弾幕学


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


弾幕学概論

弾幕学概論

教員 担当各教員
単位数 2.0
授業概要  幻想郷での生活では、全ての人妖が多様な場と状況においてに弾幕の生成と回避が欠かせない。
しかし、ただ闇雲に弾幕を打って良いものではなく、定められたルールの下で、
適切な弾幕を生成する事が求められる。(回避不能弾幕の禁止etc)
これを破った場合、互いの関係が修復不能になる可能性があるばかりか、
幻想郷において最も重要な規則に違反したとして、それ相応の制裁が下されるだろう。
本科目の目的は、このように幻想郷の生活に必要不可欠である教養を演習と講義を通じて身に付ける事である。
授業計画 1.弾幕とは
2.弾を撃つ
3.弾の種類
4.弾幕を作る
5.弾幕アート色々
評価方法 全教員で共通の筆記試験と、各教員の課す個別問題により行う。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 ほとんどの学部学科で必修となっている。単位を逃す事が留年へと繋がる為、誠意を持って講義に臨む事。
生徒の声
  • 単位云々以前に、この大学でこの先生きのこるために必須(二年)
コメント:


弾幕学Ⅰ・Ⅱ

弾幕学Ⅰ(1)、(2)

弾幕学Ⅱ(1)、(2)

教員 担当各教員
単位数 2.0×2コマ
授業概要  弾幕学Ⅰ・Ⅱは、1年間一貫のカリキュラムで週2回の講義を行い、弾幕の生成と回避行動の基礎を学習する。
授業計画 1.自機狙い弾
2.偶数弾と奇数弾
3.時間差自機狙い弾
4.ランダム弾
5.ランダム+自機狙い弾
6.半自機狙い弾
7.組み合わせによる弾幕
8.特殊な弾幕
9.弾幕格闘
評価方法 全教員で共通の筆記試験と、各教員の課す個別問題・レポートにより行う。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 評価は週2回の講義を合わせて行う為、実質4単位の講義である。
生徒の声
  • ラストの弾幕格闘は結構重点置かれてるから注意。それで一回落とした。
  • 教官によって単位の取りやすさが大分違う。
コメント:


弾幕演習(初級)

弾幕演習(中国)

教員 紅 美鈴 中国
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
スペルカード、対戦弾幕についても扱う予定である。
当授業は初級者向けである。弾幕の経験が無い者の履修を優先する。
授業計画
評価方法 出席・授業中の発表により評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
  • 本名で呼ぶと単位くれそうだね
コメント:


弾幕演習(小悪魔)

教員 小悪魔
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・防衛戦・室内での戦闘に重点を置いた授業を行う予定である。
当授業は初級者向けである。弾幕の経験が無い者の履修を優先する。
授業計画
評価方法 出席・授業中の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(アリス)

教員 アリス・マーガトロイド
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕生成と回避方法を身につける。
人形を使役することで弾幕を生成し、回避・防御することが可能となる事を目標とする。
当授業は初級者向けである。弾幕の経験が無い者の履修を優先する。
授業計画
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業中に指示する。
履修上の注意
生徒の声
  • 人形が大量に出てくるが、人形に見とれてて被弾したことがある。それまでいい成績だったはずなのにこれで評価ランク落ちた
コメント:


弾幕演習(慧音)

教員 上白沢 慧音
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を行う事で弾幕生成と回避行動を学習する。
弾幕の生成に不可欠であるスペルカードと通常攻撃の組合せを理解し、
一般的な弾幕戦における一連の流れをマスターする事が授業の目標である。
当授業は初級者向けである。弾幕の経験が無い者の履修を優先する。
授業計画 初回授業時にガイダンスを行う。
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表・レポートにより評価する。
教科書・参考書 演習中に指示する。
履修上の注意 欠席・課題の未提出は相応のペナルティを課す。
生徒の声
  • 瀕死になっても怪我を無かったことにしてくれるのである程度安全、しかし難易度自体は初級5コースの中では高め
コメント:


弾幕演習(にとり)

教員   河城 にとり
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・通常攻撃・スペルカードによる弾幕に重点を置いた授業を行う予定である。
当授業は初級者向けである。
弾幕生成には道具を使用するため、特殊な能力が無い者も安定して弾幕を発生する方法が習得できる。
なお、履修登録者が多く抽選となった場合は弾幕の経験が無い者の履修を優先する。
授業計画
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
  • お値段以上の濃い内容。
コメント:


