。僅かなコストで大軍を保有できるのはよろしくない。

9.プレイヤーは第三者に知られずに機密文書を送ることが許される。

知的なゲームに隠れてやりとりする手段は必要である。例え裏外交の温床になるにしても。

10.管理人に理解できない仕様を禁ず。

管理人自身がシステムを把握しきれていない場合があるが、バグの温床となるのであってはならない。
上の全てよりも最優先すべき条項であると同時に、実は誰も達成したことのない条項かもしれない。