characters > ギョーム・オライリー

エレオノーラの罠について、オライリーさん的私見メモ

(コメントアウト参照)

例のやつ

ギョーム・オライリー
愛称 特になし(オライリーさん?)
性別 男性
容姿 謹厳実直な軍人
職業 空軍軍人 Air force commander
目的 帝国への貢献
特技
根:社交、機関、商事、航空
枝:教養、作法、心理、整備、改造、取引、法律、操舵、航法、艦砲、哨戒、通信
背景 帝国空軍士官。階級は二等大佐。家系はクレイオ系だが、母語は帝国語である。
妻のカタリナとは乗っていた飛空艇が空賊との戦いの中で撃沈されたことによって死別している。再婚するという考えはないらしく、死ぬまで一人のつもりでいる模様。
なお、既にその空賊団は彼の属する艦隊によって殲滅されており、その際の活躍によって復讐は終えたと感じている。同時に帝国は妻のための復讐の機会を与えてくれたと考えており、帝国に対して強く忠誠を誓っている。
本来は次にグレートユーク副長になる予定だったのだが、グレートユークが撃沈されてしまったため現在は一時的に飛空艇運送業者組合に人材交流と称して派遣されてきた。
年齢を重ね、次第に体力は衰えてきつつあるが、一方で仕事も出世と共に事務的なものになり、策謀なども以てして帝国への脅威を排除する道を進んでいる模様。

基本設定

名前:ギョーム・オライリー Guillaume O'Reilly
種族:人類
職業:帝国空軍二等大佐 Colonel en second
性別:男性
年齢:39歳

台詞

「なるほど魔法は一見便利そうに見える。だが実のところそうでもない。あれはかゆいところには手が届かん」
「私の半分は妻のためにあり、もう半分は帝国のためにあった。…今の私はその片方だけでしかないことになるがな」
「全ての帝国臣民には無能であろうと怠惰であろうと生きる権利がある。しかし帝国の為に働こうというのであれば、有能で勤勉でなくてはならない」

設定文

帝国空軍士官の機関技師。階級は二等大佐。家系はクレイオ系だが、母語は帝国語である。
妻とは彼女の乗っていた飛空艇が空賊との戦いの中で撃沈されたことによって死別している。再婚するという考えはないらしく、死ぬまで一人のつもりでいる模様。
なお、既にその空賊団は彼の属する艦隊によって殲滅されており、その際の活躍によって復讐は終えたと感じている。同時に帝国は妻のための復讐の機会を与えてくれたと考えており、帝国に対して強く忠誠を誓っている。
本来は次にグレートユーク副長になる予定だったのだが、グレートユークが撃沈されてしまったため現在は一時的に飛空艇運送業者組合に人材交流と称して派遣されてきている。

スキル

探検家:警戒、飛空石
貴族:礼儀作法、教養、歴史、人脈
機関技師:操縦士、機関士、通信士、艦砲、効率性、予備の部品、改造
領域魔術:離れた知人に言葉を伝える
(経験点4点、1枠消費、残1点)

(セッション4まで)

機関技師の道◎
至誠者の道(対応:帝国)●
自立者の道(初回)→策謀者の道

スキル

探検家:警戒、トラップ、飛空石
貴族:礼儀作法、教養、歴史、人脈
機関技師:操縦士、機関士、通信士、艦砲、蒸気機関、効率性、予備の部品、改造
メカ:新式無線装置、機銃、大砲
(経験点6点、残0点)
(経験点3点消費、機関士取得)
(経験点3点消費、蒸気機関取得)