弾幕演習(中級)

弾幕演習(霊夢)

教員 博麗 霊夢
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・弾幕の回避に重点を置いた授業を行う予定。
ゲーム中心の弾幕演習を中心に、実戦重視の授業を行い、最終的には弱い妖怪の退魔が行える用になる事を目標とする。
受講者の誠意ある参加を望む。
授業計画
評価方法 出席、授業態度、及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(魔理沙)

教員 霧雨 魔理沙
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・弾幕の回避に重点を置いた授業を行う予定。
基本について講義した後はゲームを主体に授業を進める予定。
受講者の誠意ある参加を望む。
授業計画
評価方法 各回の授業で出題する課題の発表を中心に判断する。出席、授業態度もある程度は加味する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(早苗)

教員 東風谷 早苗
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃から格闘弾幕、防衛線まで幅広く弾幕技術の習得を目指す。
ゲーム中心の弾幕演習を中心に、実戦重視の授業を行い、最終的には弱い妖怪の退魔が行える用になる事を目標とする。
受講者の誠意ある参加を望む。
授業計画 第1回目の事業で説明する。
評価方法 出席、授業態度及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(パチュリー)

教員 パチュリー・ノーレッジ
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
当授業では、七曜の属性を持つ精霊魔法を用いることで弾幕生成の技術を習得する。
属性の異なる精霊魔法を学ぶ事で、多種多様な弾幕を生成する技術を身につけて欲しい。
迎撃を主体に演習を行うが、スペルカード・格闘弾幕についても扱う予定である。
当授業は中級者向けである。講義・演習などである程度弾幕の知識がある者の履修が望ましい。
授業計画
評価方法 出席、授業態度、及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 本学期(123季冬学期)より自機攻撃についても扱う。
生徒の声
コメント:


弾幕演習(咲夜)

教員 十六夜 咲夜
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
当授業では、刀剣類の投擲による弾幕生成の技術の習得を目標とする。
刀剣類は取扱が難しいが、技術を習得すれば攻守両方に活用できる。
広範囲に素早い攻撃を行う事ができる。技術を身につけて欲しい。
自機攻撃、通常攻撃、スペルカード攻撃、格闘弾幕を扱う予定である。
偏りがちなそれぞれの攻撃をバランス良く習得する事で、瀟洒な弾幕を習得して欲しい。
当授業は中級者向けである。講義・演習などである程度弾幕の知識がある者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の事業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(鈴仙)

教員 鈴仙・優曇華院・イナバ
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
銃を使用して弾幕形成を行う場合、単調な軌道をカバーする為に刺客操作が欠かせない。
当授業では波長の操作により相手を惑わせることで、効果ある弾幕を形成させる。
ただ、銃を撃つだけでは無いという事を十分意識した上で履修して欲しい。
迎撃・自機攻撃・スペルカード攻撃・対戦弾幕の習得を目標とする。
当授業は中級者向けである。ある程度弾幕の経験を備えている者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
  • 弾幕演習中級の人気講義。異常に競争率が高い。(弾幕学部3年)
コメント:


弾幕演習(幽香)

教員 風見 幽香
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
弾幕の生成において、最も基本である迎撃・通常弾幕に重点を置き授業を行う。
基本を確実に習得する事で、時代の流れに負けない弾幕技術を身に付けて頂きたい。
当授業は中級者向けである。弾幕の経験がある程度あることを前提として授業を進める。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 戦闘経験のある上級者は弾幕演習(上級)の授業を受けること。
生徒の声
コメント:


弾幕演習(小町)

教員 小野塚 小町
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・迎撃・対戦弾幕を行う予定。
当授業は中級者向けである。講義・演習などである程度弾幕の知識がある者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 授業態度、及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(勇儀)

教員 星熊 勇儀
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
弾幕による迎撃に重点を置いた授業を行う予定である。
試合主体の授業で楽しんで弾幕技術を向上できるようにしたい。
当授業は中級者向けである。ある程度弾幕の経験がある者が履修対象である。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 上級者の履修も歓迎する。
生徒の声
  •  
コメント:


弾幕演習(さとり)

