light novel > エリス・スチュアート博士の日々

crisisxcrisisの設定(それなりに改変)を元に書こうとしているなにがしたいのかよくわからないラノベ。

設定

主要登場人物

アンゼロット(ヘレナ・バークタイン) Angelot/Helena Varktine

アンゼロット記念大学学長。22の悪魔の一人にして学問の守護者。
ヘレナ・バークタインと名乗るときは理学部の教授でありエリスの師である。
教授としての専門は統計力学だが、広汎な分野に亘る研究に携わり、魔法についても研究している。
その研究はエリスの遥か先を行っているようだが…?

エリス・スチュアート Ellis Stuart

アンゼロット記念大学理学研究院の准教授。魔法研究の第一人者で、多数の魔法に帝国語での命名を行った。
ただし、彼女にとってはあくまでも魔法は万物の法則を理解するための視点の一つである。

ミリティア・アロート Militia Arort

アンゼロットに仕える、千年を生きた夢魔(ビショップ級)。洗練された給仕は経験の賜物である。
アンゼロットに使える夢魔は複数存在するが、そのなかで最も位階が高い。
割と夢魔の中では戦闘に強いほうだが、アンゼロット自身の意向でその戦闘力を発揮することはない。
アンゼロット記念大学教育学院の教授でもあり、専門は認知科学、特に言語学。

背景

帝国 Continental Empire

かつて、世界大陸中央部を中心に広大な版図を持った“神聖帝国”の継承者たる世界帝国。
固有名詞としての国名は持たないが、首都ヴェリッヒ・シュルテよりヴェリッヒ帝国などと呼ばれた。
大陸統一以降は単に“帝国”とだけ呼ぶのが普通となっている。現在の皇帝はアリスⅡ世。

学園都市エタブリッシェ Academic city "Etablisse"

帝国中央部の学術都市。帝国草創期からの同盟都市であり、名残として現在も強い自治権を持つ。
中央山脈外れの高原地帯、ヴェリッヒ川上流の湖畔に位置し、年中冷涼。よく霧が発生する。
神聖帝国時代に避暑地として始まり、貴族子女相手の教師を集め、学問の街となった。
以後、学園都市としての性格を強めつつ発展、現在に至っている。

アンゼロット記念大学 Angelot Monumentum Universitas

学園都市エタブリッシェに存在し、帝国最高峰の大学の一つとされる総合大学。学長はアンゼロット。
研究対象に魔法を含む、帝国でも唯一といえる大学であるが、そのために原理主義者とは対立している。
理学部/理学研究院 Faculty of Science
エリスの所属している学部。魔法の研究についてはこの学部が中心となっている。
航空科学研究センター Aviation Science Research Center,Angelot Monumentum Universitas
工学部、理学部、医学部、経営学部など学部の枠を超えて航空科学を研究している大学附置研究所。
その研究水準は帝国内でも最高水準にある。巨大飛行船“明けの明星”を管理しているのもこの研究所である。

エタブリッシェ地下水路 Underground water of Etablisse

エタブリッシェ市地下を網羅する水路。水力を動力源とするエタブリッシェの生命線。
古代と近代の二度に渡り大整備が行われ、上下水道と洪水調節池の機能を果たしている。
その存在そのものは有名だが三層からなるその複雑な内部構造を完全に理解する者はいない。
ただし第一階層は地図が分かっていればエタブリッシェ各地を結ぶ地下通路として利用できる。
ちなみに、階層とはあるが必ずしも全ての階層が積み重なった階層構造をなしているではない。
第一階層 First stratum
現在では第二階層への入り口。地下水路の基幹部分であり、通路もそこら中に張り巡らされている。
元からエタブリッシェに存在する洞窟を古代に整備したもので、地下水路整備の端緒である。
近代の再改修で通路が整備され、知られざる市内の移動ルートとして意外に役立つ。
第二階層 Second stratum
地下水路の末節部分。無計画な通路整備により、その内部構造は迷路の様相を呈している。
古代に整備されたのだが、近代の再改修で第一階層に機能が集約されたため現在はあまり使われていない。
第三階層 Third stratum...and deeper
最深部。洞窟の中でも一度たりとも整備されなかった部分であり、第一階層以上に混沌としている。
その最深部にはこの水路の管理人が居住しており、そこに封印された異界への扉が存在する。

巨大飛行船「明けの明星」 Great Airship "Phosphor(Morning star)"

帝国が送った地上戦艦「朝焼けを滅ぼすもの」に対抗してモルゲントロート王国が建造しようとしていた飛行船。
超弩級飛行戦艦を建造し高空から「朝焼けを滅ぼすもの」を攻撃、撃破する計画だった。
しかし国力に見合わない計画ゆえ、骨格完成段階で計画変更を余儀なくされ、最終的に輸送飛行船として完成。
その後、いくつかの戦場で物資不足の中でも王国軍に物資と人員を届け続けたが王国滅亡後帝国に接収される。
帝国軍に接収されて以降は充分な物資補給の下でその輸送力を遺憾なく発揮、多数の戦場の補給線上で活躍。
戦後、帝国軍からアンゼロット記念大学に払い下げられ、各地で出張講座を開く「空飛ぶ講堂」となっている。
モルゲントロート時代の名前がMorning starであり、帝国の接収時にPhosphorに改名された。
細目
全長:250m
直径:32m
巡航速度:270km/h
主武装:機関砲x1(上部デッキに設置)
副武装:機関銃x2(艦首と艦尾に一つずつ設置)
主機関:アンゼロット記念大学工学部機械工学研究室開発蒸気タービンエンジンx2
副機関:アイアン・デューク重工業社製電動機x2

真実の鏡 The mirror of truth

アンゼロットが持つ霊鏡。不思議の国のアンゼロット第一話で手に入れていたあれである。
本来は夢の中にあって現実を映し、現実の中にあって夢を映す鏡であり、現実と夢を行き来する媒体である。
しかしながらアンゼロットの性質の影響を受け、幻術を打ち消すという機能をも持つようになった。
極めて強力な魔法の触媒であり、特に論理魔法の使用時には優れた術者への補助機能を発揮する。

本編