characters > ヴァージル・ベルナルドゥス

設定

【名称】ヴァージル・ベルナルドゥス
【外見】中性的な外見(性別不詳)。長い金髪に碧眼。
【星辰】星
【属性】道理
【霊格】23
【背景】
“同じ星の下の別人”という概念を専門とする天使。ほかの世界における同じ星の下の別人への理解から、このパーマフロスト世界におけるその人物の理解に繋げることを目指している。自身が他世界を観測したり干渉したりはあまりしない。
中性的な外見なのは、“これなら男にも女にも見えないから天使と理解されやすいだろう”という考えに基づいているためらしいが、他の天使がそんなことない以上どう考えても無意味である。
良くも悪くも官僚的な性格で、目の前の問題を最も効率的な方法で対処することを好み、自分の手の届かないところには触れようとしない。
専門性より一般性を重視する道理天使にありながらなぜかデータ解析、低温環境下の物理現象・気象現象などの分野においてやたら専門的な知識を持っている。官僚というよりテクノクラートというべきなのかもしれない。
天使としての物質世界への干渉能力を高級言語によるルーチンで数式的に制御するスタイルをとっている。このため物質世界の解析能力は高いが、ライブラリそのものの安定性が問題になる霊子戦や電子戦的な状況はあまり好まない。

能力値

【太陽】4→5 【月】6→7 【星】7→8 【大地】4

詠唱

一切の無駄なく。
一切の無理なく。
一切の無策なく。
……合理化の刃は無毛なる特異点を招く剃刀。

セッション一時データ管理