ねじを回すとき

作曲 玉
作詞 新藤晴一

ジャズを流すカフェテリア 日が昇って閉じる酒場
そんな古ぼけた街の真ん中で待ち合わせさ

よく目立ってるねじのモニュメント そこに君が座ってた
頭に浮かんだ言い訳を 並べて謝った

バレバレの嘘と気付いた君は笑ってくれた
カフェでゆっくり話そう こんな休日も悪くないさ

時間を止めてほしいな いつまでも手をつないで過ごしたい
世界を変えることなど できやしない無力な存在だけれど
晴れた日くらい動かしてよ ねじを回すとき

コメント欄

コメント

すべてのコメントを見る