教員 古明地 さとり
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
迎撃時の弾幕に重点を置いた授業を行う予定である。
授業では過去に経験した弾幕を出力する方法を身に付ける。
当授業は中級者向けである。ある程度弾幕の経験がある者が履修対象である。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 初級者、上級者が履修を申し込んだ場合は途中で履修登録を取り消す事がある。
生徒の声
コメント:


弾幕演習(上級)

弾幕演習(レミリア)

教員   レミリア・スカーレット
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
演習では、自機攻撃・スペルカードによる攻撃・迎撃・格闘弾幕を扱う予定。
試合を通じて強い弾幕に必要なカリスマを身に付けることを目標とする。
当授業は上級者向けである。弾幕に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表を参考にして評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(藍)

教員   八雲 藍
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
この授業目標は、式神を使役する事で自機攻撃・スペルカードによる攻撃をより強力なものとすることである。
学期の流れとしては、まず式神についての演習を数回行い、以降は試合を通じて弾幕生成の習得を行う。
自分と式神の両方の弾幕がレベルアップすることを目標に、前向きな履修態度で授業に臨んで欲しい。
なお、当授業は上級者向けである。弾幕に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(紫)

教員   八雲 紫
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
この授業では、自機攻撃、通常攻撃、スペルカード攻撃、迎撃、格闘弾幕のレベルアップを図ると同時に、
式神による強化を行う事で、より強い弾幕の習得を目指す。
上級者向けの演習である為、履修を希望する者は弾幕の経験がある程度あり、
かつ弾幕学Ⅰ・Ⅱ、弾幕演習中級を予め履修している事が望ましい。
授業計画 初回の授業で説明する。
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表を参考にして評価する。
教科書・参考書
履修上の注意 弾幕の経験が少ない者は履修申請時に除外することがある。
生徒の声
コメント:


弾幕演習(永琳)

教員   八意 永琳
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
迎撃を中心とした授業を行う予定である。
この授業は上級者向けである。弾幕の戦闘に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表を参考にして評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(映姫)

教員   四季 映姫・ヤマザナドゥ
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
自機攻撃・迎撃を中心とした授業を行う予定である。
この授業は上級者向けである。弾幕の戦闘に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画 初回の授業で説明する。
評価方法 出席・授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(幽香)

教員   風見 幽香
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
弾幕の生成において、最も基本である迎撃・通常弾幕に重点を置き授業を行う。
基本を確実に習得する事で、時代の流れに負けない弾幕技術を身に付けて頂きたい。
当授業は上級者向けである。
弾幕の知識がある程度あり、弾幕の戦闘に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意 弾幕の経験が浅い者は弾幕演習(中級)の授業を受けること。
生徒の声
コメント:


弾幕演習(萃香)

教員   伊吹 萃香
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
弾幕格闘を中心に、試合主体で授業を進める予定。
当授業は上級者向けであるため、戦闘経験が多い者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(神奈子)

教員   八坂 神奈子
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
迎撃の技術向上を目標に、通常攻撃、スペルカード攻撃を扱う予定。
この授業は上級者向けである。弾幕の知識がある者の履修が望ましい。
授業計画 授業初回で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(諏訪子)

教員   洩矢 諏訪子
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
迎撃の技術向上、及び格闘弾幕の技術習得を目標とする。
この授業は上級者向けである。弾幕の知識がある者の履修が望ましい。
授業計画 授業初回で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(空)

教員   霊烏路 空
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
迎撃の技術向上、及び格闘弾幕の技術習得を目標とする。
この授業は上級者向けである。弾幕技術がある程度ある者の履修が望ましい。
授業計画 授業初回で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
  • キツイ、助けて
コメント:


弾幕演習(夢美)

教員   岡崎 夢美
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
当授業は上級者向けである。弾幕に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画 第1回目の授業でガイダンスを行う。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント:


弾幕演習(神綺)

教員   神綺
単位数 1.0
授業概要  弾幕学の実践として、演習を通じて実際に弾幕を発生させ、弾幕の回避と生成の方法を身に付ける。
当授業は上級者向けである。弾幕に慣れている者の履修が望ましい。
授業計画 初回の授業で説明する。
評価方法 出席、授業中及び学期末の発表により評価する。
教科書・参考書 授業時に指示する。
履修上の注意
生徒の声
コメント: